忍者ブログ
個人的にグッときたホラー映画(べつの意味でグッときたホラー映画も)なんかや、 小説のレビューなどをポツポツと…
[531]  [530]  [529]  [528]  [527]  [526]  [525]  [524]  [523]  [522]  [521
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

  Kim Bok nam
salinsageonui jeonmal


(2010)韓国
出演…チ・ソンウォン
ソ・ヨンヒ
パク・チョンハク
監督…チャン・チョルス
★★★


〔ストーリー〕
 ソウル市内の銀行に勤めるへウォンは、ある日街中で暴行事件を目撃。しかし、加害者の少年チームから、「証言したらどうなるかわかってるな!」 と、脅されてしまう。仕事もいきづまり、限界を感じてしまった彼女は、休暇をとって祖父の住んでいた孤島にむかうことに。そこには、一時期であれ親しくなった友人のボンナムが待っていた。ボンナムに歓迎されて、都会であったいやなことを忘れるへウォン… が、そこは彼女も知らない過酷な現状が隠されていた…!!


 話題の韓国バイオレンス映画、その①「ビー・デビル」
あ、でも、思ったほどバイオレンスじゃなかったです。なので、ホラー度はやや弱めです。

 韓国映画って、日本映画に通じるものがありますよねー。とくに、暴力描写が! んで、最近は若手の勢いのある監督さんが話題になっているみたいでして、今回はその一本です。なんといいますか、派手さがないぶん、ジトッとした暗いイメージに生々しい暴力が似合いますね!

 お話は、ソウルで働く美人OLのへウォン(チ・ソンウォン)が、暴力事件の目撃者になっちゃうところからはじまります。事件の加害者は不良少年グループで、女の子を暴行したというもの。もちろん犯人たちはすぐに捕まりますが、そこでへウォンの目撃情報が左右することになる。当然少年たちはどうすればいいのかわかっているから、へウォンを脅しにかかります。

 それから、会社に帰れば、なぜかトイレにとじこめられるという嫌がらせに遭遇。ただの偶然だったのかもしれません。が、気分が昂ぶっていたへウォンは爆発してしまいます。もうだめー!!! そこで、休暇をもらって、唯一の郷里でもある、祖父の家があった孤島に気分転換に出かけることにするのですが…

 この孤島には、一時期親しくなった友人のボンナム(ソ・ヨンヒ)が暮らしていました。とても小さな島なので、人口は10人もいません。ボケちゃったおじいさん、意地悪バアさん集団、ボンナムと彼女の夫、幼い娘、夫の兄と、若い連中はたった3人だけ。へウォンは島の暮らしも短かったし、それ以前にボンナムともあまり連絡もとっていなかったので、もっぱら都会で疲れた心と身体を癒そうと、バカンス気分の旅行でした。

 ですが、この島には彼女も知らないおそろしい現実が隠されていたのです…!! という、シリアスなオープニングです。

 田舎暮らし、そこで人口もすくないとなると、まー、ホラー的な意味での想像がついちゃいますが、ボンナムの生活がまさにそんな感じです。たったひとりの若い女性ということで、男たちから性のはけ口にされている。いっぽう、バアさん集団からは奴隷のようにこき使われている。それでも彼女ががんばってこれたのは、遠い都会に暮らすへウォンの存在と、愛しい娘がいたから。

 しかし、ここにほんとうにへウォンがやってくることによって、島でのバランスがいっきに崩れてしまうのです!!

