忍者ブログ
個人的にグッときたホラー映画(べつの意味でグッときたホラー映画も)なんかや、 小説のレビューなどをポツポツと…
[226]  [225]  [224]  [223]  [222]  [221]  [220]  [219]  [218]  [217]  [216
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    The Signal


(2007)アメリカ
出演…ジャスティン・ウェルボーン
アネッサ・ラムジー
A・J・ボウエン
監督…デヴィット・ブラックナー/
ダン・ブッシュ/ジェイコブ・ジェントリー
★★★★


〔ストーリー〕
 大晦日の夜、テレビを観ていたベンは、突然画面が奇妙な映像に変わるのを目撃する。恋人のマヤは、そろそろ夫の元に帰らなければいけないと、家に電話しようとするが、携帯電話も通じない。なにかの電波障害だろうか? ベンと別れて地下駐車場にむかったマヤだが、血だらけの男と、背後から迫ってくる不気味な男という、こわい体験をする。だが、アパートに帰りついても、殺気立った空気は変わらなかった。自宅では、夫のルイスが友人ふたりを招いて、映らないテレビを直そうとしているところなのだが…


 こんな映画だったとは思いませんでした!
サンダンス映画祭で話題を呼んだそうですが、まず、コンセプトが変わっています。“エクスキュジート・コープス” 「Exquisite corpse」(…注:ポピー・Z・ブライト嬢の作品ではありませんよ!)と呼ばれる、連作プレー方式で作られています。つまり、最初の監督がある程度まで話を進めると、次の監督がそこから引き継ぐ、というものなんですね。

 コンセプトからカルトしてますから、内容のほうも大衆むけホラーとは一線を画しています。莫大な費用をつぎこんでるわりには、中身もインパクトも薄くなってしまうホラーとはわけがちがうゼ! そんな意気込みが伝わってくる、快作となっています。

 *まず、導入部から事件が起こるまでをマヤの目でスリリングに担当した、デヴィット・ブラックナー監督。

 夫がいる身なのに、ベン(ジャスティン・ウェルボーン)と過ごすマヤ(アネッサ・ラムジー)。切ない三角関係が提示されます。そこへ、TVの奇怪なぐにゃぐにゃ映像が。この正体が「恐怖」とも知らず、外に出たマヤは早くも異変に遭遇します。
アパートに帰ってからも、異変は徐々に拡散していくよう。人々が怒鳴りあっている。ささいなことでケンカをしている。自宅では、やはりおかしな映像しか流さないTVを前に、夫の友人たちが悪戦苦闘しているのですが…

 …と、ここまでは、かなりホラーな雰囲気です。また、あらすじからも連想できるように、ジェイムズ・ハーバートの 『霧』 や、S・キングの 『セル』 のようですね。“狂人電波” に感染した人々が暴れまわり、殺しあい、いちばんこわいのは、ああ~、やっぱり “生きてる人間” でした!! という、お馴染みのパターン。

 *2番手を担当したダン・ブッシュ監督が描いたのは、寝取られ亭主のルイス(A・J・ボウエン)の大活躍!

 ここでいきなり、コミカルなテイストに。(最近の若い監督さんは、ユーモアのセンスがバツグンなんですよね~)、この方もその例に漏れず、おおいに笑わせてくれます。わたしのいちばんのお気に入りは、おひとよしでおバカなクラーク役のスコット・ポイスレス 
 …場面は変わって、突然ガイキチになっちゃった夫を思わず殺しちゃった人妻・アンナの家に移ります。クラークはその隣人さんです。そこへ、とっくにプッツン感染してるルイスが到着。期待通りのひと悶着を起こしてくれます。(ルイスにガソリンを 「シュッ、シュッ!」(← まるでいじめっこ)と吹きつけられたときの、クラークの「あぅ、あぅ…!」顔は必見です~)

 *最後に、マヤを探すベンを主軸にアツいラブストーリーに仕上げた、ジェイコブ・ジェントリー監督。

 ベンと(おひとよしでやっぱりおバカ)クラークは、消えたマヤを求めて街をさまようんですが、周囲は閑散として、まるで「28 ays Later」(2002)の冒頭シーンのよう。はたして、ベンはマヤを見つけて無事脱出することができるんでしょうか…??

