忍者ブログ
個人的にグッときたホラー映画(べつの意味でグッときたホラー映画も)なんかや、 小説のレビューなどをポツポツと…
[431]  [430]  [429]  [428]  [427]  [426]  [425]  [424]  [423]  [422]  [421
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    Manhattan Baby



(1982)イタリア
出演…クリストファー・コネリー
マーサ・テイラー
ブリキッタ・ボッコリ
監督…ルチオ・フルチ
★★☆

〔ストーリー〕
 考古学者のハーカー教授は、妻のエミリー、娘のスーザンを連れてエジプト・カイロで発掘をおこなっていた。ハーカーは現地の案内人から危険だと忠告されたにもかかわらず、最近発見されたというピラミッド内部への潜入をこころみる。そこには蛇の紋章があり、秘密の通路が隠されていた…!!
 そのころ、観光を楽しむエミリーとスーザン。エミリーが写真を撮っているあいだに、スーザンは盲目の不気味な老女に接触される。老女は青い石のついたアムレットをスーザンに手渡すのだが…?


 どうにか新作が片づいてきましたので、ここらでちらちら、旧作もはさんでいこうかと思います。まずは、フルチの「マンハッタン・ベイビー」~!!

 「マンハッタン・ベイビー」 ってぜったい英題かと思ってたんですけど、これが原題だったのですね。わたしこれ、観るのすごーく楽しみにしていました。異国情緒なエジプトの呪い、そんで、ミイラとか出てきちゃったりするのかな~ と、わくわくしておりましたら、方向がちょっとちがいました。ジャンル的にいうと、“邪悪な子供” だと思います。

 えーと、まずはくわしいストーリー説明から。
 若き考古学者ハーカー(クリストファー・コネリー)は、妻のエミリー(マーサ・テイラー)と娘のスージー(ブリキッタ・ボッコリ)を連れて、カイロで発掘作業をおこなっています。エジプト、ピラミッドというと、死のトラップですよ、ファラオの呪いですよ!! オープニングから、なにかがおこりそうな予感にわくわさせます。ハーカーはピラミッドのなかで秘密の通路を発見! そこに入っていくと… 予想どおり、死の罠が待ちうけていたのでした~。あやうく難をのがれたハーカー、そこで不思議な青い石の光を浴びて気を失ってしまいます。

 …そのころ、妻と娘は観光中。エミリーがちょっと目を離した隙に、スーザンは盲目の不気味オバチャンにつかまっちゃいます。フルチといったら、白眼! 白眼といったら、フルチ! このオバチャン、白いコンタクトレンズをはめてまして、セリフはいっさいなし。こわいです。超ビビリます。スーザンに有無いわせず、奇妙なアムレットを渡して消えちゃいます。

 最近新作ばっかり観てたので、クラシックってこんなに楽しかったんだなーと、逆に新鮮な気持ちになりました。マカロニ・ホラーのおもしろいところは、音楽がやけにドラマチックなんですよね。なんか、印象的なシーンのたびにジャ・ジャーン!! と、盛りあがって、怪しげなアラビア音楽が流れていたり。

 これはもしかして、フルチの隠れた名作なのでは…?? とか、思っちゃいました。思っちゃいました、ということは、そうなんですー、パンチがいまひとつでした…

 こういうわけのわからない系(?)ストーリーはもともと好きですし、エジプシャンな不気味マジックもおもしろいんですけど、フルチ監督お得意の嗜虐シーンがほとんどなしなんですよ。そっちのほうを期待されると、あり? と、思っちゃいますかも。

 で、話のほうも例によって例のごとく、ちゃんと解決されてません。ですから、それはいったいなんだったの? ねえ、結論は? という以前に、呪いの元凶(モンスターといいますか、ようするにその正体ね)が出てこなかったのが、非常に残念でした。だって、音楽がジャ・ジャ・ジャーン!! と、鳴るたびに、おおっと期待するのですが… 結局肩すかしばっかり。こんなにじれったいフルチ、はじめてかもしれないです!!

 監督本人も、これを駄作ときめつけていたようですが、変わり種として見るぶんにはおもしろいです。雰囲気もいいですよ。神秘的で謎めいた要素もたっぷり。前述した “邪悪な子供” とは、もちろんスーザンのことなのですが、あともうひとり、弟のトミー(ジョバンニ・フレッザ)も重要な役割をはたすのであります。

 やっぱり、本作に足りないものは勢いですかね?
 この作風で、いつもどおりの精力的なゴア度が発揮されていたら、ほんと、傑作になっていたかもしれません。ですが、個人的にはひさしぶりのフルチ、とってもよかったです。
 次回のクラシックは、ジェス・フランコの 「フェイスレス」 だっ!!