 崩れるといっても、もともと非常にあやうく、危険なバランスを保っていたのですがね。うーんと、あまり書くとネタばらしになるので、気を使いますが… ボンナムの心の動きに注目です。少女時代の回想シーンが、ふたりの関係をよくあらわしていると思いました。都会育ち、美人でかわいくて、きれいな服を着たへウォン。たいするボンナムは、いつも日に焼けていて、汚い恰好で、髪もぼさぼさ。愚鈍で純朴すぎる。同世代の少女がいないぶん、ボンナムにはヘウォンが天使みたいに見えちゃったということでしょう。

 また、ここで島の少年たちも登場するんですが、このシーンがなにげにいちばんこわかったかもです~
ヘウォンの噂を聞きつけたらしく、興味津々、たくさん集まってくると、棒でスカートめくりしようとする。ヘウォンは無邪気に、「ヤダ、やめてよ!」 なんて笑ってますが、ボンナムが顔色を変えて立ちはだかります。「逃げて!!」

 隔絶した世間て、それだけでもこわいですよね~… 女の子はとくに危険なんです!!
よくいいますけど、「女性の文化」というのは薄氷の上になりたっているようなもので、そこに豊かさ、余裕がなくなってしまうと、あっという間に地に落ちてしまうもの。ボンナムの存在は、その地に落ちた女性そのものなのです。

 へウォンが帰郷したあと、とあることをきっかけに、島の大虐殺へと発展するんですが… あんなひどいことをされたんだから、もうちょっとガッツガッツやってくれてもいいのに!! などと思ったわたしは、多少アブナイ人でしょうか。でも、最後の口技(まさに口技!)がなかなかよかったです レロレロ~のあとに、〇〇とな!! 器用な殺し方だなと思いました。器用さは身を助けますね。

 最後の最後に、ちょっとした真相があきらかになったりします。それで、大虐殺のきっかけというのもあきらかになってしまうんですが… こういうテーマって、なんか身におぼえがあるような、ないようなで、ラストにすこし悲しくなりますね…
結局そうやって、人は弱い存在を忘れていっちゃうものなのですよぅ~、 そんなことしちゃダメって、わかっていても。

 かなり暗くて残酷な内容のわりには、映像としてみるとさほどダメージはうけないので、初心者の方でも平気かなと思います… たぶんですけど!!








美人銀行員の
ヘウォン。






暴行事件の
目撃者になっちゃった!!









島暮らしのボンナムは、
過酷な現状でした…









ボンナムの娘と仲よくなる
ヘウォン。







少女時代のヘウォンと
ボンナム。










やったろかっ!!!!






PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
しょ、初心者はちょっとむづかしいかもww
nasu 2011/06/03(Fri)15:20:15 編集
無題
しっかり見てます。つべで。(きっぱり)
もっとゴアゴアを期待したんですけどね。ちとあっさりしてましたね。
しかし閉鎖的な田舎の村にはありそうな感じの話しです。恐らく韓国の寒村では死体がゴロゴロと…(ジョークですよ、ブラックジョーク)

グロゴア期待してたのでちょっと不満でした♪←喜ぶな
バンコク愚連隊 2011/06/04(Sat)00:30:32 編集
いやいやいや!!
>nasuさん
nasuさんが初心者発言はないでしょう!!
どっぷりホラーに浸かった立派な玄人さんではないですか~っ!!
ちょっと脅かしすぎちゃいましたかね…(汗)、
でも、ほんとにそんなホラーしてないのです。
ドラマとしても見ごたえありますし、うーんと、残酷な韓国ドラマって感じです。
ななみ 2011/06/05(Sun)22:34:39 編集
韓国はサスペンス系が多いですね
>バンコク愚連隊さん
ええ、これもつべにありましたかー!!
ほんとにすごいですねー、つべ、優秀すぎる…
わたしもけっこうなゴアゴアを期待していたので、あれって感じでした。
いじめられ役の女優さんが熱演してて、そのへんはよかったですよね。そんな感じありますよねー、韓国の寒村にはゴロゴロと…って、もちろんほんとジョークですけど!!
アジアン・ホラーも探してみると、けっこう動画があるみたいです。気になってるんですけど、どれがおもしろいのか、イマイチ情報がわからないのでまだ手を出してない状態です…
ななみ 2011/06/05(Sun)22:41:46 編集
無題
タイのホラー映画の中ではやっぱ「シャッター」(ハリウッドリメイクじゃないじょ)と「ブッパー・ラートリー」(日本では「6○9」の邦題で公開。第1作のみお勧め)が秀逸だと思ってますが見てますよね?
後者はパート2、パート3.1、3.2(ウィンドウズか!)が出てますがコミックショー的になっちゃって…
その後は濫造とタイ独特のコメディアンの芸と融合しているのが多いので困ります。って最近見てないなあ…(おいおい)
バンコク愚連隊 2011/06/05(Sun)23:57:29 編集
ブッパー・ラートリー
>バンコク愚連隊さん
「シャッター」はおもしろかったですね!美男美女ぞろいで、幽霊役の女優さんもはかない感じがまたよくて…
「ブッパー・ラト-リー」はまだ一度も観ていないんです、すいません~!!シリーズ化されているので、かなりの人気作なようですね。コメディ・ホラーのイメージがあったんですけど、バンコク愚連隊さんのおすすめならぜひ観てみたいです!!
ひと口にタイホラーといっても、いろんなタイプの作品があるようですね…あと、オムニバスのもおもしろかったです。
ななみ 2011/06/07(Tue)22:18:20 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
<< Source Cord  | HOME |  Black Swan >>
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
(いちおう)プロフィールです
HN:
ななみといいます
性別:
女性
自己紹介:

 独断と偏見で、ホラー関係(広い意味でのホラーですので、SFやファンタジーなんかもやってます)のレビューを書いてます。コメント大歓迎です。新情報や、こんなのもあるよ!って情報などなど、寄せてくれるとありがたいです。

〈好きかも♪〉
 おにぎり、猫たん、ジャック・ホワイト、ブクオフ、固いパン、高いところ、広いところ、すっげー大きな建造物、ダムとか工場とか、毛玉とり、いい匂い…

〈苦手かも…〉
 かます、説明書、道案内、カマドウマ、狭いところ、壁がすんごい目の前とか、渋滞、数字の暗記、人ごみを横切る、魚の三枚おろし…
ねこじかんです

ホームページ制作浮気調査ホームページ制作会社 東京浮気調査ホームページ制作 千葉ホームページ制作ブログパーツ 動物

最新CM

[03/28 PatlealaRag]
[02/29 あぐもん]
[02/29 あぐまn]
[01/11 わかりません]
[01/01 クロケット]
[10/23 ナマニク]
[10/23 ナマニク]
[10/20 nasu]
[10/17 奈良の亀母]
[10/16 ななみ]
気になる新作!

*A Lonely Place to Die

*Super 8

*Insidious

*The Woman

*Rammbock

*Season of the Wich

*Red Rising

*The Violent Kind

*Red White & Blue

*11-11-11

*The Feed

*Nang Phee

*Scream of the Banshee

*Dylan Dog: Dead of the Night

*Misteri Hantu Selular

*The Silent House

*Who Are You

*I Didn't Come Here to Die

*Famine

*I'm not Jesus Mommy

*Monster Brawl

*Some Guy Who kills People

*Falling Skies

*The Wicker Tree

*Hisss

*ChromSkull: Laid to RestⅡ

*Father's Day

*Drive Angry

*Fertile Ground

*Wake Wood

*Mientras Duermes

*Hobo with a Shotgun

*Atrocious

*KaraK

*Penunggu Istana

*Borre

*The Broken Imago

*Madison Country

*Viy

*Jenglot Pantai Selatan/Beach Creature

*Urban Explorer

*Los Infectados

*Isolation

*2002 Unborn Child

*The Pack

*El Incidente

*Rat Scratch Fever

*4bia
最新記事

(10/16)
(10/11)
(10/07)
(10/04)
(10/01)
(09/30)
(09/29)
(07/17)
(06/29)
(06/19)
ブログ内検索

みなさまの足跡
アクセス解析
バーコード
忍者ブログ [PR]

Graphics by Lame Tea / designed by 26℃