忍者ブログ
個人的にグッときたホラー映画(べつの意味でグッときたホラー映画も)なんかや、 小説のレビューなどをポツポツと…
[207]  [206]  [205]  [204]  [203]  [202]  [201]  [200]  [199]  [198]  [197
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

   They Wait




(2007)カナダ
出演…ジェイミー・キング
リーガン・オーイ
ヘンリー・オー
監督…アーニー・バーバラッシュ
★★☆


〔ストーリー〕
 カナダで暮らすサラとジェイソンの若夫婦と息子のサミーは、ある日、ジェイソンの叔父が事故で死亡したという連絡を受ける。葬儀に出席するために上海に訪れた彼らだが、感受性の強いサミーは、そのころから不吉な人物や不気味なものが見えるようになってしまう。そして、ジェイソンの母親の家に泊まった夜に、不思議な少女に導かれるように、閉ざされたドアを抜けると…


 ちょっとおもしろいかなーと思ったので、レビューしてみました。
アーニー・バーバラッシュという監督さんは、「American Psyhco Ⅱ: All American Girl」(2002)や、「Cube 2: Hypercube」(2002)のプロデューサー、「Cube Zero」(2004)や、「Stir of Echoes: The Homecoming」(2007)を撮った方です。ようするに、二番煎じが好きな方(笑)ですね。評価も一部ではさんざんだったりしますが、この作品は、いくぶんオリジナリティがあって楽しめました。

 …といいますか、わたしは「キューブ2」「エコーズ2」なんかは、なかなかおもしろいと思いましたよ。
どういう理由があってつづきものばかり撮っているのか、不明なんですけど、映画を成功させる要因として、優秀なスタッフや、そのときどきのシチュエーションなんかも非常に関係していると思います。
それで、この作品にかんしていえば、舞台を上海にしたことがまず成功の一因だったようです。

 最初に書いてしまいますけど、けしてこわくはありません。どちらかというと、ファンタジーな冒険要素が強いです。物語の前半が、少年サミーの視点で描かれていて、後半からは母親サラの活躍となっていきます。
これに、日本人にはノスタルジックに感じられる上海の入り組んだ横丁、色鮮やかな店の商品、呪術要素なんかがくわわって、鑑賞中終始思ってしまったのは、アニメにしたとしても、なんの違和感もないということ。

 そ~なんですね、この作品、ホラー映画というよりは、まるで「パプリカ」(2004)「妄想代理人」(2006)の今敏監督みたいなんです! 
 もしくは、YAMATOWORKS(森田修平さんと桟敷大祐さんのユニット)の「カクレンボ」(2005)っぽいです。
 
 こう書いてしまうと、ほとんど感触がわかってしまうと思いますが、全体的にほどよく子供っぽく(笑)、ほどよくリアリティがなく(再笑)、ストーリーは明快な起承転結型。
後半に入って、「こ、これは、楳図かずお先生?!」 というシーンがあるんですが、そこまでお下品になりませんでした… (残念!)
観客を驚かせる見せ場や、恐怖シーン(お下品さもね)などは、あと一歩といった感じです。

 ごくフツーのチャイニーズな父子に、白人の美人ママという、これまたマンガちっくな設定なんですけど、息子のサミーが憑依されてから、パニックに陥っていく母親サラをジェイミー・キングが熱演。
アジアなゴーストストーリーというと、ジメジメッとした復讐譚が圧倒的に多いんですけど、わたしは主人公が能動的になっているほうが、よほどスリリングに感じられるんですが、みなさんはどうですか?








ホントに母子ですか? といっ
た雰囲気のサラ(ジェイミー・
キング)と、サミー(リーガン・
オーイ)。でも、後半に入ると
ホントの母子に見えてくるから
不思議です。








こちらは、ホントに夫ですか?
なジェイソン(テリー・チェン)。
ちょっと影薄い人です(笑)。








サラに力を貸してくれる、
薬剤師のおじさん(ヘンリー・
オー)。呪術にも詳しいです。








サラが堀りだしてしまった、
夫の一族にかけられた呪い
とは…?







PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
(いちおう)プロフィールです
HN:
ななみといいます
性別:
女性
自己紹介:

 独断と偏見で、ホラー関係(広い意味でのホラーですので、SFやファンタジーなんかもやってます)のレビューを書いてます。コメント大歓迎です。新情報や、こんなのもあるよ!って情報などなど、寄せてくれるとありがたいです。

〈好きかも♪〉
 おにぎり、猫たん、ジャック・ホワイト、ブクオフ、固いパン、高いところ、広いところ、すっげー大きな建造物、ダムとか工場とか、毛玉とり、いい匂い…

〈苦手かも…〉
 かます、説明書、道案内、カマドウマ、狭いところ、壁がすんごい目の前とか、渋滞、数字の暗記、人ごみを横切る、魚の三枚おろし…
ねこじかんです

ホームページ制作浮気調査ホームページ制作会社 東京浮気調査ホームページ制作 千葉ホームページ制作ブログパーツ 動物

最新CM

[03/28 PatlealaRag]
[02/29 あぐもん]
[02/29 あぐまn]
[01/11 わかりません]
[01/01 クロケット]
[10/23 ナマニク]
[10/23 ナマニク]
[10/20 nasu]
[10/17 奈良の亀母]
[10/16 ななみ]
気になる新作!

*A Lonely Place to Die

*Super 8

*Insidious

*The Woman

*Rammbock

*Season of the Wich

*Red Rising

*The Violent Kind

*Red White & Blue

*11-11-11

*The Feed

*Nang Phee

*Scream of the Banshee

*Dylan Dog: Dead of the Night

*Misteri Hantu Selular

*The Silent House

*Who Are You

*I Didn't Come Here to Die

*Famine

*I'm not Jesus Mommy

*Monster Brawl

*Some Guy Who kills People

*Falling Skies

*The Wicker Tree

*Hisss

*ChromSkull: Laid to RestⅡ

*Father's Day

*Drive Angry

*Fertile Ground

*Wake Wood

*Mientras Duermes

*Hobo with a Shotgun

*Atrocious

*KaraK

*Penunggu Istana

*Borre

*The Broken Imago

*Madison Country

*Viy

*Jenglot Pantai Selatan/Beach Creature

*Urban Explorer

*Los Infectados

*Isolation

*2002 Unborn Child

*The Pack

*El Incidente

*Rat Scratch Fever

*4bia
最新記事

(10/16)
(10/11)
(10/07)
(10/04)
(10/01)
(09/30)
(09/29)
(07/17)
(06/29)
(06/19)
ブログ内検索

みなさまの足跡
アクセス解析
バーコード
忍者ブログ [PR]

Graphics by Lame Tea / designed by 26℃