忍者ブログ
個人的にグッときたホラー映画(べつの意味でグッときたホラー映画も)なんかや、 小説のレビューなどをポツポツと…
[446]  [445]  [444]  [443]  [442]  [441]  [440]  [439]  [438]  [437]  [436
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

   Stag Night



(2008)アメリカ
出演…キップ・パルドュー
ヴァネッサ・ショウ
ブレッキン・マイヤー
監督…ピーター・A・ドウリング
★★★


〔ストーリー〕
 クラブからの帰り道。マイクは友人のトニー、カール、ジョーといっしょに、最終の地下鉄に飛びこむ。偶然居合わせたのは、クラブで見かけたクレアとブライタのふたり組。ジョーとクレアはいい雰囲気になり、トニーもブライタいちょっかいを出そうとする。読書を中断されたブライタは怒り、痴漢撃退スプレーを噴射するトラブルに。あわてて仲裁しようとして、ちょうど列車が赤信号で使われなくなった駅に停まった。頭を冷やすためにおりたところ、列車は5人を残して走り去ってしまう。途方に暮れた彼らは、つぎの駅まで歩こうと線路づたいに進むのだが…


 これはイイ!!
ホラー黄金期の80年代テイストなノリが楽しい、厳密にはスリラーでいいのでしょうか。さほど期待しないで観たぶん、新鮮な驚きなどがあっておもしろかったです。

 まずですね、アイデアがよいのですよ。
 NYの地下鉄なんて、たぶん使われなくなった廃線やトンネル、地下道や下水道なんてのがたくさんあるんだと思います。じっさいに東京の地下も、迷路になっていたりして。その巨大な地下迷路に、世間の法則も常識も逃れて、おっかなーいひとたちがひそんでいたら…!! そんな、事実どこかにありそうなお話のホラー・スリラー。この監督さんはなかなかよかったので、チェックしといてもいいかもしれません。

 物語は、マイク(キップ・パルドュー)が友人のトニー(ブレッキン・マイヤー)、カール(スコット・アドキンス)、ジョー(カール・ゲアリー)と最終の地下鉄に飛びこむところからはじまります。その列車には偶然、さっきまでおなじクラブにいたクレア(レイチェル・オリヴァ)とブライタ(ヴァネッサ・ショウ)の美女ふたり。

 男どもは当然盛りあがって、クレアたちに話しかけます。クレアはジョーと意気投合した様子。いっぽうブライタは、しつこくからかうトニーにブチ切れしてしまい、痴漢撃退スプレーを噴射しちゃいます。(←わたしもこれ、ほしいよう!)

 仰天したマイクたち、あわてて仲裁に入る、といいますか、トニーを助けに入ります。そこで偶然列車が赤信号で停まり、いまでは使われなくなった駅が目の前に。思わず外に飛びだすブライタ。つづいてクレア、マイクたちも列車を降りてしまいます。すこし外の空気を吸って、頭を冷やすだけだったのに… 車掌は彼らに気づかずドアをしめてしまい、そのまま発進してしまいます。

 古い駅に取り残されてしまった5人。仕方なくふたつのグループにわかれて、マイクとブライタたちはつぎの駅を目指して歩きはじめるのですが…

 ここで、地下に住みついたバケモンのような浮浪者たちに襲われちゃうという、なかなかリアルな設定です。この浮浪者グループ、見た目はそんなにこわくありません。汚い格好に長髪で、「ガオー!!」って襲いかかってくるだけ。で、なにがそんなにこわいのかというと?被害者の視点のキッチリぶれない姿勢が、たまらなくスリルを生みだすんですねー。

 地下鉄という場所を利用して、一風変わった切り株もあったりして、その方面もたいへん満足できる内容となっています。浮浪者グループの武器もいろいろあって楽しいですよ。あんまり書くとなんですけど、わたしは最初の犠牲者が死んじゃった… と思ったら、まだ生きてた!ってシーンで、ガツンときちゃいました。このとき、彼の正面には物陰に隠れた仲間たちがいるんですよ。で、完全に目があっちゃう… う~ひ~、こういうリアルさが、わたしは大好きなんです! この監督さん、かなりセンスがあると見ました!!

