忍者ブログ
個人的にグッときたホラー映画(べつの意味でグッときたホラー映画も)なんかや、 小説のレビューなどをポツポツと…
[421]  [420]  [419]  [418]  [417]  [416]  [415]  [414]  [413]  [411]  [410
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    The Box



(2009)アメリカ
出演…キャメロン・ディアス
ジェームズ・マースデン
フランク・ランジェラ
監督…リチャード・ケリー
★★★


〔ストーリー〕
 1976年、ヴァージニア。高校教師のノーマ、NASAの技術者のアーサーは、ひとり息子のウォルターと平和に暮らしていた。ある早朝、玄関チャイムを鳴らす音が。ノーマがしぶしぶ出てみると、走り去る黒のキャデラックと玄関前に置かれた箱を発見する。箱の中身は、中央に赤いスイッチがそなえつけられた、これまた木箱。なんだろう? 配達する家をまちがえたんだろうか?
 翌日、箱に入っていた手紙の送り主とおぼしき、顔の一部が欠けた男・スチュワートがやってくる。彼がいうには、これから24時間以内にスイッチを押せば、百万ドル進呈するという。しかし、その代わりに…


 「Donnie Darko」「ドニー・ダーコ」2001)のリチャード・ケリーの最新作~
原作は、リチャード・マシスンが脚本を書いた〈新トワイライトゾーン〉「欲望のボタン」。余談ですが、コーミアの 『フェイド』 は彼が監督することになりそうですね。

 えっと、あの、その、今回はずばり正直に感想からいいましょう!
期待しすぎた~~

 マシスンのドラマは未見なので、くらべることはできないのですが、内容はまったくちがう感じになっているようです。だって、もとは短編、こちらは例によって例のごとく、やたらと長いドラマになってますもん。ケリー監督は、「ドニー・ダーコ」 のときもそうだったのですが、好ききらいがはっきりわかれる監督さん。好きな方は、複雑な伏線の張り方、ナゾだらけのファンタジーという雰囲気が、たまらないかと。つまらないと感じてしまうひとは、「えー、そんだけの内容を、なぜここまでひっぱる?」 といったことになっちゃうんでしょうか。

 ちなみにわたしは、「ドニー・ダーコ」 は好きです。複雑な展開、ちょっと気持ち悪い(?)不可解さみたいなのが、十代の少年の心境とぴったりマッチしてました。
で、この作品もやっぱりおんなじように、不安定で不安で、複雑なナゾだらけ。

 ノーマ(キャメロン・ディアス)は高校教師。夫のアーサー(ジェームス・マースデン)は、NASAの研究員です。この、“NASAの研究員” というだけでも違和感アリアリなんですけど、いちばん違和感アリアリだったのは、ふたりが夫婦だということ~!

 オープニング、おなじベッドで寝てるシーンからはじまるんですが、ちがう意味でドキッとしちゃいましたよ。だって、どう見ても 「おねいさんとその弟」 にしか見えないんですもん! でなければ、どう見ても 「大女優さんとマネージャー」… (ファンの方がいたらごめんなさいね~)
 あきらかにキャスティング・ミスかと思われます。が、まあ、結末に近づくと、それほど違和感は感じなくなってきます。といいますか、見なれてきます!

 舞台が70年代だし、物語も70年代テイスト。ショートショートの枠組みに、いろんなナゾやドラマや神秘性をふくませて、それなりにひとつの長編として成立してはいるんですけど…
 
 ううーん、まず、内容がしごく単純すぎですよね。
ここにひとつの箱がありまして、箱の上にはボタンがあります。このボタンを押せば、一億円進呈しちゃいまーす!! ただし、どっかでひとり、だれかが死んじゃうんだけどねえ~

 全体的に不穏で不思議で、70年代のアメリカをファンタジックに描いているんですけど、今回はどーも、わざと観客を混乱させるために、いろんな不思議を絡めてきた! そんな印象を持っちゃいました… おかしいですねー? わりと好きな監督さんだったんですけど…

 評判のほうもずばり二極してまして、お好きな方は大絶賛、うけつけない方は、「え、たったそんだけ?」ってなことになっちゃってますが。
わたしはいまのところ、中立の立場にしておきます。
 マシスン原作ということで、期待しすぎてしまったんですかね? でも、いまさらこのオチは古いような気もしますが… というのは、気のせいでしょうかね、たぶん気のせいです!!

 なんだか、いい意味でも悪い意味でもハリウッド映画でした。わたしはゴリ押しな結末がどうしても苦手なので、「Knowing」「ノウイング」2009)とおなじ評価になっちゃいました~
 さて、みなさんの評価はいかに?

 









このボタン押すと、一億円
もらえるんだと!
(わたしなら速攻押す!)








キャメロン・ディアス、
すごく美人なんですけど、
夫婦という設定は…
姉さん女房ならいいか!









見るからにヤヴァイお顔の
オジサン。
(フランク・ランジェラ)









夫婦の決断が、この後思い
もしない展開に…??









