忍者ブログ
個人的にグッときたホラー映画(べつの意味でグッときたホラー映画も)なんかや、 小説のレビューなどをポツポツと…
[221]  [220]  [219]  [218]  [217]  [216]  [215]  [214]  [213]  [212]  [211
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

   In The Mouth 
       of Madness


(1995)アメリカ
出演…サム・ニール
ジュリー・カーメン
ユルゲン・プロホノフ
ジョン・グロヴァー
監督…ジョン・カーペンター
★★★☆


〔ストーリー〕
 保険調査員のトレントは、カフェで新しい仕事の話をもちかけられている途中、突然斧を持った男に、「サター・ケインの本は読んだか?」と訊かれ、襲われる。じつは、世間では人気ホラー作家サター・ケインの新作発売の延期をめぐり、各地でさまざまな暴力沙汰が起きていた。
 トレントに依頼された仕事というのも、ケインにまつわるもの。失踪した彼を探しだして、原稿を手に入れてほしいを出版社から依頼されたのだ。トレントはさっそく、書店に並ぶケインの本を入手するのだが…


 「マウス・オブ・マッドネス」です。
この作品、ひさしぶりに観なおしたんですが、ほんとにおもしろいですよね~っ!!
そして、観なおしてみたからわかったことなんですが、ちょっとしたジョークや〈クトゥルー〉用語が満載の、その手のファンにはたまらない内容になっていました。

 まず、タイトルによく注目してみましょう。「In The Mouth Of Madness」… 英語読みすると、「Innsmouth Of Madness」(インスマウスの狂気)! ←( 『インスマウスの影』 と、『狂気の山脈にて』 をもじっているのですねー)。
また、トレントに調査を依頼する出版社が〈アルケイン〉社 ←(〈アーカム〉社のもじり)だったり、“ピックマンのホテル” が登場したりします。

 モンスターも当然のことながら、「旧支配者」なんですけど、ストーリーはどちらかというと、キングっぽいねじれ構造の現代風スリラー。

 (ホラー界の演技派)サム・ニールが演じるトレントは、冷笑的な凄腕保険調査員。典型的な「ホラー小説なんて、時間のムダっしょ!」という合理重視人間なんですが、しょっぱなから事件に巻きこまれてしまいます。なんと、トレントを襲った「男」というのは、目下の話題の人物、サター・ケインの代理人でした。代理人は、ケインの最新作の原稿を読んだために、アチラの世界にイってしまったらしいと、しみじみ語る出版社の社長さん。イロっぽい秘書のおネエさんは、「だって、キングよりもすごいんだから…」と、ケインをベタ褒めです。

 当然のことながら興味が湧いたトレントは、ケインの本を買いあさって読んでみることに。すると、奇怪な悪夢や幻覚を見るようになり、「こいつは本気でヤヴァイ本かも…」と、恐怖におののきつつも、そこはやっぱり合理的人間、表紙に隠された地図を発見しちゃいます。その地図は、ケインが作中に登場させた「ボブの町」でした…!

 先の展開が読みにくく、わかったあとも、「そうきたか!」 というオドロキの連続ですばらしいです。また、大御所の大御所にたいするオマージュ作というだけあって、登場人物のセリフもイカしてます。ホラーの知識を吸収することができちゃんですねー。

 最後に、ちょっとしたお遊びの指摘を。
冒頭、トレントが入れられる部屋の番号は、「9番」 (←〈ナイン・インチ・ネイルズ〉のトレント!)… それから、病院で流れる曲は〈カーペンターズ〉 (← 監督の名前は?)… などなど。まだまだあるかもしれません。ただ、初見の方はストーリーについていくのが精一杯で、こんなジョークを探している暇はないかも!











コーヒーを飲みながら、仕事
の話をするトレント。 
典型的な志村うしろ系ですね。










秘書のリンダを演じるジュリー・カーメン。
アヤシイ魅力を振りまいてます。











「ボブの町」に到着すると、「なにもかも本
で読んだとおりよ!」と、しだいに均衡を
失っていくリンダ。









“ピックマンのホテル”のオバ
チャン… なにやら不気味な
触手が出てますよ!!







← あらら、とうとうイってしまいました!
(サム・ニールって、ほんとこういう役
似合いますよねー)、
さて、彼になにが起きたんでしょう??







PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
サター・ケインの小説読みたい!
カーペンターズ監督大好き!マニアには堪らない
遊び心が一杯ですね。部屋番号9番にそんな意味
があったのか。「ボブの町」をもっとじっくり見たかったです。町の地図とか住民の相関図とか欲しい。
教会よりも普通の民家で異変が進行している方が
怖い。ホテルのおばちゃん、キテましたね。
ラスト、病院も安全ではなくなって・・・。
「世界の終わり」も観たいんですが、レンタル店に
置いてないんです。
奈良の亀母 2008/04/23(Wed)08:06:33 編集
多重構造がステキ♪
>亀母さん
「世界の終わり」も、「マウス・オブ~」と似通った内容です。カーペンター監督って、こういう話に強いですよね! 〈マスター・オブ・ホラー〉は去年の夏ごろ、GYAOに置いてあったんですけど… (もしかしたら、今年の夏もホラー特集あるかも)、あと、ときどきニコニコもチェックしてみるといいですよ。(← きょう、念願の「デビルスピーク」を観ちゃいました!)
ななみ 2008/04/23(Wed)23:28:31 編集
「マウスオブマッドネス」
私もカーペンター監督大好きです。
「ダークスター」「要塞警察」「ハロウィン」「ザ・フォッグ」「ニューヨーク1997」「パラダイム」「ゼイリブ」「光る眼」「クリスティーン」「遊星からの物体X」「ボディバッグス」「バンパイア最期の聖戦」などなど・・B級ホラー好きにはたまらないですね。
「マウスオブマッドネス」は色々と遊び心があって好きな作品です。何度かみているうちに発見がありそうです。
クロケット 2008/04/24(Thu)00:22:52 編集
カーペンターは偉大です
>クロケットさん
クロケットさんがあげたカーペンターの映画、全部観なおしたいです! そして、できれば(稚拙ながら)レビューしたい…♪
「ボディバックス」、懐かしいですね~。「フォッグ」のリメイクはダメダメだったみたいですけど、カーペンター作品て、あんまりリメイクされないんでしょうか…
ななみ 2008/04/24(Thu)22:44:49 編集
「デビルスピーク」
念願の「デビルスピーク」見れて良かったですね。私も中古のビデオを見つけました。ニコニに「ローズマリーキラー」もアップされているようなのでチェックしてみてくださいね。
クロケット 2008/04/26(Sat)13:09:20 編集
「ローズマリーキラー」!!
>クロケットさん
「ローズマリーキラー」もあるんですか?
うわーい♪、さっそくチェックしてみます!!
ななみ 2008/04/26(Sat)21:00:52 編集
おひさしです。
実はジュリー・カーメンさんのファンでして
『フライトナイト2』が良かったです。
あと『グロリア』や『ミラグロ』も良かったですね。
盆踊り URL 2008/04/29(Tue)03:28:16 編集
お帰りなさい♪
>盆踊りさん
こちらこそ、おひさです~。
無事にご帰宅されてなによりです。
「フライトナイト」は、1しか観たことがないんですよ。「グロリア」は憶えていますけど、「ミラグロ」…?
(エーン、無知ですいません…!)
ジュリー・カーメンさんて、ほんとイロっぽい方ですよね。
ななみ 2008/04/29(Tue)22:15:12 編集
凄いピッチで!
凄いピッチで鑑賞ですね~オドロキ\(◎o◎)/
私は『スリザー』と『アイアム別エンディング編』
観るのがやっとで、ブログは引越し実験中で・・・
何も進んでません(-_-;)
旅行と射撃は更新しましたやっと・・・
盆踊り URL 2008/04/30(Wed)22:47:30 編集
もうバテちゃいました
>盆踊りさん
すでに息切れ状態です~(ゼイゼイ)…、でも、観たかった新作ラッシュなので、がんばって観てます。
ハワイの写真見ましたよー♪
Gunな姿がさまになってて、カッコイイですね!
それから、ネコ写真はいつ見ても萌えますねえ…♪
「アイレジェ」の別エンディングって、ウィル・スミスが幸せになる結末のやつですか?
ななみ 2008/05/01(Thu)23:15:45 編集
うーうー
そうなんです・・・
『アイ・アム』には特別な思い入れがありまして・・・
あれでよいの?って感じです。
映画的には成功ですが、小説と完全に違う
『アイアム』に涙した私でございます~(ToT)
盆踊り URL 2008/05/02(Fri)05:55:02 編集
あーあー、
>盆踊りさん
そうなんですよねー、あの結末にはびっくりですよねー! なんであんなバージョン撮ったんでしょう…(アメリカンはハッピーエンドが好きなんでしょうか)…?
おなじく原作ファンとしましては、不思議な違和感を覚えました。(でも、海外のレビューとか見ると、こっちのほうがいいって話題が多し…!)
ななみ 2008/05/02(Fri)22:53:57 編集
いーいー
外国の方はハッピーエンドが好きなんでしょうね。
『南極物語』観てませんが、死んでしまう犬の数
減らしてるみたいですね。私は鑑賞予定はないです。
可哀そうなのは苦手で・・・
日本版『南極物語』VHSを100円で買いましたが
一生観ないかも・・『ジョーイ』と『ジョニーは戦場へ行った』
も100円で買ったのですが・・・
盆踊り URL 2008/05/03(Sat)21:47:47 編集
えーえー
>盆踊りさん
「南極物語」は、小学生のときに観たおぼえがあります~。罪のないワンコがどんどん死んじゃう映画…(;_;)、こんな映画なんで撮ったんですかー!! というくらい、当時から不思議でした。ちょっぴり人間不信に陥りました。
わざと泣かそうとしている映画って、イヤですよねー、(反対に、わざと感動させようとしてるのも)…
「ジョーイ」も「ジョニー」さんの映画も、観たことありません…(「ジョニー」さんはうちに本がありますが、やっぱりコワくて手が出せずにいます…)
ななみ 2008/05/03(Sat)23:32:43 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
(いちおう)プロフィールです
HN:
ななみといいます
性別:
女性
自己紹介:

