忍者ブログ
個人的にグッときたホラー映画(べつの意味でグッときたホラー映画も)なんかや、 小説のレビューなどをポツポツと…
[460]  [459]  [458]  [457]  [456]  [455]  [454]  [453]  [452]  [451]  [450
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

   Fobos,
 Klub Strakha

(2010)エストニア/ロシア
出演…ピョートル・フョードルフ
レナータ・ピオトロフスキー
タティアナ・コスマシェバ
監督…オレーグ・アサドゥニン
★★☆


〔ストーリー〕
 男女7人のグループで古い建物を改装、クラブ〈フォボス〉としてスタートさせようとする。前準備のため、深夜に集まった彼ら。しかし、仲間のひとりがスタッフルームで奇妙なボタンを押してしまったことから、扉がとざされてなかにとじこめられてしまう。困った7人は、どうにか脱出を図ろうと建物内を探索するのだが…


 どうしようかな~ と、ひどく迷ったんですが。
ちょっとめずらしいかなと思ったので、サラリとご紹介。これ、ぜったい殺人鬼ものと思うでしょう?? ちがうんですよー、ただ! たんに! とじこめられるお話!!

 というわけでして、純粋なホラーファンからしたら、怒りたくなっちゃう内容かもしんないです… で、わたしは一応、自分のことを純粋なホラーファン(?)だと思ってるんですけど、これはこれでアリかなと思いました。とりあえず、内容説明から。

 (名前ほとんど覚えていません、すいません!!)
 ヒロインのジュリアは、恋人といっしょにクラブ〈フォボス〉にむかう途中。〈フォボス〉の店長、といいますか、この計画の主要人物はイケメン(たぶん、ピョートル・フョードルフ!)くんで、ほかにもカップルがふた組います。若者7人で古い建物をカッコよく改装して、クラブとして流行らせようという計画なんですね。んで、このクラブ内がまたけっこういい雰囲気でしてー、「おおっ、デモンズっぽい?」とか、期待しちゃったんですが。

 お調子もののマイクはひとり控え室に入って、麻薬をキメようとします。そこへ、なんかへんなボタンがニュ~ と出てきたもんだから、思わず押しちゃった! これが非常事態用のボタンだったらしく、鋼鉄の扉によって通路をとざされてしまいます。あと、7人のほかにもうひとり、電気系統に強いオジサンがいたんですが、このオジサン、「だいじょうぶ、だいじょうぶ、これぐらいすぐに直しちゃう~」 なんていいながら、あっけなく感電死しちゃいます。

 クラブ〈フォボス〉は街はずれにあって、携帯電話も通じません。彼らが行方不明になったとして、だれが気づいてくれるだろう…? 絶望的な状況に気づいた彼らは、なんとか自力で脱出しようと試みるのですが…

 …とまあ、つかみは非常にオーケーな感じなんですが。こっから殺人鬼なり、それに近い恐怖なりが出現してくると思いますでしょう? ちがうんですよー、ほんと、ただたんに、とじこめられるというお話なだけでした!!

 まあ、それなりにいろんな恐怖はあるんですけどね。ホラーに馴れていないお国柄らしく(?)、演出が妙につたなくて、そこらへんがまた、逆に新鮮だったりするんですが。なんかもう、ドーン! とか、バーン! とか、ジャ、ジャ、ジャーン!! と、大きな音しまくりなんですよ。あと、女の子悲鳴あげすぎ。キャラも感情爆発しまくり。すぐケンカしすぎだし、どなりすぎ!! と、つっこみどころが満載です。

 んで、この合間合間に、ヒロインと主人公のホンワカした心の交流が見られて… 途中から、これって、すっごいオチとか用意されているのかな? 主人公が、じつは〇〇だったとか?? いやもう、それくらい大きなオチがなくっちゃ、やってられないでしょ!! などと、いろいろ考えつつも観ちゃいました。

 それほど大きなオチはなかったのですが~、まあ、一応アリかな~と。なにぶん、ホラー馴れしていないんですよ!! あたたかい目で観てあげましょう!!

 ということで、今回は超甘めの採点です。困ったことに、けしてつまらなくはありませんでした。あまりいぢめないであげてください。











クラブ〈フォボス〉は、
こんな感じ。









パニックから、いろいろ
問題が起きちゃいます。









建物内は、迷路みたいに
なっているよ!!








主人公の青年。
名前は忘れた!
(でもイケメン!)







ヒロインのジュリア。
こっちも美人だ!
(なんかもう、今回は
投げやりだ!!)









PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
<< Heartless  | HOME |  The Wolfman >>
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
(いちおう)プロフィールです
HN:
ななみといいます
性別:
女性
自己紹介:

 独断と偏見で、ホラー関係(広い意味でのホラーですので、SFやファンタジーなんかもやってます)のレビューを書いてます。コメント大歓迎です。新情報や、こんなのもあるよ!って情報などなど、寄せてくれるとありがたいです。

〈好きかも♪〉
 おにぎり、猫たん、ジャック・ホワイト、ブクオフ、固いパン、高いところ、広いところ、すっげー大きな建造物、ダムとか工場とか、毛玉とり、いい匂い…

〈苦手かも…〉
 かます、説明書、道案内、カマドウマ、狭いところ、壁がすんごい目の前とか、渋滞、数字の暗記、人ごみを横切る、魚の三枚おろし…
ねこじかんです

ホームページ制作浮気調査ホームページ制作会社 東京浮気調査ホームページ制作 千葉ホームページ制作ブログパーツ 動物

最新CM

[03/28 PatlealaRag]
[02/29 あぐもん]
[02/29 あぐまn]
[01/11 わかりません]
[01/01 クロケット]
[10/23 ナマニク]
[10/23 ナマニク]
[10/20 nasu]
[10/17 奈良の亀母]
[10/16 ななみ]
気になる新作!

*A Lonely Place to Die

*Super 8

*Insidious

*The Woman

*Rammbock

*Season of the Wich

*Red Rising

*The Violent Kind

*Red White & Blue

*11-11-11

*The Feed

*Nang Phee

*Scream of the Banshee

*Dylan Dog: Dead of the Night

*Misteri Hantu Selular

*The Silent House

*Who Are You

*I Didn't Come Here to Die

*Famine

*I'm not Jesus Mommy

*Monster Brawl

*Some Guy Who kills People

*Falling Skies

*The Wicker Tree

*Hisss

*ChromSkull: Laid to RestⅡ

*Father's Day

*Drive Angry

*Fertile Ground

*Wake Wood

*Mientras Duermes

*Hobo with a Shotgun

*Atrocious

*KaraK

*Penunggu Istana

*Borre

*The Broken Imago

*Madison Country

*Viy

*Jenglot Pantai Selatan/Beach Creature

*Urban Explorer

*Los Infectados

*Isolation

*2002 Unborn Child

*The Pack

*El Incidente

*Rat Scratch Fever

*4bia
最新記事

(10/16)
(10/11)
(10/07)
(10/04)
(10/01)
(09/30)
(09/29)
(07/17)
(06/29)
(06/19)
ブログ内検索

みなさまの足跡
アクセス解析
バーコード
忍者ブログ [PR]

Graphics by Lame Tea / designed by 26℃