忍者ブログ
個人的にグッときたホラー映画(べつの意味でグッときたホラー映画も)なんかや、 小説のレビューなどをポツポツと…
[290]  [289]  [288]  [287]  [286]  [285]  [284]  [283]  [282]  [281]  [280
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

     Vikaren



    (2007)デンマーク
    出演…パプリカ・ステーン、ヨナス・ヴァンドシュ
         ナイダー、ウーリッチ・トムセン、エマ・
         ユエル・ユステセン
    監督…オーレ・ボールネダル
    ★★☆


〔ストーリー〕
 宇宙から謎の飛行物体が漂着、あらわれた奇怪な発光物体は、近くに暮らす鶏卵農家の妻に寄生してしまう… 一方、小学6年生のカールは、交通事故で母親を亡くしたばかり、塞ぎこんでクラスメイトたちともうまく馴染めずにいた。そこへ、病気になった担任の代わりにと、ウーラと名乗る女性教師がやってくる。ウーラの不可解なきびしい授業、狂った言動に、子供たちは不信感を抱いて親たちに相談するのだが…


 注: 邦題では「パラサイトX」となっているんですが、(また、日本版ジャケが思いっきりホラーしているんですが)、この作品はホラーではありません。よって、「The Faculty」「パラサイト」1998)的なことはいっさい期待しないよーに!

 オーレ・ボールネダル監督というと、「Nattevagten」「モルグ」1996)「Nightwatch」「ナイトウォッチ」1998)。どちらもかな~りなホラーな題材ながら、その不思議と “のほほん” とした雰囲気から、わたしは勝手にのんびり屋さんホラーを撮る人、と思っています(笑)。今回もまた、ステキに能天気な映画です。子供です。SFです。侵略モノです。パチモンな邦題がつけられちゃってますが、けっこう皮肉のきいた内容となっております。

 カール少年(ヨナス・ヴァンドシュナイダー)は、交通事故で母親を亡くしたばかり。幼い妹と父親のジェスパー(ウーリッチ・トムセン)の3人暮らし、自分の世界に入りこんで、髪を短く刈りこんじゃったりと、ちょっと病んでしまいます。お約束の意地悪っこなクラスメイトたちからも、からかわれたり。そこへ、病気になった担任教師の代わりにと、ウーラと名乗る女性教師(パプリカ・ステーン)がやってきます。この教師、当然人間ではありません。ナゾの宇宙生物にパラサイトされちゃってます。

 “先生はエイリアン” というと、わたしはゲイアン・ウィルソンの短編、『代理教師』『ナイト・ソウルズ』所蔵)をすぐに思い浮かべてしまったんですが、まさにそんな感じの、なかなかインパクト大な先生になっていました。パプリカ・ステーンの演じるウーラは奇っ怪で、いってることは超ヘンだし、意味不明のスパルタをするし、たまにアチラの世界にイっちゃうしで、子供たちは初日そうそう、「ヤッヴァーイ!」と身の危険を感じるわけです。親に話します。そりゃ、コワいもんねえ。

 しかし、敵もさることながら、集まった親たちにたいして泣き落とし作戦! なんか、妙な色気も使ってみたり! なんか、妙な銀色の球体に手をかざして、「教育省のお偉いさん」 を作りだしちゃって、あっさり説得してしまいます。ですが、カールはそのすべてを目撃してしまうのでした…!!

 カールの訴えによって一致団結した子供たちと、エイリアン先生の戦いがメインとなっているのですが、このエイリアンが地球にやってきた目的というのが、愛を知るためだというのが、いかにもボールネダル監督らしいです。つまり、彼らの惑星では 「愛」 という概念がなく、そのため争いが絶えなくて、愛の溢れる地球に学びにやってきたんですね。といいますか、手っ取り早く○○しちゃおうか、と。

 ホラー要素はほぼ皆無なんですが、妙に懐かしい侵略ホラー・テイストもあったりして、ラストまで楽しく観ることができました。パプリカ・ステーンのハイテンションな演技もよかったです。映画自体は明るくハッピーなものなんですが、画面がやけにひんやり見えるのは、これはヨーロッパ映画の特徴なんでしょうね。












