忍者ブログ
個人的にグッときたホラー映画(べつの意味でグッときたホラー映画も)なんかや、 小説のレビューなどをポツポツと…
[521]  [520]  [519]  [518]  [517]  [516]  [515]  [514]  [513]  [512]  [511
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

  Il nido del ragno



(1988)イタリア
出演…ローランド・ウィベンガ
パオラ・リナルディ
ステファーヌ・オードラン
監督…ジャンフランコ・ジャーニ
★★☆


〔ストーリー〕
 古代言語学者のアランは、学者仲間のロスの連絡がとだえたため、彼の所在を確認するためにブタペストにむかう。そこには、美人秘書ジュヌヴィエーヌがいた。
アパートを訪れると夫人がむかえ、ロスは精神不安に陥っているとのこと。その証拠に、夫人が席を立ったとたん、彼はおびえてメモを手渡す。そのとき、窓ガラスが割られてボールが部屋に。子供のいたずらか? 窓の外をのぞいてふりかえったアランは、ロスが消えていることに愕然とするのだが…??


 近年評価が高まりつつある、カルト・クラシックのひとつです。
監督のジャンフランコ・ジャーニは、これが長編第一作で、以降ホラーはありません。この監督デビュー作にあたって、いろんなイタリアン・ホラーを研究したようです!

 邦題だと、「呪いの迷宮/ラビリンス・イン・ザ・ダーク」。迷宮っぽいかな? でも、雰囲気はわりといいので、楽しめる作品だと思います。けっこう楽しいんですけど、これからってときに終わっちゃう、あっけなさもあるかも。

 物語は、古代言語を研究している主人公のアラン(ローランド・ヴィベンガ)が、ブタペストの先輩教授ロスから報告がこなくなったため、様子を見てきてほしいと、チームに命じられるところからはじまります。
そこには、美人秘書のジュヌヴィエーヌ(パオラ・リナルディ)が、アランの到着を待っていたのでした。

 ジュヌヴィエーヌによると、ロスはアパートの一室から出られなくなってしまったとのこと。そのアパートにむかうと、これまた色気のある夫人が迎えてくれます。ロスはなんだか、精神不安になって仕事ができなくなってしまったようなのです。

 が、部屋に案内されて、夫人が「お茶を」と席をはずしたとたん、いきなりメモを渡されます。直後、窓ガラスを破って黒いボールが。「なんだ? 悪ガキのしわざか?」外を見ても、だれもいません… ふりかえってみると、今度はロスがいないじゃありませんかー!!

 そして、ロスのこの失踪からはじまって、奇怪な事件に巻きこまれてしまう~、というお話。

 上記のポスターからもわかるとおり、この作品は “蜘蛛” が凶事の原因なのですが、この蜘蛛、なかなか不気味でよろしい!!
いろんなパターンがありまして、

 その① わかりやすい蜘蛛女(← けっこうこわいの(顔が)
 その② 黒いボールの正体は…(← アニメーションがイイ!)
 その③ まさか、まさかのラスボス…!!(← 「サスペリア」の影響かな?)

 蜘蛛女がたいへん不気味でよろしい。殺害方法も個性的だと思います。

 この作品には、怪しい雰囲気の女性がたくさん登場するんですが、(ジュヌヴィエーヌもそのひとり)、これが作品じたいを盛りあげる演出にもなってます。
しかし、惜しいことに、思いきりが足りない! もっとこの、怪しい女性陣の活躍をたくさん見たかったです。自称ロス夫人のヌードも見たかった、なんていったら、下世話ですかね…?

 やや消化不良感もあるんですが、王道ホラーをめざした作りには好感がもてます。
海外からすると、蜘蛛ってやっぱり邪悪な存在の象徴なんですかね? あ、この映画は “蜘蛛の悪魔” とカルト教団のお話なのです。










若き古代言語学者の
アラン。








ホテルのオーナーは、
これまた怪しい女性…









美人秘書も怪しい…!!







アランに忠告しようとした
メイドは、恐怖を味わうこ
とに!!