ファンの方のためにもう
一枚。
今回は、ステキな笑顔は
封印されちゃってます。








PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
映像化作品は未見ですが、原作本が出たので
買いました。マシスン様の奇妙な味の短編が
大好きなんです。でもミステリーゾーンタイプの
短編を映像化すると、プロットの巧みさや語り口の
上手さの魅力が半減してしまう事も・・・。
ディアス姐のアメリカーンな笑顔には合わなかった
かもしれません。
「私なら即効押す!」と自分も思っていましたが、
原作を読んだ後は「止めとく」になりました。
奈良の亀母 2010/03/28(Sun)23:00:48 編集
ボタン、ボタン
>亀母さん
もう原作をお読みになったんですか、
亀母さん、ほんとにお早いですねー!!
原作では、すごく短いお話なんですよね。ちょっと無理がありすぎるかな?という、尺の伸ばし方でした。
でも、あれはちょっと、フェアではない気が~
だって、あんなおもちゃみたいなボタンを渡されて、これではい、ひとり死にますよといわれても、信じられませんもん!!
原作ではどうなっているのか知りませんが、見た目はまんま、ドラえもんの独裁者スイッチ(…でしたっけ?)みたいでした。オチももうすこし、ひねりがほしかったところです。微妙な?ファンタジーでした。
ななみ 2010/03/29(Mon)22:29:13 編集
無題
映画化に伴い、大御所作家様のアンソロジーが
出版されるのは有難いんですが、既読の作品ばかりだと、がっかりします。
ディックの「アジャストメント」発売されましたが、初訳
は一編だけでした。他は有名どころばかりでファンなら読んだことのあるお話ばっかり・・・。がっかりです。
奈良の亀母 2011/04/23(Sat)14:10:36 編集
やはり不景気の影響が…
>亀母さん
ディックの短編集はたくさん出ていますからね!
アンソロジーとか、新刊が出るのはうれしいんですけど、すでに組まれてる内容ばっかりだったりすると、アチャー、これまたがっかりなことないですね。
出版事情もあるんでしょうか?新しい作家さんも、以前ほど紹介されなくなりました…
いつか、必ず!!って予告されてた作家さんでさえ、パッタリなんです…はあ、さみしいです。
(原本を読むほど語学力のないわたくし)
ななみ 2011/04/24(Sun)22:40:57 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
<< Bajo la sal  | HOME |  Moon >>
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
(いちおう)プロフィールです
HN:
ななみといいます
性別:
女性
自己紹介:

 独断と偏見で、ホラー関係(広い意味でのホラーですので、SFやファンタジーなんかもやってます)のレビューを書いてます。コメント大歓迎です。新情報や、こんなのもあるよ!って情報などなど、寄せてくれるとありがたいです。

〈好きかも♪〉
 おにぎり、猫たん、ジャック・ホワイト、ブクオフ、固いパン、高いところ、広いところ、すっげー大きな建造物、ダムとか工場とか、毛玉とり、いい匂い…

〈苦手かも…〉
 かます、説明書、道案内、カマドウマ、狭いところ、壁がすんごい目の前とか、渋滞、数字の暗記、人ごみを横切る、魚の三枚おろし…
ねこじかんです

ホームページ制作浮気調査ホームページ制作会社 東京浮気調査ホームページ制作 千葉ホームページ制作ブログパーツ 動物

最新CM

[03/28 PatlealaRag]
[02/29 あぐもん]
[02/29 あぐまn]
[01/11 わかりません]
[01/01 クロケット]
[10/23 ナマニク]
[10/23 ナマニク]
[10/20 nasu]
[10/17 奈良の亀母]
[10/16 ななみ]
気になる新作!

*A Lonely Place to Die

*Super 8

*Insidious

*The Woman

*Rammbock

*Season of the Wich

*Red Rising

*The Violent Kind

*Red White & Blue

*11-11-11

*The Feed

*Nang Phee

*Scream of the Banshee

*Dylan Dog: Dead of the Night

*Misteri Hantu Selular

*The Silent House

*Who Are You

*I Didn't Come Here to Die

*Famine

*I'm not Jesus Mommy

*Monster Brawl

*Some Guy Who kills People

*Falling Skies

*The Wicker Tree

*Hisss

*ChromSkull: Laid to RestⅡ

*Father's Day

*Drive Angry

*Fertile Ground

*Wake Wood

*Mientras Duermes

*Hobo with a Shotgun

*Atrocious

*KaraK

*Penunggu Istana

*Borre

*The Broken Imago

*Madison Country

*Viy

*Jenglot Pantai Selatan/Beach Creature

*Urban Explorer

*Los Infectados

*Isolation

*2002 Unborn Child

*The Pack

*El Incidente

*Rat Scratch Fever

*4bia
最新記事

(10/16)
(10/11)
(10/07)
(10/04)
(10/01)
(09/30)
(09/29)
(07/17)
(06/29)
(06/19)
ブログ内検索

みなさまの足跡
アクセス解析
バーコード
忍者ブログ [PR]

Graphics by Lame Tea / designed by 26℃