 独断と偏見で、ホラー関係(広い意味でのホラーですので、SFやファンタジーなんかもやってます)のレビューを書いてます。コメント大歓迎です。新情報や、こんなのもあるよ!って情報などなど、寄せてくれるとありがたいです。

〈好きかも♪〉
 おにぎり、猫たん、ジャック・ホワイト、ブクオフ、固いパン、高いところ、広いところ、すっげー大きな建造物、ダムとか工場とか、毛玉とり、いい匂い…

〈苦手かも…〉
 かます、説明書、道案内、カマドウマ、狭いところ、壁がすんごい目の前とか、渋滞、数字の暗記、人ごみを横切る、魚の三枚おろし…
ねこじかんです

ホームページ制作浮気調査ホームページ制作会社 東京浮気調査ホームページ制作 千葉ホームページ制作ブログパーツ 動物

最新CM

[03/28 PatlealaRag]
[02/29 あぐもん]
[02/29 あぐまn]
[01/11 わかりません]
[01/01 クロケット]
[10/23 ナマニク]
[10/23 ナマニク]
[10/20 nasu]
[10/17 奈良の亀母]
[10/16 ななみ]
気になる新作!

*A Lonely Place to Die

*Super 8

*Insidious

*The Woman

*Rammbock

*Season of the Wich

*Red Rising

*The Violent Kind

*Red White & Blue

*11-11-11

*The Feed

*Nang Phee

*Scream of the Banshee

*Dylan Dog: Dead of the Night

*Misteri Hantu Selular

*The Silent House

*Who Are You

*I Didn't Come Here to Die

*Famine

*I'm not Jesus Mommy

*Monster Brawl

*Some Guy Who kills People

*Falling Skies

*The Wicker Tree

*Hisss

*ChromSkull: Laid to RestⅡ

*Father's Day

*Drive Angry

*Fertile Ground

*Wake Wood

*Mientras Duermes

*Hobo with a Shotgun

*Atrocious

*KaraK

*Penunggu Istana

*Borre

*The Broken Imago

*Madison Country

*Viy

*Jenglot Pantai Selatan/Beach Creature

*Urban Explorer

*Los Infectados

*Isolation

*2002 Unborn Child

*The Pack

*El Incidente

*Rat Scratch Fever

*4bia
最新記事

(10/16)
(10/11)
(10/07)
(10/04)
(10/01)
(09/30)
(09/29)
(07/17)
(06/29)
(06/19)
ブログ内検索

みなさまの足跡
アクセス解析
バーコード
忍者ブログ [PR]

Graphics by Lame Tea / designed by 26℃