忍者ブログ
個人的にグッときたホラー映画(べつの意味でグッときたホラー映画も)なんかや、 小説のレビューなどをポツポツと…
[203]  [202]  [201]  [200]  [199]  [198]  [197]  [196]  [195]  [194]  [193
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    Powder

(1995)アメリカ
出演…ショーン・パトリック・フラナリー
メアリー・スティーンバージェン
ランス・ヘンリクセン
ジェフ・ゴールドブラム
監督…ヴィクター・サルヴァ 
★★★


〔ストーリー〕
 テキサス州イートンの郊外で、農家の老人が遺体で発見された。同居していた孫の少年は、怯えて地下に閉じこもったきり。青少年厚生施設のセラピスト・ジェシーの呼びかけでようやく姿をあらわした彼は、全身真っ白なアルビノだった… じつは、彼は胎児のときに母親が落雷に遭い、異質な能力を身につけてしまったのだった…


 ひさしぶりに観かえしたら、やっぱりうるるときてしまった「パウダー」です。
この作品、地味なんですけど、わりと出来がいいんですよねー。とくに、「無垢な魂の象徴」 ともいえる主演のショーン・パトリック・フラナリーの演技には注目です! 彼の澄んだ悲しい瞳を見ているだけでも、こっちまで切なくなってきてしまいます。
 
 さて、物語はいわゆる “超能力者の悲劇” なんですが、ネタばらししてしまいますと、趣旨はちょっとちがいます。ショーン演じるジェレミーは、落雷に遭って電解体質になってしまったために、体毛も生えず、かつ「白子」という人目を引かずにはいれない変わった容姿なんですが、反面すぐれたところもありました。それは、驚くべき記憶能力と、やさしい心、電解体質ゆえの不思議なパワーです。

 このパワー、スプーンをくるくるするだけで食堂のスプーン全部を集合させちゃったり、興奮するとガラスや電気が割れちゃったりと、まるでキャリーのようです。また、人の意識を読みとってしまうところなんか、『グリーン・マイル』 のようでもあります。でも、落ち着いて考えてみれば、脳の働き(= 感情)はすべて電気信号で成り立っているわけで、電解質の彼がそれに敏感になるのは納得の話。
 
 だけど、やはり科学だけでは片づけられない問題もありました… 
それはやっぱり、人(ジェレミー)の心。それまで他人と触れあったことにないジェレミーが、物理学教師のジェフ・ゴールドブラムに頭を撫で撫でされて泣き崩れてしまうシーンは、(ああ)、いま書いていても、目頭がジ~ンときてしまいます…

 人間というのは残酷な存在で、(人間にかぎったことではないんですけど)、自分たちよりすこしでもちがったヤツを見つけると、自己防衛本能から攻撃してしまう。無神経な視線やいじめっこの暴力に晒されるジェレミーが、ひたすら痛々しい。それでも彼は無抵抗で、運命のようにされるがままに受けとめる姿に、なんだかわたしたちのあさましさを描いているようで苦しくなってきます。

 結末は、それなりに感動的な雰囲気になっているんですけど、わたしにはどうしても、一種の悲劇に思えてなりません… 

 また、この映画には、印象的なセリフがたくさんあります。ジェレミーの「人は個別ではないんだよ」(← これ、かなり深いんです! くわしく知りたい方は、本編をぜひ!)や、ゴールドブラム先生の「人間性が技術を越えるかもしれない」、などなど… (ほんとにそんな日がくるんでしょうか…?)







家族にパウダーと呼ばれて
いた少年、ジェレミー。
ぎょっとするほど白いんです
が、石膏の彫像のように不
思議なうつくしさがあります。






「んふふふっ
なんだかとってもうれしそう
な、ゴールドブラムのドナル
ド先生。







そのドナルド先生の授業で、
たいへんなことに!










学校にいくときのジェレミー。
色素がないため、紫外線に弱いのです。



クラスメイトのアンナとキスしているところを父親に見つかって、
偏見あからさまにジェレミーを脅して傷つけるシーン。
(わからなくもないんですけど)、人の本能って、ほんとに醜いですねー(悲)。






 
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
すけきよ?
助清に見えますね~透明人間にも・・・
盆踊り URL 2008/03/21(Fri)18:31:15 編集
…じゃないです!
>盆踊りさん♪
すけきよ、ね…!
そうくるとは思いませんでした。でも、似てます。悲しいことに…(ほんとにいい映画なんですよー!)
あと、メガネと帽子といったら、透明人間のイメージ強いですね~。
ななみ 2008/03/21(Fri)22:56:45 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
<< The Lost  | HOME |  Tooth And Nail >>
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
(いちおう)プロフィールです
HN:
ななみといいます
性別:
女性
自己紹介:

 独断と偏見で、ホラー関係(広い意味でのホラーですので、SFやファンタジーなんかもやってます)のレビューを書いてます。コメント大歓迎です。新情報や、こんなのもあるよ!って情報などなど、寄せてくれるとありがたいです。

〈好きかも♪〉
 おにぎり、猫たん、ジャック・ホワイト、ブクオフ、固いパン、高いところ、広いところ、すっげー大きな建造物、ダムとか工場とか、毛玉とり、いい匂い…

〈苦手かも…〉
 かます、説明書、道案内、カマドウマ、狭いところ、壁がすんごい目の前とか、渋滞、数字の暗記、人ごみを横切る、魚の三枚おろし…
ねこじかんです

ホームページ制作浮気調査ホームページ制作会社 東京浮気調査ホームページ制作 千葉ホームページ制作ブログパーツ 動物

最新CM

[03/28 PatlealaRag]
[02/29 あぐもん]
[02/29 あぐまn]
[01/11 わかりません]
[01/01 クロケット]
[10/23 ナマニク]
[10/23 ナマニク]
[10/20 nasu]
[10/17 奈良の亀母]
[10/16 ななみ]
気になる新作!

*A Lonely Place to Die

*Super 8

*Insidious

*The Woman

*Rammbock

*Season of the Wich

*Red Rising

*The Violent Kind

*Red White & Blue

*11-11-11

*The Feed

*Nang Phee

*Scream of the Banshee

*Dylan Dog: Dead of the Night

*Misteri Hantu Selular

*The Silent House

*Who Are You

*I Didn't Come Here to Die

*Famine

*I'm not Jesus Mommy

*Monster Brawl

*Some Guy Who kills People

*Falling Skies

*The Wicker Tree

*Hisss

*ChromSkull: Laid to RestⅡ

*Father's Day

*Drive Angry

*Fertile Ground

*Wake Wood

*Mientras Duermes

*Hobo with a Shotgun

*Atrocious

*KaraK

*Penunggu Istana

*Borre

*The Broken Imago

*Madison Country

*Viy

*Jenglot Pantai Selatan/Beach Creature

*Urban Explorer

*Los Infectados

*Isolation

*2002 Unborn Child

*The Pack

*El Incidente

*Rat Scratch Fever

*4bia
最新記事

(10/16)
(10/11)
(10/07)
(10/04)
(10/01)
(09/30)
(09/29)
(07/17)
(06/29)
(06/19)
ブログ内検索

みなさまの足跡
アクセス解析
バーコード
忍者ブログ [PR]

Graphics by Lame Tea / designed by 26℃