忍者ブログ
個人的にグッときたホラー映画(べつの意味でグッときたホラー映画も)なんかや、 小説のレビューなどをポツポツと…
[355]  [354]  [353]  [352]  [351]  [350]  [349]  [348]  [347]  [346]  [345
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

     『フェイド』



    原題 『Fade』
    (1988)
    ロバート・コーミア:著
    北澤和彦:訳
    扶桑社ミステリー




〔ストーリー〕
 田舎町に住むフランス移民の少年・ポールは、あるとき自分に姿を消す能力があることに気づく。それは代々彼の一族に受け継がれてきた、とても不思議な力だった。実力者が小さな町を牛耳り、無力な労働者たちは日々の暮らしに不満を募らせはじめるなか、ポールの父親は労働争議の中心的メンバー。しかし、そんな彼の言動や行動が快く思われるはずもなかった…
 夭折した作家ポール・ロジェイの残したこの遺稿は、フィクションなのだろうか、それとも…??


 ちらほら映画化の話が聞かれるようになってきましたので、とりあえずレビューしておこうかと思います。

 ロバート・コーミア… ロバート・コーミアですよ、みなさん!!

 日本だと、ヤングアダルトな作家というイメージが強いですけど、といいますか、「ヤングアダルト = 子供が読む本」 ということになっていますけど、この方の本はぜひとも大人が読むべき内容です。一様にして、思春期の少年たち、彼らの複雑な心理や葛藤を描くのを得意とする人なんですが、子供が読んでもきっと痛いんでしょうね~、大人が読むと、もっともっと痛いです。痛くて、苦い。ビター・スイートというよりは、ビ
ター・ビター・ちょっとスイートな感じです。
    
 コーミアというと、いちばん有名なのが 『チョコレート・ウォー』 なんですけど、これはコーミアの息子さんに起こったじっさいの出来事から着想を得たそう。そういえば、むかし夏休みの読書感想文なんかで、この本を読んでいる同級生が何人かいました。ちなみに続編も邦訳されています。

 ひとことでいってしまうと青春小説… なんですけど、そこには十代のれっきとした現実、映画みたいにハッピーエンドにはならないリアルな現実が、そこには存在します。それがつねに、主人公の前に立ち塞がります。その現実というのはコンプレックスだったり、いじめだったり、家族とのあり方だったり、性の問題だったり… と、さまざまなんですが、どんな人も一度は経験したことがあるとリンクするのはまちがいナシ。この痛い共感、せつなさが、ほんとにうまい作家さんなんです、この人は。

 それで、本作品なんですが、ちょっとほかの作品とは趣向が変わっていまして、複雑な構図のミステリーとなっています… ミステリー? うーん、このあたりが微妙なんですが、ただの青春ホラーにとどまらず、なかなか凝った仕掛けです。

 前半が、姿を消す能力(フェイド)に目覚めたポール少年の冒険、後半からポールの姪のスーザンが主人公となり、前半の物語はすべてポール・ロジェイという作家の遺稿ということが判明します。スーザンも作家志望の女子大生、ポールに憧れを抱いていたのですが、遺稿を読んでショックをうけてしまいます。これは現実なのだろうか、それとも、ただのフィクションなのか…?
 そして、紛失していた遺稿のつづきが発見されたとき、そこには驚くべき真実が…!!

 超能力、青春とくると、『キャリー』 が頂点ではないかとわたしは思うんですが、こんなにすばらしい傑作もあるんですよ。やはりホラーと青春ものは相性がいいですよね。(…ただ、個人的な感想をいってしまいますと、後半がもうすこし踏ん張ってくれていれば、大傑作になったのにと思うのです!)

 ちなみに、コーミアの作品はどれもこれも痛いのですが、『ぼくが死んだ朝』 は、とくに痛くてせつなくて悲しかったです。ヤングな方もアダルトな方も、このズキンとくる痛みはぜったい必要。オススメ!!






PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
(いちおう)プロフィールです
HN:
ななみといいます
性別:
女性
自己紹介:

 独断と偏見で、ホラー関係(広い意味でのホラーですので、SFやファンタジーなんかもやってます)のレビューを書いてます。コメント大歓迎です。新情報や、こんなのもあるよ!って情報などなど、寄せてくれるとありがたいです。

〈好きかも♪〉
 おにぎり、猫たん、ジャック・ホワイト、ブクオフ、固いパン、高いところ、広いところ、すっげー大きな建造物、ダムとか工場とか、毛玉とり、いい匂い…

〈苦手かも…〉
 かます、説明書、道案内、カマドウマ、狭いところ、壁がすんごい目の前とか、渋滞、数字の暗記、人ごみを横切る、魚の三枚おろし…
ねこじかんです

ホームページ制作浮気調査ホームページ制作会社 東京浮気調査ホームページ制作 千葉ホームページ制作ブログパーツ 動物

最新CM

[03/28 PatlealaRag]
[02/29 あぐもん]
[02/29 あぐまn]
[01/11 わかりません]
[01/01 クロケット]
[10/23 ナマニク]
[10/23 ナマニク]
[10/20 nasu]
[10/17 奈良の亀母]
[10/16 ななみ]
気になる新作!

*A Lonely Place to Die

*Super 8

*Insidious

*The Woman

*Rammbock

*Season of the Wich

*Red Rising

*The Violent Kind

*Red White & Blue

*11-11-11

*The Feed

*Nang Phee

*Scream of the Banshee

*Dylan Dog: Dead of the Night

*Misteri Hantu Selular

*The Silent House

*Who Are You

*I Didn't Come Here to Die

*Famine

*I'm not Jesus Mommy

*Monster Brawl

*Some Guy Who kills People

*Falling Skies

*The Wicker Tree

*Hisss

*ChromSkull: Laid to RestⅡ

*Father's Day

*Drive Angry

*Fertile Ground

*Wake Wood

*Mientras Duermes

*Hobo with a Shotgun

*Atrocious

*KaraK

*Penunggu Istana

*Borre

*The Broken Imago

*Madison Country

*Viy

*Jenglot Pantai Selatan/Beach Creature

*Urban Explorer

*Los Infectados

*Isolation

*2002 Unborn Child

*The Pack

*El Incidente

*Rat Scratch Fever

*4bia
最新記事

(10/16)
(10/11)
(10/07)
(10/04)
(10/01)
(09/30)
(09/29)
(07/17)
(06/29)
(06/19)
ブログ内検索

みなさまの足跡
アクセス解析
バーコード
忍者ブログ [PR]

Graphics by Lame Tea / designed by 26℃