忍者ブログ
個人的にグッときたホラー映画(べつの意味でグッときたホラー映画も)なんかや、 小説のレビューなどをポツポツと…
[253]  [252]  [251]  [250]  [249]  [248]  [247]  [246]  [245]  [244]  [243
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    Otis


(2008)アメリカ
出演…ボスティン・クリストファー
アシュリー・ジョンソン
イレーナ・ダグラス
ダニエル・ステーン
監督…トニー・クランツ
★★☆


〔ストーリー〕
 悪名高い連続少女誘拐犯のオーティスは、美少女を監禁、殺害してしまうということをくりかえしていた。ある日、ピザの出前の仕事に出かけたオーティスは、出てきたライリーにひと目惚れ。さっそく彼女を誘拐してしまう。そしてライリーの家族たちは、頼りにならない捜査陣に不信感を募らせはじめて…


 わりと評価のよろしいこの作品、なんか不思議なテンポで、徐々にズレた方向に(?)物語が進んでいきます。ホラーというよりは、スリラー系のブラック・コメディですね。そして、こういう分野ではちょっとめずらしい、いつもは脇役になっちゃう「被害者の家族」に焦点があてられています。ようするに、一応、美少女変態フェチ V.S. 核家族でファイト!! という構図になっています~

 主人公のオーティスを演じるボスティン・クリストファーは、ヌボ~ッとしたばかでかい図体に野暮っちい服装と、見るからにアブナイ雰囲気プンプンのモテないくん。自分好みのカワイイ女の子を誘拐してきては、特別にあつらえた地下室に監禁、「キム」と勝手に名前をつけて、ラブラブな関係になろうと努力していました。ですが、なぜかいつも失敗。泣く泣く遺体を処理していました…

 そこへ、運命の出会いが!
ピザの出前先で、新たな美少女・ライリー(アシュリー・ジョンソン)にひと目惚れ。翌日、あっという間に誘拐しちゃいます。今度こそラブラブな関係に… と、ウキウキのオーティス。そのころ、ライリーの家族はてんやわんやです。大事なひとり娘がいま世間を騒がせている連続少女殺人鬼にさらわれちゃったんですから! 
心穏やかでいられるはずがありません。

 ストーリーがまた、いかにもアメリカ的な解決法になっているんですよねー。「警察に任せられないのなら、自分たちでおとしまえをつけてやるっ!」 という、強気な発想でガンガンンいきます。個人尊重精神とでもいうんでしょうか、家族の対応が、まさにそれ。

 たいして、オーティスはどうかというと、じつはそれほど凶悪な人物でもなかったり。オープニングの少女が死亡するのは事故だし、少女監禁といっても、チアガールの格好をさせてみたり、ちょっとした寸劇をやってみたり、プロムの真似事をしてみたり…と、わりとカワイイもんなんです。

 家族の過激な応戦がブラックな笑いを誘うんですが、これがひいてはメディアの正義、小児性愛者にたいする過激な反応にもつながっていきます。
だって、だれだってかわいいひとり娘が誘拐されたら、無事に帰ってきたとしても、絶対無事じゃすまされない! と思っちゃいますもんね。 その気持ちはよくわかるのですが… さて、家族はライリーの敵討ちをとることができるんでしょうか…??

 はっきり申しあげまして、なかなか気まずい内容となっております。ズレだした時点から、かなり気まずいです(笑)。
結局、オーティスにも家族にも、どちらにも感情移入できないんですが、なんだか最近の事件・裁判報道や、それに踊らされちゃうわたしたちとしては、身につまされるような映画でした。









ライリーから手渡されたお札を
凝視するオーティス
(ボスティン・クリストファー)。
この後、匂いも嗅ぎます。

 




捕まっちゃったライリー
(アシュリー・ジョンソン)。
電気が通ってるから、気を
つけてー!!






デへへへ…
オーティスの脳内イメージ
では、楽しいプロムの帰り道
です。











美人なママ(イレーナ・ダグラス)。
キッチン用品が武器?







おっとりパパ(ダニエル・ステーン)。
最初はいやいやながらも、乗り気で参戦!




弟のリード(ジャレッド・カーニッツ)。
若いだけあって、手加減しません。
最新作は「Dance of the Dead」(2008)







PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
毎度♪
う~ん、なんか不思議な感触の作品みたいですね。
これ、国内ではDVDとかで出てるんですか?
それともこれから公開予定とかですかね?
DVDとかだったら早速観てみたいですぅ~♪
terry URL 2008/06/24(Tue)18:43:18 編集
きょう暑かったですね
>terryさん
ブラック・コメディなんですけど、背後には痛烈な皮肉が潜んでいそうな作品でした。
国内版はまだ出ていませんね。
公開予定? う~ん、たぶん、ムリじゃないでしょうかねえ…(内容が内容なだけに!)
でも、わりとよくできていたので、レンタルにはなると思います。そこそこ期待をせずに観てみてください!
ななみ 2008/06/24(Tue)23:02:29 編集
はじめまして!!
ななみさん、こんばんは!
はじめましてでございます。
ハニさんのHPから飛んできて、じっくり読ませて頂きました♪
ハニさんとか、盆さんとか、こういう画像を沢山掲載されたサイトさんって読んでいて楽しいですね。
今回はこの『ピザ男の異常な愛情』(DVD邦題)にコメントさせて頂きますが、画像観ていたら懐かしさがありました。
この映画自分も好きです。
特にラストでの呆気なさが痛快でした。
『ツイてない男』もそうですが、ユーモアを交えたホラー・コメディは脚本と演出をきっちりとしていれば、良い作品になれますね。

