忍者ブログ
個人的にグッときたホラー映画(べつの意味でグッときたホラー映画も)なんかや、 小説のレビューなどをポツポツと…
[186]  [185]  [184]  [183]  [182]  [181]  [180]  [179]  [178]  [177]  [176
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

   Dellamorte 
   Dellamore


1994)イタリア/フランス/ドイツ
出演…ルパート・エヴェレット
フランク・ハジー・ラザロ
アンナ・ファルチ
監督…ミケーレ・ソアヴィ
★★★


〔ストーリー〕
 北イタリアの小さな村で墓地管理人を務める青年・フランチェスコと、頭は弱いけれども気のやさしい相棒ナギ。じつは彼らには秘密があり、毎晩墓地から甦った死人を退治して、また埋葬するということをくりかえしていた。だが、村の人に話しても、だれも信じてくれない。
 そこへ謎めいた美貌の未亡人があらわれて、フランチェスコはひと目で彼女に心を奪われてしまうのだが…


 そうなんです、ソアヴィ監督の「デモンズ'95」です。邦題は「デモンズ~」(英語タイトルは、「Cemetery Man」)なんてついていますが、あのデモンズとは縁もゆかりもありません!! そこのところをどうか、おまちがえのないように。

 はじめにいってしまいますが、この作品、ホラーとしてはけっこう微妙です。
でも、それを補うにはじゅうぶんな独特の映像美と数々のエピソードがあって、非常に人気の高い作品でもあります。
原作は、ティツィアノ・スクラヴィの人気コミック。 また、舞台となる墓地は19世紀に活躍した画家アーノルド・ベックリンの 『死の島』 をモチーフにしています。

 内容のほうはといいますと、シュールで幻想的で哲学的、そして、かなり文学色を強くしようとしているのがわかります。…この、“しようとしている” が、ポイントです! なぜかといいますと、これがほかの作品とはあきらかに、一線を画している理由のようなんです。

 墓守のフランチェスコ(ルパート・エヴェレット)と相棒のナギ(フランク・ハジー・ラザロ)は、毎晩のようにゾンビ退治に明け暮れています。このゾンビがまた、ホラーとしての迫力はほぼ皆無、むしろ脇役的な存在で、フランチェスコたちの退治方法も怠惰な感じです。疲れきってるんです。こんな毎日、正直ウンザリなんです!

 …と、そこへ、目もくらむような美女(アンナ・ファルチ)が登場します。美女は夫を亡くしたばかりで、その夫というのがまた、父親のような年上で、なのに彼女は足しげく墓地に通ってきます。フランチェスコ、ひと目で恋に堕ちてしまいます。彼女と愛しあうようになりますが、そこへ悲劇が…

 オリジナル・タイトルが「死の、愛の」となっているとおり、生者と死者の中間に置かれたフランチェスコ(現代的なアウトサイダー)の苦悩がテーマのようです。しかし、全体のトーンはむしろコミカルで、おとぎ話のようにファンタジック。

 さすが原作がコミックということもあって、派手なエピソードもたくさんあります。
ボーイ・スカウトの一団ゾンビや、バイクと一緒に葬られた青年が、地中から復活(ミート・ローフみたい!)するシーン、真昼間(!)に出現する死神、などなど… 

 でも、ソアヴィ監督の演出はあくまで抑え気味で、淡々と連ねていくだけ。これが静けさのなかに、徐々に不安感を醸しだしていくという表現になっているんですが、ううーん、正直、ずいぶん惜しいような!

 …はじめに文学色うんぬんと書きましたが、まじめに観ると気恥ずかしいです。それが、ホラー映画らしくない理由です。でも、またそれが、作品に愛らしさも与えています。それが人気を博す理由にもなっているようです。

 相棒のナギが終始愛嬌を振りまいてます。未亡人役のアンナ・ファルチも、ミステリアスでうつくしい。とくに、甦った彼女の “死せる女神” は退廃的で注目です!
それにしても、ナギたん、パスタにバナナはあわないと思うナ~!









苦悩する青年、フランチェスカ
(ルパート・エヴェレット)。







みんなのアイドル、ナギたん
(フランク・ハジー・ラザロ)





謎めいた美女(アンナ・
ファルチ)、登場!
黒いベールが揺らめくシーン
には、うっとりです。








死神、登場!
この造形がまた、イカす~!!

