忍者ブログ
個人的にグッときたホラー映画(べつの意味でグッときたホラー映画も)なんかや、 小説のレビューなどをポツポツと…
[210]  [209]  [208]  [207]  [206]  [205]  [204]  [203]  [202]  [201]  [200
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    Frontiere(s)



(2007)フランス/スイス
出演…カリーナ・テスタ
オレリアン・ヴィイク
パトリック・リガルド
監督…グザヴィエ・ジャン
★★★


〔ストーリー〕
 パリ暴動に乗じて、強盗を犯した若者たち5人のグループ。仲間のひとりがひどい怪我を負ったために、2台の車にわかれて逃亡することに。怪我人を乗せたヤスミンとアレックスの車は、病院にむかう。一方、トムとファリドの車は、国境付近の宿であとのふたりを待つことにする。だが、その宿にはおそろしい秘密が隠されていたのだった…!


 「Hitman」(2007)のグザヴィエ・ジャン監督のデビュー作です。
あらすじを読んでおわかりのように、例によって例のごとく、アノお話です。ありきたりですねー。飽き飽きですよねー。そう思いながら観はじめましたこの作品、ちょっとした不安もありました… だって、

 おフランスなんですもん!!

 フランス産ホラーというと、「Haute Tension」「ハイテンション」2006)。おもしろかったですねー。それにつづけとばかり、強力なものが撮られるようになりました。フランスは、アメリカやイギリスよりも、ホラー映画にたいする考え方(主に、マイナスな要素のほうですが)が、ちがうのでしょうか…? いくぶん、といいますか、多分に、規制がゆるい感じがするのですがっ!

 その代表格として、トラウマの記憶も新しい、「A L' interieur」「Inside」2007)。この作品、ホラー初心者は観ちゃダメです。中級者でも微妙です。上級者のみ、安心してオススメすることができます(…といっても、トラウマになっても、責任はいっさい持てませんよ~!)。

 そんなこんなで、おフランス・ホラーはシャレにならないくらい強力すぎるものがあるので、「油断しちゃなんねえ!!」 と、思いながら観ましたこの作品、やっぱりやっぱり、おフランスでした…(ひーん!)

 こわいよ~、痛いよ~、残虐非道だよ~!! の三拍子が見事揃った、怪作となっています。
 ストーリーはいたって簡単、世の中を舐めきった若者たちが犯罪をおかし、逃亡を図るんですが、アノ人たちに捕まってしまうまえに、さっそく因果応報な痛手を受けてしまいます。運悪く重症を負った仲間が、あっさり亡くなってしまうんですねー。
ここで警察に捕まっちゃえばよかったものの、がんばって逃げます。そして、アノ一家たちが暮らすホテルへ…!

 この犠牲となる若者たちというのが、ごくフツーの無邪気な青年たちなので、ちょっと強盗したくらいでこんなひど~い目に遭うなんて、割りにあわないナー…(汗)、と考えながら観るのが正しい鑑賞法ではないかと、思います。

 例のアノ人たちですが、フリークではありません。これまた、(見かけだけは)ごくフツーの人たちです。けだるいおネエさんがいたり、アヤシイおじさんがいたりと、一応家族なんですけど、そこの「長」たるお祖父さんがまた、ガチガチのネオナチだったりします。生々しいですね~。ようするに、「人が人を殺す」映画なんです。おっかないですね~。

 近年のフランス・ホラーの特徴として、この“生々しさ” があげられるのではないかと思います。怪物でもない、フリークでもない、「生身の人間が生身の人間を襲う」、ここに異様なテンションと、究極の恐怖が生まれるようなんです。
たとえば、食糧貯蔵庫にずら~っと食糧さんたちがぶら下がってる光景など、「The Hills Have Eyes」(2006)で少しもの足りなかったわたしには、「そう、そう、こういうのが観たかったの!」と、思わずアツくなってしまいました。

 さすが「ヒットマン」に大抜擢されただけあって、この監督さんはカンも鋭いようです。ありきたりなストーリーながら、新鮮な映像とスピーディーな展開に夢中になること必至! かなり才能アリアリな雰囲気です。そして、ラストはホラー・ファンも納得の○○が…!

