忍者ブログ
個人的にグッときたホラー映画(べつの意味でグッときたホラー映画も)なんかや、 小説のレビューなどをポツポツと…
[261]  [260]  [259]  [258]  [257]  [256]  [255]  [254]  [253]  [252]  [251
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    The Crow


(1994)アメリカ
出演…ブランドン・リー
ロシェル・デイヴィス
アーニー・ハドソン
マイケル・ウィンコット
監督…アレックス・プロヤス
★★★


〔ストーリー〕
 退廃と欲望がうず巻く近未来。ハロウィンの夜、結婚式をあげるはずだった幸せなカップルに、惨劇が降りかかる。ロック・ミュージシャンのエリックは惨殺、恋人のシェリーも虫の息で、病院に運ばれるがすぐに息絶えてしまう。それから一年後。浮かばれない魂となったエリックは、黄泉の使者のカラスに導かれて甦る。すべては、愛する人を奪った輩に復讐するために…!
  

 アレックス・プロヤスの「クロウ/飛翔伝説」です。
プロヤス監督というと、「Dark City」「ダーク・シティ」1998)なんてありましたね。あの作品も、レトロな街の雰囲気がバツグンにすばらしかったんですが、この作品はその原点といってもいいほどの完成度の高さです。

 この作品、公開当時から非常に話題になっていました…
主演の男優がなんと、ブルース・リーの息子のブランドン・リー(しかも、メジャーなデビュー作!)というだけでも、映画界が盛りあがるというのに、とんだスキャンダルのために公開も危うかったのです。それはなんと、当時28才だったブランドン、とあるスタッフのミスのために、本作品中に命を落としてしまったのです…

 作品自体がまだ完成していなかったため、後半はほとんど別人による撮影か、CGによってごまかしたという話だそうです。(「バットマン」シリーズでも話題になりましたが、「CGによる役者」は、はたして映画か? と、問題になりましたねー)ブランドンが亡くなってしまった理由というのも、爆破シーンの火薬量の計算ミスというから、開いた口が塞がらないではありませんか…。

 そんなとんでもないスキャンダルが原因しているかどうかわかりませんが、ブランドン演じるエリックの哀愁と悲壮感がこれでもかと、画中に表現されています。とくに、墓場から甦るシーンなんて、内情を知っているだけに、鳥肌が立ってしまうほど…! 音楽もすばらしいと思います。

 このシリーズは、ブランドンの非業の死によっても半ば伝説化されまして、非常に人気が高く、ドラマにもなっています。ストーリーはよくある復讐譚なのですが、“不滅の愛” がテーマでもあります。


 










ブランドン、カッコイイ~!!
マンソンみたいなメイクです
よね。








カラスに導かれて
復活します!







奇跡を目撃することになる少女サラ
(ロシェル・デイヴィス)。








ダークな雰囲気が
すばらしい。
全体的にB級なテイストも







必殺仕置き人!!
悪は必ず報いを
受けるのです!!







PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
これ!
なぜか惹かれて劇場鑑賞でした。雰囲気ともに抜群によかったですね。ブランドン・リーが途中で亡くなってしまったのは残念ですが…だからこそあの仕上がりになったのだとすると皮肉なものですね。
音楽もよかったような気がします。サントラ買っとけばよかったな~♪
ユキまま 2008/07/17(Thu)20:52:07 編集
無題
親子して夭折してしまったのですね。
この作品のレスを読んでヒース・レジャーを
思い出しました。まだまだこれからだったのに。
ユキまま様、ふとした拍子に古い映画のテーマ
曲を聴きたくて堪らなくなり、サントラを探すと
とっくに廃盤という事が多いです。マイナーな
作品はレンタル店にも在庫が無くオークション
とかで何万円もして・・・。せめてテレビ放映して
くれないかと雑誌でエアチェックするも自分の
好きなホラー系は全滅です。夏なんだからホラー
やろうや、なあ。8月に期待してます。
奈良の亀母 2008/07/17(Thu)22:31:28 編集
ブランドン
>ユキままさん
劇場鑑賞でしたか!
そうなんですよね、全体的にB級でありながら、もの哀しい雰囲気にどんどん入りこんでしまうという…
ブランドンは生きていれば名優になっただろうという声も、すくなくないですよね。

>亀母さん
海外のサイトにヒース・レジャー特集というのがあって、そこでヒースの映画すべてがほとんど網羅されていました。若くして亡くなるというのは、ほんとに残念な話です。
ホラー特集はわたしも期待しているんですが、最近めっきりお目にかけなくなりました…ナゼ??
そういえば、子供のころといえば、夏といえばホラー映画の名場面集、みたいなものが必ず放映されていたのに…
ななみ 2008/07/18(Fri)21:46:50 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
(いちおう)プロフィールです
HN:
ななみといいます
性別:
女性
自己紹介:

 独断と偏見で、ホラー関係(広い意味でのホラーですので、SFやファンタジーなんかもやってます)のレビューを書いてます。コメント大歓迎です。新情報や、こんなのもあるよ!って情報などなど、寄せてくれるとありがたいです。

〈好きかも♪〉
 おにぎり、猫たん、ジャック・ホワイト、ブクオフ、固いパン、高いところ、広いところ、すっげー大きな建造物、ダムとか工場とか、毛玉とり、いい匂い…

〈苦手かも…〉
 かます、説明書、道案内、カマドウマ、狭いところ、壁がすんごい目の前とか、渋滞、数字の暗記、人ごみを横切る、魚の三枚おろし…
ねこじかんです

ホームページ制作浮気調査ホームページ制作会社 東京浮気調査ホームページ制作 千葉ホームページ制作ブログパーツ 動物

最新CM

[03/28 PatlealaRag]
[02/29 あぐもん]
[02/29 あぐまn]
[01/11 わかりません]
[01/01 クロケット]
[10/23 ナマニク]
[10/23 ナマニク]
[10/20 nasu]
[10/17 奈良の亀母]
[10/16 ななみ]
気になる新作!

*A Lonely Place to Die

*Super 8

*Insidious

*The Woman

*Rammbock

*Season of the Wich

*Red Rising

*The Violent Kind

*Red White & Blue

*11-11-11

*The Feed

*Nang Phee

*Scream of the Banshee

*Dylan Dog: Dead of the Night

*Misteri Hantu Selular

*The Silent House

*Who Are You

*I Didn't Come Here to Die

*Famine

*I'm not Jesus Mommy

*Monster Brawl

*Some Guy Who kills People

*Falling Skies

*The Wicker Tree

*Hisss

*ChromSkull: Laid to RestⅡ

*Father's Day

*Drive Angry

*Fertile Ground

*Wake Wood

*Mientras Duermes

*Hobo with a Shotgun

*Atrocious

*KaraK

*Penunggu Istana

*Borre

*The Broken Imago

*Madison Country

*Viy

*Jenglot Pantai Selatan/Beach Creature

*Urban Explorer

*Los Infectados

*Isolation

*2002 Unborn Child

*The Pack

*El Incidente

*Rat Scratch Fever

*4bia
最新記事

(10/16)
(10/11)
(10/07)
(10/04)
(10/01)
(09/30)
(09/29)
(07/17)
(06/29)
(06/19)
ブログ内検索

みなさまの足跡
アクセス解析
バーコード
忍者ブログ [PR]

Graphics by Lame Tea / designed by 26℃