忍者ブログ
個人的にグッときたホラー映画(べつの意味でグッときたホラー映画も)なんかや、 小説のレビューなどをポツポツと…
[225]  [224]  [223]  [222]  [221]  [220]  [219]  [218]  [217]  [216]  [215
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    Love Object


(2003)アメリカ
出演…デズモンド・ハミルトン
メリッサ・サージミラー
ウド・キアー
リップ・トーン
監督…ロバート・パリジ     
★★★


〔ストーリー〕
 冴えないビジネスマンのケネスは、孤独な生活を送る独身男性。隣人のラドリーが女性を連れ帰ってくるたびに、指をくわえて覗き穴から覗き見したり、壁に耳を押し当てて室内の物音を聞いていた。そんなある日、リアルなラブドール(ダッチワイフのことです~)を提供するというチラシを発見。さっそく、インターネットで注文してみることにするのだが…


 ポスターから、勝手にサイコものだと思いこんでました。 いいえ、たしかにサイコものなんですけど、わりとイタイほうの… なんといいますか、滑稽で哀しいお話です。でも、ラストはなぜか爽快な気分(?)に浸れるという、だいぶ変わりものの作品をご紹介します。これは愛の物語なんですねー。ピュアな純愛物語ですね

 主人公のケネスを演じるのは、「Wrong Turn」(2003)「Ghost Ship」(2002)でお馴染みの、デズモンド・ハミルトン。わたしは、「クライモリ」の印象が圧倒的に強いんですけど、あの作品の彼とくらべると、だいぶ体重を落とした感じで、ぐっと細身になっていて、かえって若く見えます。

 「細身でイケメンのデズモンドが、なんでラブドールを買う必要があるんだ!!」 と、男性陣から文句がいわれそうですが、キモい人がキモいお人形と戯れながら、ウヒヒヒヒヒ… って、ほんとにキモいだけじゃないですかー!
 「イケメンのくせに、つたないモテない男ぶりが微笑ましいな~」 と思いながら、余裕をもってご覧になりましょうね。

 さてさて、恋人のいないケネスくんは、毎日がやる気の起きない、つまんない。隣室に住むステキなオジさま・ウド・キアーが若い美女をお持ち帰りするたびに、「いいなァ、ボクにもあんな彼女がいたらなァ…」と、惨めな気持ちになっていました。そこへ、会社の同僚がいたずらで忍びこませたアヤシイ広告を発見。写真のリアル・ドールに目を奪われた彼は、ほいほいアクセスしてしまいます。

 このリアル・ドールというのが、顧客の要望に応じてくれるという設定らしく、「目はなに色が好き? …緑ね、いいわ~、アーン♪」「髪の毛は? …ブロンドね、ステキよ~、アーン♪」「…つぎは脚よ~、アーン♪」(← アンアンいいすぎ)などなど、憧れの女性・同僚のリズ(メリッサ・サージミラー)に似せて作っちゃいます。

 そして、念願の恋人がご到着。人形に “ニッキー” を名前をつけて、ドキドキな生活がスタートします。

 私生活が充実しだすと、仕事もどんどんうまくいっちゃうケネス。ついには専用のオフィスまで与えられて、リズを秘書にしちゃいました! そして、リズともいい仲に…
すると、当然ニッキーが黙っていませんでした。「用済みになったからって、アタシを捨てるっていうの~??」と、ニッキーの復讐がはじまります! ひいぃぃぃ、女の執念はコワいのよ~!!

