忍者ブログ
個人的にグッときたホラー映画(べつの意味でグッときたホラー映画も)なんかや、 小説のレビューなどをポツポツと…
[229]  [228]  [227]  [226]  [225]  [224]  [223]  [222]  [221]  [220]  [219
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    Teeth


(2007)アメリカ
出演…ジェス・ウェイクスラー
ジョン・ヘンスリー
ヘイル・アップルマン
アシュレイ・スプリンガー
監督…ミッチェル・リヒテンシュタイン
★★★


〔ストーリー〕
 ケンタッキー州ルイヴィルに住む女子高生のドーンは、病気の母と、義理の父と、義兄のブラッドの4人暮らし。生真面目なドーンは〈貞節を守る会〉のメンバーで、地元の子供たちに純潔を勧め、学校の性教育では、男性器の図解は見ることができても、女性器にはシールが貼ってあった。だが、いつしかドーンは、トビーというクラスメイトのことを意識しはじめるようになり、街外れの池に彼を誘いだすのだが…


 サンダンス映画祭でおおいに注目を集めたカルト作品、第二弾!

 監督のミッチェル・リヒテンシュタインという人は、役者さんとしても成功している、非常に有名な方なんだそうです。そんな彼が撮ったこの作品、アイデアだけ聞くと、お下劣なB級ものになってしまいそうですが、奇跡的にフツーにおもしろい青春映画になっています。また、いいかげんな性教育への批判も垣間見ることができます。

 “女性器に歯が生える” というと、アメリカ先住民の間では超有名なお話。ダン・シモンズの 『バンコクに死す』 の中の一編、『歯のある女と寝た話』を読んでいただけると、より詳しく知ることができると思います。じつはこの「歯」、正確には「歯」ではなくて、一種の「腫瘍」なんだそうです… (キングの 『ダーク・ハーフ』 でも、頭の中に双子の片割れが育っちゃうエピソードがありましたよね~) こちらももちろん、医学的には「腫瘍」扱い。そんなにめずらしい事例ではないみたいです。

 …ということで、じっさいには映画のように「カプッ」とやられちゃうことはないわけですが、男性陣からしてみると、真剣にコワーいお話なんじゃないでしょうか… (汗)、だって、女のわたしでさえ、ハラハラしながら観てしまいましたからね~ (…いつ「カプッ」とやられるんじゃないかと、もうヒヤヒヤ…!)

 ドーンに歯が生えてしまった背景には、自宅のすぐ裏の工場の煙突が一因でもあるようなんですが、たんなるゲテモノ映画ではなく、「人とちがうかもしれない」、「自分は変かもしれない…!」と、悩むティーンの女の子の心情が丁寧に描かれていて、好感が持てます。とくに、ヒロインのドーンを演じるジェス・ウェイクスラーが、前半は野暮ったい優等生、後半から徐々に自我に(悪女)目覚めていく経過が楽しい。

 ただ、この作品を日本公開するとなると、かなりきわどいシーン(…じっさい何人も「カプッ」といくので、「Hostel part Ⅱ」(2007)並みのきわどさでございます~)があるので、どこまで再現できるか?! あやぶまれる面もあるのですが…
ラストで“歩く凶器” と化したドーンが、カッコイイ。これは素直に惚れますよー









優等生なドーン。
両親の自慢の娘です。





対して、刺青男になっちゃった、
やさぐれ義兄のブラッド
(ジョン・ヘンスリー)!
ドーンに指を噛まれた苦い
思い出があります…









トビー役のヘイル・アップルマン。
カワイイなー、オイ!







とうとう産婦人科で触診して
もらうことになったのですが…
「…やっ、ちょっ、らめえっっ!!」







ヒッチハイクしたはいいけれど…
エロいオッサンの嫌がらせに、
イラッとしてみたり~(笑)。







PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
観ました!僕の英語力には偏りがあるので
ななみさんのレビューは凄く参考になります!!

