忍者ブログ
個人的にグッときたホラー映画(べつの意味でグッときたホラー映画も)なんかや、 小説のレビューなどをポツポツと…
[436]  [435]  [434]  [433]  [432]  [431]  [430]  [429]  [428]  [427]  [426
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

   Gamer


(2009)アメリカ
出演…ジェラルド・バトラー
アンバー・バレッタ
マイケル・C・ホール
監督…マーク・ネヴェルダイン
ブライアン・タイラー
★★★★


〔ストーリー〕
近未来のアメリカ。ゲーム業界の進化はめざましく、ついにはじっさいの人間を操作して楽しむオンライン・ゲームを開発する。ゲーム・キャラクターとなる人間はエリア内で、操作する人間のさまざまな欲求に従うことに。これとはべつに、〈スレイヤー〉という残酷な殺戮ゲームが人気を集め、世界中の人間の注目を浴びていた。死刑囚たちに武器を装備して戦わせるというもので、17歳の天才ゲーマー・サイモンが操るのは、ケベルという男。ケベルはゲーム会社の顔となり、過酷な戦場をくぐりぬける日々を送るのだが…


 おもしろすぎて吹いた!!! 「300」「300/スリーハンドレット」2007)
ジェラルド・バトラーさんの最新作~
 バトラーさん、あいかわらずカコイイ~~~
 カコよすぎてまた吹いた~~~


 えっと、かなりの話題作でして、たぶん期待してらっしゃる方も多いはず。
「300」のときは燃えましたよねー バトラーさんの男臭さに、女性ファンもさぞかし興奮したんじゃないかと思います。恋愛映画もいいですけどね、やっぱりバトラーさんは汗臭く、鼻息荒くないと!! この作品、「300」のときのバトラーさんを彷彿させる壮絶なアクション映画となっております。そして、これぞ最先端といった映像美やスピード感、ガジェットなんかがすんばらしいんですよ。はあ、ほんと興奮した。

 監督のマーク・ネヴェルダイン、ブライアン・タイラーはともに、「Crank: Veneno en la sangre」(2006)、その続編の「Crank- Alto voltaje」(2009)で注目を浴びるようになった方々のようです。どっちも未公開作品でして、わたしはまだ未見なのですが、B級映画としてかなり楽しめる内容みたい。設定も、どこか本作と共通するところがあるようです。これはぜひ、チェックしなければ~

 ストーリーの簡単な説明からいきます。
舞台は近未来。アメリカのゲーム産業は記録的なヒットを飛ばし、ついには実在の人間をコントロールして遊ぶオンラインゲームを開発。操る人間の脳内に電気的系統をつくって、それでマインドコントロールしちゃうんです。リアルな世界をバーチャルな世界で楽しむと。ややこしいですね。

 これに消費者は食いつき、ゲーム業界は資本支配するようになっていきます。そこで、究極のスリルをもとめてつくられたのが、戦場ゲーム、その名も〈スレイヤー〉。〈スレイヤー〉のプレイヤーたちは全員死刑囚、やっぱり脳内にマインドコントロールされちゃうシステムがあって、彼らの戦いは日常的に世界中に配信されています。そこでけして死なないヒーロー、ケベル(本名ジョンのジェラルド・バトラー)を操作するのは、17歳の天才ゲーマー、サイモン少年(ローガン・レーマン)でした。

 世間は〈スレイヤー〉のスリルに熱狂、ゲーム熱はますます過熱する一方。ところが、こんな風潮に警鐘を鳴らそうとする人道的グループももちろんいます。通称ハックマン(テリー・クルース)をリーダーとするこのグループは、ときどき電波ジャックでゲームの残酷性についてひとびとに語りかけるのですが…

 ある日、サイモンのシステムにジャックすることに成功したハックマン。ハックマンの言動にサイモンは心を動かされ、プレイヤーと意志をかわしてはならないというルールを破ってしまいます。ケベルと会話したことにより、サイモンの心境の変化はどんどん大きくなり…