 中盤までが非常にテンポがよくて、後半になってから、「やっぱり、ありがちなサイコで決着しちゃうのかなあ…?」と、思っていたら、うれしいひっくりかえしなども。(こういう意地悪な結末は… 個人的にはスキ)…そして、不可思議な爽快感に包まれて、気がついてみたらジ・エンド(← なんでやねん! と、お思いの方、ほんとにそんな気分になっちゃうんですよー、なぜか…)

 主演のふたり、デズモンドとメリッサ・サージミラーが、とにかくがんばりすぎてておもしろいです。笑えます。ふたりの熱演ぶりに、あっけにとられてしまう場面が多々ありました(笑)。それから、ロココ趣味のオジさま・ウド・キアーの存在が妙にカワイらしい キアーは優雅な独身貴族を演じているんですが、ケネスの部屋からアヤシイ物音が響いてくるたびに、「?? なに? アレはなんの音かしら?」 と、怯える姿がけっこう萌えてしまいます。

 「8MM」(1999)みたいなアンダーグラウンドで淫靡な雰囲気はないんですが、デズモンドの体当たりな演技を楽しむのもよし、アナタの知らないイケナイ世界に足を踏み入れてみるのもよし、とりあえず、非常におもしろかったです。



 
 






サイコな根暗男を演じるには、爽やかすぎ~~!! 
な一枚を、あえて抽出








とうとう届きました!





ドキドキ、ワクワク…!!
(この後のおサルさんの
ような振る舞い
には、大人
なアナタは目をつぶって
あげましょう…







梁などを組んで、上から
吊るしてワルツを踊って
みたり~



ついに現実の女性・リズとデート!!
(最初からこうしたほうが、ぜったいてっとり早い… なんて、いっちゃダメー!!)







PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
<< The Signal  | HOME |  Paperhouse >>
カレンダー
08 2019/09 10
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
(いちおう)プロフィールです
HN:
ななみといいます
性別:
女性
自己紹介:

 独断と偏見で、ホラー関係(広い意味でのホラーですので、SFやファンタジーなんかもやってます)のレビューを書いてます。コメント大歓迎です。新情報や、こんなのもあるよ!って情報などなど、寄せてくれるとありがたいです。

〈好きかも♪〉
 おにぎり、猫たん、ジャック・ホワイト、ブクオフ、固いパン、高いところ、広いところ、すっげー大きな建造物、ダムとか工場とか、毛玉とり、いい匂い…

〈苦手かも…〉
 かます、説明書、道案内、カマドウマ、狭いところ、壁がすんごい目の前とか、渋滞、数字の暗記、人ごみを横切る、魚の三枚おろし…
ねこじかんです

ホームページ制作浮気調査ホームページ制作会社 東京浮気調査ホームページ制作 千葉ホームページ制作ブログパーツ 動物

最新CM

[03/28 PatlealaRag]
[02/29 あぐもん]
[02/29 あぐまn]
[01/11 わかりません]
[01/01 クロケット]
[10/23 ナマニク]
[10/23 ナマニク]
[10/20 nasu]
[10/17 奈良の亀母]
[10/16 ななみ]
気になる新作!

*A Lonely Place to Die

*Super 8

*Insidious

*The Woman

*Rammbock

*Season of the Wich

*Red Rising

*The Violent Kind

*Red White & Blue

*11-11-11

*The Feed

*Nang Phee

*Scream of the Banshee

*Dylan Dog: Dead of the Night

*Misteri Hantu Selular

*The Silent House

*Who Are You

*I Didn't Come Here to Die

*Famine

*I'm not Jesus Mommy

*Monster Brawl

*Some Guy Who kills People

*Falling Skies

*The Wicker Tree

*Hisss

*ChromSkull: Laid to RestⅡ

*Father's Day

*Drive Angry

*Fertile Ground

*Wake Wood

*Mientras Duermes

*Hobo with a Shotgun

*Atrocious

*KaraK

*Penunggu Istana

*Borre

*The Broken Imago

*Madison Country

*Viy

*Jenglot Pantai Selatan/Beach Creature

*Urban Explorer

*Los Infectados

*Isolation

*2002 Unborn Child

*The Pack

*El Incidente

*Rat Scratch Fever

*4bia
最新記事

(10/16)
(10/11)
(10/07)
(10/04)
(10/01)
(09/30)
(09/29)
(07/17)
(06/29)
(06/19)
ブログ内検索

みなさまの足跡
アクセス解析
バーコード
忍者ブログ [PR]

Graphics by Lame Tea / designed by 26℃