忍者ブログ
個人的にグッときたホラー映画(べつの意味でグッときたホラー映画も)なんかや、 小説のレビューなどをポツポツと…
[450]  [449]  [448]  [447]  [446]  [445]  [444]  [443]  [442]  [441]  [440
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

   Jue ming pai dui



(2009)台湾
出演…ブライアント・チャン
クリスチャン・ブロディ
ヴィヴィ・ホー
監督…ケヴィン・コー
★★★


〔ストーリー〕
 運転手として働く青年。ある日ボスの帰りを待っていると、夢のような美女と遭遇する。美女は彼がなにげなく読んでいた雑誌の表紙を飾る、ファッションモデルだった。彼女とボスがつきあっていることを知って、ショックをうける青年… 彼らと自分とでは、住む世界がちがうのだろうか? 偶然ボスの車からパーティーの招待状を発見した彼は、くすねてしまう。そしてその夜、めかしこんでパーティー会場へとむかうのだが…


 台湾初の本格スラッシャーと話題のようです。えーと、英語だと「Invitation Only」というタイトルになってます。

 じつはこの作品、日本人の女優さんが出演してらっしゃるんですよ、観ててびっくりしました。女優さんといいましても、あっち関係の女優さんらしいのですが、すごい美人さんなんでこれまたびっくり。小澤マリアさん。男性の方ならご存知ではないですかね? なんか、中国とかインドネシアあたりでは、知名度ナンバーワンの絶大な人気のある美女なんだそうです。

 キャラクターの名前をすっかり忘れてしまいまして、Imdbにも載ってないんで、こんな曖昧なストーリー説明になってしまいましたが…
 これもなかなかおもしろかったですー、初の本格スラッシャーという名に恥じない、力の入った作品になってました。

 主人公の青年(ブライアント・チャン)は、ボス(クリスチャン・ブロディ)の運転手。ハイソな世界に憧れて、ファッション雑誌や車の雑誌で夢を見る日々。ある日、ビルの前でボスを待っていると… 道のむこうから、信じられない美人(小澤マリア)がやってくるではありませんか~、ワオ!
 美人はチャンが偶然手にしていた、ファッション雑誌の表紙とおなじ顔。これまたワーオ! チャンは無邪気な田舎出の青年なので、ひと目で彼女を好きになってしまいます。

 しかし、彼女はすでにボスのお手つきになっていたのです… これまたショックです。
 ボスを自宅まで送る帰り道、彼らと自分とのどうしても埋められない身分差に悩むチャン… 自分のような貧乏人は、あんな美女とつきあうこともできないんだろうか? 偶然ダッシュボードのなかにパーティー招待状のカードを発見した彼は、思いあまってそれをくすねてしまいます。

 その夜、一張羅を着こんでさっそくパーティー会場にむかうチャン。華やかに着飾った美女たちに気おされていると、親しみやすい女の子(ヴィヴィ・ホー)と知りあい、仲よくなります。パーティーも盛りあがり、主催者のヤン社長(ジェリー・ホーング)の計らいで、スポットライトを浴びて紹介までされちゃって… カジノでも大当たり、なんだかいろんなことにツキまくり! 昼間見かけた美女もやってきて、ついに彼らはいい仲に…

 けれども、ハッピーでゴキゲンなのはここまで、じつは彼がこのパーティー会場に招かれたのは、けして偶然ではなかったのです…!!というよーな、アノ系のお話です。

 こんな感じの導入部でして、よくあるお金持ちの娯楽パターンとして、殺人ショーの餌食にされちゃう罠だったと。チャンのほかにも餌食が数人いまして、仲よくなった女の子もそうだし、成功してそうに見えたリッチなオジサンも、リッチなお姉さんも、気取ったお兄さんたちも、じつはみーんな身分を偽っていて、こっそりパーティーに忍びこんだ一般人だったんですねー。

 ありがちなパターンにくわえて、真新しいこともひとつもありませんけど、この映画を撮るにあたって、たぶん製作陣はいろんなスラッシャー映画を研究したんじゃないかな? そんなふうに思えるツボのはまり方がわたし的にはよかったです。たとえば、閉じこめられた倉庫のドアに大きな穴があいてるんですが、鍵がかかっている。これ、どーうしてものぞきたくなるじゃないですか… んで、のぞいちゃうと~、つぎのイヤーな展開も予測できちゃうじゃないですかっ!!