 登場人物たちも、最初は垢抜けないのですが、物語が進むにつれて個性を発揮していきます。というよりも、見せ場を与えられて大活躍していきます! ベタなノリなんですけどね。ベタベタな演出も大好き! だから、感情移入もしやすく、キャラが死んじゃうたびにどひ~っとなっちゃいます。

 で、これだけおもしろいのに、なぜか世間一般的な評価は低かったり? その理由もなんとなくわかっちゃったり。画面が暗すぎることにくわえて、へんにカメラがブレまくってるんですよ。そこへ、やたらとコマの早いシーンがきたりすると、も~う、なにがなにがなんだかなんだか!!
 
 惜しいな~、非常ーーっに惜しい!

 ですが、じゅうぶんハラハラドキドキできる快作です。オススメ!!
『オフスプリング』の映画化作品なんかより、こっちのほうがずーっとこわくてスリル満点だったりして!









主人公のマイク。
ん?
人の気配がする…?







カールとブライタ。
カールはじつは、
すごくいいやつ。





トニー。
いいかげんそうに
見えて、
トニーもじつは、
めちゃいいやつ!!






すぐそこに光が
見えるのに…
だれも気づいて
くれない~!!





そこのころ、
クレアとジョーは…
暖なんかとってる
場合じゃないですよ!!







PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
(いちおう)プロフィールです
HN:
ななみといいます
性別:
女性
自己紹介:

 独断と偏見で、ホラー関係(広い意味でのホラーですので、SFやファンタジーなんかもやってます)のレビューを書いてます。コメント大歓迎です。新情報や、こんなのもあるよ!って情報などなど、寄せてくれるとありがたいです。

〈好きかも♪〉
 おにぎり、猫たん、ジャック・ホワイト、ブクオフ、固いパン、高いところ、広いところ、すっげー大きな建造物、ダムとか工場とか、毛玉とり、いい匂い…

〈苦手かも…〉
 かます、説明書、道案内、カマドウマ、狭いところ、壁がすんごい目の前とか、渋滞、数字の暗記、人ごみを横切る、魚の三枚おろし…
ねこじかんです

ホームページ制作浮気調査ホームページ制作会社 東京浮気調査ホームページ制作 千葉ホームページ制作ブログパーツ 動物

最新CM

[03/28 PatlealaRag]
[02/29 あぐもん]
[02/29 あぐまn]
[01/11 わかりません]
[01/01 クロケット]
[10/23 ナマニク]
[10/23 ナマニク]
[10/20 nasu]
[10/17 奈良の亀母]
[10/16 ななみ]
気になる新作!

*A Lonely Place to Die

*Super 8

*Insidious

*The Woman

*Rammbock

*Season of the Wich

*Red Rising

*The Violent Kind

*Red White & Blue

*11-11-11

*The Feed

*Nang Phee

*Scream of the Banshee

*Dylan Dog: Dead of the Night

*Misteri Hantu Selular

*The Silent House

*Who Are You

*I Didn't Come Here to Die

*Famine

*I'm not Jesus Mommy

*Monster Brawl

*Some Guy Who kills People

*Falling Skies

*The Wicker Tree

*Hisss

*ChromSkull: Laid to RestⅡ

*Father's Day

*Drive Angry

*Fertile Ground

*Wake Wood

*Mientras Duermes

*Hobo with a Shotgun

*Atrocious

*KaraK

*Penunggu Istana

*Borre

*The Broken Imago

*Madison Country

*Viy

*Jenglot Pantai Selatan/Beach Creature

*Urban Explorer

*Los Infectados

*Isolation

*2002 Unborn Child

*The Pack

*El Incidente

*Rat Scratch Fever

*4bia
最新記事

(10/16)
(10/11)
(10/07)
(10/04)
(10/01)
(09/30)
(09/29)
(07/17)
(06/29)
(06/19)
ブログ内検索

みなさまの足跡
アクセス解析
バーコード
忍者ブログ [PR]

Graphics by Lame Tea / designed by 26℃