忍者ブログ
個人的にグッときたホラー映画(べつの意味でグッときたホラー映画も)なんかや、 小説のレビューなどをポツポツと…
[202]  [201]  [200]  [199]  [198]  [197]  [196]  [195]  [194]  [193]  [192
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    Tooth And Nail



(2007)アメリカ
出演…二コール・ダポート
マイケル・マドセン
ヴィニー・ジョーンズ
監督…マーク・ヤング
★★


〔ストーリー〕
 2012年、資源不足により争いが絶えず、文明が崩壊した世紀末の世界。フィラデルフィアの廃病院で暮らす小規模な生存者グループは、ある日屈強な男に襲われている男女を発見する。男性はあえなく殺害されてしまうが、女性のほうは怪我を負っただけで助けることに成功。しかし、彼女を助けたことから、不気味な集団につけ狙われるようになり…


 「The Deaths Of Ian Stone」(2007)にひきつづき、〈AFTER DARK HORRORFEST〉の二本目です。さきにネタばらししてしまいますと、この不気味な集団というのは、“食人の習慣” を持ってしまった人たちなんですねー。オソロシイですねー。世紀末の生きるか死ぬかの戦い! あらすじだけ読むと、すっごくおもしろそうでしょう? 

 これが、じつはあんまり盛りあがらないんですよねー…

 アイデア自体もそうなんですけど、これは映画というより、ゲームっぽいです。そう思って見てみると、いかにもホラーゲームな展開や、アングル、キャラクターの登場なんかでストーリーは進みます。

 もともとゲームなノリのホラー映画って、わたしは大好きなんですけど、この作品にかぎっていえば、惜しい! な連続でした。それで、どの点が惜しかったのか、(…ふだんはあまりマイナス面は書かないようにしてるんですけど)、アイデアが気に入っていただけに、率直に挙げていこうかと思います。

*残念な点その1
 敵キャラがこわくない!

 …これ、ホラーゲームとしては(…だから、ゲームじゃないんですよね!)、いちばんいけませんよね~。だって、せっかくマイケル・マドセンや、ヴィニー・ジョーンズなんてイイ悪役をそろえてるのに、生かしきれてないんですもん。たしかに現実的ですよ。ふつうの人間ですから、モンスター並みの怪力なんか発揮しません。でも、いまいち迫力がないんですよね…

 唯一不気味だと思えた箇所は、錆びた斧や鶴嘴なんかで襲ってくるんですが、これが一撃では倒せないところです。ホラーってたいてい、こういうシーンではキレイに決まるんですが、(例を挙げますと、首を「スパーン」とか、ありえないところでは、頭からまっぷたつ~! なんて)、この映画では、そうは問屋が下ろしません! ですから、深手を負ってひいひい喘いでいるところを、何度もガツーン!(…あれ、まだ決まらないや)、じゃ、もう一回、ガツーン! といった調子でいくわけです… 残酷ですねえ。

*残念な点その2
 ヒロインの演技がけっこう残念!

…これ、ホラーとしていちばん避けなくてはいけないところですよね。だって、ヒロインがたいしてこわがってないんですもん。なんでそんな冷静なの? もうちょっと焦ってよ、っていうか、こわがってよ!! と、せっつきたくなるほどです。ヒロインがこんな調子ですから、観ているこちらも、ちーっとも焦りません。こわくありません。っていうか、それじゃダメじゃん!!

*残念な点その3
 ボスキャラが不在!

…いちばん驚いてしまったのが、コレでした… そうです、悲しいことに、いいところまで進ませておいて、いきなりエンド、みたいなあっけないゲームなんです。(…だから、ゲームじゃないんですよね)。ヒロインが最後にブチ切れて、インディアンの戦いの化粧みたいのを施して、敵地に乗りこむくだりはイイんですけど、(…なんだかんだありまして)、それで終わりですかっ!

 う~ん、意地悪な意見ばかり書いてしまいましたが、こういう映画は大好きなんです。念のために書いておきますが、けしてダメダメではありません。(たぶん)、基準点には達していると思います。ただ、大好きなだけに、工夫しだいでもう少しおもしろくなったんじゃないかナーと思うと、非常に残念!











男性陣はあっけなくやられて
いきます。隠れてないで、少
しは戦ってください!









食人グループのヴィニー・
ジョーンズ様登場!








捕まっちゃいました。
(…しかし、キレイすぎて
悲惨さがない…)








← ついにブチ切れちゃった
「ウラアァァ!!」
(ここでジョーンズ様と対決
してほしかったですね~!)







PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
<< Powder  | HOME |  April Fool's Day >>
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
(いちおう)プロフィールです
HN:
ななみといいます
性別:
女性
自己紹介:

 独断と偏見で、ホラー関係(広い意味でのホラーですので、SFやファンタジーなんかもやってます)のレビューを書いてます。コメント大歓迎です。新情報や、こんなのもあるよ!って情報などなど、寄せてくれるとありがたいです。

〈好きかも♪〉
 おにぎり、猫たん、ジャック・ホワイト、ブクオフ、固いパン、高いところ、広いところ、すっげー大きな建造物、ダムとか工場とか、毛玉とり、いい匂い…

〈苦手かも…〉
 かます、説明書、道案内、カマドウマ、狭いところ、壁がすんごい目の前とか、渋滞、数字の暗記、人ごみを横切る、魚の三枚おろし…
ねこじかんです

ホームページ制作浮気調査ホームページ制作会社 東京浮気調査ホームページ制作 千葉ホームページ制作ブログパーツ 動物

最新CM

[03/28 PatlealaRag]
[02/29 あぐもん]
[02/29 あぐまn]
[01/11 わかりません]
[01/01 クロケット]
[10/23 ナマニク]
[10/23 ナマニク]
[10/20 nasu]
[10/17 奈良の亀母]
[10/16 ななみ]
気になる新作!

*A Lonely Place to Die

*Super 8

*Insidious

*The Woman

*Rammbock

*Season of the Wich

*Red Rising

*The Violent Kind

*Red White & Blue

*11-11-11

*The Feed

*Nang Phee

*Scream of the Banshee

*Dylan Dog: Dead of the Night

*Misteri Hantu Selular

*The Silent House

*Who Are You

*I Didn't Come Here to Die

*Famine

*I'm not Jesus Mommy

*Monster Brawl

*Some Guy Who kills People

*Falling Skies

*The Wicker Tree

*Hisss

*ChromSkull: Laid to RestⅡ

*Father's Day

*Drive Angry

*Fertile Ground

*Wake Wood

*Mientras Duermes

*Hobo with a Shotgun

*Atrocious

*KaraK

*Penunggu Istana

*Borre

*The Broken Imago

*Madison Country

*Viy

*Jenglot Pantai Selatan/Beach Creature

*Urban Explorer

*Los Infectados

*Isolation

*2002 Unborn Child

*The Pack

*El Incidente

*Rat Scratch Fever

*4bia
最新記事

(10/16)
(10/11)
(10/07)
(10/04)
(10/01)
(09/30)
(09/29)
(07/17)
(06/29)
(06/19)
ブログ内検索

みなさまの足跡
アクセス解析
バーコード
忍者ブログ [PR]

Graphics by Lame Tea / designed by 26℃