忍者ブログ
個人的にグッときたホラー映画(べつの意味でグッときたホラー映画も)なんかや、 小説のレビューなどをポツポツと…
[487]  [486]  [485]  [484]  [483]  [482]  [481]  [480]  [479]  [478]  [477
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

   Damned By Dawn



(2009)オーストラリア
出演…レネー・ウィルナー
タリン・エヴァ
ダニー・アルダー
監督…ブレット・アンステイ
★★☆


〔ストーリー〕
 恋人のポールを連れて、実家に里帰りするクレア。広大な敷地にぽつんと建つその館に待っていたのは、父、身体が弱くて病気がちの母、妹弟たちと、予期せぬ嵐。テレビはノイズだらけで、奇妙な音声が混じっているような気がする。町まで買い出しに出かけたポール、クレアは母の面倒を見ていると… 彼女の言動が急におかしくなり? その夜、不気味な叫び声が荒野に響きわたった!!


 なんだか不思議な雰囲気のホラーです。
 ホラー… で、いいのかな??
演出は派手なんですけど、物語的にあんまり現代っぽくないところがホラーっぽくないです(笑)。おんなじオージー・ホラーでも、すこしまえに観た「The Loved Ones」(2009)はサイコーにおもしろかったんですけどね。

 けっこうトレイラーから飛ばしているので、(一部サム・ライミみたいだという感想あり)、てっきりわたしも、それ系の映画なのかなー、なんて、思ってたんですけど。。。

 オープニングから、古~っっ!! って感じのゴシック・ホラーです。ゴシックといっても、思いっきり泥臭いほうのね! それも、昔話タイプのね! 古しきゆかしき恐怖譚(ブラックバーンとか、アルジャノンとか)好きな方なら、それなりに楽しめるかと。
ストーリーのほうも、わかったようでよくわからんお話なのですよ。

 ヒロインのクレア(レネー・ウィルナー)は、恋人のポール(ダニー・アルダー)を連れて実家に帰ります。そこは田舎もド田舎、広い敷地に大きなお屋敷がぽつーんと建ってるだけで、お隣さんに会いにいくには車で数十分はかかるといったところ。父親は元気なのですが、母親のほうは病気がち。妹のジェンに弟(…だったかな? あんましおぼえてません、すいません!!)のビルもいます。とりあえず、母のことが心配で彼女に会いにきたんですね。

 恋人を紹介すると、喜ぶ母。食事を作って話し相手をしていると、彼女の言動が急におかしくなります。歌う女がどうとか、宿命がどうとか。その夜は嵐が近づいていて、テレビも映りません。町まで買い物に出かけたポールは、帰り道に奇妙な人影を目撃します。
 そして、その夜。風音にまじって、おそろしい女の悲鳴が聞こえてきたのですが??!!

 オープニングがこんな感じです。
この叫ぶ女、ようするに〇〇なんですけど、そうと知らずにビビったあまり、クレアがバルコニーから突き飛ばしちゃう。おなじころ、悲鳴の主をさがそうと荒野を歩きまわっていた(役立たずの)男3人は、不気味な穴を発見して…??

 うーんと、けっこう派手な演出で攻めてるんですけどね。いかんせん、内容がやっぱり古いです(笑ごめんちゃい)。この後、〇〇が出てきたり、〇〇の集団に襲われたりと、けっこう見どころはあります。でも、しょせんこけ脅しなんですよー。まあ、なんにもない平原に、〇〇がぽかーんと浮かんでいるところなんか、原始的な恐怖をあおる不思議なシーンでもありますが。

 派手派手で攻めてるわりには、ストーリーと演出が噛みあっていないというか、妙なズレ感(?)があります。そのため、どうも乗りきれない。やっぱりこれは、ホラーじゃないんですよね~、ファンタジーなんですよね。

 ただ、このよくわかんない空気とか、不思議な雰囲気とかは、見ようによっては不気味でもあります。
 ゴシック・ホラーで攻めるんだったら、すくなくとも現代的なアレンジとか展開がないと、ちょっと苦しい。あと、ゴア描写も手ぬるいです。こんだけ派手な演出にしたんだから、もっと思いっきりやんなきゃダメー!!

 勝手なことばかり書きまして、あいすみません。でも、オージー・ホラーって、わたしは「Undead」「アンデッド」2003)の印象がやたら強いんですよ。よって、〇〇の浮遊集団は、ぜったいその影響をうけていると思われます。
深夜にボーっと観るぶんには、ままこわいのかな?















風音かと思ったら、
ほんとに女が叫んでた!!














ヒロインのクレア。







…このとおり、
演出は派手なんです
けどねー。







あ、こんなのも
出てきます。
シンドバッドの冒険?









…こればっかだな!
とりあえず、
こわいオバチャン~






PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
<< Road Train  | HOME |  The Ghost Writer >>
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
(いちおう)プロフィールです
HN:
ななみといいます
性別:
女性
自己紹介:

 独断と偏見で、ホラー関係(広い意味でのホラーですので、SFやファンタジーなんかもやってます)のレビューを書いてます。コメント大歓迎です。新情報や、こんなのもあるよ!って情報などなど、寄せてくれるとありがたいです。

〈好きかも♪〉
 おにぎり、猫たん、ジャック・ホワイト、ブクオフ、固いパン、高いところ、広いところ、すっげー大きな建造物、ダムとか工場とか、毛玉とり、いい匂い…

〈苦手かも…〉
 かます、説明書、道案内、カマドウマ、狭いところ、壁がすんごい目の前とか、渋滞、数字の暗記、人ごみを横切る、魚の三枚おろし…
ねこじかんです

ホームページ制作浮気調査ホームページ制作会社 東京浮気調査ホームページ制作 千葉ホームページ制作ブログパーツ 動物

最新CM

[03/28 PatlealaRag]
[02/29 あぐもん]
[02/29 あぐまn]
[01/11 わかりません]
[01/01 クロケット]
[10/23 ナマニク]
[10/23 ナマニク]
[10/20 nasu]
[10/17 奈良の亀母]
[10/16 ななみ]
気になる新作!

*A Lonely Place to Die

*Super 8

*Insidious

*The Woman

*Rammbock

*Season of the Wich

*Red Rising

*The Violent Kind

*Red White & Blue

*11-11-11

*The Feed

*Nang Phee

*Scream of the Banshee

*Dylan Dog: Dead of the Night

*Misteri Hantu Selular

*The Silent House

*Who Are You

*I Didn't Come Here to Die

*Famine

*I'm not Jesus Mommy

*Monster Brawl

*Some Guy Who kills People

*Falling Skies

*The Wicker Tree

*Hisss

*ChromSkull: Laid to RestⅡ

*Father's Day

*Drive Angry

*Fertile Ground

*Wake Wood

*Mientras Duermes

*Hobo with a Shotgun

*Atrocious

*KaraK

*Penunggu Istana

*Borre

*The Broken Imago

*Madison Country

*Viy

*Jenglot Pantai Selatan/Beach Creature

*Urban Explorer

*Los Infectados

*Isolation

*2002 Unborn Child

*The Pack

*El Incidente

*Rat Scratch Fever

*4bia
最新記事

(10/16)
(10/11)
(10/07)
(10/04)
(10/01)
(09/30)
(09/29)
(07/17)
(06/29)
(06/19)
ブログ内検索

みなさまの足跡
アクセス解析
バーコード
忍者ブログ [PR]

Graphics by Lame Tea / designed by 26℃