忍者ブログ
個人的にグッときたホラー映画(べつの意味でグッときたホラー映画も)なんかや、 小説のレビューなどをポツポツと…
[490]  [489]  [488]  [487]  [486]  [485]  [484]  [483]  [482]  [481]  [480
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

   Winter's Bone



(2010)アメリカ
出演…ジェニファー・ローレンス
ジョン・ホークス
デイル・ディッキー
監督…デボラ・グラニク
★★★☆


〔ストーリー〕
 ミズーリ州の閑散とした山間に暮らす17歳の少女・リーは、世間的な17歳の生活とはまるで皆無。薬の売人だった父が多額の保釈金を約束しながら逃走し、リーはなんとか家族の面倒を見ていた。幼い弟と妹、母のソーニャは父が蒸発してからというもの、精神的な閉鎖状態に陥り会話も満足にできない。なんとか父の居所を知ろうと、父の知人のあいだを訪ね歩くのだが… リーは、自分たち家族がどれだけ疎まれているかを知るだけなのだった…


 ホラーではないんですが、雰囲気的にはそこらのホラーなんかよりずっとずっとこわいです。
サンダンス映画祭でも高い評価をうけたこの作品、わたしの評価はこんなですけど(なにぶんホラーではないので)、作品クオリティは異常に高いです。
 監督は、これが長編2作目なのだと聞いて、才能の有無を感じずにはいられない出来となっています。

 物語は、さびれた山間に暮らす少女リー(ジェニファー・ローレンス)の生活風景からはじまります。リーは17歳なのに、高校に通っていません。ヤクの売人だった父が多額の保釈金を残して蒸発してからというもの、彼女ひとりでなんとか家族の面倒を見ていたのです。

 まだ幼い弟、小さな妹。母親のソーニャは自分の世界にとじこもったきり、リーがすべての世話をしなくてはなりません。薪割りや家畜の世話、食事、弟妹たちの面倒と、やることがいっぱいなんです。そんな悲壮感ただようオープニングからスタート。

 そしてこの、健気な娘リーに降りかかる災難というのが、ちょっとやそっとのかわいそうというレベルではなく、わたしは最後までひやひやしながら観てしまいました。

 お話的にいうと、ごく狭い地域社会の軋轢、排斥される弱者の物語… といったところなんでしょうが、うーん、安全な日本にぬくぬく暮らしているわたしには、なぜ17歳の女の子がここまで苦労しなければいけないのか?? と、不憫でなりませんでした。

 舞台が山間に田舎町ということで、人口もすくなく、それがかえって殺伐的・狭量的社会を生みだすというのは、サンダンス映画祭っぽい内容なのかもしれませんが。

 しかーし!!
この映画のいちばんの特色は、ヒロイン・リーに降りかかる災難や周囲の人間模様を、かなりホラーっぽい、
おそろしい視点で演出にしている点にあるのです。

 アメリカの片田舎、狭い地域社会とくれば… うー、ホラー好きのみなさんならわかるかと思いますが、想像しただけでもこわいこわい!!
リーはどうにか父の居所を知ろうとするのですが、父の知人には門前払いを食らうばかり。立ちのきまで一週間と期限をつきつけられても、だれひとり、やさしい手をさしのべようとする大人はいないのです。

 それから、ヒロインのリー役の子の演技がまたすばらしい!
強気で弱い感情をあまり出さない女の子として、それが余計にリーたち一家の立場の弱さを強調していくのです。
 ほんとうは、彼女だってすっごくこわいはずなのに!! 17歳のいたいけな女の子なのに!! けして、こわいとはいえないんです。それが、どーうにもならない状況の堂々巡りなんです。

 しかしながら、唯一叔父のティアドロップ(ジョン・ホークス)だけは、リーに手を貸そうというそぶりを見せるのですが…?? はたして、その親切心の意味は…??

 結末は、一応安心できる作りになってますけど、ハッピーエンドとはいえません。リーがこの狭い社会に見切りをつけて、新しい世界に目をむける、その姿勢だけが唯一の救いとなっているのです。
最後までドキドキしどおしでした。すごい傑作です。











ヒロインの
ジェニファー・
ローレンス。
将来大物になる予感!