 上の写真だとわかりにくいんですが、ポスターのバトラーさんの顔のむこうに、サイモン少年がいると。そんな構図になってます。

 こういうのって、よくある近未来映画ですけど、ゲームの世界にあわせたスピード感、展開の早さ、画面なんかがすごくよかったです。はまります。全体的に白っぽい印象でして、無機質なんですけど、残酷なところはかなり残酷。それで、ぱっぱっとすぐにシーンが変わっちゃうので、目が離せません。

 なにより、いまの時代の空気をすごくうまく体感させてくれる映画だなと、観ながらいちいち感心してしまいました。これはもしかしたら、いままでのSci-Fi のリアルな未来像を全部越えちゃってるかもしんないです。

 役者陣もバトラーさんをはじめ、個性を発揮しまくってます。ゲーム開発者のケン(マイケル・C・ホール)、バトラーさんの奥さんアンジー(アンバー・ヴァレッタ)は生活費を稼ぐため、泣く泣くゲーム・キャラクターになることに。彼女を操作するデブちんのキモオタくんはほんとキモいし、サイモンも生意気。あと、ハックマン・グループに、「Disturbia」「ディスタービア」2007)で気になっていたアーロン・ヨーくんが出ていたのがうれしかったです。ヨーくん、これからもがんばってね! ジョン・レグイザモも、思い出したようにちらっと出演しています。

 ちょっとまえにクラシック映画のほうが個性的なのかな~ なんて、悲観的になってたんですけど、そんなことぜんっぜんなかったですね。やっぱり、新しい映画も同時にガンガン観ていかないとだめです!
エドガー・ライト監督も絶賛していたようですが、わたしも絶賛

 「300」の圧倒的なスケール感を期待しちゃうと、あれってことになっちゃうかもしれませんが、わたし的には非常におもしろかったです。
 あと、マンソンは映画界ではほんとに人気があるんだなと思いました。OPに使われている〈スウィート・ドリーム〉ですが、わたし、ここ最近観た映画のなかで流れてきたのは3回目だったと思います。

















う~きゃ~、
このショットだけでも、鑑賞欲そそられまくり!!







ゲーム開発者の
ケン。









戦場まで連れてい
かれる死刑囚たち。






うしろにいるのが
サイモン!
リアルなバーチャル・
リアル体験!!








アンジーは泣く泣く
ゲーム世界に身体
を売り…







ハックマン(右)と
その仲間たち。
(中央にいるのが
ヨーくんです!)







PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
このジャンル好きです
私の好きそうなシチュエーションですね~。
楽しみな映画が1本増えました!
バトラーさんといえば「オペラ座の怪人」と「300」との演じるキャラクターのギャップにびっくりしました。
クロケット URL 2010/02/28(Sun)23:42:12 編集
男子なジャンルですよね
>クロケットさん
クロケットさんも大好きな映画が登場ですね!!
これは男子はたまらない内容かと思います~
バトラーさんて、ほんとイメージが変わっちゃうのにはびっくりです。色っぽい役もあれば、今回はすごい男臭かったり。顔つきがやけに鋭くなりますよね?役者さんてほんとにすごいです!
それにしても、はあ、かっこよかったです~
ななみ 2010/03/01(Mon)21:24:45 編集
こいつはスゲエッ!!
ん~・・・・
ななみさんのおかげで見たい映画が次から次へと・・・・・・自分はもーおっさんですが少年心をくすぐられます!!
haji34 2010/03/02(Tue)12:01:54 編集
めっさ盛りあがりますよ
>haji34さん
hajiさんも目をつけられましたね!
これはたしかに、少年心をくすぐられるかもしんないです。わたしもゲーム大好き♪ こんな映画も大好き!
バトラーさんがあんまりカッコイイんで、「PSアイ・ラブ・ユー」ととても同一人物とは思えませんでした。
この方、こういうこわい役がいちばん魅力を発揮していると、個人的には思うんですが。
日本公開はいつになるんでしょうね…?
ななみ 2010/03/03(Wed)22:59:17 編集
ゲームと現実の境目が無い!
やっとレンタル出来ました。ラストシーンは
ブレードランナーをリスペクトしているのかな?
それとケンと操り人形達が踊るシーンは
「時計じかけのオレンジ」から?
あと日本だったらアンジー奥さんみたいな
生活に疲れた熟女よりロリ萌え幼女みたいなキャラ
がキモオタ君に人気があるのではないでしょうか。
ヒューマンズの組織がホントに少人数のグループで
ガレージみたいな場所で世界的大企業に対抗していたのにビックリしました。
奈良の亀母 2011/05/03(Tue)20:19:36 編集
進化するゲーマー
>亀母さん
「時計じかけのオレンジ」っぽいですね!
あの原色のインチキくさいバーチャル世界が、うそ臭くてよかったと思います。日本人だったらぜったい若い娘だろうという意見は、当初からよく見かけましたよ!やっぱりペドフィリアって、海外だと神経質になる問題なんですかね?
あっけなく決着しちゃったかな?とも思ったんですけど、スピード感があってバトラーさんも恰好よかったです。
違法チームはガレージ住まいというのは、もうSF世界では定着してますよね!
ななみ 2011/05/06(Fri)21:18:41 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
<< Blood Night  | HOME |  Dorian Gray >>
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
(いちおう)プロフィールです
HN:
ななみといいます
性別:
女性
自己紹介:

