忍者ブログ
個人的にグッときたホラー映画(べつの意味でグッときたホラー映画も)なんかや、 小説のレビューなどをポツポツと…
[245]  [244]  [243]  [242]  [241]  [240]  [239]  [238]  [237]  [236]  [235
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    Rogue



(2007)オーストラリア/アメリカ
出演…ラダ・ミッチェル
マイケル・ヴァルダン
サム・ワシントン
監督…グレッグ・マクリーン
★★★


〔ストーリー〕
 アメリカ人のトラベルライター・ピートは、オーストラリアのカカドゥ国立公園で、ケイトが運転する船〈スーザン〉のリバー・クルーズに参加する。クルーズも終わりに近づいたころ、乗客のひとりがSOSを伝える煙があがっているのを発見。ケイトは参加者たちを説得して、通常のルートを外れて救助に向かうことにするのだが…


 心臓に悪い、アニマル・パニック映画の登場で~すっ

 監督のグレッグ・マクリーンは、「Wolf Creek」(2005)で、一躍その名を高めていましたね。(この作品、殺人鬼がごく “フツーのおっちゃん” というところが、妙~に現実感があって、逆にコワかったりした映画でした)。そして、さて次回作の本作品はというと、じつに単純なアニマル・パニックものなんですよね。

 アニマル・パニックものでまっさきに思いつくのが、いわずと知れた大傑作「Jaws」(1975)!!

 …これに勝る優秀作は、正直なかなかあらわれないでしょう… あまりに最強すぎて、いまのところ敵ナシといった感じです。そんなわけで、この分野の新作が出るたびに、「ジョーズ」と比較しまして、ここがよかったり、あそこが足りなかったり… などと、色眼鏡で観てしまうのですが、マクリーンのこの作品にかんしていえば、そんな中でもなかなか健闘していたと思います。ええ、夢中になって観ちゃいました!

 ヒロイン(ケイト)には、最近ホラー映画に定評のあるラダ・ミッチェル。
たいして、主人公のピートを演じるのは、ドラマ「エイリアス」で人気急上昇中のマイケル・ヴァルダン。最近、テレビ業界から映画の世界に進出する方が、多いですよねー。第2のジョージ・クルーニーは生まれるのか? どうなのか!!

 (話がちょっと逸れてしまいましたが~)、マイケル・ヴァルダン演じるシニカルな旅行ライターのピートが、ケイトのクルーズに参加するところから物語がスタートします。この作品のよいところは、余計な枝葉をいっさい省いているところです。そのため、ストーリーにブレがありません。のっけからいい緊張感を醸しだしています。

 前半はこの緊張感が痛いほどつづき、非常に心臓に悪し(笑)。びっくらかし系は苦手なんですかね~…、あと、動物がやられちゃうシーンなんかも、その手のドキュメンタリーを見ているようでした… (やっぱ、苦手かもしれません~)…

 ストーリー展開はお定まりのもので、突然アタックされたケイトたち、〈スーザン〉はエンジン故障を起こし、やむなく中州に避難したところで、自分たちが直面している恐怖に気づく、というパターンです。そうです、なんといっても、“水もの” ですから!! 中州に取り残されないと!! そこで、絶対絶命の危機に追いつめられないと!!

 「ジョーズ」の成功の一因は、偶然の賜物だったりしたわけですが、(…美術スタッフが作った模型が計算ちがいで水中に沈まなかったため、急遽すくない予算で頭だけ作りなおしたという話)、いまさらアレを意図的に模倣するわけにはいきません。アレというのはもちろん、姿は見せず、音楽とカメラだけで盛りあげる、という方法のことです。

 そのため、この作品の陰の主役のワニくんは、正攻法でアタックしていきます。いってみれば、その手法は「姿が見えた時点」でアウトになってしまうわけですが、さすがは「Wolf Creek」を撮った方だけありまして、そんな淋しいことにはなりませんでした。なんと、さらなる “モンスター描写” で盛りあげることに成功しているのです。もちろん、見た目のことをいっているのではありません。ここ、けっこう重要です。

 また、(ストーリーだけ聞くと)ありがちなB級映画のようですが、雰囲気があまりにも “高級感” を含んでいるので、慣れるまで違和感を覚えてしまいました。こちらも、ラストまで持続しています。(これこそ 「偶然の賜物?」 と思ったんですけど、エンドロールが狙いすぎ~な音楽でしたので、確信犯! だとわかりました)。

 …ということで、そうですね、ひとことでいったら、「安心して観れるアニマル・パニック映画」だと思います!!










