忍者ブログ
個人的にグッときたホラー映画(べつの意味でグッときたホラー映画も)なんかや、 小説のレビューなどをポツポツと…
[232]  [231]  [230]  [229]  [228]  [227]  [226]  [225]  [224]  [223]  [222
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    Hell Phone



(2008)フランス
出演…ジャン・バプティスト・モニエ
ベンジャミン・ユンガー
ジェニファー・デッカー
監督…ジェームズ・ユット
★★★


〔ストーリー〕
 高校生のニックは幼い弟と母親の3人暮らし。同級生のアンジーに夢中だが相手にされず、親友のピエールといつもつるんでいた。ファーストフード店でバイトに励むものの、アンジーと距離を縮める格好の手段の携帯電話が、なかなか手に入らない。思いつめたニックは母親に嘘をつき、いかがわしい店から格安で、一風変わった携帯電話を手に入れるのだが…


 キラキラした青春ホラーのご紹介です。

 監督のジェームズ・ユットという人は、「Serial Lover」「シリアル・ラヴァー」1998)でデビューを果たした方。こちらの作品は未見なのですが、紹介文を読んでみると、“ナンセンスなスプラッタ・コメディー”、“徹底したブラックユーモアと独創的な映像~” などと、記されています。本作品も、まさしくナンセンスなスプラッタをしてしまして、かつ、こてこてのコメディです。

 原作はティーン・ホラーで人気の作家さん、ウィリアム・スリーターの 『Hell Phone』。邦訳はまだ出ていないようですが、これだけ楽しければ、今後訳出される可能性アリですね。(…かといって、R・L・スタインのような、記述トリックの新本格っぽいヤング・ホラーではないです)。

 主役のニックを演じるジャン・バプティスト・モニエくんは、コーラス隊〈Les Choristes〉の看板ボーイ・ソプラノらしいです。子役として幼いころからTVに出演していたようなんですが、歌っている姿はまさに天使”ですね。癒されたい方、天使に興味のある方は、こちらをどうぞ。

 よくある携帯電話もので、登場人物が全員十代ですから、個々のエピソードも爽やか~に、随所にホンワカした笑いをまじえて進んでいきます。最初に「青春ホラー」を書きましたが、ファンタジーな要素が圧倒的に強く、「悪魔の携帯電話」を使ってなんでも出来るようになってしまうけど、さて、その見返りは…? という、わかりやすいストーリー。この携帯電話というのが、まるで「ハリー・ポッター」のような自由自在度です。ほんとーに、なんでもできるようになってしまいます(笑)。

 ファンタジーなストーリーにくわえて、残酷シーンもほぼ皆無なので、「…これはもしや、ひとりも犠牲者がでないという、まさしくハリーな小学生向け映画…??」と、観ていましたら、後半からしっかりホラーしていきました。(…といっても、血は一滴も流れないんですけどね!) ファンタジーとして見ると、けっこう残酷だと思います、たぶん(笑)。

 出てくる男の子や女の子がみんなかわいい子たちばかりなので、とりあえず、どんなシーンも絵になっています。ホラーにつきものの 「暗さ」や 「苦味」がひとつも見あたらず、最初からそんな映画だとわりきって観ると楽しいかもしれません。
…思えば 「ハリー・ポッター」 シリーズは、道具仕立てこそメイド・イン・UKしていましたけど、映画そのものは120%アメリカナイズされていました。それが空前の商業的価値を生みだしたわけですが、この作品の場合、全体的に 「ドタバタ・ホラー喜劇」 としてとっちらかっている感が否めないものの、そうした不器用さや個性などが、逆に愛しかったりするわけです。

 それから、劇中に突然「Dead End」「-Less/レス」2003)のワン・シーンが挿入されるのにはびっくりしました。監督さんも、好きね~










ニックを演じるジャン・バプティスト・モニエくん。
今後の成長株ですね










親友のピエール(ベンジャミン・ユンガー)
くんと。いい笑顔しています!







ニックが恋するアンジー
(ジェニファー・デッカー)。
モニエくんとくらべると、
大人っぽいですねー。






いじめっこ隊登場!
リーダーのヴァージル
(中央ウラジミール・コン
サイニー)は、なぜか
いつも半裸です!






そのヴァージル、「悪魔の携
帯電話」に囁かれて、食堂で
ストリップ♪ をはじめてしまい
ました!
(←ここ、見せ場ですのよ















本領発揮した帯電話の暴走!!
さて、生き残ることができるのは、
だ~れだ…??







PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
09 2019/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
(いちおう)プロフィールです
HN:
ななみといいます
性別:
女性
自己紹介:

 独断と偏見で、ホラー関係(広い意味でのホラーですので、SFやファンタジーなんかもやってます)のレビューを書いてます。コメント大歓迎です。新情報や、こんなのもあるよ!って情報などなど、寄せてくれるとありがたいです。

〈好きかも♪〉
 おにぎり、猫たん、ジャック・ホワイト、ブクオフ、固いパン、高いところ、広いところ、すっげー大きな建造物、ダムとか工場とか、毛玉とり、いい匂い…

〈苦手かも…〉
 かます、説明書、道案内、カマドウマ、狭いところ、壁がすんごい目の前とか、渋滞、数字の暗記、人ごみを横切る、魚の三枚おろし…
ねこじかんです

ホームページ制作浮気調査ホームページ制作会社 東京浮気調査ホームページ制作 千葉ホームページ制作ブログパーツ 動物

最新CM

[03/28 PatlealaRag]
[02/29 あぐもん]
[02/29 あぐまn]
[01/11 わかりません]
[01/01 クロケット]
[10/23 ナマニク]
[10/23 ナマニク]
[10/20 nasu]
[10/17 奈良の亀母]
[10/16 ななみ]
気になる新作!

*A Lonely Place to Die

*Super 8

*Insidious

*The Woman

*Rammbock

*Season of the Wich

*Red Rising

*The Violent Kind

*Red White & Blue

*11-11-11

*The Feed

*Nang Phee

*Scream of the Banshee

*Dylan Dog: Dead of the Night

*Misteri Hantu Selular

*The Silent House

*Who Are You

*I Didn't Come Here to Die

*Famine

*I'm not Jesus Mommy

*Monster Brawl

*Some Guy Who kills People

*Falling Skies

*The Wicker Tree

*Hisss

*ChromSkull: Laid to RestⅡ

*Father's Day

*Drive Angry

*Fertile Ground

*Wake Wood

*Mientras Duermes

*Hobo with a Shotgun

*Atrocious

*KaraK

*Penunggu Istana

*Borre

*The Broken Imago

*Madison Country

*Viy

*Jenglot Pantai Selatan/Beach Creature

*Urban Explorer

*Los Infectados

*Isolation

*2002 Unborn Child

*The Pack

*El Incidente

*Rat Scratch Fever

*4bia
最新記事

(10/16)
(10/11)
(10/07)
(10/04)
(10/01)
(09/30)
(09/29)
(07/17)
(06/29)
(06/19)
ブログ内検索

みなさまの足跡
アクセス解析
バーコード
忍者ブログ [PR]

Graphics by Lame Tea / designed by 26℃