 独断と偏見で、ホラー関係(広い意味でのホラーですので、SFやファンタジーなんかもやってます)のレビューを書いてます。コメント大歓迎です。新情報や、こんなのもあるよ!って情報などなど、寄せてくれるとありがたいです。

〈好きかも♪〉
 おにぎり、猫たん、ジャック・ホワイト、ブクオフ、固いパン、高いところ、広いところ、すっげー大きな建造物、ダムとか工場とか、毛玉とり、いい匂い…

〈苦手かも…〉
 かます、説明書、道案内、カマドウマ、狭いところ、壁がすんごい目の前とか、渋滞、数字の暗記、人ごみを横切る、魚の三枚おろし…
ねこじかんです

ホームページ制作浮気調査ホームページ制作会社 東京浮気調査ホームページ制作 千葉ホームページ制作ブログパーツ 動物

最新CM

[03/28 PatlealaRag]
[02/29 あぐもん]
[02/29 あぐまn]
[01/11 わかりません]
[01/01 クロケット]
[10/23 ナマニク]
[10/23 ナマニク]
[10/20 nasu]
[10/17 奈良の亀母]
[10/16 ななみ]
気になる新作!

*A Lonely Place to Die

*Super 8

*Insidious

*The Woman

*Rammbock

*Season of the Wich

*Red Rising

*The Violent Kind

*Red White & Blue

*11-11-11

*The Feed

*Nang Phee

*Scream of the Banshee

*Dylan Dog: Dead of the Night

*Misteri Hantu Selular

*The Silent House

*Who Are You

*I Didn't Come Here to Die

*Famine

*I'm not Jesus Mommy

*Monster Brawl

*Some Guy Who kills People

*Falling Skies

*The Wicker Tree

*Hisss

*ChromSkull: Laid to RestⅡ

*Father's Day

*Drive Angry

*Fertile Ground

*Wake Wood

*Mientras Duermes

*Hobo with a Shotgun

*Atrocious

*KaraK

*Penunggu Istana

*Borre

*The Broken Imago

*Madison Country

*Viy

*Jenglot Pantai Selatan/Beach Creature

*Urban Explorer

*Los Infectados

*Isolation

*2002 Unborn Child

*The Pack

*El Incidente

*Rat Scratch Fever

*4bia
最新記事

(10/16)
(10/11)
(10/07)
(10/04)
(10/01)
(09/30)
(09/29)
(07/17)
(06/29)
(06/19)
ブログ内検索

みなさまの足跡
アクセス解析
バーコード
忍者ブログ [PR]

Graphics by Lame Tea / designed by 26℃