忍者ブログ
個人的にグッときたホラー映画(べつの意味でグッときたホラー映画も)なんかや、 小説のレビューなどをポツポツと…
[204]  [203]  [202]  [201]  [200]  [199]  [198]  [197]  [196]  [195]  [194
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

     The Lost


(2005)アメリカ
出演…マーク・センター
シャイ・アスター
メーガン・ハニング
監督…クリス・シヴァートソン
製作…ラッキー・マッキー
★★☆


〔ストーリー〕
 60年代のニュージャージー州の保養地スパルタで、地元の不良少年レイは2人の女子大生にいきなり発砲した。理由は、彼女たちがキスしたからだ。
 それから4年後、レイの犯行は発覚しないまま、命をとりとめた意識不明の少女は死亡した。中年刑事のチャーリーは事件の再捜査を強く決意し、レイに圧力をかけて新たな展開を図ろうとするが…


 お待たせしました! …か、どうかはわかりませんが、ジャック・ケッチャム原作 『黒い夏』 の映画化作品です。2年前にすでに完成していたんですが、インディ系でして、上映される機会もないままに、フェスティバルなどを転々としていたようです。

 監督のクリス・シヴァートソンは、リンジー・ローハン主演のサイコ・ミステリ
「I Know Who Killed Me」(2007)を撮った方だったんですね。(…う~ん、この映画、いろんな意味で微妙でした!)
 ケッチャム作品は続々と映画化されているようですが、この作品にかぎっていえば、まず驚いたのが、キャスティングが非常に、忠実なくらい細かい! んです。

 原作を読んだ方ならわかると思うんですが、もう、そのまんまなんですよ。
主役のサイコ・レイをはじめ、彼をとりまく3人の女の子(…だらしない雰囲気のジェニファー、お金持ちで絶世の美女のキャサリン、知的でカワイイサリー)などなど、イメージぴったりの役者さんを見つけてきたよう。これにかぎらず、レイの両親、ジェニファーの養父母、サリーの親友、ドラッグ・パーティーの面子、バーガーショップのウェイトレスでレイに夢中のローティーンの女の子… などなど、ほんと、とにかく細かい~!

 オープニングからショッキングです。被害者の女子大生のひとりをエリン・ブラウン(別名ミスティー・マンディー)が演じているんですが、あっという間に殺されてしまいます。
このレイを演じるマーク・センターくん、ナルシストで、幼稚で、危険きわまりなく、バカバカしい虚栄心の塊といったキャラクターに、これまたぴったりです。

 原作では、レイは、“とくに理由もなく、極悪な人間として誕生した” といったことが強調されているんですが、こちらもそんな内容なんですね。男のくせに化粧をして、自分がカッコイイと思いこみ、魅力的な女の子と見るや、すぐにニヤニヤしながら近づく… それで、拒絶されれば態度を急変! まるでキレやすい子です。でも彼は、キレやすい子以上に危険な存在なのです。

 惜しむらくことは、この “危険さ” が、切迫するほど感じられない点。鏡を使って気持ちをリセットするなど、彼のサイコパスぶりがうまく表現されているシーンもあるんですが、殺戮にいたる異常心理が少しもの足りないでしょうか…

 全体的に、すごく軽いです。「あえて軽くしたのかな?」 と、思ったりもしたんですが、(← そうすることによって、たしかに “現代殺人” といった趣は出ているんですけど)、これだけアクの強いキャラなんですから、個人的にはそのあたりをもっと掘り下げてほしかったかナー、なんて…
正直、ストーリーの衝撃さに助けられているといった、感触です。

 ですが、やはりラストの残虐鬼畜っぷりは、映像化すると不快度さらに200%!! 免疫のない人は、うかつに手を出さないようにしましょう。
 










シヴァートソンのレイは、こんな感じ!
全身黒ずくめ、リーゼント、アイライン!






ナルシスなレイは、黒子まで自分で
書いてます。どうしてこんなうさんくさ
い男がモテるんでしょうー?!?









