忍者ブログ
個人的にグッときたホラー映画(べつの意味でグッときたホラー映画も)なんかや、 小説のレビューなどをポツポツと…
[360]  [359]  [358]  [357]  [356]  [355]  [354]  [353]  [352]  [351]  [350
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    No Man's Land:
      
The Rise of Reeker

(2008)アメリカ
出演…マイケル・ロバート・ブランドン
マイケル・ムーニー
デズモンド・アスキュー
監督…デイヴ・ペイン
★★☆


〔ストーリー〕
 1978年、若い警官マクアリスターは、ある日砂漠で血のついたタイヤホイールを発見する。そこから荒野にぽつんと建つ小屋を発見、なかに入ってみると、連続殺人鬼の恐怖の拷問部屋となっていた!! 殺人鬼はすぐに逮捕され、ガス処刑されることになるが…
 そして、現在。パトロール中にダイナーに立ちよった息子のデュプティと、かつての手柄を立てたマクアリスター。彼らは偶然カジノ強盗を発見、緊迫した事態を迎えることになる。しかし、銃撃戦よりもおそろしい事態が彼らを待っていた…!!


 〈ゴーストハウス・アンダーグラウンド〉の2本目です。
 
 タイトルでどうしてネタバレしているのかなー、なんて無邪気に疑問に思っていましたら、デイヴ・ペインというこの監督さん、「Reeker」(2006)を撮った方だったんですね。なるほど~、あの作品のプロローグ的な映画だったんですね、と、かなり遅ればせながら気づいたわたくし… 鈍くてすいません。。。

 「Reeker」を観た方ならわかるかと思いますが、すっごくくっさい死神が出てくるお話です。それで、この映画を観てみると、なぜそんなにくっさいのかがわかります。

 死神となるシリアル・キラーのマイケル・ロバート・ブランドンのオープニングが、なかなかクール。こういう殺人鬼って、いいですよねー。見た目はふつうのセールスマンなんですけど、かかわったが最後、ぜったい殺られちゃうアブナイ空気プンプンです。それで、拷問大好き、死体損壊大好き、生首蒐集ももちろん、ようするに、彼の小屋じたいが腐肉の臭いでくっさいんですね。ですから、彼自身はガスマスクをつけながら作業したりしてます。

 偶然小屋を発見したマクアリスター警官(デヴィット・スタンブラ)によって殺人鬼は逮捕され、ガス室送りとなるのですが…

 そして、現在。かつてのマクアリスターは保安官(ロバート・パイン)になっていて、息子のデュプティ(マイケル・ムーニー)も警官です。彼らがダイナーで休憩をとっていると、カジノ強盗の3人組の無線が入ります。そのカジノ強盗、運よく目の前にいるではありませんか!!

 ここでお約束の銃撃戦に突入するのですが、強盗たちもそうやすやすと捕まるわけもなく、ウェイトレスのマヤ(ミルチャ・モンロー)を人質にとって車で逃げようとします。ですが、オイルが洩れていることに気づき、「そこから離れろ!!」 デュプティたちは注意するのですが、これもお約束の引火、車は爆発して強盗犯のひとりのカルロス(ウィルマー・カルデロン)が焼死してしまいます…

 残った犯人のビンキー(デズモンド・アスキュー)とアレックス(ステイーヴィン・マーティンス)、ダイナーの従業員、デュプティたちは、それぞれ現場から逃げようとしたり、応援を求めたりするのですが… なぜか無線が入らなくなります。そして、周囲を見えない壁に閉じこめられているではないですか!!