僕はこれは立派な性教育映画だと思いますね。
高校生とか観とけ!!って感じです。
ナマニク URL 2008/05/07(Wed)21:08:34 編集
あぅ、あぅ…
>ナマニクさん
いえいえ、わたしもかなり偏った英語力です!!
レビューはかなり、適当に書いています。(だから細かいところで(たぶん)まちがっていたら、すみません~~!)

そうですよね、ムラムラな高校生も、モジモジな高校生も観とけ!! って映画です!!\(>▽<)/
ななみ 2008/05/08(Thu)00:36:08 編集
早いですねぇ
ななみさんもナマニクさんも見るの早いですねぇ。
私はこれから見るとこです。参考にしてます。
miyamoto URL 2008/05/16(Fri)01:49:12 編集
どういたしまして♪
>miyamotoさん
miyamotoさんもご覧になりますか!
それはそれは、感想が楽しみですね…♪
男性の方から観たらどんな映画に映るのか、けっこう興味津々です。(´∀`)ワクワク…♪
ななみ 2008/05/16(Fri)23:05:40 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
<< Pumpkinhead  | HOME |  The Evil Dead >>
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
(いちおう)プロフィールです
HN:
ななみといいます
性別:
女性
自己紹介:

 独断と偏見で、ホラー関係(広い意味でのホラーですので、SFやファンタジーなんかもやってます)のレビューを書いてます。コメント大歓迎です。新情報や、こんなのもあるよ!って情報などなど、寄せてくれるとありがたいです。

〈好きかも♪〉
 おにぎり、猫たん、ジャック・ホワイト、ブクオフ、固いパン、高いところ、広いところ、すっげー大きな建造物、ダムとか工場とか、毛玉とり、いい匂い…

〈苦手かも…〉
 かます、説明書、道案内、カマドウマ、狭いところ、壁がすんごい目の前とか、渋滞、数字の暗記、人ごみを横切る、魚の三枚おろし…
ねこじかんです

ホームページ制作浮気調査ホームページ制作会社 東京浮気調査ホームページ制作 千葉ホームページ制作ブログパーツ 動物

最新CM

[03/28 PatlealaRag]
[02/29 あぐもん]
[02/29 あぐまn]
[01/11 わかりません]
[01/01 クロケット]
[10/23 ナマニク]
[10/23 ナマニク]
[10/20 nasu]
[10/17 奈良の亀母]
[10/16 ななみ]
気になる新作!

*A Lonely Place to Die

*Super 8

*Insidious

*The Woman

*Rammbock

*Season of the Wich

*Red Rising

*The Violent Kind

*Red White & Blue

*11-11-11

*The Feed

*Nang Phee

*Scream of the Banshee

*Dylan Dog: Dead of the Night

*Misteri Hantu Selular

*The Silent House

*Who Are You

*I Didn't Come Here to Die

*Famine

*I'm not Jesus Mommy

*Monster Brawl

*Some Guy Who kills People

*Falling Skies

*The Wicker Tree

*Hisss

*ChromSkull: Laid to RestⅡ

*Father's Day

*Drive Angry

*Fertile Ground

*Wake Wood

*Mientras Duermes

*Hobo with a Shotgun

*Atrocious

*KaraK

*Penunggu Istana

*Borre

*The Broken Imago

*Madison Country

*Viy

*Jenglot Pantai Selatan/Beach Creature

*Urban Explorer

*Los Infectados

*Isolation

*2002 Unborn Child

*The Pack

*El Incidente

*Rat Scratch Fever

*4bia
最新記事

(10/16)
(10/11)
(10/07)
(10/04)
(10/01)
(09/30)
(09/29)
(07/17)
(06/29)
(06/19)
ブログ内検索

みなさまの足跡
アクセス解析
バーコード
忍者ブログ [PR]

Graphics by Lame Tea / designed by 26℃