リーはまだ小さな
弟妹たちの面倒を
見ているのですが…








叔父のティアドロップ
だけ、リーの話に耳を
傾けようとします。








父の知人のオバチャン
のメラブ。
この人が文句なしに
おそろしいのです。








リーたち一家に、
はたして安泰は
訪れるのでしょうか…?









PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
あんたが頼りだ、おかあちゃん。
田舎の閉塞感を日々、皮膚感覚で感じながら
暮しておりますので身につまされます。
SFやホラーにのめり込むのも、一時だけでも
現実から逃れるためなのです。
しっかり者の女の子と頼りにならない母親という
と、マキャモンの「スワンソング」もそう。
シングルマザーとして自立することなく、
ダメンズを渡り歩いては喧嘩別れ。
ス・ワンダはあんなええ子なのに。
奈良の亀母 2010/11/10(Wed)11:44:44 編集
スー・ワンダ
>亀母さん
そうなんですよね、田舎暮らしとか美化されてますけど、現実には嫌な状況がいっぱいあったりするものです。わたしも田舎暮らしなので、そういうものはよくわかります。
かえって、都会暮らしのほうが気楽なんじゃないかな?というくらい。
子供を守るはずの母が、自分のなかに閉じこもっちゃってどうする!!
「スワンソング」も駄目駄目な母でしたねー。
でも、そういう母親の子供にかぎって、心根がよかったりするから不思議。
逆に甘やかされてると、自己中になっちゃいそうです。
いえ、わたしはけしてそんな人間ではありませんけどね!!
ななみ 2010/11/12(Fri)22:57:11 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
(いちおう)プロフィールです
HN:
ななみといいます
性別:
女性
自己紹介:

 独断と偏見で、ホラー関係(広い意味でのホラーですので、SFやファンタジーなんかもやってます)のレビューを書いてます。コメント大歓迎です。新情報や、こんなのもあるよ!って情報などなど、寄せてくれるとありがたいです。

〈好きかも♪〉
 おにぎり、猫たん、ジャック・ホワイト、ブクオフ、固いパン、高いところ、広いところ、すっげー大きな建造物、ダムとか工場とか、毛玉とり、いい匂い…

〈苦手かも…〉
 かます、説明書、道案内、カマドウマ、狭いところ、壁がすんごい目の前とか、渋滞、数字の暗記、人ごみを横切る、魚の三枚おろし…
ねこじかんです

ホームページ制作浮気調査ホームページ制作会社 東京浮気調査ホームページ制作 千葉ホームページ制作ブログパーツ 動物

最新CM

[03/28 PatlealaRag]
[02/29 あぐもん]
[02/29 あぐまn]
[01/11 わかりません]
[01/01 クロケット]
[10/23 ナマニク]
[10/23 ナマニク]
[10/20 nasu]
[10/17 奈良の亀母]
[10/16 ななみ]
気になる新作!

*A Lonely Place to Die

*Super 8

*Insidious

*The Woman

*Rammbock

*Season of the Wich

*Red Rising

*The Violent Kind

*Red White & Blue

*11-11-11

*The Feed

*Nang Phee

*Scream of the Banshee

*Dylan Dog: Dead of the Night

*Misteri Hantu Selular

*The Silent House

*Who Are You

*I Didn't Come Here to Die

*Famine

*I'm not Jesus Mommy

*Monster Brawl

*Some Guy Who kills People

*Falling Skies

*The Wicker Tree

*Hisss

*ChromSkull: Laid to RestⅡ

*Father's Day

*Drive Angry

*Fertile Ground

*Wake Wood

*Mientras Duermes

*Hobo with a Shotgun

*Atrocious

*KaraK

*Penunggu Istana

*Borre

*The Broken Imago

*Madison Country

*Viy

*Jenglot Pantai Selatan/Beach Creature

*Urban Explorer

*Los Infectados

*Isolation

*2002 Unborn Child

*The Pack

*El Incidente

*Rat Scratch Fever

*4bia
最新記事

(10/16)
(10/11)
(10/07)
(10/04)
(10/01)
(09/30)
(09/29)
(07/17)
(06/29)
(06/19)
ブログ内検索

みなさまの足跡
アクセス解析
バーコード
忍者ブログ [PR]

Graphics by Lame Tea / designed by 26℃