 …とまあ、こんな内容なんですが。
 ここからさきも、例のお約束な感じです。最初に「Reeker」のプロローグ的な作品だと書きましたが、やっていることがまったくおなじなんですね(笑)。えーと、わかりやすい入門編? アイデアのかけらもないなー、なんて、いわないでください… たしかにそうなんですけど、解決の仕方がきっちりしていまして、こういうきれいなかたちのホラーはわたしは好きです。物語の前半に「あれ、なんだったの?」とか、ちょっとしたナゾとかが、ラストできっちり説明できる構図になっています。

 あと、宣伝文が 「残酷描写の目白押し!!」 みたいなノリなんですけど、ぜんぜん残酷ではないです。といいますか、これもやっぱり、ホラーというよりファンタジーですね。そう思って観てみますと、納得できるかもしれません。

 「Reeker」の続編のわりには消化不良の部分もあるんですけど、それでもおもしろいかと思います。死神がもうちょっとガンガンいってくれていたら、楽しいホラーになったんですけどねー。あ、それじゃ、「ファイナル・デスティネーション」みたいになっちゃいますか。それはそれでいいかと思いますが。











ガス室送りになって
も、不敵な笑みを浮か
べる殺人鬼。









強盗犯のひとり、
ビンキーとマヤ。








はれ…??
見えない壁が
あるよ!!







アリソン役の
ヴァレリー・クルス。
血の手形が示す
意味とは…?










くっさい死神登場!!









お約束の
どっかーん






PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
<< Blue Sunshine  | HOME |  Hush >>
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
(いちおう)プロフィールです
HN:
ななみといいます
性別:
女性
自己紹介:

 独断と偏見で、ホラー関係(広い意味でのホラーですので、SFやファンタジーなんかもやってます)のレビューを書いてます。コメント大歓迎です。新情報や、こんなのもあるよ!って情報などなど、寄せてくれるとありがたいです。

〈好きかも♪〉
 おにぎり、猫たん、ジャック・ホワイト、ブクオフ、固いパン、高いところ、広いところ、すっげー大きな建造物、ダムとか工場とか、毛玉とり、いい匂い…

〈苦手かも…〉
 かます、説明書、道案内、カマドウマ、狭いところ、壁がすんごい目の前とか、渋滞、数字の暗記、人ごみを横切る、魚の三枚おろし…
ねこじかんです

ホームページ制作浮気調査ホームページ制作会社 東京浮気調査ホームページ制作 千葉ホームページ制作ブログパーツ 動物

最新CM

[03/28 PatlealaRag]
[02/29 あぐもん]
[02/29 あぐまn]
[01/11 わかりません]
[01/01 クロケット]
[10/23 ナマニク]
[10/23 ナマニク]
[10/20 nasu]
[10/17 奈良の亀母]
[10/16 ななみ]
気になる新作!

*A Lonely Place to Die

*Super 8

*Insidious

*The Woman

*Rammbock

*Season of the Wich

*Red Rising

*The Violent Kind

*Red White & Blue

*11-11-11

*The Feed

*Nang Phee

*Scream of the Banshee

*Dylan Dog: Dead of the Night

*Misteri Hantu Selular

*The Silent House

*Who Are You

*I Didn't Come Here to Die

*Famine

*I'm not Jesus Mommy

*Monster Brawl

*Some Guy Who kills People

*Falling Skies

*The Wicker Tree

*Hisss

*ChromSkull: Laid to RestⅡ

*Father's Day

*Drive Angry

*Fertile Ground

*Wake Wood

*Mientras Duermes

*Hobo with a Shotgun

*Atrocious

*KaraK

*Penunggu Istana

*Borre

*The Broken Imago

*Madison Country

*Viy

*Jenglot Pantai Selatan/Beach Creature

*Urban Explorer

*Los Infectados

*Isolation

*2002 Unborn Child

*The Pack

*El Incidente

*Rat Scratch Fever

*4bia
最新記事

(10/16)
(10/11)
(10/07)
(10/04)
(10/01)
(09/30)
(09/29)
(07/17)
(06/29)
(06/19)
ブログ内検索

みなさまの足跡
アクセス解析
バーコード
忍者ブログ [PR]

Graphics by Lame Tea / designed by 26℃