忍者ブログ
個人的にグッときたホラー映画(べつの意味でグッときたホラー映画も)なんかや、 小説のレビューなどをポツポツと…
[540]  [539]  [538]  [537]  [536]  [535]  [534]  [533
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

  Bloodline



(2011)イタリア
出演…フランチェスカ・ファイエラ
マルコ・ベナヴェント
ヴァルジリオ・オリヴァリ
監督…エド・タリアヴィーニ
★★☆



〔ストーリー〕
 少女時代、家族で森のなかを散歩中、妹を殺害されるという過去をもつサンドラ。しかし、妹の遺体は発見されなかった。15年後、大人になった彼女はボーイフレンドのマルコとともに、ポルノ映画製作所のスタッフの職を得る。だが、新作の撮影場所は、彼女の妹を殺害した殺人鬼 “医師” の邸宅であった…


 イタリアン・ホラーの迷走!!!
ついにここまで、きてしまいましたか…

 最近あんまりパッとしないイタリア・ホラーが、とうとう自爆しちゃったらしく(?)不思議な方向に迷走をはじめてしまいました。それで、正直、わりとおもしろかったんです…(汗)、あの、そう感じてしまったわたしは、どこか感覚がおかしくなってるんでしょーか?
まず、内容説明からいきましょう。

 サンドラとジュリアは仲のいい姉妹。ある日、両親とともに森へ散歩に出かけました。
そのころ、不気味なマスク男に追われるカップルが。彼らは強力な麻酔銃を撃たれて、倒れてしまいます。偶然その場に居あわせてしまったサンドラとジュリア、逃げだそうとするのですが、サンドラがトラばさみに足をはさまれてしまう。そこでジュリアは、彼女をかばおうとわざと囮に…

 このとき、たしかに妹は殺害されたのですが、遺体は見つかりませんでした。
そして、のちに驚愕の犯罪が露見することになります。

 最初のこのシーンが、わりと重要。姉妹には不思議な感応能力があって、とくに妹のジュリアのほうが強い様子。だから、テレパシーでサンドラの心のなかに入ることもできるし、事前に危険を察知する力もある。ようするに、超能力ですね。

 それから15年後、大人になったサンドラ(フランチェスカ・ファイエラ)は、友人のマルコ(マルコ・ベナヴェント)とともに、ポルノ製作所のスタッフの職を得ます。そこではじめての出張先が、例の妹を殺害した殺人鬼の邸宅だった… という、運命の選択から。

 この殺人鬼は逮捕されなかったのですが、正体はあきらかになってまして、“医師” と呼ばれています。若く健康な男女をさらってきては、自宅の地下室で生きたまま解体。臓器をとりだして、売買していたんですねー、おそろしや~。つまり、ジュリアはその誘拐現場の目撃者になってしまったため、殺されてしまったと。

 そんな過去があるサンドラ、当然仕事中も心穏やかでいられない。

 …あと、ポルノといっても、安易なエッチビデオではなく、なんか、わりと権威ありそうなアーティスティックなオジサンが、
「ちがうちがう、そこ、ちがうでしょ! あーん、だから、もうっ!!」
「そうそう、いいよ~、いいよ~、その調子… って、クリスティン! クリスティン、なーんで〇たないのヨ??」
(クリスティンは寒かったので、〇たなかったもようです)
と、なんだかとっても楽しそうな、アットホームな現場です

 そこで、彼女が妹の亡霊を目撃したり、不思議な夢を見るたび、“医師” らしき殺人鬼にスタッフが襲われちゃう。そして、しだいに彼女にも危機が迫る…!! というのが、おおまかなストーリーです。

 ただし、ふつうの殺人鬼モノかと思ったら、そうじゃないんです。下の画像をご覧になっていただければわかるかと思いますが、なんとゾンビ(!!)まで出現してしまう。あと、たんなる復讐譚にもなっていません。そこのところが、いちばんびっくりしました。

 なにぶん、ハチャメチャすぎる内容なので、マニア受けしかしないと思います… が、わたしはアリだなと思いました。
ただ、エフェクトが貧乏っちい、テンポもアレな感じ、肝心のシーンもごまかすのかよ! と、怒りたくなる部分もありますが。最終的な目的がはっきりしていたら、佳作になったかもしれない(?)変化球なのにー。

 ちょっとだけネタバレ。
ラスト、とあるキャラの独白にゾクッとなります。この映画は、多分の悪意成分でできていたんですねー、おそろしや…







現場に到着した時点から、
サンドラの様子はおかし
く…?






犠牲者を生かしたまま、
解体しちゃる!!!






これが噂の殺人鬼、
サディスト“医師“。
(医師っぽく見えなーい、
は、ご法度です)









こんな娘も登場します。






あと、なぜかこんな
人も…??






ついでに、
こんな人も…





 


PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
<< The Pack  | HOME |  Insidious >>
カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
(いちおう)プロフィールです
HN:
ななみといいます
性別:
女性
自己紹介:

 独断と偏見で、ホラー関係(広い意味でのホラーですので、SFやファンタジーなんかもやってます)のレビューを書いてます。コメント大歓迎です。新情報や、こんなのもあるよ!って情報などなど、寄せてくれるとありがたいです。

〈好きかも♪〉
 おにぎり、猫たん、ジャック・ホワイト、ブクオフ、固いパン、高いところ、広いところ、すっげー大きな建造物、ダムとか工場とか、毛玉とり、いい匂い…

〈苦手かも…〉
 かます、説明書、道案内、カマドウマ、狭いところ、壁がすんごい目の前とか、渋滞、数字の暗記、人ごみを横切る、魚の三枚おろし…
ねこじかんです

ホームページ制作浮気調査ホームページ制作会社 東京浮気調査ホームページ制作 千葉ホームページ制作ブログパーツ 動物

最新CM

[03/28 PatlealaRag]
[02/29 あぐもん]
[02/29 あぐまn]
[01/11 わかりません]
[01/01 クロケット]
[10/23 ナマニク]
[10/23 ナマニク]
[10/20 nasu]
[10/17 奈良の亀母]
[10/16 ななみ]
気になる新作!

*A Lonely Place to Die

*Super 8

*Insidious

*The Woman

*Rammbock

*Season of the Wich

*Red Rising

*The Violent Kind

*Red White & Blue

*11-11-11

*The Feed

*Nang Phee

*Scream of the Banshee

*Dylan Dog: Dead of the Night

*Misteri Hantu Selular

*The Silent House

*Who Are You

*I Didn't Come Here to Die

*Famine

*I'm not Jesus Mommy

*Monster Brawl

*Some Guy Who kills People

*Falling Skies

*The Wicker Tree

*Hisss

*ChromSkull: Laid to RestⅡ

*Father's Day

*Drive Angry

*Fertile Ground

*Wake Wood

*Mientras Duermes

*Hobo with a Shotgun

*Atrocious

*KaraK

*Penunggu Istana

*Borre

*The Broken Imago

*Madison Country

*Viy

*Jenglot Pantai Selatan/Beach Creature

*Urban Explorer

*Los Infectados

*Isolation

*2002 Unborn Child

*The Pack

*El Incidente

*Rat Scratch Fever

*4bia
最新記事

(10/16)
(10/11)
(10/07)
(10/04)
(10/01)
(09/30)
(09/29)
(07/17)
(06/29)
(06/19)
ブログ内検索

みなさまの足跡
アクセス解析
バーコード
忍者ブログ [PR]

Graphics by Lame Tea / designed by 26℃