忍者ブログ
個人的にグッときたホラー映画(べつの意味でグッときたホラー映画も)なんかや、 小説のレビューなどをポツポツと…
[255]  [254]  [253]  [252]  [251]  [250]  [249]  [248]  [247]  [246]  [245
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

  『戦慄の
    シャドウファイア』


原題 『Shadowfires』
(1987)
ディーン・R・クーンツ:著
白石朗:訳
扶桑社文庫


〔ストーリー〕
 エリックは天才的な遺伝子工学者。その才能で莫大な富と名声を築いていたが、別居中の妻レイチェルとの離婚訴訟中に、車に撥ねられて死んでしまう。そして、彼の死体が市の死体公示所から消失した。不穏な気持ちを隠しきれないレイチェルと恋人のベンは、独自の調査を開始するが、ナゾの追っ手が彼らに迫っていた…!!


 今回は、クーンツの作品を紹介したいと思います。

 いまや大ベストセラー作家となったクーンツ、(現在はRを抜いて、ディーン・クーンツ表記になっています)、その地位を築くまでには、さまざまな名義であらゆるジャンルの小説を書いてきました。
この作品は、なかでもわりと評判のいい、リー・二コルズという女性名義で書かれたものです。二コルズ名義ではほかに、『邪教集団トワイライトの追撃』 (…すんごいタイトルです!)なんて佳作もあります。かくいうわたくしも、この作品でクーンツをはじめておもしろい! と、思ったものなんです。

 クーンツというと、いかにもベストセラー作家というポジションらしく、多才、量産、ゆえに薄っぺらい(ファンのみなさま、ごめんなさい~)という感想が多いのですが、事実、わたしもそう思っていました。これは映画 「Hideaway」「ハイダウェイ」1995)でも書いたことなんですが、登場人物がみんないい人すぎる、ハンサムすぎる、美人すぎる、善悪の区別がはっきりしすぎている… などなど、キングのような重量感のある小説を読み慣れている人にとっては、「リアリティがない!」 という厳しい意見も。

 …でもでも、この作品は、そんなクーンツでもよかったんだ、じゅうぶんおもしろいんだ!! と、納得させてくれた一作でもあります。クーンツのよさはまさに、そのストリーテラーにあったんですね~。 次から次へととんでもないアイデアで本を書きつづけるクーンツ、この作品も、そのとんでもアイデアがたくさん詰まっています。

 まず、オープニングが一風変わっています。
主要人物がいきなり死んじゃうし! エーッ、なにこれ?!  と、意表をつかれること必至のはじまりです。そしてそこから、ジェットコースター並みのとんでもストーリーがはじまっちゃうのです。

 未読の方の感動を阻害しないために、あまりくわしいことは書きませんが、この作品ではクーンツの苦手面・キャラ設定、リアリティなどが、ストーリーのおもしろさによってほとんど気になりません。ストーリーのおもしろさ! これ、いちばん大事なことなんですよね。どんなにうまく書けたって、リアリティがあったって、つまんなくちゃ意味がありませんもの。

 これとおなじように万人にもオススメできる作品として、さきにもあげました、“カルト宗教団体に狙われちゃう母子の恐怖の物語”、 『邪教集団トワイライトの追撃』 (だ~から、なんなのこのタイトルはっ!)、 “上昇志向の強い美人のオネエさんが狙われちゃうサイコ・ミステリ” の 『ウィスパーズ』、 “田舎町にすんごいモンスターが出てきちゃう”  『ファントム』 も、非常におもしろくて安定した小説の醍醐味があります。とくに、一見スタイリッシュなヒロイン・サスペンスに思える 『ウィスパーズ』 は、後半はまったくの予定調和なのですが、それを差し引いても、前半が複雑怪奇でおもしろすぎるっっ!! 一読の価値あり!






PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
クーンツは安心して読めます。
ケッチャムみたいに苦い唾が湧いて
身震いし、打ちのめされることはないから
寝る前に読んでもオーケー。でもウィスパーズ
に出てくる「○○○○」だけは勘弁して下さい。
あの平べったい黒い悪魔だきゃあ・・・。
奈良の亀母 2008/06/27(Fri)23:16:14 編集
安心しすぎちゃう感もありますね。
>亀母さん
平べったい悪魔!!
なんだかもう一回、そこだけ読みたくなっちゃいました。
クーンツって、わりとえげつない内容が多いんですよね。でも、ぜんぜん悲惨さはないという…(やはり全体的に軽いんですかね~?) あと、いきなりエッチなシーンになったりして、びっくりしちゃいます♪
ななみ 2008/06/28(Sat)23:44:09 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
(いちおう)プロフィールです
HN:
ななみといいます
性別:
女性
自己紹介:

 独断と偏見で、ホラー関係(広い意味でのホラーですので、SFやファンタジーなんかもやってます)のレビューを書いてます。コメント大歓迎です。新情報や、こんなのもあるよ!って情報などなど、寄せてくれるとありがたいです。

〈好きかも♪〉
 おにぎり、猫たん、ジャック・ホワイト、ブクオフ、固いパン、高いところ、広いところ、すっげー大きな建造物、ダムとか工場とか、毛玉とり、いい匂い…

〈苦手かも…〉
 かます、説明書、道案内、カマドウマ、狭いところ、壁がすんごい目の前とか、渋滞、数字の暗記、人ごみを横切る、魚の三枚おろし…
ねこじかんです

ホームページ制作浮気調査ホームページ制作会社 東京浮気調査ホームページ制作 千葉ホームページ制作ブログパーツ 動物

最新CM

[03/28 PatlealaRag]
[02/29 あぐもん]
[02/29 あぐまn]
[01/11 わかりません]
[01/01 クロケット]
[10/23 ナマニク]
[10/23 ナマニク]
[10/20 nasu]
[10/17 奈良の亀母]
[10/16 ななみ]
気になる新作!

*A Lonely Place to Die

*Super 8

*Insidious

*The Woman

*Rammbock

*Season of the Wich

*Red Rising

*The Violent Kind

*Red White & Blue

*11-11-11

*The Feed

*Nang Phee

*Scream of the Banshee

*Dylan Dog: Dead of the Night

*Misteri Hantu Selular

*The Silent House

*Who Are You

*I Didn't Come Here to Die

*Famine

*I'm not Jesus Mommy

*Monster Brawl

*Some Guy Who kills People

*Falling Skies

*The Wicker Tree

*Hisss

*ChromSkull: Laid to RestⅡ

*Father's Day

*Drive Angry

*Fertile Ground

*Wake Wood

*Mientras Duermes

*Hobo with a Shotgun

*Atrocious

*KaraK

*Penunggu Istana

*Borre

*The Broken Imago

*Madison Country

*Viy

*Jenglot Pantai Selatan/Beach Creature

*Urban Explorer

*Los Infectados

*Isolation

*2002 Unborn Child

*The Pack

*El Incidente

*Rat Scratch Fever

*4bia
最新記事

(10/16)
(10/11)
(10/07)
(10/04)
(10/01)
(09/30)
(09/29)
(07/17)
(06/29)
(06/19)
ブログ内検索

みなさまの足跡
アクセス解析
バーコード
忍者ブログ [PR]

Graphics by Lame Tea / designed by 26℃