忍者ブログ
個人的にグッときたホラー映画(べつの意味でグッときたホラー映画も)なんかや、 小説のレビューなどをポツポツと…
[234]  [233]  [232]  [231]  [230]  [229]  [228]  [227]  [226]  [225]  [224
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    The Funhouse

 
(1981)アメリカ
出演…エリザベス・ベリッジ
ショーン・カーソン
ラーゴ・ウッドラフ
ケヴィン・コンウェイ
監督…トビー・フーパー
★★★



〔ストーリー〕
 高校卒業を間近に控えたエイミーは、親友のリズとダブルデート目的でカーニバルに出かける。ボーイフレンドのバズとリッチーは、ファンハウス(お化け屋敷)でひと晩明かそうと、いたずらな計画を持ちかけるのだが… 人気のいないファンハウスに忍びこんで、それぞれいちゃつく4人。だが、物音に覗き穴から階下を覗くと、呼びこみの男性が占い師の女性を殺害する場面を目撃してしまい…!!


 トビー・フーパー監督の「ファンハウス/惨劇の館」です。

 ホラー映画史上に燦然と輝く「The Texas Chain Saw Massacre」「悪魔のいけにえ」が、1974年の作品です。その3年後に、「ほんとにこっちが後なの?」という作品、「Eaten Alive」「悪魔の沼」を発表。アートまできわめた毒々しい恐怖は、迫力は、偶然の産物だったのね… と、映画ファンを妙に納得させて、「Salem's Lot」「呪われた町」1979)で、ふたたび撃沈。

 そんなフーパー監督が!! ほんとはすごい人なのに、やればできるのにフーパー監督が、やっとこさ盛りかえしてくれたのが、本作品でもあります。
 また、こちらはクーンツ先生がノベライズを担当しています。ちゃんと読めるノベライズになっていますので、興味のある方は、古書店などで探してみてくださいね。

 カーニバルな雰囲気とホラーはじつに愛称がいいんですが、導入部が無理なく、とても楽しい展開になっているので、ドキワク な映画です。

 若者たちといえば、賑やかな場面でこそ、悪ノリをしちゃうもの。「お化け屋敷でひと晩明かそうゼ!」と、意気ごんでみたものはいいのですが、オッソロシイ場面を目撃してしまいます。占い師にバカにされた客引きが、思わず彼女を殺しちゃいます。しかも、この客引き、カーニバルの奇形さんたちにもシャレにならない、超モンスターな息子がいたのでした。しかもしかも、見られていたことを知った彼らは、口封じのために目撃者狩り開始してしまいます!!

 お化け屋敷、残酷なマジック、綿飴にポップコーン、色とりどりのグロテスクな看板、客引き、不気味な人形… と、子供時代にタイムスリップしたような、さまざまなカーニバルの風景が見ていてウキウキ。サスペンス要素は弱いのですが、雰囲気だけは成功しています。

 フーパー監督というと、暗い画面、ぎこちない間、ぎこちないセリフ、個性の薄い(また、逆に個性の強すぎる!)役者さんたち… などといった、いまのホラー映画ではなかなか見られないような、独特の風味というか、強烈な持ち味があるんですが、これがカーニバルな世界観とぴったりあっています。まるでその場にいるような、匂いまで嗅げてしまいそうな勢いです。

 追いつ追われつな縮図や、こうした華やかな毒々しさ、邪悪さから、わたしはいつも「Deliria」「アクエリアス」1987)とセットで頭に浮かべてしまうのですが、くらべてみるのも一興かもしれません。




 
ファンハウスの目玉(?)、入口の不気味なオバチャン人形。
じつは彼女がいちばんコワい。





左から、リッチー(マイルズ・チャ
ピン)、リズ(ラーゴ・ウッドラフ)、
エイミー(エリザベス・ベリッジ)、
バズ(ソニア・ゾミナ)。
カーニバル、楽しい~!!








カートに乗って、ファンハウス
に突入! 楽しい~!!





ひいぃぃぃ、奇形というより
バケモノ!!!
楽しくない!!