キャサリン役のロビン・シドニー。
大胆な演技に注目です!







ちょっと子供っぽい感じのサリー(メーガン・ハニング)。
サリーは頭がいいので、レイの小細工には騙されません。




終始こんなニヤニヤ顔で、ためらいもなく銃をぶっぱなします。
ケッチャムは執筆するとき、必ず実話をもとにしているんですが、
映画の中のレイは、「現在」の危機感にかぎりなく近いです…
(そこがまた、不気味…!)






PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
ロビン・シドニーさん
またまた発見ですか!ロビン・シドニーさん。
どうしても目が行ってしまいますね~ドコに?
メモしておかないと、忘れそうです・・(-_-;)
しかし情報が早いですね。オドロキ!
さて、ねこじかんです
(-_-)(_ _)(-_-)(_ _).。oOO
盆踊り URL 2008/03/21(Fri)23:20:09 編集
ケッチャム作品は受けないのでしょうか。
「隣の家の少女」と一緒で原作を一回読んだだけ
です。再読できるのは「オフシーズン」だけ。
だって心底不愉快になって落ち込むんダモ。
これは作者に対してではなく登場人物の鬼畜さ
が社会に実在することに対してですが。
サイコ・レイみたいな奴が娘に近づきませんように。
でもこういう奴いるんやわ。
奈良の亀母 2008/03/22(Sat)19:50:04 編集
無題
ケッチャムにしては、”良心的”作品だと思うのですが、
やっぱり冷酷な展開なのは確かですよねー。

まだ未見なのですが、レイの最後も本の通り描かれます?
「隣の家の少女」は凄く良かったのですが、
後日談のあたりに不満があったので、本作ではどうなのかな?っと。

##
エリン・ブラウンの方向性がますますわからん・・(笑

ナマニク URL 2008/03/23(Sun)15:57:15 編集
盆踊りさん♪
そーなんです、またまた発見しちゃいました!
映画のほうはかなりへヴィーな内容なんですけど、女優さんたちがけっこうがんばっています。
盆踊りさんお気にのロビン・シドニーもそうなんですけど、しょっぱなからエリン・ブラウンのオールヌードではじまります~。。。でも、この方、幼児体型すぎて、あんまりえち~ではありません…
…ということで、ねこじかん前に貴重な情報を書いてみました♪
ななみ 2008/03/23(Sun)22:33:01 編集
ええっ!
しょっぱなからエリン・ブラウンさんのオールヌードではじまりですか?
う~ん・・眠れない!
ねこじかんなのに・・・(日曜はねこじかん早いです)
盆踊り URL 2008/03/23(Sun)22:40:58 編集
亀母さん♪
ケッチャムは読者には大人気なんですけど、出版社が二の足を踏むという作家さんのようですね…
この作品も、かな~り不愉快でした。
こんな男、(程度の差もありますけど)、たしかに実在してますよね! 現実的に考えると、ほんと暗鬱とした気分になります…
ところで、「オフシーズン」は、いちばんストレートなホラーだと思うんですけど、過激すぎて映画化されないんでしょうかね…?
ななみ 2008/03/23(Sun)22:44:12 編集
あ、盆踊りさん!
またニアミスですね!
わたしは「ガキの使い」を観てから寝ます。
おやすみなさい~♪
ななみ 2008/03/23(Sun)22:45:44 編集
ナマニクさん♪
…ううーん、
けして悪くはないんですけど、「隣の家~」が、かなり出来がよかっただけに、この作品はもの足りないと思えるかもしれません…
なんといいますか、原作そのまんまをなぞっている感じです。
それから、後日談はナシなんですよ。
でも、原作でレイに天罰がくだるあたりを読んだとき、「あれ…? とうとうケッチャムも、丸くなっちゃいましたか?」と、思ったもんです。同感です。
話は変わりますが、エリン・ブラウンのオールヌードにはびっくりしました…♪
ななみ 2008/03/23(Sun)22:53:49 編集
オフシーズン大好き。
ななみ様、こんばんわ。
「オフシーズン」はどの場面に力を入れるかで
全然違う映像になると思います。
ゴアな食人や人肉料理を主題にするのか
ヒロインの絶望を主題にするのか、
必死で頑張ったヒーローが無惨に警官隊に
蜂の巣にされる不条理を描くのか・・・。
でもオフシーズンの食人種達は他のケッチャム作品
に出てくる鬼畜よりカラっとしていてマシです。
ライオンが鹿を喰うような。
奈良の亀母 2008/03/23(Sun)23:11:45 編集
オフスプリング
「オフ~」シリーズは、ケッチャムの真骨頂といいますか、善悪のボーダーがきれいにとっぱらわれているところが、イイですよね。
田舎に憧れる都会人と、田舎で暮らす食人族と、どちらも利害感情がなく、「ただ、そうして生きてきたから」または、「生き残りたいから!」という、これまた明白な理由のもとに、大激突!
映像化するんだったら、あんまりジメジメしたものにしないでほしいですねー。
そのまえに、監督さん選びでまたたいへんそうです。
ななみ 2008/03/24(Mon)23:32:32 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
<< Das Experiment  | HOME |  Powder >>
カレンダー
11 2018/12 01
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
(いちおう)プロフィールです
HN:
ななみといいます
性別:
女性
自己紹介:

 独断と偏見で、ホラー関係(広い意味でのホラーですので、SFやファンタジーなんかもやってます)のレビューを書いてます。コメント大歓迎です。新情報や、こんなのもあるよ!って情報などなど、寄せてくれるとありがたいです。

〈好きかも♪〉
 おにぎり、猫たん、ジャック・ホワイト、ブクオフ、固いパン、高いところ、広いところ、すっげー大きな建造物、ダムとか工場とか、毛玉とり、いい匂い…

〈苦手かも…〉
 かます、説明書、道案内、カマドウマ、狭いところ、壁がすんごい目の前とか、渋滞、数字の暗記、人ごみを横切る、魚の三枚おろし…
ねこじかんです

ホームページ制作浮気調査ホームページ制作会社 東京浮気調査ホームページ制作 千葉ホームページ制作ブログパーツ 動物

最新CM

[03/28 PatlealaRag]
[02/29 あぐもん]
[02/29 あぐまn]
[01/11 わかりません]
[01/01 クロケット]
[10/23 ナマニク]
[10/23 ナマニク]
[10/20 nasu]
[10/17 奈良の亀母]
[10/16 ななみ]
気になる新作!

*A Lonely Place to Die

*Super 8

*Insidious

*The Woman

*Rammbock

*Season of the Wich

*Red Rising

*The Violent Kind

*Red White & Blue

*11-11-11

*The Feed

*Nang Phee

*Scream of the Banshee

*Dylan Dog: Dead of the Night

*Misteri Hantu Selular

*The Silent House

*Who Are You

*I Didn't Come Here to Die

*Famine

*I'm not Jesus Mommy

*Monster Brawl

*Some Guy Who kills People

*Falling Skies

*The Wicker Tree

*Hisss

*ChromSkull: Laid to RestⅡ

*Father's Day

*Drive Angry

*Fertile Ground

*Wake Wood

*Mientras Duermes

*Hobo with a Shotgun

*Atrocious

*KaraK

*Penunggu Istana

*Borre

*The Broken Imago

*Madison Country

*Viy

*Jenglot Pantai Selatan/Beach Creature

*Urban Explorer

*Los Infectados

*Isolation

*2002 Unborn Child

*The Pack

*El Incidente

*Rat Scratch Fever

*4bia
最新記事

(10/16)
(10/11)
(10/07)
(10/04)
(10/01)
(09/30)
(09/29)
(07/17)
(06/29)
(06/19)
ブログ内検索

みなさまの足跡
アクセス解析
バーコード
忍者ブログ [PR]

Graphics by Lame Tea / designed by 26℃