忍者ブログ
個人的にグッときたホラー映画(べつの意味でグッときたホラー映画も)なんかや、 小説のレビューなどをポツポツと…
[483]  [482]  [481]  [480]  [479]  [478]  [477]  [476]  [475]  [474]  [473
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

   The Loved Ones



(2009)オーストラリア
出演…ハビエル・サミュエル
ロビン・マクリーヴィ
ジェシカ・マクナミー
監督…ショーン・バーン
★★★★


〔ストーリー〕
 イケメン高校生のブレントは、自身が運転する車で事故を起こし、助手席に乗せていた父を死なせてしまうという心の傷を負っていた。事故から数ヵ月後、卒業ダンスパーティーの季節になり、同級生の地味な少女・ローラからパートナーになってくれないかと誘われる。しかし、ブレントにはミアという美人の彼女がいた…
 ダンス当日、強迫観念から逃れるように、ひとり絶壁をのぼるブレント。あるいはそれは、自殺願望なのか…? だが、頂上にたどりついたブレントに魔の手が待っていた…!!!


 巷で話題のオージー・ホラー。
 みなさんも大好きな、イケメンを監禁・拷問・ひたすらいじめぬく!! という、なかなか過激なホラーです。
 それで前評判どおり、これはそうとうおもしろく、やはり評判どおりにクレイヴンの「The People Under the Stairs」「壁の中に誰かがいる」1992)にそっくりです。ただたんに似ているというより、かなり意識して作られたものなんじゃないかな?

 監督のショーン・バーンは、なんとこれが初の長編作。なんでも、本作はトロント映画祭で観客賞を受賞、熱狂的に支持されたんだとか…それもそのはず、ひさびさに飛ばしてるホラーを観ちゃった!!といった納得の出来です。
 わたしはポスターから、こてこてのコメディを予想してたんですが… 意外や意外、シリアスなホラーでした。そして、容赦がないです!!

 物語は、イケメン・ブレント(ハビエル・サミュエル)が父とドライブしているところからはじまります。ブレントは最近免許をとったばかり、父とわきあいあいと会話していると… 突然、血だらけの男がフラフラ~っと車道に出てくるではありませんか!! とっさに男をよけようとしたブレント、道路脇の木に激突してしまいます。その事故で、最愛の父を亡くしてしまうのでした…

 それから約半年後。
 表むきは元気に振る舞うものの、いつまでも心の傷が癒えないブレント。ある朝、クラスメイトのおとなしい少女ローラ(ロビン・マクリーヴィ)から、プロムのパートナーになってくれないかと誘われます。でも、ブレントにはミア(ジェシカ・マクナミー)という彼女がいて、ローラを振ってしまいます…

 じつはこのローラ、地味でおとなしい少女の皮をかぶった、真正キ印娘だったのですよ~~!!! という、どっかで見たようなオープニングです。

 「壁の中に~」 ではナイスなキチガイ兄妹が出てきましたが、こちらはナイスなキチガイ父娘です。父もキチガイ、娘はさらに輪をかけたキチガイ!! そういえば、テンションもそっくり似てるかも~
 おまけにこの父娘、拷問好きで、支配欲が強く、一度狙った獲物(つねにイケメン!)はとことんなぶりつくすという、信じられない悪行をくりかえしているシリアルキラーなのでした…

 ポスターからは想像つかないかもしれませんが、内容はそうとう過激。で、イケメンが拷問される映画と聞くと、ハァハァしちゃうかと思いきや… うーん、ここまで過激すぎちゃうと、どうしてどうして、柄にもなく本気で主人公を応援しちゃいましたよ!!

 キチガイ父(リチャード・ウィルソン)に誘拐されたブレント、キチガイホームに連れていかれ、3人(+~人)だけのプロムナイトがはじまります。
 椅子に縛りつけられ、正装させられて、あんなことやこんなことも!!とにかくイケメンなのに、容赦ないっ!!なまじイケメンすぎちゃって、あえぐ姿がとってもセクシー …じゃなかった、かわいそすぎるよっっっ!!

 こんな絶望的・逼迫的状況で、どうやって脱出するか? いや、脱出できるの?? というのが、この映画の醍醐味なんですねー。

 ローラ役のロビン・マクリーヴィが吹っきれた狂人をのびのびと(!)演じてまして、これは男性じゃなくてもこわいかもしれないです。
 それに、恐怖のツボがいたって直球なので、ほんとうにこわくておもしろいものを観たい!! という欲求に素直に応じてくれる作品でもあります。

 「壁の中~」 でも近親相姦が隠し味になってましたが、こちらもチラッとほのめかす程度になんとなく。キチガイ一家というと、近親相姦タブーってつきものなんですかね? 気持ち悪い話ですが。

 シリアスな映画なんですけど、音楽の使い方がユニーク、ストーリー展開もすこし変わっているかもしれません。リドリー監督の「Heartless」(2009)とまではいきませんが、ここ最近観たホラーのなかでは非常にユニークな作品です。

 最後に最後に、正直に書いてしまいますがー、
こういうレベルのホラー映画を観たいんですよーー、わたしは!!!











