忍者ブログ
個人的にグッときたホラー映画(べつの意味でグッときたホラー映画も)なんかや、 小説のレビューなどをポツポツと…
[165]  [164]  [163]  [162]  [161]  [160]  [159]  [158]  [157]  [156]  [155
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

   Spawn


1997)アメリカ
出演…マイケル・ジェイ・ホワイト
ジョン・レグイザモ
マーティン・シーン
監督…マーク・ディッペ
★★★


〔ストーリー〕
 闇の支配者にして地獄の王マレボルギアは、自身の軍勢ヘルスポーンを率いる司令官として、ひとりの男を選ぶ。手下クラウンによってひそかに取引が行われ、選ばれた不運な男・CIA工作員のアルは、罠にはめられて火だるまにさせられてしまう。
 命を失って地獄に堕ちたアル。妻のワンダと再会したいがために、魂を差しだして現世にもどる。だが、すでに5年の歳月が流れていた…


 ダーク・ヒーローもの佳作のひとつ、「スポーン」です。原作はトッド・マクファーレンの同名漫画。この原作、天国と地獄、善と悪といった壮大なテーマのなかで繰りひろげられる、ゴシック・ヒーロー・アクション・ファンタジーといった感じなんですが、本作品では映像面に力が入れられています。公開当時も、CGを多用した内容に、「これをアクション映画と呼んでいいの?」 という、賛否両論の声があがったんだとか。

 でもこれ、いま観てみたら、どれだけ後続の作品に影響を与えたかがわかります。
血みたいな真っ赤なマントをなびかせるスポーンが、とにかくカッコイイ!
スポーンのいちばんの武器は変幻自在な、その不思議な中間的存在にあります。カメレオンのように建物に溶けこんだり、全身固い凶器になってみたり。そのさい、マントがバラの大輪を散らしたようにざわざわ揺らめくんですが、このシーン、かなりうつくしいです。

 悪者を追いつめていく過程も、「いけ、いけーっ!!」と、盛りあがっちゃいます。なにせ、一度死んでいるスポーンは無敵なので、ハラハラ心配する必要がありません。

 クラウンを演じるジョン・レグイザモ、下品でいいんですが、弱冠ほかのダーク
ヒーローものの悪役とくらべると、パワーダウンしている気がしないでもないです。地獄絵図もとんでもないことになってますが、視覚的な迫力で押しているという感じでしょうか。

 せっかくのダークヒーローもの、しかも黒人男性が主役ということで、そのあたりの葛藤や内事情が描かれていると、もっと奥の深い作品になったんではないかと思います。
 








地獄の王に狙われてしまった、
アル
(マイケル・ジェイ・ホワイト)。












イエイ、クラウンだぜっ!!
(ジョン・レグイザモだぜ!)。








アルの上司で、権力と金の亡者
ジェイソン(マーティン・シーン)。







全身火だるまになったため、
こんな顔になっちゃってます…!






闇の呪いを背負ったマント。
このいでたちが、すばらしく
カッコイイです~!!







PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
<< Event Horizon  | HOME |  Non Ho Sonno >>
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
(いちおう)プロフィールです
HN:
ななみといいます
性別:
女性
自己紹介:

 独断と偏見で、ホラー関係(広い意味でのホラーですので、SFやファンタジーなんかもやってます)のレビューを書いてます。コメント大歓迎です。新情報や、こんなのもあるよ!って情報などなど、寄せてくれるとありがたいです。

〈好きかも♪〉
 おにぎり、猫たん、ジャック・ホワイト、ブクオフ、固いパン、高いところ、広いところ、すっげー大きな建造物、ダムとか工場とか、毛玉とり、いい匂い…

〈苦手かも…〉
 かます、説明書、道案内、カマドウマ、狭いところ、壁がすんごい目の前とか、渋滞、数字の暗記、人ごみを横切る、魚の三枚おろし…
ねこじかんです

ホームページ制作浮気調査ホームページ制作会社 東京浮気調査ホームページ制作 千葉ホームページ制作ブログパーツ 動物

最新CM

[03/28 PatlealaRag]
[02/29 あぐもん]
[02/29 あぐまn]
[01/11 わかりません]
[01/01 クロケット]
[10/23 ナマニク]
[10/23 ナマニク]
[10/20 nasu]
[10/17 奈良の亀母]
[10/16 ななみ]
気になる新作!

*A Lonely Place to Die

*Super 8

*Insidious

*The Woman

*Rammbock

*Season of the Wich

*Red Rising

*The Violent Kind

*Red White & Blue

*11-11-11

*The Feed

*Nang Phee

*Scream of the Banshee

*Dylan Dog: Dead of the Night

*Misteri Hantu Selular

*The Silent House

*Who Are You

*I Didn't Come Here to Die

*Famine

*I'm not Jesus Mommy

*Monster Brawl

*Some Guy Who kills People

*Falling Skies

*The Wicker Tree

*Hisss

*ChromSkull: Laid to RestⅡ

*Father's Day

*Drive Angry

*Fertile Ground

*Wake Wood

*Mientras Duermes

*Hobo with a Shotgun

*Atrocious

*KaraK

*Penunggu Istana

*Borre

*The Broken Imago

*Madison Country

*Viy

*Jenglot Pantai Selatan/Beach Creature

*Urban Explorer

*Los Infectados

*Isolation

*2002 Unborn Child

*The Pack

*El Incidente

*Rat Scratch Fever

*4bia
最新記事

(10/16)
(10/11)
(10/07)
(10/04)
(10/01)
(09/30)
(09/29)
(07/17)
(06/29)
(06/19)
ブログ内検索

みなさまの足跡
アクセス解析
バーコード
忍者ブログ [PR]

Graphics by Lame Tea / designed by 26℃