忍者ブログ
個人的にグッときたホラー映画(べつの意味でグッときたホラー映画も)なんかや、 小説のレビューなどをポツポツと…
[227]  [226]  [225]  [224]  [223]  [222]  [221]  [220]  [219]  [218]  [217
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    Anamorph



(2007)アメリカ
出演…ウィレム・デフォー
スコット・スピードマン
ピーター・ストーメア
監督…ヘンリー・ミラー
★★★


〔ストーリー〕
 死体を手のこんだ方法で飾りたてるという、猟奇事件が発生。事件を追う刑事スタンは、偶然街中で現場に酷似した絵画を手に入れる。その絵画を元に、犯人が使った映写方法を使うと、ガイコツが浮かびあがる仕掛けになっていた…!
 その後もおそるべき殺人が行われ、被害者の遺体を使った “奇怪なアート” が残される。スタンと相棒のカールは、異常者の凶行を食い止めることができるのか…??


 タイトルにもなっている「アナモルフォーズ」とは、美術専門用語です。日本語でいうと「歪像画」、つまり、正面からは歪んで見えるんですが、あるポイントから見てみるとはじめてその正体がわかるという、遠近法を利用した “騙し絵” のことです。

 こうしたミステリー、サイコ・スリラー系のものというと、一時期のラッシュから飽きられてしまった感が強く、本作も、とくに新しい試みはないんですが… 原点回帰といいますか、とてもオーソドックスな犯人&刑事ものです。なにより、主人公がウィレム・デフォーです。渋いっ! 渋いですね~!

 渋くて男前のデフォー様が、クールな刑事役として大活躍するだけでも、画面がキリッと引き締まって見えてしまいます。ステキです。こんな刑事さんがほんとにいたら、絶対ファン・クラブが設立されていると思います。
また、こむずかしい美術用語なんかもついでに勉強できちゃって、気分はちょっぴりアートチックに。ひさしぶりに『ギャラリー・フェイク』でも読んでみたくなりました。

 テーマが“見せる遺体”なだけに、映画な見どころ的にもじゅうぶんおもしろく、興味深いエピソードをつなげていて成功しています。「Se7en」(1995)以降のサイコというと、どれだけ猟奇的に見せるかで張りあっていましたが、こちらは完全な知的ミステリー。
デフォー演じるスタンは、やたら神経質な刑事さん(…買物をするにも、レジに商品を並べる配置にこだわるっ!)なんですが、椅子マニアでもあります。いい椅子って、たしかに惹かれますよね~。で、デフォーと個人的に仲のいい美術商・ブレアに、
ピーター・ストーメア。

 なにしろ犯人が “騙し絵” にこだわる人なので、一見すると死体のひどい状況しかわからないんですが、ナゾを解いたときの「おおっ」という感動が心地いい。一種のマジックのようでもあります。こんなすごい才能があるなら、別分野で活躍したほうが明らかにイイのに… なんて、突っこみながら観てください。

 …ただ、犯人が出現しちゃったとたん、映画的にも気分的にもペースダウンしちゃうのは、やはりサイコ・ミステリの越えられない壁なのか。そうなのかっ!








デフォー様、麗しい~!!
笑顔がステキだったので、つい一枚





デフォー様演じるスタンは、
さっそく証拠物件の絵画を
発見しちゃいます。






相棒のカール刑事を演じる、
スコット・スピードマン。
これまた色男ですねー






デフォー様専任の美術商に、ピーター・ストーメア。
…ということで、今回は渋めの男優さんたちで
攻めてみました~。






第1の死体現場。でも、犯人が
残したカラクリは、これだけでは
ないのです…






こちらは、本作でも使われてい
る、ドイツ人象徴画家ハンス・
ホルバインの「大使たち」
(1533)
人物の足下の不思議な物体が、
じつはドクロ。そのほかにも、
「死」を象徴するリュート
(象徴画では、楽器は 
“弦を切る” という意)などが。







PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
デフォー
『ストリート・オブ・ファイヤー』の暴走族のリーダー役
が好きでした。マイケル・パレにボコられちゃいますが・・・
サバイバル・ゲームでは『プラトーン』のデフォーを
真似ています。身に着けているものほとんど実物。
重くて動けませんが・・・銃はおもちゃです当然。
盆踊り URL 2008/05/03(Sat)23:10:53 編集
デフォ様
>盆踊りさん
「プラトーン」のデフォー様は永遠です!!
それに族役のデフォー様なんて、ぜひ見てみたいですね~♪♪
サバイバル・ゲームというと、ホラーなシチュエーションを思い浮かべてしまうわたしです… しかも、すっごく体力がいりそうですね! ダイエットにもなりそうデス。道具も全部実物をそろえてるなんて、さすが盆踊りさん…!!
( ・_<)┏バキューン ☆  ~・

いま、なぜか「ゴルゴ」を連想してしまいました。
ななみ 2008/05/03(Sat)23:49:08 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
<< The Evil Dead  | HOME |  The Signal >>
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
(いちおう)プロフィールです
HN:
ななみといいます
性別:
女性
自己紹介:

 独断と偏見で、ホラー関係(広い意味でのホラーですので、SFやファンタジーなんかもやってます)のレビューを書いてます。コメント大歓迎です。新情報や、こんなのもあるよ!って情報などなど、寄せてくれるとありがたいです。

〈好きかも♪〉
 おにぎり、猫たん、ジャック・ホワイト、ブクオフ、固いパン、高いところ、広いところ、すっげー大きな建造物、ダムとか工場とか、毛玉とり、いい匂い…

〈苦手かも…〉
 かます、説明書、道案内、カマドウマ、狭いところ、壁がすんごい目の前とか、渋滞、数字の暗記、人ごみを横切る、魚の三枚おろし…
ねこじかんです

ホームページ制作浮気調査ホームページ制作会社 東京浮気調査ホームページ制作 千葉ホームページ制作ブログパーツ 動物

最新CM

[03/28 PatlealaRag]
[02/29 あぐもん]
[02/29 あぐまn]
[01/11 わかりません]
[01/01 クロケット]
[10/23 ナマニク]
[10/23 ナマニク]
[10/20 nasu]
[10/17 奈良の亀母]
[10/16 ななみ]
気になる新作!

*A Lonely Place to Die

*Super 8

*Insidious

*The Woman

*Rammbock

*Season of the Wich

*Red Rising

*The Violent Kind

*Red White & Blue

*11-11-11

*The Feed

*Nang Phee

*Scream of the Banshee

*Dylan Dog: Dead of the Night

*Misteri Hantu Selular

*The Silent House

*Who Are You

*I Didn't Come Here to Die

*Famine

*I'm not Jesus Mommy

*Monster Brawl

*Some Guy Who kills People

*Falling Skies

*The Wicker Tree

*Hisss

*ChromSkull: Laid to RestⅡ

*Father's Day

*Drive Angry

*Fertile Ground

*Wake Wood

*Mientras Duermes

*Hobo with a Shotgun

*Atrocious

*KaraK

*Penunggu Istana

*Borre

*The Broken Imago

*Madison Country

*Viy

*Jenglot Pantai Selatan/Beach Creature

*Urban Explorer

*Los Infectados

*Isolation

*2002 Unborn Child

*The Pack

*El Incidente

*Rat Scratch Fever

*4bia
最新記事

(10/16)
(10/11)
(10/07)
(10/04)
(10/01)
(09/30)
(09/29)
(07/17)
(06/29)
(06/19)
ブログ内検索

みなさまの足跡
アクセス解析
バーコード
忍者ブログ [PR]

Graphics by Lame Tea / designed by 26℃