忍者ブログ
個人的にグッときたホラー映画(べつの意味でグッときたホラー映画も)なんかや、 小説のレビューなどをポツポツと…
[215]  [214]  [213]  [212]  [211]  [210]  [209]  [208]  [207]  [206]  [205
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

   The Poseidon 
    Adventure


(1972)アメリカ
出演…ジーン・ハックマン
アーネスト・ボーグナイン
レッド・バトンズ
キャロル・リンレイ
監督…ロナルド・ニーム
★★★☆

〔ストーリー〕
 1400名の乗客を乗せてニューヨークからギリシャにむかう、豪華客船〈ポセイドン号〉。船長のハリソンは、船の重心が高いことが気がかりだった。バラスト(船底に重しを積んで、安定させること)をしていないため、大波を食らうと転覆してしまう恐れがあり、スピードを出すことも危険なのだ。しかし、船主の代表はハリソンの訴えを耳に入れようとしない。そんなとき、〈ポセイドン〉が地中海に入って、クレタ島で地震が起きたという報せが入る。大津波が押し寄せて、転覆する〈ポセイドン〉。そのころ、乗客たちは新年を祝うパーティーのために、大食堂に集まっていたのだが…


 「ポセイドン・アドベンチャー」です。
パニック映画の先がけとなった、記念碑的作品でもあります。キャストも豪華ですね。ハリウッドの大プロデューサー、アーウィン・アレンが、ジーン・ハックマン、アーネスト・ボーグナインなどの有名どころを揃えました!船長のハリソンには、レスリー・ニールセン。

 「Titanic」「タイタニック」1997)も、巨額の制作費を投入しただけあって、巨大な船体が沈没していくさまは迫力がありました。CGもすばらしかったんですけど、あの作品はラブ・ストーリーを全面に押しだしていたため、観客を感動させようという思惑アリアリの、ちょっと内容の薄い映画でもありました… が…

 しかーし、それより30年もまえに、こんなすごい作品が作られていたのです!!

 この作品のめずらしいところは、パニック映画なのに、主人公が牧師さんというところ。ジーン・ハックマン演じるスコット牧師さん、上下逆さまになった船内で、生き残った人たちを導くリーダーとなります。
また、アーネスト・ボーグナインは、元娼婦の奥さん(ステラ・スティーヴンス)を持つ刑事さん。ほかにも、歌手のノ二ー(キャロル・リンレイ)や、ティーンの姉弟や、ボーイ役にロディ・マクドウォールも登場します。

 パニックものの基本というと、非常事態にあらわれる “人の本性” だと思うんですけど、この作品もまさに、そうした複雑な心理を披露する傑作です。大食堂でのパーティーが一転して地獄の阿鼻叫喚に変わるんですが、奇跡的にケガを免れた人々は、つぎにどうするかで、意見の衝突やケンカを起こしてしまいます。

 冷静になってみれば、絶対みんなで協力するのがいちばんだと思いますが(!)、人間ですものー、そう、うまいこといくはずありませんよね~。 …と、ここで、「自分がこの場にいたら、どうする?」という、感情移入がはじまります。そうです、アナタがその場にいたら、どうしますか…?
(そうなのですねー)、ここで、「だれについていくか」即決することが、重要なポイントとなるのです!

 クリスマスツリーを伝って食堂を脱出するシーンが、非常に印象的です。上下逆さまになっているので、なんでもかんでも、セット逆さまです(…あたりまえですね!)
スコット牧師についていくことを決めた、9人の乗客たち… はたして、脱出することができるでしょうか?!

 あらすじを書いただけでも、かなりスリリングな作品だとわかるんですけど、この作品の秀逸なところは、同時にスコットの信念(= 宗教観 = 人間の存在理由)も表現しているところです。じつは、牧師さんは2人登場しまして、もうひとりはチャプレン(教会以外で働く牧師さん)なんですね。
このふたりが船上で交わす会話なども、スコットのキャラクターを如実に表しています。








ハリソン船長を演じる、
レスリー・ニールセン。





ロディ・マクドウォール
(役名アクレス)。
今回は、キレる役じゃあ
りません(笑)!





