忍者ブログ
個人的にグッときたホラー映画(べつの意味でグッときたホラー映画も)なんかや、 小説のレビューなどをポツポツと…
[216]  [215]  [214]  [213]  [212]  [211]  [210]  [209]  [208]  [207]  [206
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    I, Madman



(1989)アメリカ
出演…ジェニー・ライト
クライトン・ローナー
ランダル・ウィリアム・クック
監督…ティボー・タカックス
★★★


〔ストーリー〕
 古書店に勤める美女・ヴァージニアは、大のホラー小説好き。マルコム・ブランドという作家に夢中になった彼女は、『I, Madman』 という彼の新作を手に入れる。物語は、女優アンナに恋する醜い容貌の医者が、彼女に好かれようと気に入ったパーツを手に入れて、自ら移植していくというもの。だが、ヴァージニアが本を読み進めるうちに、じっさいにまったくおなじような殺人事件が起こりだして…!


 1990年のアボリアッツ映画祭で、グランプリを獲った「ハードカバー/黒衣の使者」です。まさに80~90年代なテイストですねー、B級モンスターですねー!
…ですが、前半のクラッシックな雰囲気もまた、大好きなわたしです。

 こういうストーリーというと、ミステリーになることが多いんですけど、この作品は完全にホラーしてます。

 最近のティボー・タカックス監督というと、「Mansquito」(2005)(…「蚊人間」!)や、「Ice Spider」(2007)(…「氷クモ」!)、「Mega Snake」(2007)(…「すっごくでっかいヘビ」!!)

 …と、このように~(笑)、タイトルからもご察知できますように、なにやら酸っぱい香りがただよってきますが! 
 しかし、この作品では、そういったB級っぽい安っぽさと、クラシカルなストーリーと、時代背景が見事にマッチした、一見の価値ありのステキな作品に仕上がっています。

 まず、ヒロインのヴァージニアを演じるジェニー・ライトがうつくしいです。美女野獣の構図というと、わたしはどうしても、「Candyman」(1992)を連想してしまうんですが、たしかにちょっと、ヴァージニア・マドセンに似てるんですよねー (…あっと、名前もシンクロしていますね!)。

 このヴァージニアがむさぼるように(笑)読みつづける 『I, Madman』 に登場するマッドな医師・ケスラーがまた、イカしています。彼は非常にブ男なため、容姿に自信が持てず、自らの手であちこち整形しちゃうんですが、街をフラフラ~っと歩いて気に入ったパーツを見つけると、「ああ、あれ、イイかもしんない…」「あの赤毛、カッコイイなァ…」などとひとりつぶやきながら、力ずくで奪っていきます。お医者さんなので、メスでスパスパッと、それは手馴れたものなのです。(ひえ~!

 小説の中の出来事が、自分が読み進めるたびに現実にも起こっていることを知ったヴァージニア。恋人のリチャードに訴えますが、当然信じてもらえません。そして、ヴァージニアにも魔の手が…!

 「現実」と「小説」の二重構造も魅力的なんですが、この “うつくしいものに憧れる怪物” の姿が、けっこう泣けます。じっさいは無理くり移植していくたんびに、どんどんバケモノじみていくんですが、ケスラーはそんなこと関係なしです。恋は盲目なのですね~。恋に目がくらんだ人の執念て、カワ・オソロシイ…!!

 どうせなら、こうしたケスラーの痛々しいところを強調して、思いっきりベタでゴシックな悲恋にしてしまったほうが好みだったんですけど、ラストのイマジネーション爆発の展開もなかなか楽しいです。
なお、これより2年前に撮られた「The Gate」にも、似たようなイマジネーション怪物(!)が登場するとのこと。ぜひ観てみたいですねー









ホラー小説大好きの文学美女・
ヴァージニア(ジェニー・ライト)。
つづきを我慢できずに、バスの
停留所で読みはじめるシーンが
イイですね









新しい本を手に入れちゃった!
ドキドキ、ワクワク…







『オペラ座の怪人』のような
アヤシイ雰囲気がまたステ
キ~な、ケスラー様(ランダ
ル・ウィリアム・クック)。








ヴァージニアの恋人の
リチャード
(クライトン・ロウナー)。
じつは刑事さん。







PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
これ好きなんですが
この作品好きなんですけど、日本だと単独でのDVD化されていなくて、見たくもないやつとセットで買うのもいやなので、ホントおしいやつなんです。
miyamoto URL 2008/04/19(Sat)02:58:38 編集
わたしも大好きです♪
>miyamotoさん
こんばんはです。
セット販売されているんですか、それはひどい話ですね~!!
わたしもこの手のホラーはすごく好みなんです。ストーリーもわりとよく出来ているほうだし、ぜったいファンが多そうな作品なんですけどね…
ケスラー様の淫靡な魅力が、とにかくカッコよかったです♪
ななみ 2008/04/20(Sun)00:02:03 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
08 2019/09 10
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
(いちおう)プロフィールです
HN:
ななみといいます
性別:
女性
自己紹介:

 独断と偏見で、ホラー関係(広い意味でのホラーですので、SFやファンタジーなんかもやってます)のレビューを書いてます。コメント大歓迎です。新情報や、こんなのもあるよ!って情報などなど、寄せてくれるとありがたいです。

〈好きかも♪〉
 おにぎり、猫たん、ジャック・ホワイト、ブクオフ、固いパン、高いところ、広いところ、すっげー大きな建造物、ダムとか工場とか、毛玉とり、いい匂い…

〈苦手かも…〉
 かます、説明書、道案内、カマドウマ、狭いところ、壁がすんごい目の前とか、渋滞、数字の暗記、人ごみを横切る、魚の三枚おろし…
ねこじかんです

ホームページ制作浮気調査ホームページ制作会社 東京浮気調査ホームページ制作 千葉ホームページ制作ブログパーツ 動物

最新CM

[03/28 PatlealaRag]
[02/29 あぐもん]
[02/29 あぐまn]
[01/11 わかりません]
[01/01 クロケット]
[10/23 ナマニク]
[10/23 ナマニク]
[10/20 nasu]
[10/17 奈良の亀母]
[10/16 ななみ]
気になる新作!

*A Lonely Place to Die

*Super 8

*Insidious

*The Woman

*Rammbock

*Season of the Wich

*Red Rising

*The Violent Kind

*Red White & Blue

*11-11-11

*The Feed

*Nang Phee

*Scream of the Banshee

*Dylan Dog: Dead of the Night

*Misteri Hantu Selular

*The Silent House

*Who Are You

*I Didn't Come Here to Die

*Famine

*I'm not Jesus Mommy

*Monster Brawl

*Some Guy Who kills People

*Falling Skies

*The Wicker Tree

*Hisss

*ChromSkull: Laid to RestⅡ

*Father's Day

*Drive Angry

*Fertile Ground

*Wake Wood

*Mientras Duermes

*Hobo with a Shotgun

*Atrocious

*KaraK

*Penunggu Istana

*Borre

*The Broken Imago

*Madison Country

*Viy

*Jenglot Pantai Selatan/Beach Creature

*Urban Explorer

*Los Infectados

*Isolation

*2002 Unborn Child

*The Pack

*El Incidente

*Rat Scratch Fever

*4bia
最新記事

(10/16)
(10/11)
(10/07)
(10/04)
(10/01)
(09/30)
(09/29)
(07/17)
(06/29)
(06/19)
ブログ内検索

みなさまの足跡
アクセス解析
バーコード
忍者ブログ [PR]

Graphics by Lame Tea / designed by 26℃