忍者ブログ
個人的にグッときたホラー映画(べつの意味でグッときたホラー映画も)なんかや、 小説のレビューなどをポツポツと…
[197]  [196]  [195]  [194]  [193]  [192]  [191]  [190]  [189]  [188]  [187
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

   Angel Heart


(1987)アメリカ/カナダ/イギリス
出演…ミッキー・ローク
ロバート・デ・ニーロ
リサ・ボネー
シャーロット・ランプリング
監督…アラン・パーカー
★★★☆


〔ストーリー〕
 50年代のニューヨーク。私立探偵のハリー・エンゼルは、黒人居住区の教会で謎めいた富豪の紳士・ルイから仕事の依頼を受ける。ルイの話では、戦前の人気歌手フェイバリットという男を探してほしいというのだ。フェイバリットは戦争後遺症で、精神病院に入院しているというのだが…


 ミッキー・ロークが超カッコよかった、「エンゼル・ハート」です。
原作は、ウィリアム・ヒョーツバーグの 『堕ちる天使』
この小説の邦訳が出たとき、“ハードボイルドとオカルトを融合させた、新しいジャンルのミステリー!” なんて宣伝文句がついていました。いまとなっては、ジャンル・ミックスはめずらしくもなんともない話ですが、当時はそれほど鮮烈だったんですねー。
 
 アラン・パーカーが映画化したこの作品、原作から匂いたつアンダーグラウンドな魔都・ブルックリン、黒人居住区の怪しげな民間信仰、ブードゥーな雰囲気などをそのまま表現しています。ハリー役のミッキー・ロークは、無精髭、いいかげんで、だらしなくて、よろよろしてるわりには、ずるがしこい~… そして、だれが見ても負け犬! と、まさにはまり役!
(このころのミッキー・ローク、役者さんとしてほんとにステキでしたよね~!)

 パーカー監督は「Midnight Express」「ミッドナイト・エクスプレス」1975)や、「Mississippi Burning」「ミシシッピー・バーニング」1988)などといった作品が代表作にあげられるような、いわば社会派の監督さんです。この作品は彼にとっては異色作になるわけですが、この完成度、構成の見事さ、ほぼ完璧に近いスタイリッシュなサスペンスということで、ほかの多くの作品にも影響を与えました。

 ストーリーは、ハリーが依頼人の話を聞いて、人探しをするところからはじまるのですが、彼がいくところに殺人事件が続発、迷路のような奇怪な悪夢に入りこんでしまいます… 

 …ここで、ハリーが迷いこむ悪夢の世界をことごとく補強するかのように、暗闇に回転する換気扇、螺旋階段、薄汚れたビルとビルの谷間、光と影のなかに鮮やかに滴る赤い血… といったイメージが、生々しいまでに連打! パーカー監督の凝りに凝った映像美を見ているだけでも、めまいを起こしてしまいそうです。

 ミッキー・ロークに負けじと、デ・ニーロも怪演!
女占い師マダム・ゾーラ役のシャーロット・ランプリングや、彼女の娘役のリサ・ボーネットも、印象的なキャラクターとして登場します。

 あまりくわしいことは書けませんが、一見単純なストーリーに思えて、観る人が観ると非常に難解な物語のようです。
これと似たタイプの映画として、キアヌ・リーブスがやっぱり悪夢に迷いこんじゃう、「The Devil's Advocate」「ディアボロス/悪魔の扉」1998)なんてのもありました。こちらの作品も大好きだったりします








ハリー・エンゼルはもう、彼しか
考えられません!
負け犬探偵役がはまりまくってる、
ミッキー・ローク。






50年代のブルックリン。
チャンドラーな世界ですね~。
 






デ・ニーロの迫力もすごいです。
役者同士の火花が散ってます!






