忍者ブログ
個人的にグッときたホラー映画(べつの意味でグッときたホラー映画も)なんかや、 小説のレビューなどをポツポツと…
[462]  [461]  [460]  [459]  [458]  [457]  [456]  [455]  [454]  [453]  [452
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

   Macabre



(2009)シンガポール/インドネシア
出演…ジュリー・エスティール
シャリーファ・ダーニッシュ
アリオ・バーユ
監督…キモ・スタンボーエル
ティモ・ティヤハヤント
★★☆


〔ストーリー〕
 アジーは身重の妻、妹のラディヤ、男友だち3人を連れて深夜に車で移動中、突然若い女性を発見する。女性は雨に打たれ、途方に暮れている様子。友人のひとち、エコはいい恰好をしようと、女性に家まで送ると申しでる…そしてたどりついたさきは、静かな場所に建つ邸宅。マヤと名乗った女性は美人の母親、ハンサムな兄を紹介して、お礼に夕食を勧めるのだが…


 けっこう勢いのあるホラーを聞きまして、さっそく鑑賞。
 わたしの感想では、インドネシア&シンガポール産の「テキチェン」「屋敷女」といったところでしょうか~

 …ということでして、本格的なゴアゴア映画です。監督さんのふたりもまだ若いお兄ちゃんたちで、話題を集めているもようです。こういうのって、最近流行ってますよねー。欧米ホラー、とくにフランスホラーにつづけ! とばかり、アジア諸国ががんばっています。といいますか、まるきり模倣なんですけどね。でも、後半からの展開がけっこうおもしろくて、最後まで観ちゃったです。

 主人公は、アジー(アリオ・バーユ)とラディヤ(ジュリー・エスティーユ)の兄妹。兄には身重の妻のアスリートがおりまして、ふたりは近々海外に移住する予定。なので、アジーは妹のことが心配でなりません。けれど、妹は両親が事故で死んだこと、兄が自分を置いていってしまうといったもろもろで、なんだか頑なな態度しかとれません… ほかに、男友だちの3人(エコ、ジミー、アラム)がいまして、彼らもラディヤのことが好きなんですけどね。

 ラディヤは食堂のウェイトレスをしてまして、アジーは彼女を説得しようと、妻と友人たちを店に連れてきていたのです。そして、ラディヤの仕事もひけたので… 6人は車で街にもどる途中、若い女に遭遇します。この若い女、雨のなかを道路にぽつねんと立っているだけです。

 女性たちやアジーは不審に思うのですが、エコが彼女を気に入ってしまい、「家まで送ってってあげるよ」なんて、気安くうけあっちゃったから、さあ、たいへん! こうして6人は、殺人鬼一家の巣窟へとのこのこ迷いこんでいってしまうのでーす …ああー、なんてお手軽な展開なの。

 観はじめた当初、「正直、そんなにいうほどでもないかな?」 とか、思っていたんですが… 後半から調子づいてきちゃいまして、楽しめるようになっています。この殺人鬼一家、美人のママンのダラ(シャリーファ・ダーニッシュ)をはじめ、美人局のマヤ、無口でハンサムなアダム、もっと無口でメガネなアーマンドの3人の子供たちで構成されております。みなさんもご想像のとおり、絵に描いたよーな残酷殺人鬼一家ですよ。そこに、「屋敷女」テイストが入っていると。

 ゴア描写にそこそこ力を入れているんですが、わたくしの感想としましては、もうちょっとがんばれるんじゃないかな? という感じです。まー、ふつうの人が観たら、すごいなあと思うレベルなんでしょうが…
 でも、もろ欧米ホラーの影響が強くて、真似っこの域を出ていないのも事実なんです。ここからもうひとつ突出するには、派手にいっちゃったほうがよかったんじゃないかな? などと思いました。

 なんですが、殺人鬼一家がそれぞれキャラが立ってまして、それなりにおもしろかったですー
 美人のママンは鳥顔(?)というのでしょーか、ツンとしか顔立ちの美人さんです。それから、無口なハンサムの怪力くん、アダムくんもよかったです。マヤとアーマンドは、もうちょっと活躍してもよかったですかね。あと、彼らがなぜ人を襲うのか? といったヒントも、ときどきあります。美人のママンは大きなかんざしをつけているんですが、これをいつ使うんだろ? ねえ、かんざしマダー? マダー? と、わくわくしながら観ちゃってください!

 顔をボコられ、血まみれになりながら戦うヒロインが健気でした。フツーにおもしろい内容なんですけど、世間の話題になるためには、あともうひと息といったところでしょーか。めげずにがんばってください!!








アジーとラディヤ
兄妹。










美人のママンは
超無敵なので、要注意!!








壁の穴から見えた
光景は…??









妊娠中なのに、たいへんな
ことになっちゃった!!









こりゃ、戦わなきゃ!!
と、
決意したラディヤは…








やるか、やられるかの
壮絶な争いとなって
いきます!!!







PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
<< Hierro  | HOME |  Heartless >>
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
(いちおう)プロフィールです
HN:
ななみといいます
性別:
女性
自己紹介:

 独断と偏見で、ホラー関係(広い意味でのホラーですので、SFやファンタジーなんかもやってます)のレビューを書いてます。コメント大歓迎です。新情報や、こんなのもあるよ!って情報などなど、寄せてくれるとありがたいです。

〈好きかも♪〉
 おにぎり、猫たん、ジャック・ホワイト、ブクオフ、固いパン、高いところ、広いところ、すっげー大きな建造物、ダムとか工場とか、毛玉とり、いい匂い…

〈苦手かも…〉
 かます、説明書、道案内、カマドウマ、狭いところ、壁がすんごい目の前とか、渋滞、数字の暗記、人ごみを横切る、魚の三枚おろし…
ねこじかんです

ホームページ制作浮気調査ホームページ制作会社 東京浮気調査ホームページ制作 千葉ホームページ制作ブログパーツ 動物

最新CM

[03/28 PatlealaRag]
[02/29 あぐもん]
[02/29 あぐまn]
[01/11 わかりません]
[01/01 クロケット]
[10/23 ナマニク]
[10/23 ナマニク]
[10/20 nasu]
[10/17 奈良の亀母]
[10/16 ななみ]
気になる新作!

*A Lonely Place to Die

*Super 8

*Insidious

*The Woman

*Rammbock

*Season of the Wich

*Red Rising

*The Violent Kind

*Red White & Blue

*11-11-11

*The Feed

*Nang Phee

*Scream of the Banshee

*Dylan Dog: Dead of the Night

*Misteri Hantu Selular

*The Silent House

*Who Are You

*I Didn't Come Here to Die

*Famine

*I'm not Jesus Mommy

*Monster Brawl

*Some Guy Who kills People

*Falling Skies

*The Wicker Tree

*Hisss

*ChromSkull: Laid to RestⅡ

*Father's Day

*Drive Angry

*Fertile Ground

*Wake Wood

*Mientras Duermes

*Hobo with a Shotgun

*Atrocious

*KaraK

*Penunggu Istana

*Borre

*The Broken Imago

*Madison Country

*Viy

*Jenglot Pantai Selatan/Beach Creature

*Urban Explorer

*Los Infectados

*Isolation

*2002 Unborn Child

*The Pack

*El Incidente

*Rat Scratch Fever

*4bia
最新記事

(10/16)
(10/11)
(10/07)
(10/04)
(10/01)
(09/30)
(09/29)
(07/17)
(06/29)
(06/19)
ブログ内検索

みなさまの足跡
アクセス解析
バーコード
忍者ブログ [PR]

Graphics by Lame Tea / designed by 26℃