 けっこうな美女も、美男子も、無残にバッサバッサと殺されていく圧倒的なパワーには、たじたじになります。おそるべし、おフランス… おフランスといえばホラー、そういわれる日が近いかもしれませんね









けだるいオネエさんその1:
長女ジルベルト(エステル・
ルフェビュール)。
誘惑してますね~。







けだるいオネエさんその2:
次女クラウディア(アメリ・
ドーレ)。
ヤンデレ系ですかね?








こんな美少女も登場します。
末娘のエヴァ(モード・フォル
ジェ)。








パトリック・リガルド(役名カー
ル)の決まったポーズ! 
大事な食糧は逃がさんで~。







ヒロインのヤスミン(カリーナ・
テスタ)。食糧さんの陰に
隠れています。
ドキドキ…!!)







PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
邦題は?
この邦題は『座敷女』ですか?
これもちょっと気になります。ゾンビ盆でも・・・
今、ちょっと旧作集め中でした・・・『デアボリカ』
欲しいです~(>_<)
盆踊り URL 2008/04/08(Tue)07:27:39 編集
やっと風おさまりました
>盆踊りさん
こんばんはです。
「座敷女」(すんごいタイトル)は、「Inside」という映画ですね。こっちの邦題は、いまのところまだ未定だと思います。
「デアボリカ」、懐かしいですね~。と書きつつも、内容のほうはほとんど忘れちゃってます…
ローズマリーの赤ちゃん系でしたっけ??
ななみ 2008/04/08(Tue)20:35:38 編集
デアボリカ
イタリア版『エクソシスト』系ですね~
古い人間ですので、昔の名作ホラーを
集めたくなりました・・・マニアの血・・・
盆踊り URL 2008/04/08(Tue)23:20:30 編集
エクソシストでしたか
>盆踊りさん
懐古趣味でなくても、名作ホラーは貴重ですよ♪
ニコニコで「人類SOS」(ジョン・ウィンダムの「トリフィド時代」の映画化っぽいです)を発見したんですけど、おもしろいですか?
あと、きょう「The Ruins」観たんですけど、すっごいおもしろかったです~!! これは自信をもってオススメ♪
ななみ 2008/04/09(Wed)00:07:33 編集
The Day of the Triffids
The Day of the Triffids
古い作品ですが十分面白いかと思います。所持・・
しかし今観ると安っぽく観えるかもしれませんね。
でも、幼少の頃は十分怖かったです。
盆踊り URL 2008/04/09(Wed)07:01:53 編集
忙しい時程、本を読んでしまう。
盆踊り様のサイトも凄いですね。
お宝の見せあいっこ最高です。
ななみ様、「ルインズ」御覧になったんですか。
原作文庫を上下巻、一気読みしてしまいました。
こんな事してる場合やないのに、止まりません。
○○をどう映像化するのか楽しみ!
奈良の亀母 2008/04/09(Wed)18:06:21 編集
The Day of the Triffids
>盆踊りさん
じつは原作本を読んだこともなくて、気になっていたのです。観てみます!
ウィンダムは『呪われた村』も映画になってますね。カーペンターの「光る眼」… やっぱり観てません…
ななみ 2008/04/09(Wed)22:33:57 編集
『ルインズ』!
>亀母さん
文庫本が出ていたんですね!! しかも、あの『シンプル・プラン』のスコット・スミス…
じつはわたし、『シンプル・プラン』はあんまり好きじゃなかったんですよ… もちろん、よく出来ている小説だったと思います! でも、なんといいますか、好みの問題なんですね…
それで、映画の「ルインズ」は、さもありなんという内容でした。正直、これはおもしろかったデス!
近日中にレビューしたいと思います♪
亀母さんの感想では、原作のほうはどうでしたか?
ななみ 2008/04/09(Wed)22:43:57 編集
光る眼は・・
カーペンター監督作品としては『光る眼』は
ちと物足りなかったです・・・
先日『ゴースト/血のシャワー』と『ブードリアン』
今日は『オーメン』買いました・・時代に逆行する
盆踊りでした。プログネタを集めています。
しかし『デアボリカ』欲しいですよ(-_-;)
『レベル13』や『クライモリ・デッドエンド』もレンタル
ネタがたまって消化出来ませんが・・・嬉しい悲鳴。
>>奈良の亀母さん&ななみさん
お宝があったら、是非載せて自慢して下さいね(^^♪
盆踊り URL 2008/04/09(Wed)22:51:28 編集
これも1年程おあずけかなあ。
この映画は「クライモリ2」みたいなホノボノした
一家ではないんですね。でも観たいー!
DVDレンタル出来るのは何時のことやら。
「ルインズ」の原作ですが、○○が強すぎるんです。
こんな万能の生物?相手にどうやってサバイバル
せえっちゅうねん。何でもありなんですよ。
映画ではどうなっているのか知りたいです。
奈良の亀母 2008/04/10(Thu)22:25:38 編集
盆踊りさん♪
「光る眼」はもの足りなかったですか… 期待していたのにナー、残念!
「ゴースト/血のシャワー」は、観たい作品のひとつです。「ブードリアン」? なんですか、ソレ…?(ググッてみたけど、全然わかりませんでした!)「オーメン」はすばらしいですよね~。「オーメン」シリーズは、どれも傑作だと思います♪
「デアボリカ」、むかし買った〈スクリーン〉の別冊本のイタリアン・ホラー特集に載ってました。女の人の顔がこわいよ~。なんか頭に電極刺さって、「デヘヘヘ」って、笑っている映画ですよねー!!
それから、お宝といっても、うちのデブネコしか…(汗)
ななみ 2008/04/10(Thu)22:55:38 編集
亀母さん♪
そうですね、たぶん一年おあずけだと思います。
でも、そのあいだに、もっとたくさんイイ作品がレンタルできるようになりますよー♪
「ルインズ」ですが、原作は○○を全面に押しだしている感じなのですね!!
映画だと、ちょっとちがうと思います。サバイバルも、それほどしていなかったような…
どっちにしろ、異様なドラマですね。主演の男優さんと、ムダのない展開が気に入りました。で、わたし的な評価は、↑この作品より高いです♪
ななみ 2008/04/10(Thu)23:00:33 編集
人類SOS
SFパニック物の古典ですね。今見るとチープかも知れませんが当時はなかなか怖かった気がします。
『デイ・オブ・ザ・トリフィド』というタイトルでBBCが1981年にTVシリーズとして放送したリメイク版を見てみたいですがあまり評判がよくないです。
クロケット URL 2008/04/11(Fri)01:42:46 編集
『デイ・オブ・ザ・トリフィド』
『デイ・オブ・ザ・トリフィド』ですか・・・ゾンビ出そう?
人類SOSは単純に『トリフィドの日』と言う
タイトルにして欲しかったです。
『マックイーンの絶対の危機』も欲しいです。
>ななみさん
『ブードリアン』は大昔のゾンビ映画です。邦題は
『わたしはゾンビと歩いた』となってます・・・
途中で眠くなりました・・・寝る時間になったので・・
盆踊り URL 2008/04/11(Fri)06:44:45 編集
トリフィドの日
>クロケットさん
イギリスでドラマにもなってたんですか。イギリスのドラマって、けっこう出来がいいものが多いですけどね… わたしもちょっと、見てみたい気が…
なにはともあれ、このプロットはおもしろそうです♪

