忍者ブログ
個人的にグッときたホラー映画(べつの意味でグッときたホラー映画も)なんかや、 小説のレビューなどをポツポツと…
[491]  [490]  [489]  [488]  [487]  [486]  [485]  [484]  [483]  [482]  [481
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

   Man som hatar
        kvinnor


(2009)スウェーデン/デンマーク/ドイツ/
ノルウェー
出演…ミカエル・ニクヴィスト
ノオミ・ラパス
スヴェン・バーティル・タウベ
監督…ニールス・アルデン・オプレウ
★★★☆

〔ストーリー〕
 〈ミレニアム〉誌の敏腕ジャーナリストのミカエルは、大物実業家の不正を暴いたことから名誉毀損で訴えられて、有罪判決をうけてしまう。
 そんな彼を拾ったのが、ヴァンゲル財閥のヘンリック。じつはミカエルが幼いころ、ヘンリックが暮らす孤島で父が働いていた時期があったのだ。ヘンリックは40年前に島から忽然と姿を消した、姪のハリエットの事件を打ち明ける。彼はハリエットがすでに殺害されていて、その犯人は一族の者だというのだが…
 そして、ミカエルの身元調査をしていたのは、天才ハッカーのリスベットという女だった…


 最近映画観る時間がないんですよー、すいません!!
そういえば、話題作だったのにうっかり見逃してしまったこの作品… 先日ようやく鑑賞しましたので、なんとなく覚え書きに残しておきます。「ミレニアム/ドラゴン・タトゥーの女」

 日本でも売れに売れまくっているようです、スティーヴ・ラーソンによる3部作ミステリーの一作目。
たぶん、原作をお読みになってる方も多いんじゃないかと思います。
かなりきわどいシーンもありまして、しかし、それを凌駕する圧倒的作品パワーがある。この出来を見るかぎりでは、続編も多いに期待できそうです!!

 えーと、タイトルにもなってる〈ミレニアム〉は、出版社の名前なのですね。そういえばむかし、サイコ事件ばかりを扱った「ミレニアム」というアメリカのドラマがありました… 地味だったんですけど、わたしはけっこう好きだったんですけどねー。

 話が逸れちゃましたが、この新聞社〈ミレニアム〉の敏腕記者ミカエル(ミカエル・ニクヴィスト)が訴訟を起こされて、有罪判決されるところからはじまります。世間的にはミカエルは悪者あつかいですが、彼の無実をちゃーんと知ってる人がいました。その人物というのが、天才ハッカーのリスベット。

 お話はほんと、ミステリーの王道みたいなシチュエーション・謎解きものです。
出口を断たれた孤島から、40年前にひとりの美少女が姿を消す。ミカエルに調査を依頼した叔父のヘンリック(スヴェン・バーティル・タウベ)は、彼女を溺愛していたものだから、それはそれは悲しみに暮れるのですが… この苦しみ、40年間ずっとつづいています。というのも、彼の誕生日になると、必ず「押し花」が送られてくるのです。この「押し花」はハリエットがいたころ、彼に毎年プレゼントしてくれたものだったのです…

 ヘンリックは「押し花」を送りつづけるのは、ハリエットを殺害した犯人ではないかと確信しています。その犯人とは、自分の一族のひとりではないかというのですが…!! 

 謎めいたストーリー、ときどき挿入されるフラッシュバックも知的でかっこいい。
ミステリといっても、まあ、結末はよくあるタイプのものなんですけどね。でも、この作品の魅力はやはり、破天荒なヒロイン・リスベット(ノオミ・ラパス)にあるのでしょう。
パンキッシュなヘアスタイル、鼻ピアス、全身刺青だらけと、ずいぶん反社会的なんですが~!!