 



大好きなTVを壊されちゃった
もんで、好きな女の子(ゾンビ)
を入れてみたり…
このシーン、カワイらしくて
お気にです




こちらがスイスの象徴画家・ベックリン
『死の島』の1枚。
映画のなかでも非常にシンボリックに
使われています。







PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
ソアビ監督
「アクエリアス」「デモンズ3」「デモンズ4」「デモンズ95」。ソアビ監督の映画はいずれもビジュアルが美しいと思います。本作の死神の造詣はすばらしい!です。
ソアビはダリオ・アルジェント以外にジョー・ダマトやルチオ・フルチとも仕事で組んだことがあり、フルチ「地獄の門」にも俳優で出てました。
「シャドー」「フェニモミナ」などにも出ている俳優としてでいているようです。
クロケット 2008/02/20(Wed)00:37:05 編集
ナギたん!
美男美女が苦手なオイラはひたすらナギたん
に目が釘付け!ナギたんさえ居てくれればいいの。
大人のおとぎ話みたいなラストでした。
ベックリンの画集見たいなあ。
奈良の亀母 2008/02/20(Wed)08:39:08 編集
クロケットさん♪
ええーっ!!
ソアヴィ監督が「地獄の門」に出ていたなんて…(それから、「シャドー」にも出ていたなんて!)観ていてまったく気づきませんでした~!!
でも、たしかに、ソアヴィ監督って、役者さんでもやっていけそうな渋いお顔ですもんね。
ほんとにこの作品の死神はすばらしいと思います。
「バロン」にそっくりだなと思っていたら、助監督を務めていたそうなんです。
「バロン」の死神もカッコよかったですよね。
ななみ 2008/02/20(Wed)23:01:26 編集
亀母さん♪
ナギたん、やっぱりみんな大好きですね~♪
わたしはテレビを壊されちゃったときの、なんともいえない苦悶の表情がたまりませんでした。
スノードームを使った映画って、けっこう多いですよね…(「氷の接吻」とか、「ジュエルに気をつけろ」とか…)
ソアヴィ監督は上記の2作より使い方が不器用(?)なんですけど、そこがまたよかったり。
ななみ 2008/02/20(Wed)23:08:40 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
<< The Illusionist  | HOME |  [Rec] >>
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
(いちおう)プロフィールです
HN:
ななみといいます
性別:
女性
自己紹介:

 独断と偏見で、ホラー関係(広い意味でのホラーですので、SFやファンタジーなんかもやってます)のレビューを書いてます。コメント大歓迎です。新情報や、こんなのもあるよ!って情報などなど、寄せてくれるとありがたいです。

〈好きかも♪〉
 おにぎり、猫たん、ジャック・ホワイト、ブクオフ、固いパン、高いところ、広いところ、すっげー大きな建造物、ダムとか工場とか、毛玉とり、いい匂い…

〈苦手かも…〉
 かます、説明書、道案内、カマドウマ、狭いところ、壁がすんごい目の前とか、渋滞、数字の暗記、人ごみを横切る、魚の三枚おろし…
ねこじかんです

ホームページ制作浮気調査ホームページ制作会社 東京浮気調査ホームページ制作 千葉ホームページ制作ブログパーツ 動物

最新CM

[03/28 PatlealaRag]
[02/29 あぐもん]
[02/29 あぐまn]
[01/11 わかりません]
[01/01 クロケット]
[10/23 ナマニク]
[10/23 ナマニク]
[10/20 nasu]
[10/17 奈良の亀母]
[10/16 ななみ]
気になる新作!

*A Lonely Place to Die

*Super 8

*Insidious

*The Woman

*Rammbock

*Season of the Wich

*Red Rising

*The Violent Kind

*Red White & Blue

*11-11-11

*The Feed

*Nang Phee

*Scream of the Banshee

*Dylan Dog: Dead of the Night

*Misteri Hantu Selular

*The Silent House

*Who Are You

*I Didn't Come Here to Die

*Famine

*I'm not Jesus Mommy

*Monster Brawl

*Some Guy Who kills People

*Falling Skies

*The Wicker Tree

*Hisss

*ChromSkull: Laid to RestⅡ

*Father's Day

*Drive Angry

*Fertile Ground

*Wake Wood

*Mientras Duermes

*Hobo with a Shotgun

*Atrocious

*KaraK

*Penunggu Istana

*Borre

*The Broken Imago

*Madison Country

*Viy

*Jenglot Pantai Selatan/Beach Creature

*Urban Explorer

*Los Infectados

*Isolation

*2002 Unborn Child

*The Pack

*El Incidente

*Rat Scratch Fever

*4bia
最新記事

(10/16)
(10/11)
(10/07)
(10/04)
(10/01)
(09/30)
(09/29)
(07/17)
(06/29)
(06/19)
ブログ内検索

みなさまの足跡
アクセス解析
バーコード
忍者ブログ [PR]

Graphics by Lame Tea / designed by 26℃