 主人公のカールくん(ヨナス・
 ヴァンドシュナイダー)。







 初日から大爆笑のウーラ先生。
 だれが見てもヤヴァイ人です。






 「先生はモンスター!」という
 子供たちの訴えにたいし、
 怪物の真似をして場を
 和ませるウーラ先生。
 親は能天気すぎ。




ウーラ先生の真の目的とは…?
パプリカ・ステーンはよくある侵略SFものにしては、あまり若くも、うつくしくもない
んですが、妙な色気と不気味さが非人間的でエイリアンしています。







PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
こちらも・・・・
観てました。
いや~、ななみさんのレスを観て、借りてきたんですが、非常にオモロ~だったです。
なんてことのないSFXなんですが、ダークな雰囲気と、先が読めない展開が気に入ってます。
私も小さくされて、パクっとやられないように、気をつけます。
ベレッタ 2009/02/15(Sun)12:04:00 編集
風邪に気をつけてください
>ベレッタさん
邦題がアレって感じですけど、ちゃんと観てみるとよくできていますよね。
エイリアンな先生がおもしろかったです。ダークな雰囲気も、やっぱりヨーロッパの特徴ですね!
子供が登場する映画って、どうしてもひいき目で見てしまうんですけど…海外の子役さんたちはほんとに表情作りがうまいと思います。
すごく懐かしい感じがしました。
ななみ 2009/02/16(Mon)20:30:00 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
(いちおう)プロフィールです
HN:
ななみといいます
性別:
女性
自己紹介:

 独断と偏見で、ホラー関係(広い意味でのホラーですので、SFやファンタジーなんかもやってます)のレビューを書いてます。コメント大歓迎です。新情報や、こんなのもあるよ!って情報などなど、寄せてくれるとありがたいです。

〈好きかも♪〉
 おにぎり、猫たん、ジャック・ホワイト、ブクオフ、固いパン、高いところ、広いところ、すっげー大きな建造物、ダムとか工場とか、毛玉とり、いい匂い…

〈苦手かも…〉
 かます、説明書、道案内、カマドウマ、狭いところ、壁がすんごい目の前とか、渋滞、数字の暗記、人ごみを横切る、魚の三枚おろし…
ねこじかんです

ホームページ制作浮気調査ホームページ制作会社 東京浮気調査ホームページ制作 千葉ホームページ制作ブログパーツ 動物

最新CM

[03/28 PatlealaRag]
[02/29 あぐもん]
[02/29 あぐまn]
[01/11 わかりません]
[01/01 クロケット]
[10/23 ナマニク]
[10/23 ナマニク]
[10/20 nasu]
[10/17 奈良の亀母]
[10/16 ななみ]
気になる新作!

*A Lonely Place to Die

*Super 8

*Insidious

*The Woman

*Rammbock

*Season of the Wich

*Red Rising

*The Violent Kind

*Red White & Blue

*11-11-11

*The Feed

*Nang Phee

*Scream of the Banshee

*Dylan Dog: Dead of the Night

*Misteri Hantu Selular

*The Silent House

*Who Are You

*I Didn't Come Here to Die

*Famine

*I'm not Jesus Mommy

*Monster Brawl

*Some Guy Who kills People

*Falling Skies

*The Wicker Tree

*Hisss

*ChromSkull: Laid to RestⅡ

*Father's Day

*Drive Angry

*Fertile Ground

*Wake Wood

*Mientras Duermes

*Hobo with a Shotgun

*Atrocious

*KaraK

*Penunggu Istana

*Borre

*The Broken Imago

*Madison Country

*Viy

*Jenglot Pantai Selatan/Beach Creature

*Urban Explorer

*Los Infectados

*Isolation

*2002 Unborn Child

*The Pack

*El Incidente

*Rat Scratch Fever

*4bia
最新記事

(10/16)
(10/11)
(10/07)
(10/04)
(10/01)
(09/30)
(09/29)
(07/17)
(06/29)
(06/19)
ブログ内検索

みなさまの足跡
アクセス解析
バーコード
忍者ブログ [PR]

Graphics by Lame Tea / designed by 26℃