ケイト演じるラダ・ミッチェル。
こんな美人なのに、薄幸な役
が多いですよね~。









ピートを演じるマイケル・
ヴァルダン(もちろん、左)。









乗客のひとりは、絶壁に奇怪
な壁画を発見しますが…







ひえ、急いでー!!
グズってると、あっという間
バクッといっちゃいます!







「キャアアァァァ!!」
なんて、叫んでる場合
じゃありません!!








サービス・ショット!!
ワニくんをチラッと披露







 
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
ざ・残念・・
サービス・ショット!がワニでしたか・・・
ちがうサービスかと勝手に・・・
しかしワニくんはでかそうですね(@_@;)
盆踊り URL 2008/06/04(Wed)07:25:48 編集
予告で・・・・
ななみさん、盆踊りさんこんにちは。
これって、予告が妙に緊張感ある映画ですよね。
早く、観たいです。
ワニワニ君は、「アリゲーター」が大好きですが、
先日「カニングキラー 殺戮の沼」を観ました。
これも結構、面白かったです。ワニがすごく速くて…
「UMA2」はダメでした。途中で、寝ちゃいましたから。
ベレッタ 2008/06/04(Wed)13:13:12 編集
うっかり
>盆踊りさん
あっ、盆踊りさん用のサービスショットをすっかり忘れてました!!
ごめんなさ~い、そちらはまたの機会に♪
ななみ 2008/06/04(Wed)22:22:07 編集
息苦しくなります
>ベレッタさん
ベレッタさん、こんばんは。
けっこうおもしろかったですよー、ワニ映画。
「カニングキラー」も楽しそうですね、スピード感のあるワニも手強そう~!!
「UMA2」はダメダメだったんですか、一応、レンタルで気になってはいたんですけど…
動物系は地雷も多いですからねー、ベレッタさんのご忠告に感謝です♪
ななみ 2008/06/04(Wed)22:27:35 編集
今更ですが・・・
ビデマでゾンビ系のDVD買ったら
予告編が入ってました(^^♪
ワニくん、かなりの大きさですね~
さて、字幕なしゾンビ物観ます!(^^)!
盆踊り URL 2008/06/14(Sat)21:53:36 編集
ゾンビ注意報
>盆踊りさん
最近のゾンビでは、「プレーン・デッド」?がすごくよかったですね。飛行機の中でゾンビというのが、あるようでない新鮮さでした。
ワニ映画も字幕なしで観れますよ!!
これから「ゾンビ・ストリッパー」なるものを観てみようかな…と…(おもしろいですかね~?)
盆踊りさんのゾンビはどんなゾンビでしょう?
ななみ 2008/06/14(Sat)22:26:51 編集
タイトルは・・
『Automaton Transfusion』です・・・
まだ良く分かりませんが。
「プレーン・デッド」は邦題『デッドフライト』ですね!
旅行好き飛行機好きの盆はお気に入りです。
あと『エクソシスト』と『リ・アニメーター』の
パロディのDVD買ったらとてもえちーで・・・
正直『ゾンビ・ストリッパー』というタイトルは
とても観たいタイトルでございますです。
盆踊り URL 2008/06/14(Sat)22:33:17 編集
ダッシュ系ゾンビ
>盆踊りさん
盆踊りさんのいっているのは、ダッシュ系ゾンビ映画のことですね。今度レビュー書いてください~♪
そうそう、「デッドフライト」です。あれはよくできてましたよねー。
「ゾンビ・ストリッパーズ」を観たんですが、予想以上に楽しい映画でした。えち~がふんだんに盛りこまれてまして、きっと盆踊りさん好み!
ロバート・イングランドおじさんがおかしかったです。
ハッピーな雰囲気で、流行のグラインドハウス仕様でした。
ななみ 2008/06/16(Mon)23:25:02 編集
なんとなく・・・
盆踊りはえちーと思われそうですが・・
そんなにはえちーではありません。しかし
否定もできないのが辛いトコですね・・(^_^;)
ホラーには、軽いサービスは歓迎です。
ちょっとした息ぬきになりますので・・・
過剰サービスはいりませんがね『ホステル』やら・・・

