忍者ブログ
個人的にグッときたホラー映画(べつの意味でグッときたホラー映画も)なんかや、 小説のレビューなどをポツポツと…
[314]  [313]  [312]  [311]  [310]  [309]  [308]  [307]  [306]  [305]  [304
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    Wire in the Blood:
      The Mermaids Singing


(2002)イギリス
出演…ロブソン・グリーン
ハーマイオニー・ノリス
アラン・ストックス
監督…アンドリュー・グリーヴ
★★☆


〔ストーリー〕
 ロンドン郊外で、男性ばかりを標的にした連続殺人事件が発生。犯行は犠牲者を監禁してから拷問し、喉を掻き切って性器を切り取るという異常で残忍な手口だった。事件を担当する刑事のキャロルは、著名な心理学者・トニーに助言を求めることにする。こうして変わり者の教授トニーとキャロルの捜査がはじまるのだが…


 寛容な国・イギリスでも、その内容のあまりの過激さから大反響を呼んでしまったという、(そして皮肉なことに、それがこのドラマの知名度をあげてしまったという!)サイコ・サスペンスドラマ、「ワイヤー・イン・ザ・ブラッド」の登場です。

 ストーリーを簡単にいってしまいますと、見た目はクールなんですけど、じつは変わり者で(ちょっと変態?)な天才心理学者・トニー(ロブソン・グリーン)と、見た目も中身もクールな女刑事・キャロル(ハーマイオニー・ノリス)のコンビが繰りひろげる、猟奇サイコ・サスペンス。…なんですが、肝心のサイコの部分もありがちですし、ラストの逮捕劇にいたってはあっけにとられてしまうこと必至(!)、“放送禁止騒ぎ” が起こった猟奇的な部分というのも、ホラー慣れしているわたしたちからすると、「…えーと、どのへんがいけなかったんでしょうか…?」と、なってしまうんですが、これがけっこうおもしろいんです。はまります。ようは、脚本がうまいんですね。

 ロンドン郊外で、30代前後の健康な男性ばかりを狙った殺人事件が発生。被害者はおぞましい拷問をうけていて、殺害されたあとも遺体を傷つけられていました。キャロルはこれを同一犯の犯行と考えて、こうした事情にくわしいと思われる、ある有名な心理学者・トニーとコンタクトをとることにするのですが…

 イギリスの人気作家、ヴァル・マクダーミドの原作をもとに映像化されたこの作品。
主人公のふたりがステレオタイプなら、脇役も容易に想像がつくようなキャラクターばかり。トニーの出現をよく思わない上司、密通者もいるし、この密通者をたらしこんでいる記者がまた、絵に描いたようなビッチなので盛りあがります。やっぱりホラーにビッチは必要ですもんね!
 
 じっさいたいしたことのないお話ですが、主人公ふたりの魅力がラストまで引っぱります。トニー役のロブソン・グリーンが、「浮き世離れした天才心理学者」というキャラクターにぴったり。最初は「天才」、「変わり者」… というおなじみの特徴に、いまさら感が強かったんですけど、これはぜんぜん違和感がないです。おなじことがキャロル役のハーマイオニー・ノリスにもいえます。ふたりとも非常に説得力がある。そして、会話が知的でスムーズ。(← このへんがいかにもイギリスっぽい!)また、連続ドラマにありがちな冗長さが微塵もなくて、一話完結(45分×2)ですので、中身自体もタイトで飽きません。

 本国で放送禁止騒ぎが起こった理由は、猟奇さというよりも、同性愛やSMといった性の問題を扱ったからだと思うのですが、これはまだ一話目ですので、“試作運転” といった感触が強いです。が、このシリーズは回を重ねるごとに複雑さが増して、謎やホラー度も強まっていくもよう。この作品はつづきを観てみたいという気持ちになりました。









トニー役のロブソン・
グリーン。
彼が毎週木曜日に
会う相手とは…?








キャロルは、独断で
彼に捜査協力を依頼
しますが…






ふたりの微妙な距離間も
このシリーズの見どころ
のひとつです。








遺体に残された拷問跡から、
犯人の特徴を分析する
トニー!!







PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
(いちおう)プロフィールです
HN:
ななみといいます
性別:
女性
自己紹介:

 独断と偏見で、ホラー関係(広い意味でのホラーですので、SFやファンタジーなんかもやってます)のレビューを書いてます。コメント大歓迎です。新情報や、こんなのもあるよ!って情報などなど、寄せてくれるとありがたいです。

〈好きかも♪〉
 おにぎり、猫たん、ジャック・ホワイト、ブクオフ、固いパン、高いところ、広いところ、すっげー大きな建造物、ダムとか工場とか、毛玉とり、いい匂い…

〈苦手かも…〉
 かます、説明書、道案内、カマドウマ、狭いところ、壁がすんごい目の前とか、渋滞、数字の暗記、人ごみを横切る、魚の三枚おろし…
ねこじかんです

ホームページ制作浮気調査ホームページ制作会社 東京浮気調査ホームページ制作 千葉ホームページ制作ブログパーツ 動物

最新CM

[03/28 PatlealaRag]
[02/29 あぐもん]
[02/29 あぐまn]
[01/11 わかりません]
[01/01 クロケット]
[10/23 ナマニク]
[10/23 ナマニク]
[10/20 nasu]
[10/17 奈良の亀母]
[10/16 ななみ]
気になる新作!

*A Lonely Place to Die

*Super 8

*Insidious

*The Woman

*Rammbock

*Season of the Wich

*Red Rising

*The Violent Kind

*Red White & Blue

*11-11-11

*The Feed

*Nang Phee

*Scream of the Banshee

*Dylan Dog: Dead of the Night

*Misteri Hantu Selular

*The Silent House

*Who Are You

*I Didn't Come Here to Die

*Famine

*I'm not Jesus Mommy

*Monster Brawl

*Some Guy Who kills People

*Falling Skies

*The Wicker Tree

*Hisss

*ChromSkull: Laid to RestⅡ

*Father's Day

*Drive Angry

*Fertile Ground

*Wake Wood

*Mientras Duermes

*Hobo with a Shotgun

*Atrocious

*KaraK

*Penunggu Istana

*Borre

*The Broken Imago

*Madison Country

*Viy

*Jenglot Pantai Selatan/Beach Creature

*Urban Explorer

*Los Infectados

*Isolation

*2002 Unborn Child

*The Pack

*El Incidente

*Rat Scratch Fever

*4bia
最新記事

(10/16)
(10/11)
(10/07)
(10/04)
(10/01)
(09/30)
(09/29)
(07/17)
(06/29)
(06/19)
ブログ内検索

みなさまの足跡
アクセス解析
バーコード
忍者ブログ [PR]

Graphics by Lame Tea / designed by 26℃