忍者ブログ
個人的にグッときたホラー映画(べつの意味でグッときたホラー映画も)なんかや、 小説のレビューなどをポツポツと…
[536]  [535]  [534]  [533]  [532]  [531]  [530]  [529]  [528]  [527]  [526
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

  Bu dang geo rae



(2010)韓国
出演…ファン・ジョンミン
リュ・スンボム
ユ・へジン
監督…リュ・スンワン
★★★☆


〔ストーリー〕
 容疑者を誤って射殺してしまう事件が発生。このところ失態つづきだった警察は、この事件を隠蔽しようともくろむ。かわりになにか、市民の注意をひく事件を起こせないか? そこで、少女連続強姦殺人の犯人をでっちあげようと思いつく… その隠蔽工作に白羽の矢をたてられたのは、チョルギ刑事。上司に半ば脅されるかたちで、家族のため、部下のためにと裏工作に手をまわすチョルギだが… 以前とある因縁のある、チュ検事の疑惑を招いてしまうことになった!!


 話題の韓国バイオレンスその②、「生き残るための3つの取引」
これも、たいしてバイオレンスしてなかったです。でも、おもしろかったです!

 完全にクライム・スリラーなんですけどね。これがよくできているんですよ、ホントに! 警察内部の腐敗と癒着と裏取引と、どんどん堕落してっちゃうドキドキなハートの不幸と!! 漫画っぽいんですけど、結末はわかっていても、やはり熱くなります。

 主人公は、チョルギ刑事(ファン・ジョンミン)。彼は部下の信頼も厚く、きまじめで有能な刑事さんなのですが、警察学校を出ていないため、完全に出世街道からはずされています。それで格下からナメられたり、反対に上司からはせっつかれたりと、胃が痛い日々。おれだって、おれだって学歴があれば~!! と、ひそかに鬱々としていました。

 そんなとき、容疑者を射殺してしまうというとんでもない事件が起きてしまいます。そのころ警察はなにかと失態つづきで、これ以上批判されないためにと、この事件を隠蔽しちゃおうと考える。死体を車のトランクに詰めて、そのままスクラップ場へ。世間の目をごまかすため、なにかド派手な手柄を立てなくては!! そこで、能力はあるのに無視されつづけてきたチョルギに、白羽の矢が立ってしまうのです。

 チョルギはとある建設会社の裏社会のヒト(…日本でいったらヤクザかな?)、チャン(ユ・へジン)と接触して、連続少女殺人事件の犯人をでっちあげてしまう。これも、まるっきり無関係の人じゃなくて、とりあえず前科があって、知能がちょっと弱くて、貧しくて… って、社会的に立場の弱い人ですね。その人を犯人にしたてあげて、すごいやつ逮捕しましたー!! と、華々しく逮捕劇を宣伝するのですが…

 これに、疑問をもった人がいました。その名はチュ検事(リュ・スンボム)、父は検事局上層部という超エリート。チュ検事にはチュ検事なりに、やましいことがありまして、他方面の大物と不正取引中でウハウハ。この大物を検挙されたことがある恨みから、チョルギに一矢むくってやろうと思いつく…!!

 日本のこの手の警察の縦社会映画・ドラマなんかとくらべると、だんぜん緊張感があって展開もスピーディです。ただし、このリアリティはあくまで映画のなかのリアリティなので、コッテコテの展開なのですが、まず、キャラクターが楽しいのです。裏社会のチャンが濃いな~、漫画みたいなおもろワルだな!と思ってましたら、さらに濃ゆいのがチュ検事役のスンボムさん。この人の一挙手一投足、コントみたいでおかしいです。

 チョルギが感情移入担当、ヤクザのチャンがボケ担当、チュ検事はツッコミ担当??
あ、タイトルになっている「3つの取引」とは、汚職刑事、汚職検事、裏社会のアブナイ人と、この3人のことをしめしているんですねー。

 結末がやっぱりなー という、韓国映画に特徴のあんな感じです。で、これはもう、ひとつのジャンルとして確立してしまうのでは? というくらい、最近勢いがいいのですよ。構成もうまいし、質の高いドラマ作りもできちゃう。わたしは思うんですけど、この、ちょっと古臭い感じのドラマ性、コテコテの泥臭い雰囲気なんかは、むしろ長所としてどんどん多用していただきたいのです!!