マダム・ゾーラの娘、エピファニー
役のリサ・ボーネット。薄幸そうな
雰囲気が印象的。






調査をつづけるうちに、エピファ
ニーはハリーになついてしまう
のですが…







PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
かなり昔・・
『エンゼル・ハート』は大昔に鑑賞・・・
完璧に忘れています。
『ディアボロス』は持っています。アル・パチーノよかった。
悪魔たちも・・・
盆踊り URL 2008/03/08(Sat)19:22:30 編集
ヒルノコ…
ミッキーの大変貌ぶりにショックを受けまして、レビューしたしだいです。
アル・パチーノのマシンガン・トーク、すごかったですよね♪
アクマものはやっぱり、悪魔に魅力がないといけません!
それから、(巷で噂の)ツチノコはどう見てもヒル…
ななみ 2008/03/08(Sat)23:05:29 編集
ゆで卵を食べる悪魔!
よくぞ取り上げて下さいました。
原作と映画両方とも神レベルなんて奇跡!
おっしゃる通り本当にスタイリッシュです。
ハリーの悪夢はまるで一幅の宗教画のよう。
特に部屋の外に置かれた椅子に座っている人
が毎回異なるんです。そして最後どこまでも
エレベーターが降りていく場面・・・。
デニーロ様の悪魔がゆで卵の殻を厭らしーく
剥いてゆっくり頬張る場面も好きです。
彼が最後まで人としての形を成しているにもいい
です。ディアボロスやエンドオブデイズみたいに
大魔王の正体を現すよりもゾッとします。
奈良の亀母 2008/03/09(Sun)10:51:46 編集
亀母さん♪
デ・ニーロの悪魔は、ほんとに鳥肌ものでしたよね!
ゆで卵の殻をむきむきするシーン、わたしも好きです♪
この作品を観るまえに、デ・ニーロのべつの映画を観ていたので、「役者さんて、こんなにガラッと雰囲気変わるもんなんだ!」と、感動したのを憶えています。
そうそう、エレベーターのことを書き忘れてました!
椅子に座ってる人物がシーンごとに変わるなんてのも、すごく凝ってますよねー。
おもしろいのは、エピファニーの魔術がけして「悪」ではないところですよね。
人類の知識や努力も、しょせん原始的な悪にはかなわないってことでしょうか…
アイデンティティー喪失の映画として観ても、この作品はおもしろいですよね。
ななみ 2008/03/09(Sun)22:47:16 編集
オカルト映画の名作というと?
悪魔が出てくる映画でよくやる失敗は凝った造形
の悪魔を登場させた途端にオカルトホラーから
爆笑怪獣映画に変わってしまうことです。
ディアボロスのサタンは美しい天使でもあって
堕ちた者の悲しみを体現していましたが、
エンドオブデイズではモロ怪獣で吹きました。
「悪魔を憐れむ歌」でも悪魔は乗り移るだけで
自分の姿はないのが名作たる所以です。
オーメンも無邪気な幼児の一作目が最高ですし。
アイデンティティーの喪失というのは魂を失うこと
ですよね。死よりもある意味恐ろしい・・・。
奈良の亀母 2008/03/10(Mon)21:43:32 編集
ちょっとむずかしい…
名作というと? ううーん…!
やっぱり「エクソシスト」ですかねっ!
「エンド・オブ・デイズ」のモロ怪獣は、スタッフとしてはかなりがんばったんだろうけど、とたんに現実にかえってしまいますよね(笑)。
デンゼル・ワシントンの悪魔も、迫力なかった…!
厳密にオカルトといえなくても、オカルトっぽい雰囲気の映画って、過去もので傑作揃いだと思います。
「たたり」は、ただのヒステリーなおばさんでしたが…「太陽の爪あと」なんて、けっこうこわかったです。
ななみ 2008/03/10(Mon)23:14:26 編集
オカルトの映画といえば・・
今週金曜の夜まで夜勤が続くのですが、時間調節がうまくできず、寝る時間は減ってしまいますが昼はついつい映画見ちゃいます。
オカルト映画の名作といえば「エクソシスト」「オーメン」「サスペリア」なんかでしょうが、「エクソシスト」の原作者ブラッティが監督した「エクソシスト3」、ミケーレ・ソアビの「デモンズ3」なんかも佳作としてあげたいです。
「太陽の爪あと」は見たいのですが、見かけたことがないですね。確かラブクラフトと「ダンウィッチの怪」が元ネタだったような・・。「ダンウィッチの怪(1970)」という映画もありましたが、怪物がなんともお粗末でした。
レンタルでジェス・フランコ「フェイスレス」、ジャン・ローラン「リビングデッド・ガール」というのを借りてきました。
クロケット 2008/03/11(Tue)14:14:38 編集
夜勤お疲れさまです♪
>クロケットさん
たいへんなときにコメありがとうございます。
いま、「家庭の医学」を観ているのですが、疲労はかなり危険なものらしいですよ。だから、忙しいときは映画もほどほどに、ちゃんとゆっくり休んでくださいね~!
「エクソシスト」「オーメン」「サスペリア」とくれば、泣く子も黙る最強オカルト映画3本です!
やっぱりこの傑作を越える作品は、なかなかできないんですかね~…
それから、ジェス・フランコの「フェイスレス」、ジャン・ローランの「リビングデッド・ガール」は名前しか聞いたことがありません…
あ、「顔のない眼」とは別モノなんですよね…?
ななみ 2008/03/11(Tue)20:38:54 編集
追加・・・
最強に・・・
『ヘルハウス』 『家』 『デアボリカ』 『マニトウ』
『ゴースト/血のシャワー』 『ウルフェン』・・・・
古いですね・・・
盆踊り URL 2008/03/11(Tue)22:07:41 編集
夜勤は
>ななみさん
確かに疲労はやばいですね。なるべく映画は全編見ずに睡眠時間確保します。
夜勤は作業が終わってしまうととても暇なので小説を持っていくようにしています。
「フェイスレス」はJ・フランジュの「顔のない目」をJ・フランコがリメイクした作品とのことです。

