忍者ブログ
個人的にグッときたホラー映画(べつの意味でグッときたホラー映画も)なんかや、 小説のレビューなどをポツポツと…
[476]  [475]  [474]  [473]  [472]  [471]  [470]  [469]  [468]  [467]  [466
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

   Dark House



(2009)アメリカ
出演…ジェフリー・コムス
ミーガン・オリー
ダイアン・サリンジャー
監督…ダリン・スコット
★★★


〔ストーリー〕
 演劇学科の授業中に、ウェルストンという男性があらわれる。彼は以前、悲惨な殺人事件があった館〈ダーク・ハウス〉を買いとり、新世代のお化け屋敷としてはじめたいという。そのお披露目ショーに、演劇科の生徒たちに協力してもらいたい。しかも、ひと晩三百ドルという高額な報酬で。
 学生たちは当然承諾、翌日〈ダーク・ハウス〉を訪れるが… ひとり、クレアだけは忌まわしい思い出をかかえ、恐怖にふるえていたのだった…!!


 あ、これも〈FrightFest〉参加作品なんですね。
 ジェフリー・コムスのご機嫌な演技が楽しい 賑やかなお化け屋敷ホラーです。

 コムスさんは、それこそもう、いろんなホラー作品に出演されているわけですが… ぶっちゃけピンからキリまで、なかにはアチャーという作品もあるわけです。なんですが、今回、またまたアタリが出てしまいましたよ!
  これはとってもおもしろかったですー

 物語は、3人の少女がいわくつきの館へ探検にむかうところからはじまります。仲間は尻ごみしちゃうのですが、ひとりの少女だけ、意地をはって館のなかへ。そして、そこで目にした恐怖の光景は…!!

 それから14年後。
 演劇科の学生クレア(ミーガン・オリー)たちのもとへ、なんか異常にテンションの高いオジサン(ジェフリー・コムス)があらわれます。コムスさんいわく、「おれ、すんごいお化け屋敷作っちゃったんだよね!!」 「どうせだから、ド派手に打ちあげたいんだよね!!」 「それで、おまえら暇な学生、協力しろ!!(あ、もちろん、金も払うから!)」 といった内容です。

 高額な報酬につられて、学生たちはのこのこ〈ダーク・ハウス〉にむかっちまいます。

 この、コムスさんの宣伝文句はダテではなくて、えらい進化したお化け屋敷になってます。3Dホログラムを多用していまして、コンピューターに入っているお化けの種類はなんと、二千種! ホログラム装置が館のあちこちに仕掛けられていて、これがリアルなお化けを作りだしちゃう、とのこと。ようは、〈ねずみランド〉の「なんちゃらマンション」のグレードアップ版ですかね?

 お化けの種類が多いのが、まず楽しいです。
 コムスさんも、ほんとに楽しそう(!)に演じてらっしゃいまして、観ているこっちも、なぜかニコニコ しちゃいます。
 でも、この館にはシャレにならないくらい、おっそろしい過去がありまして… クレアだけが、その秘密を知っていたのです。それから、ほんとにほんとに本物の亡霊も巣くっていましたのよねー!! という、まあ、ありがちなお話なんですが。

 わりとチープっぽい、賑やかなテンションのストーリー展開でして、このままお気楽で楽しいホラーでいくのかな~と、思ってましたら…
 後半からあらら、シリアス路線に入ります。んで、冒頭のいろんなシーンがきっちり集約されていきまして、結末もなかなかキレイです。うーん、ここでもうひとひねりあったなら、かなり飛躍できちゃったんですけど!! と、一応、なにものねだりをしてみたり!!

 でも、非常に楽しいホラー映画だと思います。後半から、シリアスな展開なのですけどね。

 これは〇〇好きにもオススメ! …って、書いたら、ネタバレしそうなので、みなさんにオススメ!! ということにしておきましょう。
 あと、コムスさんのご機嫌演技もよかったのですが、見どころはなんといっても、お化け役のダイアン・サリンジャー(ポスターの女の人)!! あんた、がんばりすぎだよ! というくらい、狂っちゃってマス。


















なにも知らない、学生たちは…




今週のお気に画像!
「ね?ね?
おれ、超すごくね?」








たしかにすごいです。
キシャー!!









ヒャッハー!!









なぜか窓があきません!













このへんは
まだ、余裕の
表情ですが…







PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
予告みました
これまた楽しそうな。
ちょっと13ゴースト(新しいほう)を思い出しました。
nasu 2010/08/16(Mon)13:00:51 編集
2000ゴースト
>nasuさん
これは楽しかったですよー、コムスさんが終始楽しそうなので、観ているこっちもなぜかご機嫌?になっちゃいます。
たしかに、「13ゴースト」に似てますね!!
あ、でも、そんなにお金かかってませんけど。
お化け役の方のキチガイ演技は、とにかく必見ですよ。なんか、すごすぎました。
ななみ 2010/08/20(Fri)22:46:06 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
<< Must Love Death  | HOME |  Hunger >>
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
(いちおう)プロフィールです
HN:
ななみといいます
性別:
女性
自己紹介:

 独断と偏見で、ホラー関係(広い意味でのホラーですので、SFやファンタジーなんかもやってます)のレビューを書いてます。コメント大歓迎です。新情報や、こんなのもあるよ!って情報などなど、寄せてくれるとありがたいです。

〈好きかも♪〉
 おにぎり、猫たん、ジャック・ホワイト、ブクオフ、固いパン、高いところ、広いところ、すっげー大きな建造物、ダムとか工場とか、毛玉とり、いい匂い…

〈苦手かも…〉
 かます、説明書、道案内、カマドウマ、狭いところ、壁がすんごい目の前とか、渋滞、数字の暗記、人ごみを横切る、魚の三枚おろし…
ねこじかんです

ホームページ制作浮気調査ホームページ制作会社 東京浮気調査ホームページ制作 千葉ホームページ制作ブログパーツ 動物

最新CM

[03/28 PatlealaRag]
[02/29 あぐもん]
[02/29 あぐまn]
[01/11 わかりません]
[01/01 クロケット]
[10/23 ナマニク]
[10/23 ナマニク]
[10/20 nasu]
[10/17 奈良の亀母]
[10/16 ななみ]
気になる新作!

*A Lonely Place to Die

*Super 8

*Insidious

*The Woman

*Rammbock

*Season of the Wich

*Red Rising

*The Violent Kind

*Red White & Blue

*11-11-11

*The Feed

*Nang Phee

*Scream of the Banshee

*Dylan Dog: Dead of the Night

*Misteri Hantu Selular

*The Silent House

*Who Are You

*I Didn't Come Here to Die

*Famine

*I'm not Jesus Mommy

*Monster Brawl

*Some Guy Who kills People

*Falling Skies

*The Wicker Tree

*Hisss

*ChromSkull: Laid to RestⅡ

*Father's Day

*Drive Angry

*Fertile Ground

*Wake Wood

*Mientras Duermes

*Hobo with a Shotgun

*Atrocious

*KaraK

*Penunggu Istana

*Borre

*The Broken Imago

*Madison Country

*Viy

*Jenglot Pantai Selatan/Beach Creature

*Urban Explorer

*Los Infectados

*Isolation

*2002 Unborn Child

*The Pack

*El Incidente

*Rat Scratch Fever

*4bia
最新記事

(10/16)
(10/11)
(10/07)
(10/04)
(10/01)
(09/30)
(09/29)
(07/17)
(06/29)
(06/19)
ブログ内検索

みなさまの足跡
アクセス解析
バーコード
忍者ブログ [PR]

Graphics by Lame Tea / designed by 26℃