忍者ブログ
個人的にグッときたホラー映画(べつの意味でグッときたホラー映画も)なんかや、 小説のレビューなどをポツポツと…
[357]  [356]  [355]  [354]  [353]  [352]  [351]  [350]  [349]  [348]  [347
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    Putevoy obkhodchik



(2007)ロシア
出演…アレクサンダー・ヴィスコヴィスキー
スヴェトラーナ・メトキア
オレグ・カーメンシュチーコヴ
監督…イゴール・シャヴラック
★★☆


〔ストーリー〕
 パホーモフをリーダーとする、銀行強盗を企てた青年四人組。計画は成功したかと思えたが、撃たれた瀕死の行員が非常ベルを押し、警官が駆けつける。実行犯の3人は裏口から外に逃げ、あらかじめ決めておいた手順で、使われなくなった古い下水道に逃げこむ。そこで4人目の仲間が迎えにくるはずだったのだが… その下水道には、おそろしい殺人鬼が潜んでいた!!
     

 英題では、「Trackman」。ポスターを見ると、あらら~、殺人鬼がすっかり姿をあらわしちゃってますねー。

 えーと、サム・ライミの立ち上げた〈ゴーストハウス・アンダーグラウンド〉というDVDレーベルがあるんですが… やはりスルー作品ですから、〈アフター・ダーク・フェス〉のようには盛りあがらず、いまいちパッとせず、作品のラインナップを見てみても、地味な感じのものが多いんですが…

 それでなんとなく、ノー・チェックだったんですけど、ストーリーをちゃんと読んでみると、おもしろそうなのもいくつかあるんですよね。
 海外の評価もいまいちなんですが、「Frayed」(2007)の例もあるし~… ということで、手はじめに、この「Trackman」を選択してみました。これがけっこう、悪くなかったです。

 ロシア映画というと、「Nochnoy Dozor」「ナイト・ウォッチ」1999)の出現で、ずいぶん注目されるようになりました。それまではぜんぜん馴染みが薄く、いまいち入りにくかったんですけど、この作品を観て、「ロシアもおもしろいじゃーん!」と、感心した方も多いはず。

 個人的な感想としましては、ホラーというより、ファンタジーよりの作品が好まれているみたいなんですが、こちらの作品もホラーよりファンタジー。残酷描写すくなめの、どこかで見たことがあるパッチワーク作品みたいなものでしょうか。

 オープニング、カフェで銀行強盗の計画について話しあう、青年2人組み。3人で銀行を襲い、1人が脱出の手引き役です。すべては計画通りにうまくいくかに思えましたが… 気の早いコーチャ(トーマス・ムスカス)が引き金をひいてしまい、あたりは血の海に。負傷した行員は最後の抵抗とばかり、非常ベルを押してしまいます。

 そこでリーダーのパホーモフ(アレクサンダー・ヴィスコヴィスキー)、それぞれ人質(男性1人、女性2人)をとるようにいい、目星をつけていた下水道にむかいます。下水道に入ると、用意していた爆発物で大きな落下物を落として、痕跡消滅! さあ、あとは地図を頼りに、4人目の仲間と落ち会うだけでよかったのですが…

 ポスターを見ていただければわかりますが、不気味なマスク、凶器が “つるはし” とくると、これはどう考えても「My Bloody Valentine」「血のバレンタイン」1981)を意識していますよね。設定はなんだか、「Creep」「0:34/レイジ33フン」2004)みたい。そして、殺人鬼は目玉を蒐集するのがお好き… うーん、これも、どっかで見たような。

 全体としてはどこかで見たホラーのよせ集め、殺人鬼のインパクトも弱いんですが、冒頭の銀行強盗のシーンはスピード感があってよくできてます。それから、最初は犯人たちをこわがっていた女性行員(カーチャ、オルガ)が、トラックマン(殺人鬼)が登場することによって、お姫さまみたいに犯人によりそう姿もよかったかも。

 ロシア映画って、センスがいいときはすごくいいので、今後もがんばってほしいな、ということで、甘めの採点です。あと、オチはもうちょっと、ガツンときたほうがいいと思います。正直悪くなかったので、あともうすこし観てみましょうか…












廃墟好きにはたまり
ませんよねー
危険な下水道!!








殺人鬼のお部屋。
なにやらステキな器具
が置いてあります。






強盗犯のひとり、
イルクート
(オレグ・カーメン
シュチーコヴ)。








パホーモフとカーチャ。
あれ?
なにかが芽生えそう?









カーチャ、
危うし!!!







PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
(いちおう)プロフィールです
HN:
ななみといいます
性別:
女性
自己紹介:

 独断と偏見で、ホラー関係(広い意味でのホラーですので、SFやファンタジーなんかもやってます)のレビューを書いてます。コメント大歓迎です。新情報や、こんなのもあるよ!って情報などなど、寄せてくれるとありがたいです。

〈好きかも♪〉
 おにぎり、猫たん、ジャック・ホワイト、ブクオフ、固いパン、高いところ、広いところ、すっげー大きな建造物、ダムとか工場とか、毛玉とり、いい匂い…

〈苦手かも…〉
 かます、説明書、道案内、カマドウマ、狭いところ、壁がすんごい目の前とか、渋滞、数字の暗記、人ごみを横切る、魚の三枚おろし…
ねこじかんです

ホームページ制作浮気調査ホームページ制作会社 東京浮気調査ホームページ制作 千葉ホームページ制作ブログパーツ 動物

最新CM

[03/28 PatlealaRag]
[02/29 あぐもん]
[02/29 あぐまn]
[01/11 わかりません]
[01/01 クロケット]
[10/23 ナマニク]
[10/23 ナマニク]
[10/20 nasu]
[10/17 奈良の亀母]
[10/16 ななみ]
気になる新作!

*A Lonely Place to Die

*Super 8

*Insidious

*The Woman

*Rammbock

*Season of the Wich

*Red Rising

*The Violent Kind

*Red White & Blue

*11-11-11

*The Feed

*Nang Phee

*Scream of the Banshee

*Dylan Dog: Dead of the Night

*Misteri Hantu Selular

*The Silent House

*Who Are You

*I Didn't Come Here to Die

*Famine

*I'm not Jesus Mommy

*Monster Brawl

*Some Guy Who kills People

*Falling Skies

*The Wicker Tree

*Hisss

*ChromSkull: Laid to RestⅡ

*Father's Day

*Drive Angry

*Fertile Ground

*Wake Wood

*Mientras Duermes

*Hobo with a Shotgun

*Atrocious

*KaraK

*Penunggu Istana

*Borre

*The Broken Imago

*Madison Country

*Viy

*Jenglot Pantai Selatan/Beach Creature

*Urban Explorer

*Los Infectados

*Isolation

*2002 Unborn Child

*The Pack

*El Incidente

*Rat Scratch Fever

*4bia
最新記事

(10/16)
(10/11)
(10/07)
(10/04)
(10/01)
(09/30)
(09/29)
(07/17)
(06/29)
(06/19)
ブログ内検索

みなさまの足跡
アクセス解析
バーコード
忍者ブログ [PR]

Graphics by Lame Tea / designed by 26℃