 小澤マリアさんはおっぱい動員なんですけど、ヒロインの女の子もかわいくてよかったです。主人公のチャンくんも、最初は頼りないんですが、どんどん逞しいヒーローになっちゃうくだりもおもしろい。んで、ラストはあの傑作の有名シーンも登場したりと! どの傑作かは書きませんけど、ホラー好きの方ならぜったいチェックしている有名作です。うーん、やっぱりいろんなスラッシャーを参考してますね。

 殺人鬼の正体が最初からわかっているという点では、スリルはすくないですが、勢いがあってよかったです。あと、グロ描写もガンガンがんばっています。台湾スラッシャーってどんなもんかと思ってたんですけど、これはなかなかエグイですよ、やることもけっこう残酷だし。

 ストーリーはじつにシンプル、ひねりもへったくれもありませんが、こういうストレートなホラーもたまにはいいと思います。この作品の出来だと、今後も台湾ホラーを期待していい勢いがありますよ!










スノッブ世界に憧れる
チャン青年。







エキゾチック美女と
再会







ヒロインのヴィヴィも
かわいい







彼らが集められた、
真の理由とは…?








ここから脱出できる
勝算は…?!?!









PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
ななみさん、こんにちはです。
邦画未公開作品を、たくさんご覧になって、羨ましい限りです。
アジア映画は、最近、タイや韓国を見ましたが、少林アクションの印象が強い台湾映画のシンプルなホラーは面白そうで、観たいです。
ていうか、ホントありがちですね^^
茶栗鼠 URL 2010/04/09(Fri)17:38:35 編集
茶栗鼠さん♪
初コメどうもありがとうございます!!
アジアンホラーはわりとおもしろいものが多いですよね。台湾のスラッシャー、めずらしい感じですけど、なかなかよかったです。定石どおりながら楽しませていただきました。
韓国はミステリ系、タイはごちゃごちゃしてるって印象がわたしにはあります。あ、このごちゃごちゃしてるには、もちろんグロも入ってるんですけどね!
ここのところ、ハズレ作品ばかりでレビューが書けないのです。すみません。
こんなお気楽ブログですから、どんどん足跡を残していっちゃってくださいね♪
ななみ 2010/04/10(Sat)20:40:54 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
<< Bad Dreams  | HOME |  Shutter Island >>
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
(いちおう)プロフィールです
HN:
ななみといいます
性別:
女性
自己紹介:

 独断と偏見で、ホラー関係(広い意味でのホラーですので、SFやファンタジーなんかもやってます)のレビューを書いてます。コメント大歓迎です。新情報や、こんなのもあるよ!って情報などなど、寄せてくれるとありがたいです。

〈好きかも♪〉
 おにぎり、猫たん、ジャック・ホワイト、ブクオフ、固いパン、高いところ、広いところ、すっげー大きな建造物、ダムとか工場とか、毛玉とり、いい匂い…

〈苦手かも…〉
 かます、説明書、道案内、カマドウマ、狭いところ、壁がすんごい目の前とか、渋滞、数字の暗記、人ごみを横切る、魚の三枚おろし…
ねこじかんです

ホームページ制作浮気調査ホームページ制作会社 東京浮気調査ホームページ制作 千葉ホームページ制作ブログパーツ 動物

最新CM

[03/28 PatlealaRag]
[02/29 あぐもん]
[02/29 あぐまn]
[01/11 わかりません]
[01/01 クロケット]
[10/23 ナマニク]
[10/23 ナマニク]
[10/20 nasu]
[10/17 奈良の亀母]
[10/16 ななみ]
気になる新作!

*A Lonely Place to Die

*Super 8

*Insidious

*The Woman

*Rammbock

*Season of the Wich

*Red Rising

*The Violent Kind

*Red White & Blue

*11-11-11

*The Feed

*Nang Phee

*Scream of the Banshee

*Dylan Dog: Dead of the Night

*Misteri Hantu Selular

*The Silent House

*Who Are You

*I Didn't Come Here to Die

*Famine

*I'm not Jesus Mommy

*Monster Brawl

*Some Guy Who kills People

*Falling Skies

*The Wicker Tree

*Hisss

*ChromSkull: Laid to RestⅡ

*Father's Day

*Drive Angry

*Fertile Ground

*Wake Wood

*Mientras Duermes

*Hobo with a Shotgun

*Atrocious

*KaraK

*Penunggu Istana

*Borre

*The Broken Imago

*Madison Country

*Viy

*Jenglot Pantai Selatan/Beach Creature

*Urban Explorer

*Los Infectados

*Isolation

*2002 Unborn Child

*The Pack

*El Incidente

*Rat Scratch Fever

*4bia
最新記事

(10/16)
(10/11)
(10/07)
(10/04)
(10/01)
(09/30)
(09/29)
(07/17)
(06/29)
(06/19)
ブログ内検索

みなさまの足跡
アクセス解析
バーコード
忍者ブログ [PR]

Graphics by Lame Tea / designed by 26℃