忍者ブログ
個人的にグッときたホラー映画(べつの意味でグッときたホラー映画も)なんかや、 小説のレビューなどをポツポツと…
[304]  [303]  [302]  [301]  [300]  [299]  [298]  [297]  [296]  [295]  [294
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    Eden Log


(2007)フランス
出演…クローヴィス・コルニヤック
ヴィマーラ・ポンズ
ゾハー・ウェクスラー
監督…フランク・ヴェスティエル
★★☆


〔ストーリー〕
 男が寒さに目を覚ますと、そこは暗闇。裸で泥だらけ、自分がだれなのか、ここがどこなのかも思い出せない… おそるおそる辺りを窺ってみると、傍らには死体が! なんとか懐中電灯を見つけた彼は、洞窟のようなこの場所から脱出を試みようとするのだが…


 まったくの前知識もなしに鑑賞してしまったのですが、この作品、サイファイだったのですねー。評価はまっぷたつに分かれているようですが、わたしはまあまあ楽しめました。フランス産のサイファイ・ホラーです。

 クローヴィス・コロニヤック演じる男が目を覚ますと、そこは暗闇。おまけに裸で泥だらけ。すっごく寒いし。ここはどこ、わたしはだれ?? 状態で、断続的にフラッシュと騒音が起こって彼の困惑をあらわします。そして、隣には死体が転がっているじゃあーりませんか! ひえ~、なんなの?? と、おっかなびっくり、ナゾの脱出劇がはじまるのですが…
 
 このオープニングがほんとうに真っ暗で、観ているこちらにもなにもわからないという状況です。といいますか、全編薄暗かったり、ナゾナゾだったり、見えにくかったりします。それがこの映画のよさなんですけどね。似たような作品としてすぐに思い浮かべてしまうのが、「CUBE」「CUBE/キューブ」1997)、塚本晋也監督の「HAZE/ヘイズ」(2005)みたいなものがあったりするのですが、あっと驚く結末が待っている脱出系かと思ってしまわれると、これまたちがうんですけれど…

 主人公はナゾの暗闇を懐中電灯片手に必死の探索、なんとか出口らしき場所までたどりつきます。しかし、電力が途絶えているのか、ドアはなかなか開きません。ディスクらしきものを発見した彼はさっそく再生してみると、壁に複数の女性が同時に喋りだす映像が映しだされます… 彼女たちはなにを伝えようとしているのか? そして、壁の一隅には「-4」という数字が。どうやらここが、地下四階であるらしいことを示しているようなのですが…

 まるでなにもわからない状態からはじまって、すこしずつそのナゾが追加されていく、というのはたしかにラストまで引っぱります。まず、映像が薄暗いんですけど、硬派なサイファイしていて、青っぽい、メタリックな世界観がうつくしいです。彼がいるのは遺棄された地下研究施設のようなのですが、あちこちに木の根が張っていて壊れかけています。ここにミュータントが登場するんですが、すっごく弱くて拍子抜け!(もうちょっとコワかったらな~)、…あ、すこし「The Descent」「ディセント」2005)の地底人を想起させます。気のせいか、顔まで似てるような気がしてきました。

 この手の作品て、オチありきになってしまう傾向が強いですが、そう思いながら観てしまうと、あまり楽しめないかもしれません。むしろ、その過程をじっくり味わうべき映画だと思います。
 敏感な人にはこれだけでわかってしまうかもしれませんが、日本のアニメ大好きフランスということで、この作品にもそんな影響が色濃く窺えます。まず、巨大な樹木の根が絡みあっているという神秘的な絵は、いわずもがな、宮崎駿監督の世界みたいだし、オチは森田修平監督ぽいんですよ。
 
 ここまで引っぱって、う~ん、ちょい弱いかな~? という感触がなきにしもあらず… なんですが、そこにいきつくまでのなんだかんだがわりとおもしろいです。ミステリアスな地下世界の造形も一見の価値あり。映画はエンディングの理解じゃない、その過程にある! という方のみ、オススメ。









いつまでも裸じゃかわい
そうということで、やっと
こさ服を見つけた
クローヴィス・コルニヤック。








いきなり捕獲
されちゃった!









吊るされてます…








途中で出会ったナゾ
の女性
(ヴィマーラ・ポンズ)。








迷路のような地下施設
をふたりで歩きまわる
のですが…







「ウガーッ!!」
ミューたん、登場!!




 


PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
...
Nice site really!
gambling casino URL 2009/01/31(Sat)19:43:19 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
(いちおう)プロフィールです
HN:
ななみといいます
性別:
女性
自己紹介:

 独断と偏見で、ホラー関係(広い意味でのホラーですので、SFやファンタジーなんかもやってます)のレビューを書いてます。コメント大歓迎です。新情報や、こんなのもあるよ!って情報などなど、寄せてくれるとありがたいです。

〈好きかも♪〉
 おにぎり、猫たん、ジャック・ホワイト、ブクオフ、固いパン、高いところ、広いところ、すっげー大きな建造物、ダムとか工場とか、毛玉とり、いい匂い…

〈苦手かも…〉
 かます、説明書、道案内、カマドウマ、狭いところ、壁がすんごい目の前とか、渋滞、数字の暗記、人ごみを横切る、魚の三枚おろし…
ねこじかんです

ホームページ制作浮気調査ホームページ制作会社 東京浮気調査ホームページ制作 千葉ホームページ制作ブログパーツ 動物

最新CM

[03/28 PatlealaRag]
[02/29 あぐもん]
[02/29 あぐまn]
[01/11 わかりません]
[01/01 クロケット]
[10/23 ナマニク]
[10/23 ナマニク]
[10/20 nasu]
[10/17 奈良の亀母]
[10/16 ななみ]
気になる新作!

*A Lonely Place to Die

*Super 8

*Insidious

*The Woman

*Rammbock

*Season of the Wich

*Red Rising

*The Violent Kind

*Red White & Blue

*11-11-11

*The Feed

*Nang Phee

*Scream of the Banshee

*Dylan Dog: Dead of the Night

*Misteri Hantu Selular

*The Silent House

*Who Are You

*I Didn't Come Here to Die

*Famine

*I'm not Jesus Mommy

*Monster Brawl

*Some Guy Who kills People

*Falling Skies

*The Wicker Tree

*Hisss

*ChromSkull: Laid to RestⅡ

*Father's Day

*Drive Angry

*Fertile Ground

*Wake Wood

*Mientras Duermes

*Hobo with a Shotgun

*Atrocious

*KaraK

*Penunggu Istana

*Borre

*The Broken Imago

*Madison Country

*Viy

*Jenglot Pantai Selatan/Beach Creature

*Urban Explorer

*Los Infectados

*Isolation

*2002 Unborn Child

*The Pack

*El Incidente

*Rat Scratch Fever

*4bia
最新記事

(10/16)
(10/11)
(10/07)
(10/04)
(10/01)
(09/30)
(09/29)
(07/17)
(06/29)
(06/19)
ブログ内検索

みなさまの足跡
アクセス解析
バーコード
忍者ブログ [PR]

Graphics by Lame Tea / designed by 26℃