忍者ブログ
個人的にグッときたホラー映画(べつの意味でグッときたホラー映画も)なんかや、 小説のレビューなどをポツポツと…
[284]  [283]  [282]  [281]  [280]  [279]  [278]  [277]  [276]  [275]  [274
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

     Eden Lake


    (2008)アメリカ
    出演…ケリー・ライリー、マイケル・ファスベン
         ダー、ジャック・オコネル、ジェームズ・
         バロウズ
    監督…ジェイムズ・ワトキンス
    ★★★


〔ストーリー〕
 小学校教師のジェニーは、恋人のスティーヴとのんびり休暇を過ごすことに。ふたりが選んだのは、壮大な自然に囲まれた、あまり人に知られていないエデン湖。しかし、湖畔で寛いでいるふたりの前に、粗野な若者集団がやってくる。犬を放し飼いにし、ラジカセのボリュームをあげて傍若無人に振る舞う彼らに、大人のスティーヴは注意しようとするのだが…


 海外ではやたら評価が高かったので、じゃあ、観てみようかな~ なんて、ふとした遊び心を起こしたのが失敗でした。こんなに残酷な映画、はじめて観ました… はじめて観ました…… いえ、これは誇張じゃないです。あまりのショッキングさに、ちょっと立ち直れません。。。orz
 
 …なんて、最初に脅してしまいましたが、あらすじを読んでいただけるとわかるかと思いますが、まあ、最近やけに増えている題材ですね。“少年犯罪” を扱った内容なんですが、「Ils」「THEM/ゼム」2006)にしろ、「The Strangers」(2008)にしろ、「現代殺人」 にクローズアップした、リアリティ重視の作品でした。たいして、こちらはよりドラマしています。どのようにして事件が起こったか、キャラクターたちの心情、行動などを、ぐっと細密に描写していくので、よけいタチが悪いです。しかし、91分という時間があっという間に過ぎてしまうほど、オソロシクて息もつけませんでした。

 ヒロインのジェニーは、小学校の先生。学校から解放された彼女は、さっそく恋人のスティーヴとキャンプに出かけます。ここで、エデン湖に着く途中でも、さまざまな子供(と、彼らの立場)などが挿入されます。かなり意識的に “十代の潜在犯罪” を示唆していますね。また、その背景にある 「要因」 なども匂わせています。

 目的地に着いた彼らは、水着に着替えてウッキウキ。だれもいない湖畔で、空を見上げて横になって… ロマンチックですね~ うらやましい…、と、ここで不良少年団の登場です。これがまた、見るからに不愉快なの、下品なの、頭悪いヤツラなのっ!!

 はじめにドラマ仕立てと書きましたが、これはけして、初心者にはオススメできる内容ではありません。スティーヴにたいする虐待は反吐が出ちゃいそうなほどひどすぎるし、人格をまったく無視しているし、「製作陣は、どうしてこんな不愉快な映画を撮ったんだろう?」 と、疑問視してしまうほど。(←たぶん、こんな気持ちにさせたかったんだと思います)。
 でも、「Funny Games」「ファニーゲーム」1997)のミヒャエル・ハネケ監督のように、はなから観客を挑発しているという姿勢はなく、ごくフツーの映画を装っているところが、さらに始末が悪いのです。

 犠牲者たちが虐げられても生き生きしているのにくらべて、加害者の少年たち(リーダーのブレットを除いて)は生気がないのが、おそらく偶然の産物なんでしょうけど、現実的です。まるでロボットのように、不快な表情を浮かべながらも、結局はブレットのいいなりになる姿は、じっさいの犯罪現場を見ているような暗澹たる気持ちになります。そして、彼らはどこにでもいる少年なんですね。

 作品としてはかなりおもしろく作ってはいるんですが、う~ん、ただ 「不愉快さ」 だけを追求した映画っていうのも、どうなんでしょう…? (ついでに、こういうのを喜んで観ているわたしたちってのも、どうなんでしょう!!)
 余談ですが、これより評価を低くしてしまった「Splinter」(2008)のほうが、ずっと良質なエンタテイメントをしています。よって、やはりこれは万人にはオススメできる代物ではありません。
 
 「現代の危機の警鐘」 を装ってはいますけど、たんなる悪趣味なホラー作品ですね。けなしたり、けなしたり~ してしまいましたが(笑)、ラストの、ブレット少年(ジャック・オコネル)の表情はなにを語る…?
 