主人公のスコット牧師
(ジーン・ハックマン)。







大食堂を脱出した
メンバーたちは…










水責めあり、灼熱地獄
ありの阿鼻叫喚図… 
たいへん盛りあがって
まいりました~!!!







 

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パニック映画の金字塔
ななみさんお疲れ様です。本当に、ななみさんの更新ペース、脱帽致します。
さて、この映画、とっても印象に残っています。
特に、津波がポセイドン号に襲いかかる瞬間の迫力ったら、すごいの一言です。
CGがなかった御時世ですから・・・
登場人物の厚みもすごいし、「タワーリング・インフェルノ」や「エアポート」シリーズとで、パニック映画の3兄弟ですね。
ベレッタ 2008/04/16(Wed)06:21:55 編集
昔取った杵柄
アーネスト・ボーグナインが最高なのですが

それよりも水泳のオバチャンが死んでしまう
シーンで泣いてしまった。
そんな小学生の土曜の午後の思い出。
ナマニク URL 2008/04/16(Wed)21:44:34 編集
いやいやいや!
>べレッタさん
これでもかなりサボっているほうなんです。けっこういいかげんです。メモ的な役割もあります… 観たそばから、忘れていくたちなので…
「タワーリング・インフェルノ」も、おもしろかったですねー!「エアポート」はじつはまだ、観たことがないのです… み、観なきゃ!
べレッタさんのいう通り、登場人物の描写が真に迫る傑作だと思います。
ななみ 2008/04/16(Wed)22:45:18 編集
甘酸っぱい!
>ナマニクさん
愚痴っぽいボーグナインはステキでしたね。
水泳のオバチャンは、じつに勇敢でした!
勇気のある人、誠実な人がひとり、またひとりと欠けていく行程は、たぶん、宗教的な意味あいがあるんでしょうけど、ゲーム的な世界観(ファンタジーな世界)に共通していますよね~。もちろん、こっちのほうがずっと大人ですけど…
そして、ナマニクさんが感受性の強い少年時代を送ったことが発覚!
ななみ 2008/04/16(Wed)22:53:23 編集
水泳のオバチャン
私も悲しかったです・・・
『大地震』のヘストン・・彼女より奥さんをとったのは
良かったと思いました。私だったらドウスル?
さて皆さんなら?
プログのテンプレート探してたら、ななみさんと
同じのがありました!
盆踊り URL 2008/04/20(Sun)22:54:11 編集
オバチャンかわいそう
>盆踊りさん
こんばんはです~。
「大地震」のヘストンは、カッコよかったですよね。パニックものはけっこうシビアな選択が多いですよ…現実的に考えると、かなりきびしいものがあります…
テンプレート、おそろにしちゃいます?(=^^=)♪♪
ななみ 2008/04/21(Mon)00:09:19 編集
テスト中・・・
テスト中ですが、どれにするかやんでます。
イロイロありますね忍者・・・
盆踊り 2008/04/21(Mon)06:52:03 編集
ネコちゃん…
>盆踊りさん
ホラーな雰囲気がかわいいですね♪
わたしは手軽さゆえにブログを選んでしまったんですが、テンプレはけっこう種類がありますよねー。わりと自由に編集もきくみたいです。…といいましても、いまいち編集の仕方がわかんないんですけど!
ななみ 2008/04/21(Mon)22:29:28 編集
ねこたち・・・
忍者はなんで貼れるので、テンプレ決まったら
連休にて作成予定です。
最初のブログは一般ブログに変更です。
3箇所試しましたが、忍者になりそうです。
さて、明日からしばらく留守にしますね(ToT)/
盆踊り URL 2008/04/21(Mon)23:14:23 編集
ねこねこ…
>盆踊りさん
盆踊りさんはいまごろハワイで、自由を満喫してるんでしょうね~、うらやますいー…!!
しばらくお話できないのがさみしいです。
あと、忍者にしましたか… わたしはここ以外使ったことがないので、使い勝手がよくわかりません…(でも、コメントを修正できないのは、いまいち不便かもしれないです…)
ななみ 2008/04/23(Wed)00:21:30 編集
kakikomi
kakikomi wa dekimasuga nihongo dame
watasiwa genki
nanamisan wa genki ?
盆踊り 2008/04/24(Thu)04:38:09 編集
お返事
>盆踊りさん
うわーい、盆踊りさんから書きこみ♪
そうなんですか、日本語じゃダメなんですね…
なにはともあれ、盆踊りさんが元気でよかったです! わたしももちろん、元気ですよー♪
日本ではいま、たいへんなことに…!!(…なっているようで、なっていないような…)← なんて、ウソウソ、
お土産写真、楽しみにしています~(*´ー`)
ななみ 2008/04/24(Thu)22:57:38 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
<< I, Madman  | HOME |  Profondo rosso >>
カレンダー
08 2019/09 10
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
(いちおう)プロフィールです
HN:
ななみといいます
性別:
女性
自己紹介:

