忍者ブログ
個人的にグッときたホラー映画(べつの意味でグッときたホラー映画も)なんかや、 小説のレビューなどをポツポツと…
[527]  [526]  [525]  [524]  [523]  [522]  [521]  [520]  [519]  [518]  [517
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

  Schizo


(1976)イギリス
出演…リネ・フレデリック
ジョン・レイトン
ジョン・フレイサー
監督…ピート・ウォーカー
★★☆


〔ストーリー〕
 ロンドン。銀盤の女王と呼ばれた美人スケーターのサマンサは、婚約者の青年実業家アランと結婚式をあげることに。その記事が新聞に載ったとたん、とある郊外で、怒りにふるえる不気味な男がいた…!!
男はサマンサのもとに駆けつけると、以来彼女をつけ狙うようになる。サマンサにはまったく身におぼえがないのだが、なぜか男の顔に、過去のある記憶が呼びさまされて…??


 タイトルで思いっきりネタバレしてますやん~~!!!
でも、けっこうおもしろかったので。

 70年代のUKホラーです。これもカルトでいいのでしょうか。ピート・ウォーカーという監督さんは、ホラー映画ばかり撮ってる方でして、マニアの方にも人気が高いんですね。で、これはおとなしめの作品から観ちゃったことになるんです。ウォーカー三部作というのがありまして、「House of Wipcord」(1974)「Frightmare」(1974)「House of Mortal Sin」「魔界神父」1976)、こちらの作品群が、彼の作風を顕著にあらわしているんだそうです。

 この作風を簡単にいってしまいますと、陰湿、痛烈な皮肉、救いのないストーリー。(あ、これ、まんまイギリスっぽいじゃないですか!)もともとはポルノ映画専門の方だったんですが、ホラーをやりはじめたら、これがどんどん板についてしまったという。おまけに、どんより陰鬱ムードが好きなイギリス人にはうけちゃったのでしょう。

 で、本作はそんな監督の真骨頂が発揮されたあとに撮られた、ごくまじめなサスペンス。評価は一応高いんですけど、ファンからすると、これよりもあれとか、これがあるでしょー!! みたいな感じになっちゃうのかな… 知らなかったんですよ、えーん、スイマセン…

 ヒロインのサマンサ(リネ・フレデリック)は、国民のアイドル的な美人スケーター。実業家のアラン(ジョン・レイトン)との結婚も決まり、新聞で大々的に報道されていました。その記事を読んで、顔色を変える男(ジョン・フレイサー)が… この不気味な男、しがない労働者なのですが、その日のうちにトランクに荷物とナイフを詰めこんで、サマンサの暮らすロンドンへとやってくるのです…!!

 その日からサマンサは、薄気味悪い男につきまとわれるようになり、恐怖をおぼえはじめます。それをアランに訴えても、友人のべス(ステファニー・ビーチャム)に相談しても、なかなか信じてもらえません。
そしてある晩、たび重なる男の無言の脅迫に耐えかねて、意を決してアランの友人・ウィリアム(ジャック・ハスキン)のもとをたずねます。じつはウィリアム、精神科医だったのですが…

 サマンサがかわいい系の美人さんで、小柄でやたら子供っぽく見えたり、逆に色っぽくなっちゃったりと、いろんな表情が見れて楽しいです。アラン役の男性も、どこかで見たことあるような、よくあるイギリス系のイケメン俳優。サスペンスのツボも押さえていて、周囲に信じてもらえなくて孤立していくサマンサ、疑心暗鬼になっていく過程も丁寧に描かれてます。

 ヒロインも魅力的だし、演出も悪くないし… 足りない部分があるとすれば、ゴアひかえめ、ついでにちょっと冗長すぎちゃった~。もうちょっとテンポがよくて、ショックシーンが強ければ、ホラー強度も増したかもしれません。はっきりいって、監督さんも自分から白状しちゃってるとおり、三部作で燃え尽きちゃった感があるみたいです。そのへんが、ファンからするともの足りないんでしょうか。

 でも、わたし的にはけっこうよかったので、ウォーカー三部作はぜったい観ておこう候補にしときました! ついでに、この三部作はサスペンスじゃなくてホラー色全開で、宗教とか暴力メインのどぎつい内容です。へたなスプラッタより、トラウマが植えつけられちゃう危険性があるんだとか… むふー、楽しみでふ!!!

 スキゾ映画はたくさんありますが、これも良作のひとつとして数えられていいのでないでしょうか。
ラスト、とあるキャラのセリフが、未来を予知しているのですが… あーらら、これまたこわいですねー










不気味な男の目的は??







キャッ!!
シャワー中に急に
殺意を感じて…!!







べスもアラン(右)も、
サマンサの話を
信じられません。








どんどん追いつめられる
サマンサ。








そしてついに、
犠牲者が…!!!!







PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
<< Mask Maker  | HOME |  The Violent Kind >>
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
(いちおう)プロフィールです
HN:
ななみといいます
性別:
女性
自己紹介:

 独断と偏見で、ホラー関係(広い意味でのホラーですので、SFやファンタジーなんかもやってます)のレビューを書いてます。コメント大歓迎です。新情報や、こんなのもあるよ!って情報などなど、寄せてくれるとありがたいです。

〈好きかも♪〉
 おにぎり、猫たん、ジャック・ホワイト、ブクオフ、固いパン、高いところ、広いところ、すっげー大きな建造物、ダムとか工場とか、毛玉とり、いい匂い…

〈苦手かも…〉
 かます、説明書、道案内、カマドウマ、狭いところ、壁がすんごい目の前とか、渋滞、数字の暗記、人ごみを横切る、魚の三枚おろし…
ねこじかんです

ホームページ制作浮気調査ホームページ制作会社 東京浮気調査ホームページ制作 千葉ホームページ制作ブログパーツ 動物

最新CM

[03/28 PatlealaRag]
[02/29 あぐもん]
[02/29 あぐまn]
[01/11 わかりません]
[01/01 クロケット]
[10/23 ナマニク]
[10/23 ナマニク]
[10/20 nasu]
[10/17 奈良の亀母]
[10/16 ななみ]
気になる新作!

*A Lonely Place to Die

*Super 8

*Insidious

*The Woman

*Rammbock

*Season of the Wich

*Red Rising

*The Violent Kind

*Red White & Blue

*11-11-11

*The Feed

*Nang Phee

*Scream of the Banshee

*Dylan Dog: Dead of the Night

*Misteri Hantu Selular

*The Silent House

*Who Are You

*I Didn't Come Here to Die

*Famine

*I'm not Jesus Mommy

*Monster Brawl

*Some Guy Who kills People

*Falling Skies

*The Wicker Tree

*Hisss

*ChromSkull: Laid to RestⅡ

*Father's Day

*Drive Angry

*Fertile Ground

*Wake Wood

*Mientras Duermes

*Hobo with a Shotgun

*Atrocious

*KaraK

*Penunggu Istana

*Borre

*The Broken Imago

*Madison Country

*Viy

*Jenglot Pantai Selatan/Beach Creature

*Urban Explorer

*Los Infectados

*Isolation

*2002 Unborn Child

*The Pack

*El Incidente

*Rat Scratch Fever

*4bia
最新記事

(10/16)
(10/11)
(10/07)
(10/04)
(10/01)
(09/30)
(09/29)
(07/17)
(06/29)
(06/19)
ブログ内検索

みなさまの足跡
アクセス解析
バーコード
忍者ブログ [PR]

Graphics by Lame Tea / designed by 26℃