オープニングのステキなシーンから。
エジプト、ミイラ、ピラミッドとくると、なんかRPGみたいですよね。
ダンジョンに使えそうな遺跡がいっぱい…





スージーはNYに帰ってか
ら、様子がおかしくなり…?






考古学者のパパと、
美人記者のママ。




弟のトミー。
この子かわいくないな~
と思ってたら、フルチ関係
おなじみの子役さんでした。






子守役のジェイミーに迫る
恐怖とは?!?




 


PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
フルチ作品
昔のホラーのほうが個性的な作品が多かったような気がします。フルチの作品群は個性的で雰囲気というか舞台設定もなかなかいいのですが、「ビヨンド」「地獄の門」「サンゲリア」以外(「墓地裏の家」は微妙?)の作品ではちょっと勢いにかけるのが残念な気がします。
クロケット URL 2010/02/21(Sun)12:47:19 編集
墓地裏も観たい
>クロケットさん
そうなんですよねー、
わたしも今回それは切に感じました。
むかし映画のほうが圧倒的に雰囲気(?)があるみたいです。あと、演出方法とか、音楽とか、どれも個性的ですよね。
いまの映画はテンポはいいんですけど、それなりにおもしろいんですけど、うーん?どっちをとったらいいのか!!
フルチは今回あらためて、おもしろい映画を撮るひとだなと思いました。
「墓地裏の家」は、けっこう好きですよー♪
これからはちょくちょくクラシック・ホラーもはさんでいこうかと思ってます。
クロケットさんのサイトを参考にしています!
ななみ 2010/02/21(Sun)22:48:13 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
<< Dark Country  | HOME |  Seventh Moon >>
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
(いちおう)プロフィールです
HN:
ななみといいます
性別:
女性
自己紹介:

 独断と偏見で、ホラー関係(広い意味でのホラーですので、SFやファンタジーなんかもやってます)のレビューを書いてます。コメント大歓迎です。新情報や、こんなのもあるよ!って情報などなど、寄せてくれるとありがたいです。

〈好きかも♪〉
 おにぎり、猫たん、ジャック・ホワイト、ブクオフ、固いパン、高いところ、広いところ、すっげー大きな建造物、ダムとか工場とか、毛玉とり、いい匂い…

〈苦手かも…〉
 かます、説明書、道案内、カマドウマ、狭いところ、壁がすんごい目の前とか、渋滞、数字の暗記、人ごみを横切る、魚の三枚おろし…
ねこじかんです

ホームページ制作浮気調査ホームページ制作会社 東京浮気調査ホームページ制作 千葉ホームページ制作ブログパーツ 動物

最新CM

[03/28 PatlealaRag]
[02/29 あぐもん]
[02/29 あぐまn]
[01/11 わかりません]
[01/01 クロケット]
[10/23 ナマニク]
[10/23 ナマニク]
[10/20 nasu]
[10/17 奈良の亀母]
[10/16 ななみ]
気になる新作!

*A Lonely Place to Die

*Super 8

*Insidious

*The Woman

*Rammbock

*Season of the Wich

*Red Rising

*The Violent Kind

*Red White & Blue

*11-11-11

*The Feed

*Nang Phee

*Scream of the Banshee

*Dylan Dog: Dead of the Night

*Misteri Hantu Selular

*The Silent House

*Who Are You

*I Didn't Come Here to Die

*Famine

*I'm not Jesus Mommy

*Monster Brawl

*Some Guy Who kills People

*Falling Skies

*The Wicker Tree

*Hisss

*ChromSkull: Laid to RestⅡ

*Father's Day

*Drive Angry

*Fertile Ground

*Wake Wood

*Mientras Duermes

*Hobo with a Shotgun

*Atrocious

*KaraK

*Penunggu Istana

*Borre

*The Broken Imago

*Madison Country

*Viy

*Jenglot Pantai Selatan/Beach Creature

*Urban Explorer

*Los Infectados

*Isolation

*2002 Unborn Child

*The Pack

*El Incidente

*Rat Scratch Fever

*4bia
最新記事

(10/16)
(10/11)
(10/07)
(10/04)
(10/01)
(09/30)
(09/29)
(07/17)
(06/29)
(06/19)
ブログ内検索

みなさまの足跡
アクセス解析
バーコード
忍者ブログ [PR]

Graphics by Lame Tea / designed by 26℃