 ジェニー(ケリー・ライリー)と、
 スティーヴ(マイケル・ファス
 ベンダー)。ロマンチックな
 キャンプ旅行になるはずが…









 悪ガキどもに車を盗まれた!









 キレる少年とナイフ。これほど
 危険な組みあわせはありませ
 ん。







 泥だらけになったジェニー、
 必死に助けを呼ぼうとしま
 すが…!








 愛する人を守るためなら、
 女性はどこまでも強くな
 れるのです!







 
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
ども♪
超不条理作品ですよね、これ。
ナオミ・ワッツでリメイクとかしてませんでしたっけ?
( ・ω・)
こういう救われない気持ち100%になる作品も、珍しいですよね( ^ω^)
terry URL 2008/11/13(Thu)21:13:35 編集
お気をつけください!
>terryさん
ナオミ・ワッツのリメイクはハネケ監督の「ファニーゲーム」で、たぶんタイトルもおなじ、監督さんもおなじだったような気がします。
この作品はほんと、イヤ~~~(!!!)な気分になりますから、terryさんは観ないことをオススメしますよ、念のため!
「ファニーゲーム」はふつうに知的なおもしろさがあったんですけど、この作品は二番煎じ、それも「残虐さ」だけど伸ばした感じですかね…
でも、これと「オールナイトロング」のどこがどうちがうのかと訊かれると、正直答えにくいかもしれません…
ななみ 2008/11/17(Mon)00:24:21 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
<< Basket Case  | HOME |  Dead RIngers >>
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
(いちおう)プロフィールです
HN:
ななみといいます
性別:
女性
自己紹介:

 独断と偏見で、ホラー関係(広い意味でのホラーですので、SFやファンタジーなんかもやってます)のレビューを書いてます。コメント大歓迎です。新情報や、こんなのもあるよ!って情報などなど、寄せてくれるとありがたいです。

〈好きかも♪〉
 おにぎり、猫たん、ジャック・ホワイト、ブクオフ、固いパン、高いところ、広いところ、すっげー大きな建造物、ダムとか工場とか、毛玉とり、いい匂い…

〈苦手かも…〉
 かます、説明書、道案内、カマドウマ、狭いところ、壁がすんごい目の前とか、渋滞、数字の暗記、人ごみを横切る、魚の三枚おろし…
ねこじかんです

ホームページ制作浮気調査ホームページ制作会社 東京浮気調査ホームページ制作 千葉ホームページ制作ブログパーツ 動物

最新CM

[03/28 PatlealaRag]
[02/29 あぐもん]
[02/29 あぐまn]
[01/11 わかりません]
[01/01 クロケット]
[10/23 ナマニク]
[10/23 ナマニク]
[10/20 nasu]
[10/17 奈良の亀母]
[10/16 ななみ]
気になる新作!

*A Lonely Place to Die

*Super 8

*Insidious

*The Woman

*Rammbock

*Season of the Wich

*Red Rising

*The Violent Kind

*Red White & Blue

*11-11-11

*The Feed

*Nang Phee

*Scream of the Banshee

*Dylan Dog: Dead of the Night

*Misteri Hantu Selular

*The Silent House

*Who Are You

*I Didn't Come Here to Die

*Famine

*I'm not Jesus Mommy

*Monster Brawl

*Some Guy Who kills People

*Falling Skies

*The Wicker Tree

*Hisss

*ChromSkull: Laid to RestⅡ

*Father's Day

*Drive Angry

*Fertile Ground

*Wake Wood

*Mientras Duermes

*Hobo with a Shotgun

*Atrocious

*KaraK

*Penunggu Istana

*Borre

*The Broken Imago

*Madison Country

*Viy

*Jenglot Pantai Selatan/Beach Creature

*Urban Explorer

*Los Infectados

*Isolation

*2002 Unborn Child

*The Pack

*El Incidente

*Rat Scratch Fever

*4bia
最新記事

(10/16)
(10/11)
(10/07)
(10/04)
(10/01)
(09/30)
(09/29)
(07/17)
(06/29)
(06/19)
ブログ内検索

みなさまの足跡
アクセス解析
バーコード
忍者ブログ [PR]

Graphics by Lame Tea / designed by 26℃