恐怖のあまり、鼻水まで
出てきちゃった…
逃げきれるかしら…??







PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
昔の作品・・・
結構観たのに、記憶が・・この作品も・・・
しかし、ブログの更新早いですね~
盆踊り URL 2008/05/18(Sun)09:07:35 編集
クーンツのノベライズ
どっかで「映画よりまとも」って評価されてました…ので、見つけたら読みたいな~とは思ってるんですけど。映画は雰囲気はよさそうですね。やっぱ映画も見てみたいです
ユキまま 2008/05/18(Sun)13:56:14 編集
懐かし作品…
>盆踊りさん
こんばんはです~♪
更新ぜんぜん遅いほうですよ、だって、開設当時はあんなにはりきっていたのに、いまはわりとサボっていますからね。
「ファンハウス」、ちょっとまえまでTVでやっていたのに、最近では見かけませんね~。
ラストの対決シーンが、よかったような憶えがありますが…(いま、ナルニアをチラ観してま~す)
ななみ 2008/05/18(Sun)21:14:45 編集
クーンツにしては
>ユキままさん
「映画よりまとも」という感想も、ちょっと微妙です…!!
たしかに、読めるほうのノベライズなんですけど、クーンツのほかの作品とくらべると、やっぱりあれれ… なことになっちゃっています。
映画もわりといい出来なんですよー♪
ななみ 2008/05/18(Sun)21:16:58 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
(いちおう)プロフィールです
HN:
ななみといいます
性別:
女性
自己紹介:

 独断と偏見で、ホラー関係(広い意味でのホラーですので、SFやファンタジーなんかもやってます)のレビューを書いてます。コメント大歓迎です。新情報や、こんなのもあるよ!って情報などなど、寄せてくれるとありがたいです。

〈好きかも♪〉
 おにぎり、猫たん、ジャック・ホワイト、ブクオフ、固いパン、高いところ、広いところ、すっげー大きな建造物、ダムとか工場とか、毛玉とり、いい匂い…

〈苦手かも…〉
 かます、説明書、道案内、カマドウマ、狭いところ、壁がすんごい目の前とか、渋滞、数字の暗記、人ごみを横切る、魚の三枚おろし…
ねこじかんです

ホームページ制作浮気調査ホームページ制作会社 東京浮気調査ホームページ制作 千葉ホームページ制作ブログパーツ 動物

最新CM

[03/28 PatlealaRag]
[02/29 あぐもん]
[02/29 あぐまn]
[01/11 わかりません]
[01/01 クロケット]
[10/23 ナマニク]
[10/23 ナマニク]
[10/20 nasu]
[10/17 奈良の亀母]
[10/16 ななみ]
気になる新作!

*A Lonely Place to Die

*Super 8

*Insidious

*The Woman

*Rammbock

*Season of the Wich

*Red Rising

*The Violent Kind

*Red White & Blue

*11-11-11

*The Feed

*Nang Phee

*Scream of the Banshee

*Dylan Dog: Dead of the Night

*Misteri Hantu Selular

*The Silent House

*Who Are You

*I Didn't Come Here to Die

*Famine

*I'm not Jesus Mommy

*Monster Brawl

*Some Guy Who kills People

*Falling Skies

*The Wicker Tree

*Hisss

*ChromSkull: Laid to RestⅡ

*Father's Day

*Drive Angry

*Fertile Ground

*Wake Wood

*Mientras Duermes

*Hobo with a Shotgun

*Atrocious

*KaraK

*Penunggu Istana

*Borre

*The Broken Imago

*Madison Country

*Viy

*Jenglot Pantai Selatan/Beach Creature

*Urban Explorer

*Los Infectados

*Isolation

*2002 Unborn Child

*The Pack

*El Incidente

*Rat Scratch Fever

*4bia
最新記事

(10/16)
(10/11)
(10/07)
(10/04)
(10/01)
(09/30)
(09/29)
(07/17)
(06/29)
(06/19)
ブログ内検索

みなさまの足跡
アクセス解析
バーコード
忍者ブログ [PR]

Graphics by Lame Tea / designed by 26℃