>盆踊りさん
盆踊りさんのあげた映画は皆好きですね~。
最近、懐古主義です。
クロケット 2008/03/12(Wed)09:29:45 編集
懐古いいですね♪
>盆踊りさん、こんばんは。
「デアボリカ」も「ゴースト・血のシャワー」も、観たことありません。観たいな~。と、いいますか、観たいリストがありすぎて、最近収拾不可能です…(汗)

>クロケットさん、こんばんは
リメイクでしたか!
じつは、オリジナルもうろ覚えなんですよ…
ちょっとググッってみましたら、けっこうパンチのきいた作品ようですね♪
ななみ 2008/03/14(Fri)00:48:49 編集
リビングデッドガール
リビングデッドガールは吸血鬼映画なんです。
タイトルからしてゾンビっぽいですが。
レズの吸血鬼物・・・
あっ、もちろん中古買いました(^^♪
盆踊り URL 2008/03/14(Fri)07:20:32 編集
血とバラ系
レズの吸血鬼ものは好きですよ。
ジャン・ローランというからには、おフランスなんですかね?
こちらは「フェイスレス」よりおとなしめ?
ななみ 2008/03/14(Fri)15:20:05 編集
とても・・・
静かな映画です。蘇り方が強引ですが・・・
全編静かに進み、なんとなく悲しい終わり方。
えちーとは感じないジャン・ローランです。
私はユーロ・トラッシュの知識は弱ですね。
盆踊り URL 2008/03/14(Fri)18:50:40 編集
春なのに風邪
>盆踊りさん、こんばんはです~♪
ユーロトラッシュですか… じつをいいますと、わたしもまったく知識ありません!
静かで悲しい映画… ということは、文芸的なイメージが強い作品なんですかね。
きょうはレンタル店にいく元気もでず、グタグタと動画サイトなどを…
そこで「エイプリル・フール」のリメイク観たんですが、フツーにおもしろかったです♪(画像があればレビューしますが…)
ななみ 2008/03/15(Sat)22:44:23 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
<< Carrie  | HOME |  『死者の書』 >>
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
(いちおう)プロフィールです
HN:
ななみといいます
性別:
女性
自己紹介:

 独断と偏見で、ホラー関係(広い意味でのホラーですので、SFやファンタジーなんかもやってます)のレビューを書いてます。コメント大歓迎です。新情報や、こんなのもあるよ!って情報などなど、寄せてくれるとありがたいです。

〈好きかも♪〉
 おにぎり、猫たん、ジャック・ホワイト、ブクオフ、固いパン、高いところ、広いところ、すっげー大きな建造物、ダムとか工場とか、毛玉とり、いい匂い…

〈苦手かも…〉
 かます、説明書、道案内、カマドウマ、狭いところ、壁がすんごい目の前とか、渋滞、数字の暗記、人ごみを横切る、魚の三枚おろし…
ねこじかんです

ホームページ制作浮気調査ホームページ制作会社 東京浮気調査ホームページ制作 千葉ホームページ制作ブログパーツ 動物

最新CM

[03/28 PatlealaRag]
[02/29 あぐもん]
[02/29 あぐまn]
[01/11 わかりません]
[01/01 クロケット]
[10/23 ナマニク]
[10/23 ナマニク]
[10/20 nasu]
[10/17 奈良の亀母]
[10/16 ななみ]
気になる新作!

*A Lonely Place to Die

*Super 8

*Insidious

*The Woman

*Rammbock

*Season of the Wich

*Red Rising

*The Violent Kind

*Red White & Blue

*11-11-11

*The Feed

*Nang Phee

*Scream of the Banshee

*Dylan Dog: Dead of the Night

*Misteri Hantu Selular

*The Silent House

*Who Are You

*I Didn't Come Here to Die

*Famine

*I'm not Jesus Mommy

*Monster Brawl

*Some Guy Who kills People

*Falling Skies

*The Wicker Tree

*Hisss

*ChromSkull: Laid to RestⅡ

*Father's Day

*Drive Angry

*Fertile Ground

*Wake Wood

*Mientras Duermes

*Hobo with a Shotgun

*Atrocious

*KaraK

*Penunggu Istana

*Borre

*The Broken Imago

*Madison Country

*Viy

*Jenglot Pantai Selatan/Beach Creature

*Urban Explorer

*Los Infectados

*Isolation

*2002 Unborn Child

*The Pack

*El Incidente

*Rat Scratch Fever

*4bia
最新記事

(10/16)
(10/11)
(10/07)
(10/04)
(10/01)
(09/30)
(09/29)
(07/17)
(06/29)
(06/19)
ブログ内検索

みなさまの足跡
アクセス解析
バーコード
忍者ブログ [PR]

Graphics by Lame Tea / designed by 26℃