 …と、このように、3人の監督が分担してるんですが、ストーリーは見事につながっています。センスと才能のある若手監督さんたちがアイデアを出しあうと、古参の作家さん、(ギャラの高い)脚本家連中なんかより、ずっと新鮮でおもしろいものが撮れちゃうんですねー。わたしはポスターから、勝手にシリアスなパニックものと誤解していたんですが、これぞまさしくカルト映画! という出来でした。そのあたりが、「Night Of The Living Dead」(1968)に通じるものがあるかもしれません。









ベン役のジャスティン・ウェル
ボーン。ほぼ無名の役者さん
ですが、カッコイイですね~。







嫉妬深い夫・ルイス役の
A・J・ボウエン。
この方もかなりの芸達者です。






マヤ役のアネッサ・ラムジー。
ナゾの電波にあっさり洗脳され
てしまう人と、そうでない人が
いるのも、現代人のリアリティ。






唯一の正常者は…
「なんだよぉぉう、
 こっちくんなよぉぉう!!!」






マヤを探して三千里の
ベンとクラーク(右)。
頭にアルミフォイルなどを
被せて、一応自衛手段を
とってみたり~(笑)。







PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コンセプト
観たいなーとは思っていたのですが
なんとびっくり、3人リレー形式で制作されていたとは知りませんでした!!
電波に抵抗できるというのもなかなかですね。
観るのが楽しみになりました。
ナマニク URL 2008/05/06(Tue)01:47:42 編集
ほんとびっくりです
>ナマニクさん
わたしもこういう内容だとは思わなかったので、最初は「アレ?」って感じでした。でも、おもしろかったです。(*^^*)
映画自体も、わざとカルトっぽくしている作りです。役者さんたちのノリのよさがよかったですね♪
ななみ 2008/05/06(Tue)22:44:54 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
<< Anamorph  | HOME |  Love Object >>
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
(いちおう)プロフィールです
HN:
ななみといいます
性別:
女性
自己紹介:

 独断と偏見で、ホラー関係(広い意味でのホラーですので、SFやファンタジーなんかもやってます)のレビューを書いてます。コメント大歓迎です。新情報や、こんなのもあるよ!って情報などなど、寄せてくれるとありがたいです。

〈好きかも♪〉
 おにぎり、猫たん、ジャック・ホワイト、ブクオフ、固いパン、高いところ、広いところ、すっげー大きな建造物、ダムとか工場とか、毛玉とり、いい匂い…

〈苦手かも…〉
 かます、説明書、道案内、カマドウマ、狭いところ、壁がすんごい目の前とか、渋滞、数字の暗記、人ごみを横切る、魚の三枚おろし…
ねこじかんです

ホームページ制作浮気調査ホームページ制作会社 東京浮気調査ホームページ制作 千葉ホームページ制作ブログパーツ 動物

最新CM

[03/28 PatlealaRag]
[02/29 あぐもん]
[02/29 あぐまn]
[01/11 わかりません]
[01/01 クロケット]
[10/23 ナマニク]
[10/23 ナマニク]
[10/20 nasu]
[10/17 奈良の亀母]
[10/16 ななみ]
気になる新作!

*A Lonely Place to Die

*Super 8

*Insidious

*The Woman

*Rammbock

*Season of the Wich

*Red Rising

*The Violent Kind

*Red White & Blue

*11-11-11

*The Feed

*Nang Phee

*Scream of the Banshee

*Dylan Dog: Dead of the Night

*Misteri Hantu Selular

*The Silent House

*Who Are You

*I Didn't Come Here to Die

*Famine

*I'm not Jesus Mommy

*Monster Brawl

*Some Guy Who kills People

*Falling Skies

*The Wicker Tree

*Hisss

*ChromSkull: Laid to RestⅡ

*Father's Day

*Drive Angry

*Fertile Ground

*Wake Wood

*Mientras Duermes

*Hobo with a Shotgun

*Atrocious

*KaraK

*Penunggu Istana

*Borre

*The Broken Imago

*Madison Country

*Viy

*Jenglot Pantai Selatan/Beach Creature

*Urban Explorer

*Los Infectados

*Isolation

*2002 Unborn Child

*The Pack

*El Incidente

*Rat Scratch Fever

*4bia
最新記事

(10/16)
(10/11)
(10/07)
(10/04)
(10/01)
(09/30)
(09/29)
(07/17)
(06/29)
(06/19)
ブログ内検索

みなさまの足跡
アクセス解析
バーコード
忍者ブログ [PR]

Graphics by Lame Tea / designed by 26℃