忍者ブログ
個人的にグッときたホラー映画(べつの意味でグッときたホラー映画も)なんかや、 小説のレビューなどをポツポツと…
[98]  [97]  [96]  [95]  [94]  [93]  [92]  [91]  [90]  [89]  [88
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

           Hideaway



1995)アメリカ
出演…ジェフ・ゴールドブラム
アリシア・シルバーストーン
ジェレミー・シスト
監督…ブレット・レナード
★★★


〔ストーリー〕
 妻と娘の家族三人で山小屋に出かけた帰り道、ハッチは自動車事故に巻きこまれる。崖から車が転落して湖に飲みこまれ、意識不明の重体に。病院にかつぎこまれた彼は、ジョナス医師の懸命の蘇生治療によって、からくも生還する。リハビリ期間を終えて無事社会復帰したかに見えたが、そのころからハッチには、おかしな映像が見えるようになり…

     
 ディーン・R・クーンツの 「ハイダウェイ」 です。 
クーンツ、わたしはいまいち苦手な部分のある作家でして、(…といいつつも、邦訳のほとんどは読んでます。だって、やっぱり娯楽作家の標準をかるーく越えてる、貴重なくらい腕のある人ですからね!)なんでかっていいますと、この人の世界観にあるんです。そのものずばり、

“愛” ですね。
“正義” ですよ。
砂糖菓子のような “ヒューマニズム” が、世界を救うんですよ。

 物語のプロットとしてはじゅうぶんな方向性、多様性、人を食ったような意外性だってときおり発揮していますが、やはり性格の問題なのでしょうか(?)、わたしのようにひねくれている人間からすると、「燦然と輝く愛」 を最終兵器に持ってこられても、「…現実って、そんなものかな?」 と、憎まれ口を叩きたくなってしまうのも事実… コレ、悲しいことに、ホント性格の問題のようです。

 それで、クーンツの映画化と聞いても、やはり触手が騒がなかったんですが、ジェフ・ゴールドブラム主演というので観てみることに。

 オープニングからクーンツ節が効いています!
不気味な装飾の施された部屋で奇怪な儀式をはじめる少年、場面は換わって、家族旅行の帰り道の不運な交通事故、湖に沈む車、ハッチの臨死体験… と、複雑怪奇なストーリーの幕開けです。「さ~あ、ココからドコに連れていってくれるの?」 と、期待にワクワク、半分不安にドキドキ。

 ああ、わたしの感想はまちがってました。
クーンツは “愛の人” でいいんです。
人間を全面的に信じていいんです。  
だって、映像化されたことで、陳腐で子供騙しに思えていた世界観が、不思議と説得力を増すんですよ。これがジェフ・ゴールドブラムの影を秘めた演技と相乗効果して、気がついたら見入っちゃってました!

 それにしても、ハッチの天敵のヴァサーゴ役の美少年が、ジェレミー・シストだと気づくまでにだいぶ時間がかかりました。だって、どう見たってガ〇トにしか見えないんです!
しかも、すっごい細いし! フィギアのジョニー・ウィアーくんみたい!(← 知ってる人は知ってると思いますが、日本でも非常に人気が高く、ちょっと女っぽい男の子のフィギア・スケーターの方です)。 おそるべし、ジェレミー・シスト… 役のためとはいえ、こんなに様変わりをしちゃうなんて…!!(← 褒めてます)。

 「悪と善の存在理由」 というテーマのためCGを多用していますが、当然数十年前の作品ということで、子供っぽいです。が、それでもラストの壮大さと深い感動へと昇華させる技は、なかなかのもの。B級テイストなのに、どこかB級とは片づけられない神々しさも。映画って、ほんとに不思議ですね。
  







ハッチの目前に、少女が惨殺される
いたましいシーンが見えるようになり
ますが… 妻のリンジィには、
それがどうしても信じられない。




長女レジーナ役のA・シルバーストーン。
じつは一年前に妹を事故で亡くし、
ハッチとはうまくいかなくなっています。





ほら、これがウィアーですよ、
…じゃなかった、シストですよ!
こんな細かったんですね!!