 最初は圧倒されちゃいますが、リスベットはすごい大天才でして、映像記憶能力とか、ハッカーの知識が半端ないのです。それに、レズビアンでもあるし、精神病院あがりだし、保護観察がついてるし、男性恐怖症気味らしいし… などと、問題点いっぱいなのですが、彼女の存在感が非常によいのです。たぶん、このヒロイン像だったからこそ、この小説もそれほどヒットしたんじゃないかなー、という感想です。

 なので、ミステリーを主体に見るよりも、ヒロイン・リスベットとミカエルのちぐはぐながら、徐々に心を通わせていく過程に注目していただきたいです。
このふたり、ついには一線を越えてしまうのですが、露骨なシーンのわりにぜんぜんヤラしくない。むしろ、感動的ですらあります。

 結末のえげつなさ(欧米ミステリにみられる、〇〇の秘密とか…)は、ちょっと受けつけないんですけど、キャラクターが個性的でとてもおもしろかったです。完全版はえらい長かったんですけど、これ、一応映画として公開されたんですよね?










ヒロイン・リスベット。
続編ではさらに過激な
ファッションに!!









有罪判決をうけてしまった
ミカエル。







リスベット、危うし!!
どこにでもいるんです、
エロいオッサンて!!








ミカエルは編集長の
エリカと恋仲なのですが…







ミカエル、
ずいぶんうれしそうだな(笑)
でこぼこ探偵コンビ結成!







PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
<< The Reef  | HOME |  Winter's Bone >>
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
(いちおう)プロフィールです
HN:
ななみといいます
性別:
女性
自己紹介:

 独断と偏見で、ホラー関係(広い意味でのホラーですので、SFやファンタジーなんかもやってます)のレビューを書いてます。コメント大歓迎です。新情報や、こんなのもあるよ!って情報などなど、寄せてくれるとありがたいです。

〈好きかも♪〉
 おにぎり、猫たん、ジャック・ホワイト、ブクオフ、固いパン、高いところ、広いところ、すっげー大きな建造物、ダムとか工場とか、毛玉とり、いい匂い…

〈苦手かも…〉
 かます、説明書、道案内、カマドウマ、狭いところ、壁がすんごい目の前とか、渋滞、数字の暗記、人ごみを横切る、魚の三枚おろし…
ねこじかんです

ホームページ制作浮気調査ホームページ制作会社 東京浮気調査ホームページ制作 千葉ホームページ制作ブログパーツ 動物

最新CM

[03/28 PatlealaRag]
[02/29 あぐもん]
[02/29 あぐまn]
[01/11 わかりません]
[01/01 クロケット]
[10/23 ナマニク]
[10/23 ナマニク]
[10/20 nasu]
[10/17 奈良の亀母]
[10/16 ななみ]
気になる新作!

*A Lonely Place to Die

*Super 8

*Insidious

*The Woman

*Rammbock

*Season of the Wich

*Red Rising

*The Violent Kind

*Red White & Blue

*11-11-11

*The Feed

*Nang Phee

*Scream of the Banshee

*Dylan Dog: Dead of the Night

*Misteri Hantu Selular

*The Silent House

*Who Are You

*I Didn't Come Here to Die

*Famine

*I'm not Jesus Mommy

*Monster Brawl

*Some Guy Who kills People

*Falling Skies

*The Wicker Tree

*Hisss

*ChromSkull: Laid to RestⅡ

*Father's Day

*Drive Angry

*Fertile Ground

*Wake Wood

*Mientras Duermes

*Hobo with a Shotgun

*Atrocious

*KaraK

*Penunggu Istana

*Borre

*The Broken Imago

*Madison Country

*Viy

*Jenglot Pantai Selatan/Beach Creature

*Urban Explorer

*Los Infectados

*Isolation

*2002 Unborn Child

*The Pack

*El Incidente

*Rat Scratch Fever

*4bia
最新記事

(10/16)
(10/11)
(10/07)
(10/04)
(10/01)
(09/30)
(09/29)
(07/17)
(06/29)
(06/19)
ブログ内検索

みなさまの足跡
アクセス解析
バーコード
忍者ブログ [PR]

Graphics by Lame Tea / designed by 26℃