 チョルギの寡黙な演技にジーンときて… チュ検事、チャンのおもしろ芸でときどき爆笑。なんて楽しいクライム・スリラーなんでしょう! でも、緊張感はあるのです、そこのところを誤解なくっ

 どうせなら、4つ目の取引も見てみたかったかなあ、というのは素人の意見なのです。その場合、4つ目は観客がいちばん感情傾倒する被害者視点になるのですから、生半可は描き方は許されないのです。そこのところを、どうかよろしくお願いします!










いい人っぽいから
よけい同情してしまう、
チョルギ刑事。









上司にいびられ、
脅され、強要されて…








鼻持ちならんエリート
検事にはいじめられ、
ネチネチ、ネチネチ!!









裏社会のクズの
相手もせにゃならん!
もうやってられんよ!!









んで、とち狂っちゃった
チョルギのいきつく末
とは…?!?!







PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
今年もよろしくお願いします。
明けましておめでとうございます。
本作は未見ですが、韓国映画は「チェイサー」「オールドボーイ」「カル」「グエムル」「四人の食卓」「箪笥」などなかなか面白い映画が多いです。
また、映画紹介を楽しみにしています。
クロケット URL 2012/01/01(Sun)12:13:35 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
(いちおう)プロフィールです
HN:
ななみといいます
性別:
女性
自己紹介:

 独断と偏見で、ホラー関係(広い意味でのホラーですので、SFやファンタジーなんかもやってます)のレビューを書いてます。コメント大歓迎です。新情報や、こんなのもあるよ!って情報などなど、寄せてくれるとありがたいです。

〈好きかも♪〉
 おにぎり、猫たん、ジャック・ホワイト、ブクオフ、固いパン、高いところ、広いところ、すっげー大きな建造物、ダムとか工場とか、毛玉とり、いい匂い…

〈苦手かも…〉
 かます、説明書、道案内、カマドウマ、狭いところ、壁がすんごい目の前とか、渋滞、数字の暗記、人ごみを横切る、魚の三枚おろし…
ねこじかんです

ホームページ制作浮気調査ホームページ制作会社 東京浮気調査ホームページ制作 千葉ホームページ制作ブログパーツ 動物

最新CM

[03/28 PatlealaRag]
[02/29 あぐもん]
[02/29 あぐまn]
[01/11 わかりません]
[01/01 クロケット]
[10/23 ナマニク]
[10/23 ナマニク]
[10/20 nasu]
[10/17 奈良の亀母]
[10/16 ななみ]
気になる新作!

*A Lonely Place to Die

*Super 8

*Insidious

*The Woman

*Rammbock

*Season of the Wich

*Red Rising

*The Violent Kind

*Red White & Blue

*11-11-11

*The Feed

*Nang Phee

*Scream of the Banshee

*Dylan Dog: Dead of the Night

*Misteri Hantu Selular

*The Silent House

*Who Are You

*I Didn't Come Here to Die

*Famine

*I'm not Jesus Mommy

*Monster Brawl

*Some Guy Who kills People

*Falling Skies

*The Wicker Tree

*Hisss

*ChromSkull: Laid to RestⅡ

*Father's Day

*Drive Angry

*Fertile Ground

*Wake Wood

*Mientras Duermes

*Hobo with a Shotgun

*Atrocious

*KaraK

*Penunggu Istana

*Borre

*The Broken Imago

*Madison Country

*Viy

*Jenglot Pantai Selatan/Beach Creature

*Urban Explorer

*Los Infectados

*Isolation

*2002 Unborn Child

*The Pack

*El Incidente

*Rat Scratch Fever

*4bia
最新記事

(10/16)
(10/11)
(10/07)
(10/04)
(10/01)
(09/30)
(09/29)
(07/17)
(06/29)
(06/19)
ブログ内検索

みなさまの足跡
アクセス解析
バーコード
忍者ブログ [PR]

Graphics by Lame Tea / designed by 26℃