話は変わって、こちらでは相互リンクは受け付けていますでしょうか?
是非お願いしたいのですが・・・。
こちらでは勝手ながら先にリンクさせて頂きました。
また遊びにきます。
それでは!
ヒロ之 URL 2008/11/10(Mon)20:41:34 編集
ヒロ之さん♪
こちらこそ、はじめましてです~!!
初コメどうもありがとうございます。
ハニさんのところからいらっしゃったんですか!
ハニさんも盆踊りさんのサイトも、ほんとに丁寧でわかりやすくて、おもしろいですよねー♪ 
それにしても、「ピザ男の異常な愛情」、…すんごい邦題になっていますねー! (「ツイてない男」もそうですけど、なんだか最近投げやりなタイトルになっていません…?)
この2本が楽しめたなら、たぶん「The Cottege」もオススメだと思います。近ごろは良質なコメディ・ホラーがたくさん作られるようになりましたね。

それから、相互リンクですが、もちろん了解です、といいますか、もうリンクしちゃいました!
ヒロ之さんもたくさん映画、観まくってますね~! しかも、ラインナップがバラエティに富んでいて、おもしろそう…♪
あとでこちらからも遊びにいかせてください。
それから、もちろんいつでも遊びにきてくださいね~(=^_^=)
ななみ 2008/11/10(Mon)22:39:19 編集
文章が・・・
文章が苦手なので、画像でごまかしてます・・・
下のコメントはたまにテキトーだったりも・・・
盆踊り URL 2008/11/11(Tue)18:41:29 編集
文章なんて…
>盆踊りさん
テキトーですよ、わたしも。
なんか、知ったかぶり(?)でごまかしています。スミマセン。
盆踊りさんのブログ、すごい更新度になっていますね。毎回興味深く読ませていただいているのですが、知ったかぶりできなくてコメントできません…スミマセン!!(あ、でも「アマデウス」はわたしも大好きです♪)
ななみ 2008/11/12(Wed)13:52:09 編集
とりあえず・・・・
ななみさん、これで終わりです。
ようやっと、観ました。う~ん、エンディング以外は、結構好きでしたね。「へっ?」っていう展開でしたから。
通常のエンディングと、DVDに収録されている別エンディング、どちらもちょっと苦しいかな?
私は、また人違い・・・ていうオチなら好きでした。わかんないですよね、あれじゃ~・・・
それにしても、アシュリーかわゆいです。
若い時のS・ストーンに感じが似てますね。
ファンになってしまいました❤
ベレッタ 2008/12/26(Fri)11:37:55 編集
オーティス
>ベレッタさん
「ピザ男」、わりと話題になっていますね♪
それから、ライリー役のアシュリー・ジョンソンも、ひそかに話題を集めているようでーす。(← 「ブラック・シープ」の女優さんと、おなじパターンですね♪)
あまりにあっけないオチで、わたしも、「あれ、もう終わっちゃうの…?」って感じでした。
ブラック・ユーモアなホラーって、テンポがよければけっこうおもしろく感じてしまいますよね。
別エンディングも微妙ですかねー…、でも、あの人を食った感じがこの作品の特徴ということで!
ななみ 2008/12/26(Fri)19:55:28 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
<< The Happening  | HOME |  Trapped Ashes >>
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
(いちおう)プロフィールです
HN:
ななみといいます
性別:
女性
自己紹介:

 独断と偏見で、ホラー関係(広い意味でのホラーですので、SFやファンタジーなんかもやってます)のレビューを書いてます。コメント大歓迎です。新情報や、こんなのもあるよ!って情報などなど、寄せてくれるとありがたいです。

〈好きかも♪〉
 おにぎり、猫たん、ジャック・ホワイト、ブクオフ、固いパン、高いところ、広いところ、すっげー大きな建造物、ダムとか工場とか、毛玉とり、いい匂い…

〈苦手かも…〉
 かます、説明書、道案内、カマドウマ、狭いところ、壁がすんごい目の前とか、渋滞、数字の暗記、人ごみを横切る、魚の三枚おろし…
ねこじかんです

ホームページ制作浮気調査ホームページ制作会社 東京浮気調査ホームページ制作 千葉ホームページ制作ブログパーツ 動物

最新CM

[03/28 PatlealaRag]
[02/29 あぐもん]
[02/29 あぐまn]
[01/11 わかりません]
[01/01 クロケット]
[10/23 ナマニク]
[10/23 ナマニク]
[10/20 nasu]
[10/17 奈良の亀母]
[10/16 ななみ]
気になる新作!

*A Lonely Place to Die

*Super 8

*Insidious

*The Woman

*Rammbock

*Season of the Wich

*Red Rising

*The Violent Kind

*Red White & Blue

*11-11-11

*The Feed

*Nang Phee

*Scream of the Banshee

*Dylan Dog: Dead of the Night

*Misteri Hantu Selular

*The Silent House

*Who Are You

*I Didn't Come Here to Die

*Famine

*I'm not Jesus Mommy

*Monster Brawl

*Some Guy Who kills People

*Falling Skies

*The Wicker Tree

*Hisss

*ChromSkull: Laid to RestⅡ

*Father's Day

*Drive Angry

*Fertile Ground

*Wake Wood

*Mientras Duermes

*Hobo with a Shotgun

*Atrocious

*KaraK

*Penunggu Istana

*Borre

*The Broken Imago

*Madison Country

*Viy

*Jenglot Pantai Selatan/Beach Creature

*Urban Explorer

*Los Infectados

*Isolation

*2002 Unborn Child

*The Pack

*El Incidente

*Rat Scratch Fever

*4bia
最新記事

(10/16)
(10/11)
(10/07)
(10/04)
(10/01)
(09/30)
(09/29)
(07/17)
(06/29)
(06/19)
ブログ内検索

みなさまの足跡
アクセス解析
バーコード
忍者ブログ [PR]

Graphics by Lame Tea / designed by 26℃