忍者ブログ
個人的にグッときたホラー映画(べつの意味でグッときたホラー映画も)なんかや、 小説のレビューなどをポツポツと…
[444]  [443]  [442]  [441]  [440]  [439]  [438]  [437]  [436]  [435]  [434
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

   The Final



(2010)アメリカ
出演…マーク・ドナト
リンゼイ・セイデル
ジャスティン・アーノルド
監督…ジョーイ・スチュワート
★★★

〔ストーリー〕
 高校を卒業間近のエミリーは、友人がいなくていじめられっこ。いつもカーティスやブリジットらにからかわれていた。おなじように、デーンやアンディらおとなしい少年たちも、ブラッドリーをはじめとする人気者にいじめられていた。
 エミリーたち排他されるメンバーはつるみあい、いじめっこグループに復讐する計画を練る。チャンスは卒業パーティーをかねた仮装パーティーで、だれにも邪魔されずに報復をするのだ…!!


 今回の〈アフターダーク〉のなかで、いちばん観たかったのがこれ!
ちょ~っとばかし想像していたのとちがったんですけど、わりかしおもしろかったです。

 監督さんのジョーイ・スチュワートは、いろんなインデペンデス系映画にかかわってきた方らしいです。で、今回がやっとデビュー作。ほかのラインナップ作品とくらべると、元気があるほうなんですかね?

 エミリー(リンゼイ・セイデル)は地味ないじめられっこ。毎日のように、同級生のカーティスやブリジット、へザーの3人組にいじめられています。おなじように、やっぱり地味めでおとなしい、アンディ(トラヴィス・テッドフォード)やデーン(マーク・ドナト)や、彼の仲間たち。仲間といっても、いじめられっこ同士で自然とグループ形成するようになった、そんな感じです。彼らをいじめてるのは、カーティスたちとも仲のいい、乱暴者のフットボールのヒーロー、ブラッドリー(ジャスティン・アーノルド)。

 もうすぐ卒業間近なのですが、エミリーたちには夢も希望もない。いじめも一応、その原因になってるのですが、そもそも彼ら自身にそれぞれ問題があるようですね~…
 家庭内にいざこざがあったり、コミュニケーションがうまくいかなかったりと、どんどん悲観的になっちゃう。んで、ついに我慢の限界まできたとき! いじめっこたちに、キッツーいお仕置きをしてやろうと決意するのです。

 このお仕置きなんですが、こっちの痛みを思い知らせてやる、いままでの報復をしてやる! という意味なので、けして殺したりはしません。ただ、今後の彼らの人生でとりかえしのつかない、かなりえげつない復讐法になっております。

 高校生の閉塞感とか、自己実存できない欲求不満とか、ちょっとうまい具合に描かれてるんですけど、これははっきり好き嫌いがわかれそうな映画でしょうか~

 だって、復讐リーダーとなるデーンに、「ああ、たしかにおれはモンスター。でも、おまえらがつくったんだよ」といわせるところなんか、イマドキの犯罪者ぽいんですもん。自己中すぎるし。で、とりかえしのつかないことに至る経緯として、ほんとにそんなひどい苦痛を味わってきたのか? このあたりにも、中途半端に疑問が残ります。たまにちがった方向にもいっちゃうし。かといって、ユーモアもないんですよー。わたしはもうすこし、肩の力をぬける部分があってもいいかなと思いましたけど…

 前半は低脳ないじめっこたちにムカ入って、後半から犯罪者に変貌したいじめられっこたちに共感もできず… うーん、といっても、そんなに緊張感もないし、殺伐とした暴力性もない。これ、いったいどういう感じで観たらいいんだろう? とか、ずいぶん悩んじゃいましたよ。

 ですが、高校生たちがいっぱい出てきて、残酷なシーンもたくさんあるので、それなりになかなかおもしろいです。こういうのが許容範囲に入るかどうかで、作品の評価も決まると思います。
 なんだか感触的にもよくわかんなかったのでー、いまのところ保留にしといて、監督さんの真価が決まるのは、2作目以降からになりますかね??














笑ってられるのもいまのうちー!!生意気ないじめっこ軍団。









ガスマスクをかぶった
デーン。







エミリーは復讐の
機会をうかがい…








あ~らら、
痛そうですねー、
これはかわいそう!!









さ~て、
どんなふうに
お仕置きしよっかな、
フン、フン…







PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
(いちおう)プロフィールです
HN:
ななみといいます
性別:
女性
自己紹介:

 独断と偏見で、ホラー関係(広い意味でのホラーですので、SFやファンタジーなんかもやってます)のレビューを書いてます。コメント大歓迎です。新情報や、こんなのもあるよ!って情報などなど、寄せてくれるとありがたいです。

〈好きかも♪〉
 おにぎり、猫たん、ジャック・ホワイト、ブクオフ、固いパン、高いところ、広いところ、すっげー大きな建造物、ダムとか工場とか、毛玉とり、いい匂い…

〈苦手かも…〉
 かます、説明書、道案内、カマドウマ、狭いところ、壁がすんごい目の前とか、渋滞、数字の暗記、人ごみを横切る、魚の三枚おろし…
ねこじかんです

ホームページ制作浮気調査ホームページ制作会社 東京浮気調査ホームページ制作 千葉ホームページ制作ブログパーツ 動物

最新CM

[03/28 PatlealaRag]
[02/29 あぐもん]
[02/29 あぐまn]
[01/11 わかりません]
[01/01 クロケット]
[10/23 ナマニク]
[10/23 ナマニク]
[10/20 nasu]
[10/17 奈良の亀母]
[10/16 ななみ]
気になる新作!

*A Lonely Place to Die

*Super 8

*Insidious

*The Woman

*Rammbock

*Season of the Wich

*Red Rising

*The Violent Kind

*Red White & Blue

*11-11-11

*The Feed

*Nang Phee

*Scream of the Banshee

*Dylan Dog: Dead of the Night

*Misteri Hantu Selular

*The Silent House

*Who Are You

*I Didn't Come Here to Die

*Famine

*I'm not Jesus Mommy

*Monster Brawl

*Some Guy Who kills People

*Falling Skies

*The Wicker Tree

*Hisss

*ChromSkull: Laid to RestⅡ

*Father's Day

*Drive Angry

*Fertile Ground

*Wake Wood

*Mientras Duermes

*Hobo with a Shotgun

*Atrocious

*KaraK

*Penunggu Istana

*Borre

*The Broken Imago

*Madison Country

*Viy

*Jenglot Pantai Selatan/Beach Creature

*Urban Explorer

*Los Infectados

*Isolation

*2002 Unborn Child

*The Pack

*El Incidente

*Rat Scratch Fever

*4bia
最新記事

(10/16)
(10/11)
(10/07)
(10/04)
(10/01)
(09/30)
(09/29)
(07/17)
(06/29)
(06/19)
ブログ内検索

みなさまの足跡
アクセス解析
バーコード
忍者ブログ [PR]

Graphics by Lame Tea / designed by 26℃