忍者ブログ
個人的にグッときたホラー映画(べつの意味でグッときたホラー映画も)なんかや、 小説のレビューなどをポツポツと…
[263]  [262]  [261]  [260]  [259]  [258]  [257]  [256]  [255]  [254]  [253
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

   『16の殺人ファイル』


原題『Proclaimed in Blood』
(1995)
ヒュー・ミラー:著
加藤洋子:訳
新潮文庫


〔ストーリー〕
 グラスゴーの中心街で、鉄柵に串刺しにされて撲殺された高級娼婦の遺体が発見された。被害者の爪のあいだから採取した物質を分析した結果、植物の組織であることがわかり…
 過去半世紀に世間を騒がせた殺人事件をレポートし、かすかな痕跡をもとに事実を積み重ねて、事件解決に貢献する法科学者たちの活躍を描く。おもしろいです。


 絶版になっているようなんですね、この作品。
ハイ、結論からいってしまいます。傑作です。未読の方は、ぜひとも手に入れましょう。“事実は小説より奇なり” というのは、まさにこういうことなんですね。

 タイトルにもあるとおり、現実に起こった 「16の殺人事件」 の模様が描かれているんですが、結論にいきつくまでの科学者たちの、ほとんど執念ともいうべき捜査手順にはうなってしまうこと確実です。こんな細かい努力の積み重ねによって、結論を導きだしていたんだ、と、感心してしまうことうけあい。たぶん、大ヒットドラマ「CSI」シリーズをどれかひとつでも観たことがあるという方なら、わかっていただけるんじゃないでしょうか…… 現代殺人において、「証拠」 というのは不可欠なんですよ。それが科学的であればあるほど、実証されやすいわけです。

 また、事件の詳細が紐とかれることによって浮かびあがる、複雑な人間関係というのも、ときに哀しかったり、やるせなかったり…
人が人を殺すには、それなりの動機があったり、まったくの思いつきだったり…

 それにしても、ノンフィクションでありながら、この密の濃さはどうですかっ!
ミラーの筆致もじつに淡々としたもので、事実だけを客観的に述べているぶん、現実に起こった殺人の寒々しさというのが余計に際立っています。それにしても、この16件の悲劇すべてが、腕のある人にかかると立派な長編になってしまいそうなところが…… いえいえ、これは下世話な話ですか。

 ミラーはこの後も、「殺人データ・ファイル」(1998)(新潮OH!文庫)という続編を出版しています。こちらも大傑作の部類に入るものですので、お見逃しのないように。






PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
(いちおう)プロフィールです
HN:
ななみといいます
性別:
女性
自己紹介:

 独断と偏見で、ホラー関係(広い意味でのホラーですので、SFやファンタジーなんかもやってます)のレビューを書いてます。コメント大歓迎です。新情報や、こんなのもあるよ!って情報などなど、寄せてくれるとありがたいです。

〈好きかも♪〉
 おにぎり、猫たん、ジャック・ホワイト、ブクオフ、固いパン、高いところ、広いところ、すっげー大きな建造物、ダムとか工場とか、毛玉とり、いい匂い…

〈苦手かも…〉
 かます、説明書、道案内、カマドウマ、狭いところ、壁がすんごい目の前とか、渋滞、数字の暗記、人ごみを横切る、魚の三枚おろし…
ねこじかんです

ホームページ制作浮気調査ホームページ制作会社 東京浮気調査ホームページ制作 千葉ホームページ制作ブログパーツ 動物

最新CM

[03/28 PatlealaRag]
[02/29 あぐもん]
[02/29 あぐまn]
[01/11 わかりません]
[01/01 クロケット]
[10/23 ナマニク]
[10/23 ナマニク]
[10/20 nasu]
[10/17 奈良の亀母]
[10/16 ななみ]
気になる新作!

*A Lonely Place to Die

*Super 8

*Insidious

*The Woman

*Rammbock

*Season of the Wich

*Red Rising

*The Violent Kind

*Red White & Blue

*11-11-11

*The Feed

*Nang Phee

*Scream of the Banshee

*Dylan Dog: Dead of the Night

*Misteri Hantu Selular

*The Silent House

*Who Are You

*I Didn't Come Here to Die

*Famine

*I'm not Jesus Mommy

*Monster Brawl

*Some Guy Who kills People

*Falling Skies

*The Wicker Tree

*Hisss

*ChromSkull: Laid to RestⅡ

*Father's Day

*Drive Angry

*Fertile Ground

*Wake Wood

*Mientras Duermes

*Hobo with a Shotgun

*Atrocious

*KaraK

*Penunggu Istana

*Borre

*The Broken Imago

*Madison Country

*Viy

*Jenglot Pantai Selatan/Beach Creature

*Urban Explorer

*Los Infectados

*Isolation

*2002 Unborn Child

*The Pack

*El Incidente

*Rat Scratch Fever

*4bia
最新記事

(10/16)
(10/11)
(10/07)
(10/04)
(10/01)
(09/30)
(09/29)
(07/17)
(06/29)
(06/19)
ブログ内検索

みなさまの足跡
アクセス解析
バーコード
忍者ブログ [PR]

Graphics by Lame Tea / designed by 26℃