>盆踊りさん
「デイ・オブ~」とくると、条件反射でゾンビを連想してしまいますけど、こっちのほうが先なんですよねー。
「わたしはゾンビと歩いた」、名作っぽい雰囲気ですね。ぜんぜん知りませんでした。
「マックイーンの絶対の危機」は、「ブロブ」のオリジナルですよね。これは原作本もほしいですね~(「わたしの中の殺人者」と、おなじ作者だったような…)。
それから、ねこじかん早いですね! お疲れモードでしょうか?
ななみ 2008/04/11(Fri)22:56:17 編集
やっと観れました!怖えええ!
普通、この手の田舎ホラーでは愉快な人肉一家の
方に感情移入して、お馬鹿な若者達のやられっぷりを楽しむのですが、今回はついヤスミンの方に味方
してしまいました。エヴァの存在も大きかったです。
「変態村」もそうですがヨーロッパにはこんな一家が
本当にいそうですね。ヤスミンは強盗犯として捕まる
でしょうが、あの食糧さん達も日の目を見てちゃんと
葬ってもらえるといいですね。活けづくりからビーフジャーキーまで色んな段階の食糧さんがいましたなあ。
奈良の亀母 2009/02/09(Mon)20:18:08 編集
フロンティア
>亀母さん
どひえ~、亀母さんもついに、「フロンティア」を鑑賞されましたね!
ありがちなストーリーなんですが、すごい力技で、圧倒的なラストにもっていくあたりがよかったですよね。
ヤスミンが覚醒するシーンは、とくに盛り上がりましたよ~
活けづくり!ビーフジャーキー!!たぶん、長年の知恵なのでしょうが…やけに生々しかったです。食人さんたちがちょっと都会よりになると、(洗練されていると?)、より犯罪に近くなってきてこわいですよね。
エヴァはかわいそうだったですね…
ななみ 2009/02/11(Wed)19:49:50 編集
フロンティア・・・
レンタルに無かったので買おうか?
イチオウ店員さんにリクエストしましたが・・・
盆踊り URL 2009/02/13(Fri)21:25:59 編集
ティアフロン…
>盆踊りさん
「フロンティア」がレンタルに置いてないなんて、探せばあるような気もします。
といいますか、そのうちきっと入るような予感がしますよ!
おもしろくて、かなり迫力があって盛りあがるんですけど、オリジナリティはあんまりない映画です。
スタイリッシュなんですけどねー、買うほどの作品でもないような…?
ななみ 2009/02/14(Sat)19:28:03 編集
やっと!
レンタルできました。今から観ます・・・
昼間挑戦したら寝てしまって・・・
ポカポカ陽気には弱い年齢になってしまいました。
盆踊り URL 2009/02/15(Sun)00:11:39 編集
こんばんはです
>盆踊りさん
ぽかぽか陽気に弱いのは、全人類の共通事項ですよ。しばらくあたたかくて気持ちよかったですよね~
でも、今夜からまた寒くなりそうです。靴下はいて寝なくっちゃ…!
「ティアフロン」、ご覧になったでしょうか。
指ばっさりのシーンが痛そうだった記憶があります…
ななみ 2009/02/16(Mon)20:09:47 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
<< Botched  | HOME |  Diary Of The Dead >>
カレンダー
08 2019/09 10
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
(いちおう)プロフィールです
HN:
ななみといいます
性別:
女性
自己紹介:

 独断と偏見で、ホラー関係(広い意味でのホラーですので、SFやファンタジーなんかもやってます)のレビューを書いてます。コメント大歓迎です。新情報や、こんなのもあるよ!って情報などなど、寄せてくれるとありがたいです。

〈好きかも♪〉
 おにぎり、猫たん、ジャック・ホワイト、ブクオフ、固いパン、高いところ、広いところ、すっげー大きな建造物、ダムとか工場とか、毛玉とり、いい匂い…

〈苦手かも…〉
 かます、説明書、道案内、カマドウマ、狭いところ、壁がすんごい目の前とか、渋滞、数字の暗記、人ごみを横切る、魚の三枚おろし…
ねこじかんです

ホームページ制作浮気調査ホームページ制作会社 東京浮気調査ホームページ制作 千葉ホームページ制作ブログパーツ 動物

最新CM

[03/28 PatlealaRag]
[02/29 あぐもん]
[02/29 あぐまn]
[01/11 わかりません]
[01/01 クロケット]
[10/23 ナマニク]
[10/23 ナマニク]
[10/20 nasu]
[10/17 奈良の亀母]
[10/16 ななみ]
気になる新作!

*A Lonely Place to Die

*Super 8

*Insidious

*The Woman

*Rammbock

*Season of the Wich

*Red Rising

*The Violent Kind

*Red White & Blue

*11-11-11

*The Feed

*Nang Phee

*Scream of the Banshee

*Dylan Dog: Dead of the Night

*Misteri Hantu Selular

*The Silent House

*Who Are You

*I Didn't Come Here to Die

*Famine

*I'm not Jesus Mommy

*Monster Brawl

*Some Guy Who kills People

*Falling Skies

*The Wicker Tree

*Hisss

*ChromSkull: Laid to RestⅡ

*Father's Day

*Drive Angry

*Fertile Ground

*Wake Wood

*Mientras Duermes

*Hobo with a Shotgun

*Atrocious

*KaraK

*Penunggu Istana

*Borre

*The Broken Imago

*Madison Country

*Viy

*Jenglot Pantai Selatan/Beach Creature

*Urban Explorer

*Los Infectados

*Isolation

*2002 Unborn Child

*The Pack

*El Incidente

*Rat Scratch Fever

*4bia
最新記事

(10/16)
(10/11)
(10/07)
(10/04)
(10/01)
(09/30)
(09/29)
(07/17)
(06/29)
(06/19)
ブログ内検索

みなさまの足跡
アクセス解析
バーコード
忍者ブログ [PR]

Graphics by Lame Tea / designed by 26℃