どうですー、
こんなイケメンがあんなことやこんなこと、
とにかくたいへんなことにっっっ!!!







心に傷をかかえた
ブレントと、
恋人のミア。








そのころ、
振られちゃった
ローラちゃんは…








ハーイ、
キチガイハウス
にようこそ~









おびえる姿がまた、
カワイイ…!!






パパもそうとう
ヤバイです。
顔、こぇーよ!







PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
気になる未公開ものホラーを検索すると、よくこちらたどり着きます。幅広く観てらっしゃる。
オーストラリアの映画多いですね~うらやましい。
私はメルボルンに住んでいたことがあるんですけど、未だにオージーイングリッシュがわからないんですよね。恥ずかしいことに。
オーストラリア映画は興味があっても台詞が聞き取れなくて途中挫折しちゃうことも多いんです。

ところで、私のブログにリンクさせていただいてもいいですか?
もしご迷惑でしたらおっしゃってください。
Koo URL 2011/03/03(Thu)16:35:24 編集
Kooさん♪
さっそくブログを拝見させていただいたのですが、Kooさん~、すごすぎます!!!
レビュー内容の濃密さもさることながら、とりあげる作品も一般的にはほとんど知られていない、しかしレベルの高そうな作品ばかり…
夢中になって読んでしまいました。どの映画も、興味をそそられるものばかりです。
旅行もお好きなんですね。フィンランドなんて、いったこともないし、どんなところなのか想像もつきません!
うらやましいかぎりです…
わたしのなんちゃってレビューはじつに恥ずかしいものですが、よろしければ、こちらもリンクさせていただきます♪
あと、Kooさんのレビュー、これからおおいに参考にさせていただきますね!!
ななみ 2011/03/04(Fri)00:00:52 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
(いちおう)プロフィールです
HN:
ななみといいます
性別:
女性
自己紹介:

 独断と偏見で、ホラー関係(広い意味でのホラーですので、SFやファンタジーなんかもやってます)のレビューを書いてます。コメント大歓迎です。新情報や、こんなのもあるよ!って情報などなど、寄せてくれるとありがたいです。

〈好きかも♪〉
 おにぎり、猫たん、ジャック・ホワイト、ブクオフ、固いパン、高いところ、広いところ、すっげー大きな建造物、ダムとか工場とか、毛玉とり、いい匂い…

〈苦手かも…〉
 かます、説明書、道案内、カマドウマ、狭いところ、壁がすんごい目の前とか、渋滞、数字の暗記、人ごみを横切る、魚の三枚おろし…
ねこじかんです

ホームページ制作浮気調査ホームページ制作会社 東京浮気調査ホームページ制作 千葉ホームページ制作ブログパーツ 動物

最新CM

[03/28 PatlealaRag]
[02/29 あぐもん]
[02/29 あぐまn]
[01/11 わかりません]
[01/01 クロケット]
[10/23 ナマニク]
[10/23 ナマニク]
[10/20 nasu]
[10/17 奈良の亀母]
[10/16 ななみ]
気になる新作!

*A Lonely Place to Die

*Super 8

*Insidious

*The Woman

*Rammbock

*Season of the Wich

*Red Rising

*The Violent Kind

*Red White & Blue

*11-11-11

*The Feed

*Nang Phee

*Scream of the Banshee

*Dylan Dog: Dead of the Night

*Misteri Hantu Selular

*The Silent House

*Who Are You

*I Didn't Come Here to Die

*Famine

*I'm not Jesus Mommy

*Monster Brawl

*Some Guy Who kills People

*Falling Skies

*The Wicker Tree

*Hisss

*ChromSkull: Laid to RestⅡ

*Father's Day

*Drive Angry

*Fertile Ground

*Wake Wood

*Mientras Duermes

*Hobo with a Shotgun

*Atrocious

*KaraK

*Penunggu Istana

*Borre

*The Broken Imago

*Madison Country

*Viy

*Jenglot Pantai Selatan/Beach Creature

*Urban Explorer

*Los Infectados

*Isolation

*2002 Unborn Child

*The Pack

*El Incidente

*Rat Scratch Fever

*4bia
最新記事

(10/16)
(10/11)
(10/07)
(10/04)
(10/01)
(09/30)
(09/29)
(07/17)
(06/29)
(06/19)
ブログ内検索

みなさまの足跡
アクセス解析
バーコード
忍者ブログ [PR]

Graphics by Lame Tea / designed by 26℃