 独断と偏見で、ホラー関係(広い意味でのホラーですので、SFやファンタジーなんかもやってます)のレビューを書いてます。コメント大歓迎です。新情報や、こんなのもあるよ!って情報などなど、寄せてくれるとありがたいです。

〈好きかも♪〉
 おにぎり、猫たん、ジャック・ホワイト、ブクオフ、固いパン、高いところ、広いところ、すっげー大きな建造物、ダムとか工場とか、毛玉とり、いい匂い…

〈苦手かも…〉
 かます、説明書、道案内、カマドウマ、狭いところ、壁がすんごい目の前とか、渋滞、数字の暗記、人ごみを横切る、魚の三枚おろし…
ねこじかんです

ホームページ制作浮気調査ホームページ制作会社 東京浮気調査ホームページ制作 千葉ホームページ制作ブログパーツ 動物

最新CM

[03/28 PatlealaRag]
[02/29 あぐもん]
[02/29 あぐまn]
[01/11 わかりません]
[01/01 クロケット]
[10/23 ナマニク]
[10/23 ナマニク]
[10/20 nasu]
[10/17 奈良の亀母]
[10/16 ななみ]
気になる新作!

*A Lonely Place to Die

*Super 8

*Insidious

*The Woman

*Rammbock

*Season of the Wich

*Red Rising

*The Violent Kind

*Red White & Blue

*11-11-11

*The Feed

*Nang Phee

*Scream of the Banshee

*Dylan Dog: Dead of the Night

*Misteri Hantu Selular

*The Silent House

*Who Are You

*I Didn't Come Here to Die

*Famine

*I'm not Jesus Mommy

*Monster Brawl

*Some Guy Who kills People

*Falling Skies

*The Wicker Tree

*Hisss

*ChromSkull: Laid to RestⅡ

*Father's Day

*Drive Angry

*Fertile Ground

*Wake Wood

*Mientras Duermes

*Hobo with a Shotgun

*Atrocious

*KaraK

*Penunggu Istana

*Borre

*The Broken Imago

*Madison Country

*Viy

*Jenglot Pantai Selatan/Beach Creature

*Urban Explorer

*Los Infectados

*Isolation

*2002 Unborn Child

*The Pack

*El Incidente

*Rat Scratch Fever

*4bia
最新記事

(10/16)
(10/11)
(10/07)
(10/04)
(10/01)
(09/30)
(09/29)
(07/17)
(06/29)
(06/19)
ブログ内検索

みなさまの足跡
アクセス解析
バーコード
忍者ブログ [PR]

Graphics by Lame Tea / designed by 26℃