思い悩んだハッチは霊能者ローズを
たずねると、彼女は不思議なことを
口走りはじめて…






 
どう見たって、ガ〇トなシスト。
でも、悪魔的にキレてる演技は
(めずらしいので)必見です!







PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
すみません、未見です。
扶桑社文庫様、クーンツよりも
ケッチャムをどんどん出して下さい。
「オフシーズン」の続編「襲撃者の夜」
も読みごたえがありました。
奈良の亀母 2007/12/04(Tue)22:50:57 編集
亀母さん♪
亀母さんは、すっかりケッチャムに染まってしまったようですね。
そういえば、ケッチャムが翻訳されはじめたころ、書店で新刊を手にとるたびに、鳥膚が立ちましたよ…
ここまでリアリティを追求した作家って、いなかったかもしれません!
で、けっこうイイ男で、金持ってんですよねー、うらやましい、妬ましい!
ななみ 2007/12/04(Tue)23:49:26 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
<< Candyman  | HOME |  The Girl Next Door >>
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
(いちおう)プロフィールです
HN:
ななみといいます
性別:
女性
自己紹介:

 独断と偏見で、ホラー関係(広い意味でのホラーですので、SFやファンタジーなんかもやってます)のレビューを書いてます。コメント大歓迎です。新情報や、こんなのもあるよ!って情報などなど、寄せてくれるとありがたいです。

〈好きかも♪〉
 おにぎり、猫たん、ジャック・ホワイト、ブクオフ、固いパン、高いところ、広いところ、すっげー大きな建造物、ダムとか工場とか、毛玉とり、いい匂い…

〈苦手かも…〉
 かます、説明書、道案内、カマドウマ、狭いところ、壁がすんごい目の前とか、渋滞、数字の暗記、人ごみを横切る、魚の三枚おろし…
ねこじかんです

ホームページ制作浮気調査ホームページ制作会社 東京浮気調査ホームページ制作 千葉ホームページ制作ブログパーツ 動物

最新CM

[03/28 PatlealaRag]
[02/29 あぐもん]
[02/29 あぐまn]
[01/11 わかりません]
[01/01 クロケット]
[10/23 ナマニク]
[10/23 ナマニク]
[10/20 nasu]
[10/17 奈良の亀母]
[10/16 ななみ]
気になる新作!

*A Lonely Place to Die

*Super 8

*Insidious

*The Woman

*Rammbock

*Season of the Wich

*Red Rising

*The Violent Kind

*Red White & Blue

*11-11-11

*The Feed

*Nang Phee

*Scream of the Banshee

*Dylan Dog: Dead of the Night

*Misteri Hantu Selular

*The Silent House

*Who Are You

*I Didn't Come Here to Die

*Famine

*I'm not Jesus Mommy

*Monster Brawl

*Some Guy Who kills People

*Falling Skies

*The Wicker Tree

*Hisss

*ChromSkull: Laid to RestⅡ

*Father's Day

*Drive Angry

*Fertile Ground

*Wake Wood

*Mientras Duermes

*Hobo with a Shotgun

*Atrocious

*KaraK

*Penunggu Istana

*Borre

*The Broken Imago

*Madison Country

*Viy

*Jenglot Pantai Selatan/Beach Creature

*Urban Explorer

*Los Infectados

*Isolation

*2002 Unborn Child

*The Pack

*El Incidente

*Rat Scratch Fever

*4bia
最新記事

(10/16)
(10/11)
(10/07)
(10/04)
(10/01)
(09/30)
(09/29)
(07/17)
(06/29)
(06/19)
ブログ内検索

みなさまの足跡
アクセス解析
バーコード
忍者ブログ [PR]

Graphics by Lame Tea / designed by 26℃