忍者ブログ
個人的にグッときたホラー映画(べつの意味でグッときたホラー映画も)なんかや、 小説のレビューなどをポツポツと…
[511]  [510]  [509]  [508]  [507]  [506]  [505]  [504]  [503]  [502]  [501
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

  Somos lo que hey



(2010)メキシコ
出演…フランシスコ・ヴァレリオ
ミリアム・バルデラス
アドリアン・アクーレ
監督…ジョージ・マイケル・グラウ
★★★


〔ストーリー〕
 ある日突然街中で、男性が倒れて死んでしまう。彼の死因はどうやら、心臓発作だったらしい。
父親が突然死したと知ったその家族、妻とふたりの息子、娘たち4人は、途方にくれてしまう。なんと、貧しい一家は子供たちを育てるために、人肉に手を出していた!! 食糧を調達する役目だった父が死んでしまった以上、これからは、自分たちでどうにかにしなければならないが…


 メキシコの不思議な人喰い一家ドラマ。
メキシコっていうと… うん、あれだ!!

 タイトルから、ニューロティック・ホラーかなと思ってたんですけど、(英題では、「We are what we are」)、カニバルホラーだったのですね。わりとシリアスなドラマでして、カニバル要素はあんまりないです。そう残酷じゃないから、映画好きな人たちにもうけいれやすそうです。

 お話は、とある男性が街中で突然死しちゃうところからはじまります。彼は、ショーウィンドウのなかのマネキンに心を奪われて… じゃなくて、ショーウィンドウに映った自分自身にショックをうけてたんですね。で、そのまんま、ズキンとなって、倒れて死んじゃう。

 そのころ、スラムな界隈に住んでいる家族たち、母アドリアナ(アドリアン・アクーレ)と長男アルフレド(フランシスコ・ヴァリレオ)と次男(名前、ド忘れ!!)、末娘のサビーナ(ミリアム・バルデラス)。
夫がもどってこないことを心配する母は、兄弟たちに、父のかわりに店をひらくようにと強要します。父は一応時計職人でしたが、それだけではとてもではないが、食べていけません。おまけに、新しい地主を名乗るオバサンから、場所代を払わないやつは置いておけないと、追いだされてしまう。そして、とうとう父の訃報を知ることになり…

 唯一の稼ぎ手(というか、食糧調達役だった)父親が死んじゃった手前、いままで人肉を食べてきた家族たちはどうするのか?? そういうお話。ですから、ホラー… じゃないんですよねー、なんか、不思議な雰囲気のドラマなんです。

 まず、彼らがなぜカニバリズムになったのか?
というか、カニバリズムの必然性が、さほど感じられず… うーんと、必要に迫られて、とか、あくまで趣向、とかわかりやすいのじゃなくて、なんか、もうすでに生活の一部だから、みたいな前提のもとにストーリーが進んでっちゃうので… あれれれ? 緊張感とか、緊迫感とか、そういうのも感じられない。
もしかして、彼らは人間とはべつの種なのでは? なんて、深読みさえしちゃう曖昧さなのです。

 で、さほどリアリティもなくて、ホラーでもなくて、なんでけっこう評価が高いのかというと、家族のドラマはまあまあ、思春期の息子・娘たちの成長(というか、父が死んだことによって迫られる自立の過程)が、けっこうよく描かれている。

 おもしろいなと思ったのは、人喰いって、いままでは対象がホラーな被害者(都会からやってきた旅行者とか、道に迷っちゃったドライバーとか…)いきあたりばったりだったんですけど、この作品では、ちゃんと選んでます!!
この選び方も、自分より弱そう~ とか、襲いやすそう~、というのではない。ようは、セックス・シンボルなのです!!!

 これはちょっと、新鮮ですよねー。でも、考えてみれば、好みじゃない人間なんて食べたくないかも… っていうか、おいしそうじゃないかも!! 脂ぎったきちゃないオッサンとか、ぜったい食べたくないですもん。三段腹のきちゃないオバサンも、ぜったい口に入れたくないと思うー。

 ママのアドリアナは、ヒステリックでちょっとこわいです。
長男のアルフレドはマジメで不器用、次男は感情的で暴力的。そして、末娘のサビーナは…

 メキシコっていうと、わたしはもっともこわい犯罪国家ってイメージがあります。ホラーな事件や死体なんて、日常茶飯事みたいな。だから、人喰い程度では、たいして衝撃的な題材ではないのかもしれません。それだから、カニバリズムの殺人鬼も、悩める一市民として描かれているのかも…?

 煮えきらない感がやたらウズウズするんですが、これはこれで楽しめます。それから、ラストはホラーでス・テ・キ あなたがカニバル好きでも、文学好きでもあっても…












手前が次男、不器用すぎる長男。




カニバルだけど、
悩める乙女。









ママ、こわいよ!!










兄妹たちは悩んだ末に…








ハント、
無理やり決行!!!







PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
(いちおう)プロフィールです
HN:
ななみといいます
性別:
女性
自己紹介:

 独断と偏見で、ホラー関係(広い意味でのホラーですので、SFやファンタジーなんかもやってます)のレビューを書いてます。コメント大歓迎です。新情報や、こんなのもあるよ!って情報などなど、寄せてくれるとありがたいです。

〈好きかも♪〉
 おにぎり、猫たん、ジャック・ホワイト、ブクオフ、固いパン、高いところ、広いところ、すっげー大きな建造物、ダムとか工場とか、毛玉とり、いい匂い…

〈苦手かも…〉
 かます、説明書、道案内、カマドウマ、狭いところ、壁がすんごい目の前とか、渋滞、数字の暗記、人ごみを横切る、魚の三枚おろし…
ねこじかんです

ホームページ制作浮気調査ホームページ制作会社 東京浮気調査ホームページ制作 千葉ホームページ制作ブログパーツ 動物

最新CM

[03/28 PatlealaRag]
[02/29 あぐもん]
[02/29 あぐまn]
[01/11 わかりません]
[01/01 クロケット]
[10/23 ナマニク]
[10/23 ナマニク]
[10/20 nasu]
[10/17 奈良の亀母]
[10/16 ななみ]
気になる新作!

*A Lonely Place to Die

*Super 8

*Insidious

*The Woman

*Rammbock

*Season of the Wich

*Red Rising

*The Violent Kind

*Red White & Blue

*11-11-11

*The Feed

*Nang Phee

*Scream of the Banshee

*Dylan Dog: Dead of the Night

*Misteri Hantu Selular

*The Silent House

*Who Are You

*I Didn't Come Here to Die

*Famine

*I'm not Jesus Mommy

*Monster Brawl

*Some Guy Who kills People

*Falling Skies

*The Wicker Tree

*Hisss

*ChromSkull: Laid to RestⅡ

*Father's Day

*Drive Angry

*Fertile Ground

*Wake Wood

*Mientras Duermes

*Hobo with a Shotgun

*Atrocious

*KaraK

*Penunggu Istana

*Borre

*The Broken Imago

*Madison Country

*Viy

*Jenglot Pantai Selatan/Beach Creature

*Urban Explorer

*Los Infectados

*Isolation

*2002 Unborn Child

*The Pack

*El Incidente

*Rat Scratch Fever

*4bia
最新記事

(10/16)
(10/11)
(10/07)
(10/04)
(10/01)
(09/30)
(09/29)
(07/17)
(06/29)
(06/19)
ブログ内検索

みなさまの足跡
アクセス解析
バーコード
忍者ブログ [PR]

Graphics by Lame Tea / designed by 26℃