きゃーー!!!
蜘蛛女役のヒトは、
顔がほんとこわかった…







PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
つべで鑑賞中…
でもこれもイタリア語オンリーかああああ!!(涙)
バンコク愚連隊 2011/05/15(Sun)20:02:52 編集
雰囲気だけでも
>バンコク愚連隊さん
これもつべにありましたか!すごいですね~、なんだかつべ検索にはまりそうです。
イタリア語オンリーでも…まあ、理解できる内容かもしれません?あ、これもカルト集団のお話でしたね。でも信仰の対象が、クトゥルフみたいな…
ななみ 2011/05/16(Mon)20:45:05 編集
無題
こちらの方がホラー度が高くて楽しめました。やっぱ雰囲気はいかにもイタリアって感じですけどね。その辺サスペリアとかに通じるものがあるけど。
蜘蛛女さんにはもうちょっと活躍してほしかったですね。背中からがばっと足が出るとか。
ただ一番最初の役員たちの会話の内容がわからなかったのでエンディングの予想をはずしました。思わせぶりな役員は実は最初からお仲間だったのかと想像しちゃったんですが…
バンコク愚連隊 2011/05/17(Tue)04:23:25 編集
意味深でした
>バンコク愚連隊さん
カルトな雰囲気がよく出てましたよね。あの独特の空気がイタリアンホラーなんでしょう。
蜘蛛女さん、わたしももっと活躍してほしかったです。たぶん、予算の問題?お色気シーンも、もっとあってもよかった!
それから、わたしも役員は黒幕かなー、とか思っちゃってました!妙に意味深でしたもんね。なのに、最後はあっさり…
主人公が試験にパスして仲間入りできたのにたいして、無能なデスク組は最初からその価値もない、ってことでしょうか。
ななみ 2011/05/19(Thu)20:23:53 編集
無題
あれでラストに役員2人くらいぶっ殺して、残った一人が笑顔で「これで君も我々の正式な仲間だ」と握手を求めるとその手首には例の蜘蛛の痕が…って感じなのかと予想したんですけど。最後が「がー!」で終わりじゃありきたりで…
あの主人公が部屋を出た後の役員の会話はどんな内容だったんですかね??
バンコク愚連隊 2011/05/20(Fri)01:32:22 編集
ninjaはたまに接触悪いんです
>バンコク愚連隊さん
どうも接続悪いですね~
映画の話ですけど、ラストにそういうひねりがあるとよかったですよね。つぎは世界制覇だ!みたいな…
お偉いさんの会話ですが、最初は「あんな若増にまかせてだいじょうぶですかね?」みたいな揶揄してる感じでした。
それで帰ってきて、主人公が研究もうまくいってる、教授も元気でした的な報告して、「そーか、そーか、いやうちのプロジェクトも安泰!」みたいな感じだったと思います。
秘書の「新人類」の意味がちょっとわかりづらかったです。具体的な変化(進化?)とか、見たかったですよね。
ななみ 2011/05/21(Sat)22:28:49 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
<< Kaboom  | HOME |  Red Riding Hood >>
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
(いちおう)プロフィールです
HN:
ななみといいます
性別:
女性
自己紹介:

 独断と偏見で、ホラー関係(広い意味でのホラーですので、SFやファンタジーなんかもやってます)のレビューを書いてます。コメント大歓迎です。新情報や、こんなのもあるよ!って情報などなど、寄せてくれるとありがたいです。

〈好きかも♪〉
 おにぎり、猫たん、ジャック・ホワイト、ブクオフ、固いパン、高いところ、広いところ、すっげー大きな建造物、ダムとか工場とか、毛玉とり、いい匂い…

〈苦手かも…〉
 かます、説明書、道案内、カマドウマ、狭いところ、壁がすんごい目の前とか、渋滞、数字の暗記、人ごみを横切る、魚の三枚おろし…
ねこじかんです

ホームページ制作浮気調査ホームページ制作会社 東京浮気調査ホームページ制作 千葉ホームページ制作ブログパーツ 動物

最新CM

[03/28 PatlealaRag]
[02/29 あぐもん]
[02/29 あぐまn]
[01/11 わかりません]
[01/01 クロケット]
[10/23 ナマニク]
[10/23 ナマニク]
[10/20 nasu]
[10/17 奈良の亀母]
[10/16 ななみ]
気になる新作!

*A Lonely Place to Die

*Super 8

*Insidious

*The Woman

*Rammbock

*Season of the Wich

*Red Rising

*The Violent Kind

*Red White & Blue

*11-11-11

*The Feed

*Nang Phee

*Scream of the Banshee

*Dylan Dog: Dead of the Night

*Misteri Hantu Selular

*The Silent House

*Who Are You

*I Didn't Come Here to Die

*Famine

*I'm not Jesus Mommy

*Monster Brawl

*Some Guy Who kills People

*Falling Skies

*The Wicker Tree

*Hisss

*ChromSkull: Laid to RestⅡ

*Father's Day

*Drive Angry

*Fertile Ground

*Wake Wood

*Mientras Duermes

*Hobo with a Shotgun

*Atrocious

*KaraK

*Penunggu Istana

*Borre

*The Broken Imago

*Madison Country

*Viy

*Jenglot Pantai Selatan/Beach Creature

*Urban Explorer

*Los Infectados

*Isolation

*2002 Unborn Child

*The Pack

*El Incidente

*Rat Scratch Fever

*4bia
最新記事

(10/16)
(10/11)
(10/07)
(10/04)
(10/01)
(09/30)
(09/29)
(07/17)
(06/29)
(06/19)
ブログ内検索

みなさまの足跡
アクセス解析
バーコード
忍者ブログ [PR]

Graphics by Lame Tea / designed by 26℃