しかしななみさん輸入版とか鑑賞早くてオドロキです。
来年、米国本土決定ですので何が買えるか今から
DVD貯金開始です。もちろん鉄砲貯金も・・・
盆踊り URL 2008/06/17(Tue)06:24:05 編集
そういえば…
>盆踊りさん
そんなに弁解しなくたっていいですよー、
男性はみんな好きだと思います。
ホラーに息抜きは必要というのは賛成ですね。
だって、ホラーにエロスは重要ですもんね!
「ホステル」は過剰でしたか…もしかしたら、「ホステル」よりきわどいかもしれません~…(まじめな盆踊りさんの鑑賞に耐えられるでしょか??)
早い、早いとよくいわれますが、これでもサボっているほうなんですよー、レビューの更新もだいぶ…
来年は本土上陸ですね!
これはいい収穫が期待できそうですね♪
わたしも500円貯金などをはじめてみました。
ななみ 2008/06/17(Tue)23:18:59 編集
マンイーター
初めまして、こんにちは。巨大ワニは最後どうやって倒したんですか?
あぐまn 2012/02/29(Wed)11:44:33 編集
マンイーター
初めまして、こんにちは。最後季題ワニはどうやって倒したんですか?
あぐもん 2012/02/29(Wed)11:46:05 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
(いちおう)プロフィールです
HN:
ななみといいます
性別:
女性
自己紹介:

 独断と偏見で、ホラー関係(広い意味でのホラーですので、SFやファンタジーなんかもやってます)のレビューを書いてます。コメント大歓迎です。新情報や、こんなのもあるよ!って情報などなど、寄せてくれるとありがたいです。

〈好きかも♪〉
 おにぎり、猫たん、ジャック・ホワイト、ブクオフ、固いパン、高いところ、広いところ、すっげー大きな建造物、ダムとか工場とか、毛玉とり、いい匂い…

〈苦手かも…〉
 かます、説明書、道案内、カマドウマ、狭いところ、壁がすんごい目の前とか、渋滞、数字の暗記、人ごみを横切る、魚の三枚おろし…
ねこじかんです

ホームページ制作浮気調査ホームページ制作会社 東京浮気調査ホームページ制作 千葉ホームページ制作ブログパーツ 動物

最新CM

[03/28 PatlealaRag]
[02/29 あぐもん]
[02/29 あぐまn]
[01/11 わかりません]
[01/01 クロケット]
[10/23 ナマニク]
[10/23 ナマニク]
[10/20 nasu]
[10/17 奈良の亀母]
[10/16 ななみ]
気になる新作!

*A Lonely Place to Die

*Super 8

*Insidious

*The Woman

*Rammbock

*Season of the Wich

*Red Rising

*The Violent Kind

*Red White & Blue

*11-11-11

*The Feed

*Nang Phee

*Scream of the Banshee

*Dylan Dog: Dead of the Night

*Misteri Hantu Selular

*The Silent House

*Who Are You

*I Didn't Come Here to Die

*Famine

*I'm not Jesus Mommy

*Monster Brawl

*Some Guy Who kills People

*Falling Skies

*The Wicker Tree

*Hisss

*ChromSkull: Laid to RestⅡ

*Father's Day

*Drive Angry

*Fertile Ground

*Wake Wood

*Mientras Duermes

*Hobo with a Shotgun

*Atrocious

*KaraK

*Penunggu Istana

*Borre

*The Broken Imago

*Madison Country

*Viy

*Jenglot Pantai Selatan/Beach Creature

*Urban Explorer

*Los Infectados

*Isolation

*2002 Unborn Child

*The Pack

*El Incidente

*Rat Scratch Fever

*4bia
最新記事

(10/16)
(10/11)
(10/07)
(10/04)
(10/01)
(09/30)
(09/29)
(07/17)
(06/29)
(06/19)
ブログ内検索

みなさまの足跡
アクセス解析
バーコード
忍者ブログ [PR]

Graphics by Lame Tea / designed by 26℃