忍者ブログ
個人的にグッときたホラー映画(べつの意味でグッときたホラー映画も)なんかや、 小説のレビューなどをポツポツと…
[506]  [505]  [504]  [503]  [502]  [501]  [500]  [499]  [498]  [497]  [496
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

   I Spit on Your Grave



(2010)アメリカ
出演…サラ・バトラー
ジェフ・ブランソン
アンドリュー・ハワード
監督…スティーヴン・R・モンロー
★★★



〔ストーリー〕
 女流作家のジェニファーは新作を書きあげるため、ひとり別荘にむかう。途中、スタンドで地元の男性と仲よくなるが… この連中、とんでもない男たちで、ジェニファーは彼らにのぞき見されていることに気づかない。そしてとうとうある晩、彼らは別荘に踏みこんでくるが…


 直訳すると、「おまえの墓に唾吐いたるわっ!!」(「おまえの墓の上で踊ったるわ!!」より、インパクトある表現なんだと思う… たぶん)。

 ええと、78年の「発情アニマル」のリメイクです。しかしこのタイトル、一度観たら忘れられませんね。ホラーじゃないみたいです。

 誠に残念なことですが、このオリジナルを一度も観たことがないのです。なので、比較することができなくて、申しわけないんですが… わたし的には、けっこうおもしろかったかな。
予想していたほど悲惨さがなくて、これはこれで、エンタメ映画として成功しているんだと思います。

 簡単なあらすじを書きますと、
美人作家のジェニファー(サラ・バトラー)が新作を書きあげようと、ひとり森のなかの別荘にむかう。そこで地元の連中に暴行されて、心身ともにボロボロに。川に落ちて死んだはずのジェニファー、翌日から復讐の鬼と化して、男どもをつぎつぎ血祭りにあげていく。
こんな内容ですー。

 オリジナルは、それはもう、レイプシーンがすごい、ひどい、ひどすぎる!! と、噂に聞いておりました。それでヒヤヒヤしながら観たんですけど、なんてことはない、やっぱりクラシック・リメイクの「The Last House on the Left」「ラスト・ハウス・オン・ザ・レフト/鮮血の美学」2009)みたいな感じです。スリルやサスペンス性を前面に押しだして、不愉快な場面はそうでもなく。

 まず、レイプする側もされる側も、わりかしこぎれいな方たちなんで、画面じたいに悲壮感や暴力性がそう感じられないです。イケメンがいたり、知的障害者がいたり、悪徳警官がいたり… で、悲壮感がそう感じられないって、映画としてはマトモな部類なんだと思います。前半は、こぎれいなレイプ映画! 後半から、どんな復讐劇がはじまるのかとwktkする映画!!

 映画そのものはまあまあの出来。一般的にもかなり楽しめると思います。レイプ犯たちが徹底したクズとして描かれているので、後半の復讐劇にも抵抗を感じない。これって、弱い者イジメすると、いつか必ずしっぺ返しを食らうよ!!ていう、教訓話ですよね。あと、被害者の報復活動も正当化してますね。

 一応おもしろい映画なんですけど、ひとつだけショックなことが…

 それはですね、
わたしがひそかに注目していた俳優さん、アンドリュー・ハワードが~~、アンドリュー・ハワードが~~~、

 ただの小悪党になっちまってる件!!!!

 いえ、この映画では、小悪党設定でいいんですけどね!! ただ、あのカリスマ性は? ねえ、危険な色気はどこにいっちゃったの?? と、そればかり気になって、肝心の映画のほうがあんまり頭に入ってきませんでした。ぐっすん。。。

 映画はよくある復讐劇でして、後半からの創意工夫を凝らした殺害方法がたいへんよかったです。アレしたりとかね、コレしたりとかね でも、山小屋の楽しそうな武器を使わなかったのは、ちいと残念でした。ついでに、鋏で去勢するシーンですけど、ただ〇〇するだけかよっ!!と、つっこみたくなりますが。

 あーあ、アンドリュー・ハワードもただの悪役になっちゃった。この人、これからもこんな役ばっかりやっていくんだろうなーと、ありし日の彼を偲びつつ、今回はこのへんで…











女性のひとり歩きは
危険なんですよ!!









あーあ、
いわんこっちゃ…








ボロボロに
されちゃいました…






ウフフ、
やっぱりイジメる方が
楽しいヮ








この後、
あうあうーな展開に!!







PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
<< Shadow  | HOME |  Chain Letter >>
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
(いちおう)プロフィールです
HN:
ななみといいます
性別:
女性
自己紹介:

 独断と偏見で、ホラー関係(広い意味でのホラーですので、SFやファンタジーなんかもやってます)のレビューを書いてます。コメント大歓迎です。新情報や、こんなのもあるよ!って情報などなど、寄せてくれるとありがたいです。

〈好きかも♪〉
 おにぎり、猫たん、ジャック・ホワイト、ブクオフ、固いパン、高いところ、広いところ、すっげー大きな建造物、ダムとか工場とか、毛玉とり、いい匂い…

〈苦手かも…〉
 かます、説明書、道案内、カマドウマ、狭いところ、壁がすんごい目の前とか、渋滞、数字の暗記、人ごみを横切る、魚の三枚おろし…
ねこじかんです

ホームページ制作浮気調査ホームページ制作会社 東京浮気調査ホームページ制作 千葉ホームページ制作ブログパーツ 動物

最新CM

[03/28 PatlealaRag]
[02/29 あぐもん]
[02/29 あぐまn]
[01/11 わかりません]
[01/01 クロケット]
[10/23 ナマニク]
[10/23 ナマニク]
[10/20 nasu]
[10/17 奈良の亀母]
[10/16 ななみ]
気になる新作!

*A Lonely Place to Die

*Super 8

*Insidious

*The Woman

*Rammbock

*Season of the Wich

*Red Rising

*The Violent Kind

*Red White & Blue

*11-11-11

*The Feed

*Nang Phee

*Scream of the Banshee

*Dylan Dog: Dead of the Night

*Misteri Hantu Selular

*The Silent House

*Who Are You

*I Didn't Come Here to Die

*Famine

*I'm not Jesus Mommy

*Monster Brawl

*Some Guy Who kills People

*Falling Skies

*The Wicker Tree

*Hisss

*ChromSkull: Laid to RestⅡ

*Father's Day

*Drive Angry

*Fertile Ground

*Wake Wood

*Mientras Duermes

*Hobo with a Shotgun

*Atrocious

*KaraK

*Penunggu Istana

*Borre

*The Broken Imago

*Madison Country

*Viy

*Jenglot Pantai Selatan/Beach Creature

*Urban Explorer

*Los Infectados

*Isolation

*2002 Unborn Child

*The Pack

*El Incidente

*Rat Scratch Fever

*4bia
最新記事

(10/16)
(10/11)
(10/07)
(10/04)
(10/01)
(09/30)
(09/29)
(07/17)
(06/29)
(06/19)
ブログ内検索

みなさまの足跡
アクセス解析
バーコード
忍者ブログ [PR]

Graphics by Lame Tea / designed by 26℃